CSKAモスクワやロシア代表を指揮したスルツキー氏が来季からフィテッセ監督に就任2018.03.13 19:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エールディビジのフィテセは12日、2018-19シーズンからレオニード・スルツキー氏(46)が指揮を執ることを発表した。契約期間は2年間となる。

▽スルツキー氏は、ロシア国内で指導者としてのキャリアを積み、2009年10月からCSKAモスクワの監督に就任。日本代表FW本田圭佑やロシア代表の面々を率いると、ロシア・プレミアリーグを3回、ロシア・カップを2回制覇するなど、一時代を築いており、本田が在籍していた2012-13シーズンは国内3冠を達成した。

▽2015年8月からはCSKAモスクワとともにロシア代表監督にも就任。しかし、思うような結果を残すことができず、2016年6月にロシア代表監督を解任。同年12月にCSKAモスクワの監督も解任されていた。

▽2017年7月からはチャンピオンシップのハル・シティの監督に就任するも、12月で解任。今年1月からはロストフのユースコーディネーターを務めている。

コメント

関連ニュース

thumb

劇的OG弾で4連勝のラツィオがグループKを首位で通過! ズルテ・ワレヘムが今季EL初勝利でニースとの2位争いに名乗り《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループK第4節のラツィオvsニースが2日に行われ、1-0でラツィオが勝利した。この結果、グループステージ4連勝を飾ったラツィオの首位通過が決定した。 ▽全勝で首位に立っているラツィオ(勝ち点9)が、2勝1敗で2位につけるニースを本拠地スタディオ・オリンピコに迎えた一戦。今節の勝利でGS首位通過の決まるラツィオは、直近に行われたセリエA第11節ベネヴェント戦から先発を6人変更。インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、パローロらに代えてカイセドやナニ、ムルジャらを先発で起用した。 ▽一方、前回対戦で敗戦を喫したニースは、直近に行われたリーグ・アン第11節パリ・サンジェルマン戦から先発を5人変更。GKカルディナーレやバロテッリ、ルサンバらに代えてGKワルテル・ベニテスやプレア、コジエッロらが先発した。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中、23分にニースはダンテのロングパスからボックス右に走り込んだメルがダイレクトボレーで合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽対するラツィオは、31分に左CKのこぼれ球をボックス手前のマルシッチがダイクレトシュート。しかし、このシュートは相手DFに当たりゴール右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、一進一退の展開が続くとラツィオが先に動く。59分、ナニとムルジャを下げてミリンコビッチ=サビッチとルリッチを投入する2枚替えを敢行。対するニースは66分、スナイデルを下げてルサンバをピッチに送り出した。 ▽ラツィオは74分、J・ルカクを下げてパローロを投入し、3枚の交代カードを使い切った。しかし、直後にチャンスを迎えたのはニース。77分、スルーパスで右サイドを突破したワルテルの折り返しをニア走り込んだプレアが合わせたが、これは相手DFのブロックに阻まれる。 ▽攻勢を強めたいニースは、80分にメルを下げてバロテッリを投入したが、ゴール前で集中した守りを見せるラツィオ守備陣を崩し切れない。 ▽試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムに試合が動く。93分、ルイス・アルベルトの右CKをニアサイドに走り込んだパローロが頭でフリックすると、このボールがル・マルシャンに当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となりラツィオが1-0で勝利。劇的オウンゴール弾で4連勝を飾ったラツィオが、グループKを首位で通過した。 ▽また、同日に行われたグループKもう一試合のフィテッセvsズルテ・ワレヘムは0-2でズルテ・ワレヘムが勝利。試合は開始早々の3分にボードリーのゴールでズルテ・ワレヘムが先制。 ▽リードして後半を迎えたズルテ・ワレヘムは、70分にもカヤのゴールで追加点を奪うとそのまま逃げ切りに成功。今季EL初勝利を飾った。 ▽この結果、ラツィオ(勝ち点12)がグループKを首位通過。ラツィオに連敗を喫したニース(勝ち点6)が2位、今節勝利したズルテ・ワレヘム(勝ち点4)が3位、フィテッセ(勝ち点1)が4位となっている。 2017.11.03 07:28 Fri
twitterfacebook
thumb

フィテッセ、スポルティングからカスタイニョスをレンタルで獲得

▽フィテッセは7日、スポルティングからオランダ人FWルク・カスタイニョス(24)を、1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年にトップチームに昇格。2011年にはインテルへと完全移籍するも、わずか1年の在籍でトゥベンテへと移籍。2015年にフランクフルトへと移籍していた。昨シーズン加入したスポルティングでは、ポルトガル代表FWバス・ドスドと、元U-20アルゼンチンFWアラン・ルイスの2トップに割って入ることができず、公式戦14試合の出場で無得点と期待外れの1年を過ごした。 ▽母国に活躍の場を移したカスタイニョスは、クラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「フィテッセとは良い話し合いができたよ。良い選択をしたと感じているし、チームにとって重要な存在になりたい。我々はできるだけ全ての大会に参加したい、そしてそれに貢献できるといいね」 2017.08.08 16:42 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのアメリカ代表DFミアズガがフィテッセへ再レンタル

▽チェルシーは28日、アメリカ代表DFマット・ミアズガ(22)がフィテッセに再レンタルすることを発表した。期間は1年間となっている。 ▽2016年冬にニューヨーク・レッドブルズからチェルシーに4年半契約で加入したセンターバックのミアズガは、2016年夏にフィテッセへレンタル移籍。2016-17シーズンは公式戦23試合に出場し、KNVBカップ優勝に貢献していた。 ▽アメリカ代表としては2015年11月にデビューを飾り、これまで3試合に出場している。 2017.07.29 00:36 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、U-19欧州選手権優勝メンバーのMFマウントと契約延長! 新シーズンはフィテッセへレンタル

▽チェルシーは24日、U-19イングランド代表MFメイソン・マウント(18)と2021年まで契約延長したことを発表した。ただ、新シーズンはフィテッセへ1年間レンタル移籍することが併せて発表されている。 ▽6歳の頃からチェルシーのアカデミーに所属しているマウントは、2016年にリザーブチームのチェルシーU-23に昇格。昨シーズンは、主力としてリーグ戦21試合に出場し、4ゴール3アシストをマーク。また、チェルシーU-18として参加したFAユースカップでは、全試合に出場し1ゴール2アシストを記録。FAユースカップ優勝に貢献すると、ファンが選ぶチェルシー年間最優秀アカデミー選手賞に選出された。 ▽イングランド代表としてはU-16から選出され続けており、7月2日から行われたU-19欧州選手権にも参加。決勝戦のU-19ポルトガル代表戦では、決勝点をアシストするなど5試合で1ゴール4アシストマーク。大会最多タイとなる10度目の優勝に大きく貢献した。 ▽なお、フィテッセにはチェルシーからMFチャーリー・コルケット(20)とDFファンカトリー・ダボ(21)がレンタル移籍で加入している。 2017.07.25 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFダボをフィテッセへレンタル移籍

▽チェルシーは25日、元U-20イングランド代表DFファンカトリー・ダボ(21)が1年間のレンタル移籍でフィテッセに加入することを発表した。 ▽チェルシーユース出身のダボは、2016年4月にトップチームに昇格。昇格後はリザーブチームを中心にプレー。2017年1月には、フットボールリーグ1(イングランド3部相当)に所属するスウィンドン・タウンにレンタル移籍で加入すると、公式戦25試合に出場1ゴールを記録していた。 2017.06.26 04:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース