CSKAモスクワやロシア代表を指揮したスルツキー氏が来季からフィテッセ監督に就任2018.03.13 19:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エールディビジのフィテセは12日、2018-19シーズンからレオニード・スルツキー氏(46)が指揮を執ることを発表した。契約期間は2年間となる。▽スルツキー氏は、ロシア国内で指導者としてのキャリアを積み、2009年10月からCSKAモスクワの監督に就任。日本代表FW本田圭佑やロシア代表の面々を率いると、ロシア・プレミアリーグを3回、ロシア・カップを2回制覇するなど、一時代を築いており、本田が在籍していた2012-13シーズンは国内3冠を達成した。

▽2015年8月からはCSKAモスクワとともにロシア代表監督にも就任。しかし、思うような結果を残すことができず、2016年6月にロシア代表監督を解任。同年12月にCSKAモスクワの監督も解任されていた。

▽2017年7月からはチャンピオンシップのハル・シティの監督に就任するも、12月で解任。今年1月からはロストフのユースコーディネーターを務めている。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、MFウーデゴールのレンタルを発表…今季はフィテッセで武者修行

▽レアル・マドリーは21日、ノルウェー人MFマルティン・ウーデゴール(19)がレンタルでフィテッセに加入することで合意したと発表。期限は2019年6月30日までとなる。 ▽かつて神童と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うクラブでは出場機会が得られず、2017-18シーズンは日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンにレンタルで加入した。昨シーズンは公式戦26試合2ゴール2アシストを記録している。 ▽昨シーズンが終了した後に帰還していたマドリーでは、プレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)3試合に出場。しかし、トップチームに食い込むことは叶わず、引き続きオランダで武者修行を続けることとなった。 2018.08.22 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安、開幕ゴールもフローニンヘンは5失点惨敗《エールディビジ》

▽フローニンヘンは12日、エールディビジ第1節でフィテッセとのアウェイ戦に臨み、1-5で大敗した。フローニンヘンのMF堂安律はフル出場している。 ▽[4-2-3-1]の右MFで先発した堂安はチームが1点ビハインドで迎えた38分、開幕ゴールを決める。浮き球パスでボックス右に抜け出したファン・ヴェールトがゴールライン際からクロスを折り返すと、ニアに飛び込んだ堂安がスライディングで飛び込んでネットを揺らした。 ▽しかし、44分に勝ち越しを許して迎えた後半、62分にも失点してフローニンヘンは1-3とビハインドを負ってしまう。さらに66、71分と立て続けに失点したフローニンヘンは、そのまま1-5で大敗。堂安が開幕ゴールを決めたものの、厳しいスタートとなった。 2018.08.12 23:21 Sun
twitterfacebook
thumb

スルツキー、開幕戦要注意人物に堂安律「リーグ屈指の選手」

▽フィテッセを率いるレオニード・スルツキー監督が、フローニンヘンのMF堂安律を「リーグ屈指の選手」と称して警戒した。オランダ『FC Update』が伝えている。 ▽10日開幕を告げたエールディビジ2018-19シーズン。開幕節3日目となる12日には、堂安が所属する昨シーズン12位のフローニンヘンが、昨シーズン6位だったフィテッセと対戦する。 ▽そんな中、フィテッセのスルツキ―監督は、同試合に向けて意気込みを語ると、昨シーズンに目覚ましい活躍を見せた堂安を要注意人物に挙げた。 「最初の試合は常に重要なもの。フローニンヘンは良いチームだ。そして、リーグ屈指の選手である堂安がいる。簡単な試合にはならないだろうね」 ▽昨年6月にガンバ大阪からフローニンヘンにレンタルで加入し、29試合9ゴール4アシストを記録した堂安。今年4月に完全移籍を果たすと、今シーズンは背番号25番から7番に変更し、より一層の活躍が期待されるが、オランダ挑戦2年目はどのような活躍を見せてくれるだろうか。 2018.08.11 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的OG弾で4連勝のラツィオがグループKを首位で通過! ズルテ・ワレヘムが今季EL初勝利でニースとの2位争いに名乗り《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループK第4節のラツィオvsニースが2日に行われ、1-0でラツィオが勝利した。この結果、グループステージ4連勝を飾ったラツィオの首位通過が決定した。 ▽全勝で首位に立っているラツィオ(勝ち点9)が、2勝1敗で2位につけるニースを本拠地スタディオ・オリンピコに迎えた一戦。今節の勝利でGS首位通過の決まるラツィオは、直近に行われたセリエA第11節ベネヴェント戦から先発を6人変更。インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、パローロらに代えてカイセドやナニ、ムルジャらを先発で起用した。 ▽一方、前回対戦で敗戦を喫したニースは、直近に行われたリーグ・アン第11節パリ・サンジェルマン戦から先発を5人変更。GKカルディナーレやバロテッリ、ルサンバらに代えてGKワルテル・ベニテスやプレア、コジエッロらが先発した。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中、23分にニースはダンテのロングパスからボックス右に走り込んだメルがダイレクトボレーで合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽対するラツィオは、31分に左CKのこぼれ球をボックス手前のマルシッチがダイクレトシュート。しかし、このシュートは相手DFに当たりゴール右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、一進一退の展開が続くとラツィオが先に動く。59分、ナニとムルジャを下げてミリンコビッチ=サビッチとルリッチを投入する2枚替えを敢行。対するニースは66分、スナイデルを下げてルサンバをピッチに送り出した。 ▽ラツィオは74分、J・ルカクを下げてパローロを投入し、3枚の交代カードを使い切った。しかし、直後にチャンスを迎えたのはニース。77分、スルーパスで右サイドを突破したワルテルの折り返しをニア走り込んだプレアが合わせたが、これは相手DFのブロックに阻まれる。 ▽攻勢を強めたいニースは、80分にメルを下げてバロテッリを投入したが、ゴール前で集中した守りを見せるラツィオ守備陣を崩し切れない。 ▽試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムに試合が動く。93分、ルイス・アルベルトの右CKをニアサイドに走り込んだパローロが頭でフリックすると、このボールがル・マルシャンに当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となりラツィオが1-0で勝利。劇的オウンゴール弾で4連勝を飾ったラツィオが、グループKを首位で通過した。 ▽また、同日に行われたグループKもう一試合のフィテッセvsズルテ・ワレヘムは0-2でズルテ・ワレヘムが勝利。試合は開始早々の3分にボードリーのゴールでズルテ・ワレヘムが先制。 ▽リードして後半を迎えたズルテ・ワレヘムは、70分にもカヤのゴールで追加点を奪うとそのまま逃げ切りに成功。今季EL初勝利を飾った。 ▽この結果、ラツィオ(勝ち点12)がグループKを首位通過。ラツィオに連敗を喫したニース(勝ち点6)が2位、今節勝利したズルテ・ワレヘム(勝ち点4)が3位、フィテッセ(勝ち点1)が4位となっている。 2017.11.03 07:28 Fri
twitterfacebook
thumb

フィテッセ、スポルティングからカスタイニョスをレンタルで獲得

▽フィテッセは7日、スポルティングからオランダ人FWルク・カスタイニョス(24)を、1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年にトップチームに昇格。2011年にはインテルへと完全移籍するも、わずか1年の在籍でトゥベンテへと移籍。2015年にフランクフルトへと移籍していた。昨シーズン加入したスポルティングでは、ポルトガル代表FWバス・ドスドと、元U-20アルゼンチンFWアラン・ルイスの2トップに割って入ることができず、公式戦14試合の出場で無得点と期待外れの1年を過ごした。 ▽母国に活躍の場を移したカスタイニョスは、クラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「フィテッセとは良い話し合いができたよ。良い選択をしたと感じているし、チームにとって重要な存在になりたい。我々はできるだけ全ての大会に参加したい、そしてそれに貢献できるといいね」 2017.08.08 16:42 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース