日本代表と対戦するウクライナ代表メンバーが発表! コノプリャンカやヤルモレンコも招集《国際親善試合》2018.03.13 14:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウクライナサッカー協会(FFU)は12日、3月に行われる国際親善試合に臨む、ウクライナ代表メンバー25名を発表した。

▽ウクライナを率いるアンドリー・シェフチェンコ監督は、MFイェフレン・コノプリャンカ(シャルケ)やMFアンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)、FWアルテム・クラベツ(カイセリシュポル/トル)ら主力選手を選出した。

▽3大会ぶりのW杯出場を逃したウクライナは、23日にスペインでサウジアラビア代表と、27日にベルギーで日本代表と対戦する。今回発表されたウクライナ代表メンバーは以下のとおり。

◆ウクライナ代表メンバー25名
GK
アンドリー・ピアトフ(シャフタール・ドネツク)
デニス・ボイコ(ディナモ・キエフ)
アンドリー・ルニン(ゾリャ・ルハンシク)

DF
ミコラ・マトビイェンコ(シャフタール・ドネツク)
イバン・オルテツ(シャフタール・ドネツク)
ボグダン・ブトコ(シャフタール・ドネツク)
ヤロスラフ・ラキツキ(シャフタール・ドネツク)
イェフゲン・ハシェリディ(ディナモ・キエフ)
ミキタ・ブルダ(ディナモ・キエフ)
オレクサンダー・カラヴァイェフ(ゾリャ・ルハンシク)
エドゥアルド・ソボル(スラビア・プラハ/チェコ)

MF
マルロス(シャフタール・ドネツク)
タラス・ステパネンコ(シャフタール・ドネツク)
ビクトール・コバレンコ(シャフタール・ドネツク)
ヴォロディミル・シェペリエフ(ディナモ・キエフ)
ビクトル・ツィガンコフ(ディナモ・キエフ)
ビタリー・ブヤルスキー(ディナモ・キエフ)
ルスラン・ロタン(ディナモ・キエフ)
ルスラン・マリノフスキー(ヘンク/ベルギー)
オレクサンドル・ジンチェンコ(マンチェスター・シティ/イングランド)
イェフレン・コノプリャンカ(シャルケ/ドイツ)
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント/ドイツ)

FW
アーテム・ベセディン(ディナモ・キエフ)
アルテム・クラベツ(カイセリシュポル/トルコ)
ロマン・ヤレムチュク(ヘント/ベルギー)

コメント

関連ニュース

thumb

ヤルモレンコのPK弾でウクライナが2連勝スタート《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ1のウクライナ代表vsスロバキア代表が9日に行われ、1-0でウクライナが勝利した。 ▽3日前に行われたチェコ代表とのUNL初戦を後半追加タイムのジンチェンコ弾で2-1と競り勝ったウクライナは、ヤルモレンコやコノプリャンカ、マルロスらをスタメンで起用した。 ▽一方、4日前に行われたデンマーク代表との親善試合を3-0と快勝したスロバキアは、ハムシクやシュクリニアル、シュクルテルらを先発で起用してきた。 ▽立ち上がりからホームチームのウクライナが攻勢に出る展開で立ち上がっていく。8分にはステパネンコのミドルシュートでオンターゲットを記録した。 ▽序盤のウクライナの攻勢を凌いだスロバキアが徐々にポゼッッションを高める展開に持ち込むと、23分にネメツがヘディングシュートを浴びせれば、25分にはマクがミドルシュートを放っていった。 ▽前半半ば以降、再びウクライナが押し込む展開となると、34分にはマリノフスキーが直接FKでゴールに迫った。しかし、前半にゴールは生まれず0-0で後半へ折り返した。 ▽後半もウクライナが押し込む入りとなるも、シュートには持ち込めず膠着状態が続く。 ▽65分にネメツに代えてドゥダを投入して攻撃に変化を付けたスロバキアに対し、71分にジンチェンコを投入したウクライナは、79分にPKを獲得する。ツィンガコフが浮き球パスに抜け出してボックス左に侵入したところでシュクリニアルに倒された。このPKをヤルモレンコが決めてウクライナが先制した。 ▽終盤、スロバキアの反撃を凌いだウクライナが1-0で逃げ切り。2連勝スタートとした。 2018.09.09 23:54 Sun
twitterfacebook
thumb

ウクライナ代表メンバー発表、ヤルモレンコやコノプリャンカが選出《UEFAネイションズリーグ》

▽ウクライナサッカー協会(FFU)は28日、来月のUEFAネイションズリーグ2018-19に臨む同国代表メンバー24名を発表した。 ▽予選敗退に終わったロシア・ワールドカップを経て、アンドリー・シェフチェンコ監督は、主軸のMFアンドリー・ヤルモレンコ(ウェストハム)やMFイェフレン・コノプリャンカ(シャルケ)、MFオレクサンドル・ジンチェンコ(マンチェスター・シティ)らを順当に選出した。 ▽UEFAネイションズリーグ2018-19・リーグB・グループ1に属するウクライナは、来月6日にチェコ代表とのアウェイ戦を、同9日にスロバキア代表とのホーム戦に臨む。今回発表された代表メンバー24名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ウクライナ代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アンドリー・ピアトフ</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">デニス・ボイコ</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">アンドリー・ルニン</span>(レガネス/スペイン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アンドリー・ツリコフ</span>(オレクサンドリヤ) <span style="font-weight:700;">オレグ・ダンチェンコ</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">ミコラ・マトビイェンコ</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">セルゲイ・クリフツォフ</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">ヤロスラフ・ラキツキ</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">ミキタ・ブルダ</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">オレクサンダー・カラヴァイェフ</span>(ゾリャ) <span style="font-weight:700;">イェフゲン・ハシェリディ</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">イェフゲン・マカレンコ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マルロス</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">タラス・ステパネンコ</span>(シャフタール) <span style="font-weight:700;">ヴォロディミル・シェペリエフ</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">ビクトル・ツィガンコフ</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">ビタリー・ブヤルスキー</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">セルゲイ・シドルチュク</span>(ディナモ・キエフ) <span style="font-weight:700;">ルスラン・マリノフスキー</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">イェフレン・コノプリャンカ</span>(シャルケ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドリー・ヤルモレンコ</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">オレクサンドル・ジンチェンコ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ロマン・ヤレムチュク</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">アーテム・ベセディン</span>(ディナモ・キエフ) 2018.08.29 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ウクライナ期待の若手GK獲得に迫る!

▽レアル・マドリーが、ゾリャ・ルハンクス(ウクライナ)に所属するウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽『マルカ』によると、ルニンは今夏の加入が濃厚な模様。プレシーズンからチームに参加し、フレン・ロペテギ新監督にパフォーマンスを披露することになるだろう、と報じられている。移籍金は推定で1400万ユーロ(約17億8000万円)だ。 ▽各年代のウクライナ代表に選出され、フル代表でも19歳にして2キャップを記録している身長191㎝と長身なルニンは、シュートストップに優れ欧州で最も評価されている若手の1人。プロデビューを飾ってからの過去2シーズンでは、公式戦通算51試合に出場した内の20試合でクリーンシートを達成している。 2018.06.20 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

シェフチェンコ監督は将来的にクラブを指揮?日本戦後に「クラブチームの監督をやりたい」

ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコ監督は、ナショナルチームよりもクラブチームの指揮を望んでいるようだ。<br><br>27日に日本代表と対戦し、2-1で勝利したウクライナ。現在チームの指揮をとるのは、同国のレジェンドでもあり、ミランなどで活躍したシェフチェンコ氏だ。<br><br>かつての名ストライカーは、日本戦での勝利後『スカイスポーツ・イタリア』の取材に応じ、将来的にはクラブチームの指揮をとりたいと語っている。<br><br>「今はウクライナのために尽力することが幸せだと思っている。ただ、将来的にはクラブチームの監督をやりたい」<br><br>「自分の理想のスタイルを追い求めつつ、勝利できるチームを作りたい。積極的なプレスや素早いパスワークなど、クラブレベルのほうがその近道になる」<br><br>ウクライナ代表指揮官は「今は代表監督かもしれないが、やはり理想のサッカーを突き詰めるのであれば、代表での指揮よりも常に選手とのやり取りが可能で、組織の成熟が見込めるクラブレベルのほうが理想的だと思う」と続け、将来的にはクラブチームで指揮をしたいという意向を示した。<br><br>シェフチェンコ氏は2012年に現役を引退し、ウクライナで政治家への転身を目指した。しかし選挙で落選し、その後プロゴルファーを目指すもまたしても断念。2016年からウクライナ代表の監督を務めているが、ロシア・ワールドカップのヨーロッパ予選ではアイスランド、クロアチアを上回ることができず、グループ3位で予選敗退を喫していた。<br><br>提供:goal.com 2018.03.30 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本 1-2 ウクライナ《国際親善試合》

▽日本代表は27日、国際親善試合でウクライナ代表とベルギーのスタッド・モーリス・デュフランで対戦し、1-2で敗戦した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180327_48_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 川島永嗣 5.5 2失点ともノーチャンス DF 21 酒井高徳 5.0 対面のコノプリャンカに手を焼いた 22 植田直通 5.5 対人プレーはまずまずもフィード面で厳しかった 20 槙野智章 6.0 劣勢の中、一時同点弾を叩きこむ 5 長友佑都 5.5 対面のマルロスを自由にさせず守備面は及第点 MF 16 山口蛍 5.0 攻守に乏しい存在感 7 柴崎岳 6.0 精度の高いプレースキックで槙野のゴールをアシスト。流れの中でも冷静なプレーが目立った (→中島翔哉 -) 17 長谷部誠 5.5 致命的なミスパスもあったが、及第点の出来 (→三竿健斗 -) FW 4 本田圭佑 5.5 多少のタメは作ったが、守備に追われた (→久保裕也 5.0) 目立ったプレーはなし 9 杉本健勇 5.0 何もできず (→小林悠 5.0) 杉本と大差なし 8 原口元気 5.5 身体を張ってファウルを貰うシーンが何度か (→宇佐美貴史 -) 監督 ハリルホジッチ 5.5 マリ戦よりは内容が改善したが、W杯に向けて不安の残る敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 槙野智章(日本) ▽劣勢の時間帯が多く、MOMに相応しい選手はいなかったが、一時同点ゴールを奪った槙野を選出。 日本 1-2 ウクライナ 【日本】 槙野智章(前41) 【ウクライナ】 ラキツキ(前21) カラヴァイェフ(後24) 2018.03.27 23:27 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース