日本代表と対戦するウクライナ代表メンバーが発表! コノプリャンカやヤルモレンコも招集《国際親善試合》2018.03.13 14:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウクライナサッカー協会(FFU)は12日、3月に行われる国際親善試合に臨む、ウクライナ代表メンバー25名を発表した。

▽ウクライナを率いるアンドリー・シェフチェンコ監督は、MFイェフレン・コノプリャンカ(シャルケ)やMFアンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)、FWアルテム・クラベツ(カイセリシュポル/トル)ら主力選手を選出した。

▽3大会ぶりのW杯出場を逃したウクライナは、23日にスペインでサウジアラビア代表と、27日にベルギーで日本代表と対戦する。今回発表されたウクライナ代表メンバーは以下のとおり。

◆ウクライナ代表メンバー25名
GK
アンドリー・ピアトフ(シャフタール・ドネツク)
デニス・ボイコ(ディナモ・キエフ)
アンドリー・ルニン(ゾリャ・ルハンシク)

DF
ミコラ・マトビイェンコ(シャフタール・ドネツク)
イバン・オルテツ(シャフタール・ドネツク)
ボグダン・ブトコ(シャフタール・ドネツク)
ヤロスラフ・ラキツキ(シャフタール・ドネツク)
イェフゲン・ハシェリディ(ディナモ・キエフ)
ミキタ・ブルダ(ディナモ・キエフ)
オレクサンダー・カラヴァイェフ(ゾリャ・ルハンシク)
エドゥアルド・ソボル(スラビア・プラハ/チェコ)

MF
マルロス(シャフタール・ドネツク)
タラス・ステパネンコ(シャフタール・ドネツク)
ビクトール・コバレンコ(シャフタール・ドネツク)
ヴォロディミル・シェペリエフ(ディナモ・キエフ)
ビクトル・ツィガンコフ(ディナモ・キエフ)
ビタリー・ブヤルスキー(ディナモ・キエフ)
ルスラン・ロタン(ディナモ・キエフ)
ルスラン・マリノフスキー(ヘンク/ベルギー)
オレクサンドル・ジンチェンコ(マンチェスター・シティ/イングランド)
イェフレン・コノプリャンカ(シャルケ/ドイツ)
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント/ドイツ)

FW
アーテム・ベセディン(ディナモ・キエフ)
アルテム・クラベツ(カイセリシュポル/トルコ)
ロマン・ヤレムチュク(ヘント/ベルギー)

コメント

関連ニュース

thumb

シェフチェンコ監督は将来的にクラブを指揮?日本戦後に「クラブチームの監督をやりたい」

ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコ監督は、ナショナルチームよりもクラブチームの指揮を望んでいるようだ。<br><br>27日に日本代表と対戦し、2-1で勝利したウクライナ。現在チームの指揮をとるのは、同国のレジェンドでもあり、ミランなどで活躍したシェフチェンコ氏だ。<br><br>かつての名ストライカーは、日本戦での勝利後『スカイスポーツ・イタリア』の取材に応じ、将来的にはクラブチームの指揮をとりたいと語っている。<br><br>「今はウクライナのために尽力することが幸せだと思っている。ただ、将来的にはクラブチームの監督をやりたい」<br><br>「自分の理想のスタイルを追い求めつつ、勝利できるチームを作りたい。積極的なプレスや素早いパスワークなど、クラブレベルのほうがその近道になる」<br><br>ウクライナ代表指揮官は「今は代表監督かもしれないが、やはり理想のサッカーを突き詰めるのであれば、代表での指揮よりも常に選手とのやり取りが可能で、組織の成熟が見込めるクラブレベルのほうが理想的だと思う」と続け、将来的にはクラブチームで指揮をしたいという意向を示した。<br><br>シェフチェンコ氏は2012年に現役を引退し、ウクライナで政治家への転身を目指した。しかし選挙で落選し、その後プロゴルファーを目指すもまたしても断念。2016年からウクライナ代表の監督を務めているが、ロシア・ワールドカップのヨーロッパ予選ではアイスランド、クロアチアを上回ることができず、グループ3位で予選敗退を喫していた。<br><br>提供:goal.com 2018.03.30 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本 1-2 ウクライナ《国際親善試合》

▽日本代表は27日、国際親善試合でウクライナ代表とベルギーのスタッド・モーリス・デュフランで対戦し、1-2で敗戦した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180327_48_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 川島永嗣 5.5 2失点ともノーチャンス DF 21 酒井高徳 5.0 対面のコノプリャンカに手を焼いた 22 植田直通 5.5 対人プレーはまずまずもフィード面で厳しかった 20 槙野智章 6.0 劣勢の中、一時同点弾を叩きこむ 5 長友佑都 5.5 対面のマルロスを自由にさせず守備面は及第点 MF 16 山口蛍 5.0 攻守に乏しい存在感 7 柴崎岳 6.0 精度の高いプレースキックで槙野のゴールをアシスト。流れの中でも冷静なプレーが目立った (→中島翔哉 -) 17 長谷部誠 5.5 致命的なミスパスもあったが、及第点の出来 (→三竿健斗 -) FW 4 本田圭佑 5.5 多少のタメは作ったが、守備に追われた (→久保裕也 5.0) 目立ったプレーはなし 9 杉本健勇 5.0 何もできず (→小林悠 5.0) 杉本と大差なし 8 原口元気 5.5 身体を張ってファウルを貰うシーンが何度か (→宇佐美貴史 -) 監督 ハリルホジッチ 5.5 マリ戦よりは内容が改善したが、W杯に向けて不安の残る敗戦 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 槙野智章(日本) ▽劣勢の時間帯が多く、MOMに相応しい選手はいなかったが、一時同点ゴールを奪った槙野を選出。 日本 1-2 ウクライナ 【日本】 槙野智章(前41) 【ウクライナ】 ラキツキ(前21) カラヴァイェフ(後24) 2018.03.27 23:27 Tue
twitterfacebook
thumb

槙野が一時同点弾もスコア以上の差でウクライナに敗戦《国際親善試合》

▽日本代表は27日、国際親善試合でウクライナ代表とベルギーのスタッド・モーリス・デュフランで対戦し、1-2で敗戦した。 ▽4日前に行われたマリ代表戦を中島のデビュー弾で辛くも引き分けた日本は、マリ戦のスタメンから8選手を変更。長谷部、長友、槙野が引き続きスタメンとなり、本田や柴崎、原口らが先発となった。 ▽集中した入りを見せた日本がウクライナと主導権争いを繰り広げた序盤。それでも、ウクライナが左サイドのコノプリャンカとジンチェンコを起点に仕掛けてくると、16分にピンチ。右サイドに流れたベセディンのクロスボールがクリアにかかった酒井高の足に当たって自陣ゴールへ。しかし、バーに直撃して助かった。 ▽だが、地力に勝るウクライナに押し込まれた日本は、21分に失点する。ボックス手前左でボールを持ったラキツキのミドルシュートが植田の頭に当たって僅かにディフレクトし、ゴール右に突き刺さった。 ▽その後も劣勢が続く日本は30分、マルロスのドリブル突破を許してボックス内のマリノフスキーに決定的なシュートを許すも、枠を外れて助かった。ハーフタイムにかけてもウクライナからボールを奪えなかった日本だったが、41分に同点に追いついた。左サイドからの柴崎のFKをフリーとなっていた槙野がヘディングシュート。これがGKピアトフの手を弾いてネットを揺らした。 ▽1-1で迎えた後半、56分に存在感のなかった杉本に代えて小林を投入した日本は、59分に原口がボックス内で相手DFに倒されたとアピールするも、シミュレーションを取られてしまう。 ▽すると69分、コノプリャンカに左サイドを突破されてクロスを入れられると、ボックス右でパスを受けたカラヴァイェフにゴール左へシュートを蹴り込まれた。 ▽勝ち越された日本は引き続き劣勢が続く中80分、柴崎に代えて中島を投入。すると86分、小林の落としを受けたボックス左の中島がオンターゲットのシュートを記録。しかし、GKピアトフにセーブされた。終盤、宇佐美を投入して攻勢を強めた日本は、GKピアトフのミスパスをカットして得たFKから中島が直接ゴールを狙ったが、ピアトフにセーブされてタイムアップ。1-2のスコア以上の差で敗戦した。 2018.03.27 23:26 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が半年ぶり先発! ウクライナ戦先発メンバー発表《キリンチャレンジカップ》

▽本日27日の21時20分にベルギー・リエージュのスタッド・モーリス・デュフランでキックオフを迎えるキリンチャレンジカップ2018 in EUROPEの日本代表vsウクライナ代表のスターティングメンバ―が発表された。 ▽23日に行われた国際親善試合のマリ代表戦を代表デビューとなるFW中島翔哉の劇的弾により、辛くも1-1のドローに持ち込んだ日本。欧州遠征の最終戦となる今回は、ロシア・ワールドカップのグループステージで相対する“仮想ポーランド”と位置づけ、アンドリー・シェフチェンコ監督率いるウクライナと対戦する。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、マリ戦の先発メンバーから8名変更。守護神をGK川島永嗣が務め、最終ラインにDF酒井高徳、DF植田直通、DF槙野智章、DF長友佑都を置き、中盤にMF山口蛍、MF長谷部誠、MF柴崎岳を起用した。注目の前線は、FW本田圭佑、FW杉本健勇、FW原口元気。本田にとって、半年ぶりの先発となる。 ◆日本代表スタメン GK:川島永嗣 DF:酒井高徳、植田直通、槙野智章、長友佑都 MF:山口蛍、長谷部誠、柴崎岳 FW:本田圭佑、杉本健勇、原口元気 2018.03.27 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】仮想ポーランド、継続される確認とトライ

▽日本代表は27日、国際親善試合でウクライナ代表と対戦する。「キリンチャレンジカップ2018 in EUROPE」として初の国外で開催されるキリンチャレンジカップ。今回も、ワールドカップへの生き残りを懸けた戦いとなる。 <span style="font-weight:700;">◆マリ戦からの反省を生かし</span> ▽23日に行われたマリ代表戦は、後半アディショナルタイムに日本代表デビューとなったFW中島翔哉(ポルティモネンセ)の代表初ゴールで辛くもドローに持ち込んだ。 ▽試合内容は良いとは言えず、一対一の局面での弱さ、アフリカ勢特有の間合いに苦しむなど、課題が多く露呈した。 ▽選手個人としてはアピールをしたい場でもあることは事実であり、チームとして合わせる時間が少なかったとも言える。ただ、局面での弱さ、攻撃の形が作れなかった部分は、残り2カ月でどこまで改善できるかも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆実力国ながらW杯予選敗退のウクライナ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180327_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対戦相手のウクライナは、3大会連続のワールドカップ出場を目指したものの、ユーロ2016で躍進をみせたアイスランド代表、クロアチア代表の後塵を拝してグループ3位となり、出場を逃した。 ▽しかし、ヨーロッパの各国リーグでプレーする選手が多く、実力者も揃っている。攻守にわたってレベルが高く、マリよりも難しい相手になることは間違いない。 ▽堅守、カウンターのイメージが強かったウクライナだが、かつての英雄でもアンドリー・シェフチェンコ監督が就任してからは、中盤での構成力を高め、サイドアタックを主とした攻撃へと変貌。ポゼッションサッカーを取り入れ、相手ゴールへと確実に迫るスタイルを目指している。 ▽シャルケでプレーするMFイェフレン・コノプリャンカ、マンチェスター・シティのMFオレクサンドル・ジンチェンコ、シャフタール・ドネツクでプレーしブラジルから帰化したMFマルロスら、実力者が中盤に揃っている一方で、ケガによりエースのMFアンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)が不在。攻撃力の最大化は難しいものの、日本にとっては実力を試す相手として不足はない。 <span style="font-weight:700;">◆続・確認とトライ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180327_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方の日本もケガ人が続出。MF大島僚太(川崎フロンターレ)は、マリ戦で負傷交代し練習を欠席。右サイドバックとして日本代表デビューを果たしたDF宇賀神友弥(浦和レッズ)も負傷のため前日練習を行っていない。その他、FW大迫勇也(ケルン)が内転筋の違和感のために別メニューとなった。ウクライナ戦はマリ戦よりも限られたメンバーでの戦いとなるだろう。 ▽ウクライナ戦は、“仮想ポーランド”という位置付けで戦うこととなる。FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)のような強力なセンターフォワードはウクライナには居ないものの、球際の激しさ、サイドを使った攻撃は想定できるだろう。マリ戦以上に本番に近い形で個々のプレーの確認、チームとしての戦い方の確認、さらには攻守にわたってトライすることができるはずだ。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション[4-2-3-1]</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180327_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:川島永嗣 DF:酒井高徳、昌子源、槙野智章、長友佑都 MF:長谷部誠、山口蛍 MF:本田圭佑、柴崎岳、原口元気 FW:杉本健勇<hr>▽予想をするのが難しいメンバーとなっているが、GKはマリ戦で出場機会のなかった川島永嗣(メス)となるだろう。また、ケガ人が多い右サイドバックはマリ戦で後半から出場したDF酒井高徳(ハンブルガーSV)が濃厚。左サイドバックは、引き続きDF長友佑都(ガラタサライ)となるだろう。また、センターバックコンビはDF昌子源、DF槙野智章と予想する。 ▽中盤の構成はマリ戦同様にダブルボランチにトップ下を置くトライアングルとなるだろう。マリ戦でベンチスタートとなったMF山口蛍(セレッソ大阪)は先発が濃厚。MF長谷部誠(フランクフルト)の連戦が可能かどうかを試す可能性が高いとみる。長谷部が欠場した場合は、マリ戦で同点ゴールをアシストしたMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)が起用されるとみる。 ▽トップ下は、MF森岡亮太(アンデルレヒト)に代わって、MF柴崎岳(ヘタフェ)となるだろう。1トップは負傷の大迫に代わり、FW杉本健勇(セレッソ大阪)とみる。 ▽両サイドに関しては予想が難しい。左はマリ戦で出場機会がなかったMF原口元気(デュッセルドルフ)と予想する。中島はマリ戦同様に後半途中からと予想される。また、右はFW本田圭佑(パチューカ)が先発と予想する。 <span style="font-weight:700;">◆高いレベルを追い求めトライ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180327_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マリ戦は辛くも引き分けたことを考えると、ウクライナ戦は何としても勝利を奪う必要がある。ワールドカップのグループステージ3戦を考えても、ギリギリで勝ち点1を掴んだ次の試合で、しっかりと勝てるかは非常に重要となるからだ。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「大きなチャレンジであり、W杯出場が懸かっているという気持ちで挑みたい」と前日会見でコメントした。勝利を目指しながらも、ウクライナのレベルで通用するところ、足りないところを探していくことには変わりない。 ▽本番は約2カ月半後のロシア・ワールドカップ本大会。この大会に向けて、足りない部分にどれだけ気が付けるか。現実を見る場でもある。 ▽一方で、ウクライナはレベルの高い相手でありながら、先日のサウジアラビア代表戦では1-1で引き分けているだけに、勝てるチャンスがないわけでもない。しっかりと勝利を目指しながら、通用する部分、しない部分を見極めるためのトライができるか。注目の一戦は27日(火)の21時20分にキックオフを迎える。 2018.03.27 11:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース