ベイル、ベンゼマ、イスコらを売却でもネイマール獲得費用の半分!? クラック獲得にマドリーが必要とする資金額は…2018.03.13 13:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールへの興味が噂されるレアル・マドリーが、新たなクラック獲得に向けて主力を大幅に放出するかもしれない。スペイン『アス』が報じた。

▽昨夏の移籍市場で、史上最高額の2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円) でバルセロナからPSGに加入したネイマール。同選手に対してはマドリーが興味を持っていると以前から伝えられていた。

▽様々な憶測が飛び交う中、『アス』は2014年に獲得したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス依頼、クラックを獲得できていないフロレンティーノ・ペレスが久しぶりに大きく動く可能性があると指摘している。

▽しかし同メディアによると、ネイマールの獲得にかかる諸経費は4億ユーロ(約525億9500万円)を越えるだろうとしており、獲得のためには主力級の選手を複数人売却することが不可欠だとしている。

▽『アス』は以前からマドリー退団が噂される選手を中心に売却した場合の売却益を算出。ウェールズ代表MFガレス・ベイルは7500万ユーロ(約98億6200万円)、スペイン代表MFイスコは7500万ユーロ、フランス代表FWカリム・ベンゼマは5000万ユーロ(約65億7400万円)で売却可能とみており、3選手の総額売却益は2億ユーロ(約262億97000万円)。

▽現在のマドリーを支える主力たちを3選手も放出しても、ネイマール1人の獲得費用とはならないようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル主将セルヒオ・ラモス、CWC鹿島戦に抜かりなし「ミスする余裕がない大会」

欧州王者としてクラブ・ワールドカップ(CWC)に参加するレアル・マドリーの主将DFセルヒオ・ラモスが、同大会優勝に向けて意気込みを表している。<br><br>準決勝からCWCに参加するレアル・マドリーは、2016年にも同ラウンドで対戦した鹿島アントラーズと再び相見える。過去の鹿島戦では、現ヘタフェMF柴崎岳に2ゴールを決められるなど苦戦を強いられ、それでも4-2の逆転勝利を果たして最後には優勝まで到達した。<br><br>『FIFA.com』とのインタビューに応じたS・ラモスは、そうした教訓もあってかCWCが「ミスする余裕がない」大会との見解を示している。<br><br>「CWCは昨季に手にした成功に対する褒賞であり、自分の立ち位置を世界王者に変えてくれる。素晴らしい経験だよ。この大会は短期間に行われ、ミスする余裕がない。準決勝があって、その次に決勝がある。僕たちはトロフィーをホームに持ち帰りたい」<br><br>S・ラモスはその一方で、ここ4年でCWCを3回勝ち取っているなどの経験が、チームにとってポジティブに働くとの考えも述べた。<br><br>「レアル・マドリーには素晴らしい歴史があるが、それに執着し過ぎるのも良くないね。それだけで試合に勝てるわけではないから。でも経験というものはとても重要だし、僕たちにはそれがある」<br><br>「レアル・マドリーはファンタスティックなチームだし、自分たちに自信を持たなくては。もちろん、対戦相手には最大限の敬意を払いたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 23:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ラウンド16組み合わせが決定!王者マドリーはアヤックス、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦《CL》

▽17日に、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。 ▽昨季同様、順当に勝ち上がりが決定した今季のCL。死の組となったグループBでは、バルセロナが余裕の首位突破を決めた一方で、最終節までもつれた2位争いは、当該成績の結果、トッテナムが制した。また、同じく死の組となったグループCでも混戦が起こり、こちらも最終節にリバプールがナポリ戦を制して、首位のパリ・サンジェルマンとグループステージ突破を決めた。 ▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。 ▽そして、組み合わせ抽選の結果、王者レアル・マドリーはアヤックスと対戦、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦することが決まった。 ▽ラウンド16は、2019年2月12日、13日、19日、20日に1stレグ、同3月5日、6日、12日、13日に2ndレグが行われる。 ◆CLラウンド16組み合わせ シャルケvsマンチェスター・シティ アトレティコ・マドリーvsユベントス マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン トッテナムvsドルトムント リヨンvsバルセロナ ローマvsポルト アヤックスvsレアル・マドリー リバプールvsバイエルン 2018.12.17 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサとマドリーがワトフォードの19歳に注目

▽ワトフォードのU-20ポルトガル代表MFドミンゴス・クイナ(19)に、バルセロナとレアル・マドリーが注目しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ベンフィカの下部組織出身のクイナは2012年にチェルシーの下部組織に入団。4年後、ウェストハムに移籍し、ヨーロッパリーグ予選のNKドムジャレ戦でデビューした。しかし、主にU-23チームでの出場が続いたため、活躍の場を求めて今夏に移籍を決断。ワトフォードに加入した今シーズンは、リーグ戦第15節のマンチェスター・シティ戦でプレミアデビューを果たし、そこから3試合連続で出場機会を得ている。直近の第17節のカーディフ戦ではプレミア初ゴールを記録した。 ▽『デイリー・メール』はこの期待の19歳にバルセロナとマドリーが興味を示していると主張。実は今夏にワトフォードに移籍する前にも、両クラブからの関心が伝えられていたが、選手本人がロンドンから離れることを望まなかったため、ビッグクラブへの移籍は実現しなかったという。 ▽そんな背景もありながら、再びスペイン2大巨頭からの関心が高まっていると言われるクイナ。「ファーストチームでの出場機会が最優先」と語るポルトガルの逸材は、今後のどのようなキャリアを築くのだろうか。なお、契約は2022年まで。さらに1年間の契約延長オプションもついているようだ。 2018.12.17 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島と激突するレアル・マドリー、強力なCWCメンバー発表…負傷伝えられたベンゼマも搭乗

レアル・マドリーは16日、FIFAクラブ・ワールドカップに臨むメンバー25名を発表した。<br><br>欧州王者のレアル・マドリーは、クラブ・ワールドカップ(CWC)3連覇に向けて、準々決勝で北中米カリブ海王者のグアダラハラを下した鹿島アントラーズと19日(日本時間20日1時30分~)に行われる準決勝で対戦する。15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節、ラージョ戦をFWカリム・ベンゼマのゴールにより1-0で制した翌日、CWCに臨むメンバーを発表している。<br><br>レアル・マドリーは、ラージョ戦でMFマルコ・アセンシオとベンゼマが負傷で途中交代。2選手に関して状態が不安視されていたが、今回のメンバーに招集されている。また、離脱していたMFガレス・ベイルとMFカゼミーロも参加する。レアル・マドリーは公式ツイッターで、CWCに向けて飛行機に搭乗した様子を公開している。&nbsp;<br><br>サンティアゴ・ソラーリ監督率いるレアル・マドリーのメンバー25名は以下のとおり。<br><br>【レアル・マドリーCWCメンバー】<br />▽GK<br />1 ケイラー・ナバス<br />13 キコ・カシージャ<br />25 ティボー・クルトワ<br><br>▽DF<br />2 ダニ・カルバハル<br />3 ヘスス・バジョホ<br />4 セルヒオ・ラモス<br />5 ラファエル・ヴァラン<br />6 ナチョ<br />12 マルセロ<br />19 アルバロ・オドリオソラ<br />23 セルヒオ・レギロン<br />31 ハビ・サンチェス<br><br>▽MF<br />8 トニ・クロース<br />10 ルカ・モドリッチ<br />14 カゼミーロ<br />15 フェデリコ・バルベルデ<br />18 マルコス・ジョレンテ<br />20 マルコ・アセンシオ<br />22 イスコ<br />24 ダニ・セバージョス<br><br>▽FW<br />7 マリアーノ・ディアス<br />9 カリム・ベンゼマ<br />11 ギャレス・ベイル<br />17 ルーカス・バスケス<br />28 ヴィニシウス・ジュニオール<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.16 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

CR7の友人マルセロ「レアルは世界最高の選手を失った」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍劇に「世界最高の選手を失った」と語った。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリー入りして以降、圧倒的な攻撃センスで数々のタイトルに貢献してきたC・ロナウド。だが、今夏にレアル・マドリー退団を決め、新たな活躍の場としてユベントスに旅立った。 ▽マルセロはいちチームメイトとしてだけでなく、仲良しとしても知られたC・ロナウドについて次のように言及。「レアル・マドリーは常にレアル・マドリー」だと強調しつつ、C・ロナウドの流失による影響を認めた。 「クリスティアーノは元チームメイトであり、僕の友人だ。世界最高の選手が僕のチームからいなくなったことは明らかで、悲しく思っていることも事実さ」 「どんなチームでもクリスティアーノを欲しがる。でも、マドリーはこの先も常にマドリーであり続け、あらゆるポジションに最高の選手を獲得していくだろう」 2018.12.16 13:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース