ベイル、ベンゼマ、イスコらを売却でもネイマール獲得費用の半分!? クラック獲得にマドリーが必要とする資金額は…2018.03.13 13:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールへの興味が噂されるレアル・マドリーが、新たなクラック獲得に向けて主力を大幅に放出するかもしれない。スペイン『アス』が報じた。

▽昨夏の移籍市場で、史上最高額の2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円) でバルセロナからPSGに加入したネイマール。同選手に対してはマドリーが興味を持っていると以前から伝えられていた。

▽様々な憶測が飛び交う中、『アス』は2014年に獲得したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス依頼、クラックを獲得できていないフロレンティーノ・ペレスが久しぶりに大きく動く可能性があると指摘している。

▽しかし同メディアによると、ネイマールの獲得にかかる諸経費は4億ユーロ(約525億9500万円)を越えるだろうとしており、獲得のためには主力級の選手を複数人売却することが不可欠だとしている。

▽『アス』は以前からマドリー退団が噂される選手を中心に売却した場合の売却益を算出。ウェールズ代表MFガレス・ベイルは7500万ユーロ(約98億6200万円)、スペイン代表MFイスコは7500万ユーロ、フランス代表FWカリム・ベンゼマは5000万ユーロ(約65億7400万円)で売却可能とみており、3選手の総額売却益は2億ユーロ(約262億97000万円)。

▽現在のマドリーを支える主力たちを3選手も放出しても、ネイマール1人の獲得費用とはならないようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ第6節プレビュー】ミッドウィークにセビージャvsレアル・マドリー!

▽先週末に行われた第5節ではジローナと引き分けたバルセロナの開幕からの連勝がストップ。一方、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強は揃って勝利。また、昨季上位陣ではバレンシアがドローで開幕未勝利を継続し、セビージャが今季最多の6ゴールで大勝している。 ▽今季初となるミッドウィーク開催での第6節ではセビージャvsレアル・マドリーのビッグマッチに注目が集まる。ベティスとのダービーからリーグ戦2連敗を喫したセビージャだが、ヨーロッパリーグ(EL)初戦でスタンダール・リエージュ相手に5-1の大勝を収め悪い流れを払拭。すると、直近のレバンテ戦では今季最多の6ゴールを奪い6-2の圧勝。公式戦2試合連続で5点以上を記録するなど絶好調の攻撃陣の中では2試合で5ゴールを挙げて確変中のFWイェデルに注目したい。抜群のスピードと駆け引きに優れる掴みどころのないムービングFWは、守備面でやや緩さを見せるレアル・マドリーの守備陣の脅威となるはずだ。 ▽一方、レアル・マドリーは直近のエスパニョール戦ではMFクロース、DFカルバハル、DFマルセロ、MFベイルなど一部主力を温存し、DFオドリオソラやMFマルコス・ジョレンテ、FWマリアーノら若手に今季初めて出場機会を与える積極的なターンオーバーを行った。FWアセンシオのゴールで1-0の勝利を収めた一方、内容面には大いに課題を残しており、主力を復帰させて戦う今回のセビージャ戦の重要度は高い。 ▽レアル・マドリーと同様にDFユムティティやMFラキティッチ、MFコウチーニョをベンチに置きMFアルトゥール、MFビダル、DFラングレを初先発させるターンオーバーを採用したバルセロナ。しかし、ラングレが1点リードの前半半ばに相手選手へのエルボーで一発退場となる愚行を犯した結果、60分近くを数的不利で戦い、温存予定だった前述の3選手まで投入。最終的に2-2のドローに終わり、開幕からの連勝ストップに加え普段以上の消耗を強いられることになった。それでも、今節の対戦相手は開幕から4敗1分けで未勝利のレガネスが相手となっており、今度こそターンオーバーを成功させ、今後に向けてオプションを増やしたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽前節、ヘタフェとの自治州ダービーを新戦力のMFレマルの移籍後初ゴールを含む2点に絡む活躍で快勝したアトレティコはリーグ3戦ぶりの白星を挙げた。連勝を目指して昇格組ウエスカをホームで迎え撃つ今節だが、今週末に敵地で戦う今季リーガ最初のマドリード・ダービーを控えており、できれば一部主力を温存したいところだ。基本的にはFWジェウソン・マルティンスやFWカリニッチら新戦力にプレー機会を与えたいところだが、今季リーガでまだゴールがないFWジエゴ・コスタらのコンディション調整にも充てたい。 ▽開幕から目に見える結果を残せていないヘタフェMF柴崎岳、ベティスMF乾貴士の日本人2選手に関しては今回の過密日程で先発出場のチャンスがあるかもしれない。レアル・マドリーとの開幕戦でのスタメン以降、途中出場1試合のみと苦しい立場に立たされている柴崎は今節、アラベスとのアウェイゲームに臨む。直近のアトレティコ戦ではセンターバックが本職のDFジェネがボランチで起用されるなど守備的な振る舞いを見せたヘタフェだが、勝ち点3奪取を目指すアラベス戦ではより攻撃面で貢献ができる背番号10に出場機会が与えられるかもしれない。一方、直近の公式戦2試合でベンチスタートが続く乾はジローナと対戦する。プレッシングを特長とする難敵との対戦ではハーフスペースで鋭いターンから局面を打開できる日本人ドリブラーに声が掛かるはずだ。 ▽その他のカードでは開幕から1敗4分けと未だに勝利がないバレンシアが、アトレティコに完勝するなど好調の4位セルタをホームで迎え撃つ一戦に注目したい。直近のビジャレアル戦で主将MFパレホが一発退場となり、ケガで離脱中のMFコンドグビアを含めて主力ピボーテ2人を欠くチームは、攻守両面で躍動感がある新生セルタ相手に今季初白星を手にすることができるか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第6節》 ▽9/25(火) 《27:00》 エスパニョール vs エイバル 《28:00》 レアル・ソシエダ vs ラージョ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs ウエスカ ▽9/26(水) 《27:00》 ビルバオ vs ビジャレアル レガネス vs バルセロナ 《29:00》 バレンシア vs セルタ セビージャ vs レアル・マドリー ▽9/27(木) 《27:00》 アラベス vs ヘタフェ バジャドリー vs レバンテ 《29:00》 ジローナ vs ベティス<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ラキティッチもモドリッチの受賞を喜ぶ「クロアチア全体が誇りに」

▽バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、ザ・ベストFIFAアワード2018にてFIFA男子最優秀選手賞に選ばれたレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチに祝福の言葉を送った。 ▽ラキティッチは、モドリッチとともにロシア・ワールドカップでクロアチア代表の準優勝に貢献。モドリッチとともに中盤を支え続けていた。 ▽クラブチームはバルセロナとレアル・マドリーというライバル関係にあるものの、11年ぶりにクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、リオネル・メッシ(バルセロナ)以外の選手として受賞となった同胞に対し、自身のツイッター(@ivanrakitic)で祝福のメッセージを送った。 「おめでとう、ルカ・モドリッチ!君の全てが受賞に値し、クロアチア全体が君を誇りに思っている!みんなのキャプテン、いつも一緒にいてくれてありがとう」 2018.09.25 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クラシコ勃発!? マドリー、バルサ注目のF・デ・ヨング争奪戦に参戦か

▽レアル・マドリーが、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に動くようだ。オランダ『De Telegraaf』をもとに、スペイン『アス』が伝えた。 ▽記事によると、マドリーはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の後継者の1人として、F・デ・ヨングの獲得にバルセロナを上回る8000万ユーロ(約106億円)を用意している模様。また、同選手に対しては、バルセロナの他にパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなどのビッククラブが関心を抱いており、マドリーの参戦で争奪戦はよりし烈なものとなるようだ。 ▽今夏、F・デ・ヨングはバルセロナへの移籍で取り沙汰されていたが、アヤックスに残留をしていた。とはいえ、将来的なバルセロナ移籍を仄めかしており、有力であることは変わらない。しかし、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が大金を投資することで、現状が変わる可能性があると『De Telegraaf』は伝えている。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたF・デ・ヨングは、2015年にオランダの名門アヤックスに加入した。最初の2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、昨シーズンからトップチームに定着。後半戦はケガで棒に振ったが、エールディビジ22試合で8アシストをマークしブレイクを果たした。 2018.09.25 14:26 Tue
twitterfacebook
thumb

圧倒的勝者ヴァラン、CL4連覇に意欲

▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランが、チャンピオンズリーグ(CL)4連覇に意気込んでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ザ・ベストFIFAアワード2018の各賞受賞者をロンドンで発表。マドリーからはクロアチア代表MFルカ・モドリッチがFIFA男子最優秀選手賞を受賞したほか、FIFA/FIFProベストイレブンにも最多5名が選出された。 ▽ベストイレブンに名を連ねたヴァランは、アタッカーに比べてパフォーマンスが数字に表れにくく、票を集め辛いと言われるセンターバックのポジションを務めながら、男子最優秀選手賞でも9番目に多く得票。ロシア・ワールドカップ(W杯)とCLをダブルで制した今年唯一のプレーヤーとして、有無を言わせない活躍を披露していた。 ▽授賞式に出席したヴァランは、以下のようにコメントしている。 「こういったアワードに選出されるなんて想像もできなかった」 「(昨シーズンは)素晴らしいシーズンで、僕らは今年も継続しなければならない」 「もちろん、僕らは(CLで)4連覇できる。誰も僕らが3連覇できるなんて信じてなかった」 「レアル・マドリーとフランス代表、両方の仕事で選ばれたと認識しているよ」 2018.09.25 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

モドリッチから大先輩ボバンへ スピーチがクロアチア伝説の涙を誘う

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが同国のレジェンドを嬉し泣きさせた。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開き、各賞受賞者を発表。モドリッチがここ10年続くポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの独占状況を破り、FIFA男子最優秀選手賞に輝いた。 ▽そのモドリッチは授賞を受け、壇上でコメント。受賞の心境を明かしつつ、母国クロアチアの伝説として今も語り継がれ、この授賞式に出席したズヴォニミル・ボバン氏に感謝の言葉を送り、涙させた。 「僕に投票してくれた人たちにお礼を言いたい」 「それと、僕のアイドルで、1998年のワールドカップでクロアチアを3位入賞に導いた当時のキャプテンであるズヴォニミル・ボバンにも感謝したい」 「僕らがロシアですごいことを成し遂げられたのは、彼からインスピレーションを受けたおかげだ」 2018.09.25 10:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース