ユーティリティ性が重宝される理由と理解するアシュリー・ヤング「ベストポジションが分からない」2018.03.13 13:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFアシュリー・ヤングが、自身のポジションについて言及した。『ESPN』が伝えた。▽32歳になるヤングは、今シーズンもレギュラーとしてプレー。プレミアリーグでは23試合に出場し、2ゴールを記録している。

▽かつては前線のウイングやサイドハーフでプレーしていたヤングだが、近年はサイドバックとしてプレー。“世界最高の右サイドバック”と称されるなど、評価は高い。

▽ユーティリティ性が魅力でもあるヤングだが、デイヴィッド・モイーズ元監督やルイス・ファン・ハール前監督、そしてジョゼ・モウリーニョ監督と、歴代の監督によって生み出されたもの。しかし、本人はベストポジションが分からないとしながらも、多くのポジションでプレーできることが強みであると語った。

「僕は自分のベストポジションを知らない。もう分からないんだ」

「僕は自分がまだウインガーだと思っている。なぜなら、まだそこで長い間プレーしたいと思っているからね。10番のポジションでもプレーしてきた。多くのポジションでプレーできるし、これまでユナイテッドでプレーしていないのは、ゴールキーパーとセントラルハーフだけかな」

「でも、監督に呼ばれて僕がどこでプレーするとしても、僕は100%のプレーをする。今シーズンは良いプレーをしていると思うよ。サッカー選手として、常にプレーしたいと思っている」

「そして、今シーズンはもっと多くの試合でプレーしたい。プレーすることに余裕があるし、より長い間良いプレーができると思う。監督が満足している限り、ユニフォームを着続けたいね」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、1月のポグバ売却を希望か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)に放出リスト入りの可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ポグバは2012年夏、ユナイテッドからフリーでユベントスに加入。ダイナモとして大きな飛躍を遂げたが、2016年夏に当時の史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ(約135億5000万円)でユナイテッドに復帰した。 ▽だが、オールド・トラフォードに復帰したポグバは、ユベントス時代のような輝きがないとして、度々批判の矢面に。さらに、最近はジョゼ・モウリーニョ監督の下で先発機会も減らしており、移籍の噂があとを絶えない。 ▽ユナイテッドの上層部もモウリーニョ体制下で不良債権化しつつあるポグバの現金化に心が傾いている様子。同体制の存続云々に関係なく、今冬の移籍市場でオファーが届けば交渉に応じる姿勢を強めているという。 ▽そのポグバに対しては現在、パリ・サンジェルマンやバルセロナ、古巣ユベントスが興味。中でも、ユベントスがユナイテッドの関心を集めるブラジル代表DFアレックス・サンドロをトレードに出せば、獲得レースで優位に立つ可能性を秘めているとのことだ。 2018.12.16 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、スモーリングが新契約にサイン! 1年延長OP付きの2022年まで

▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、イングランド代表DFクリス・スモーリング(29)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は1年の延長オプションが付随した2022年6月までとなる。 ▽スモーリングは、ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏の再来として注目を集め、2010年夏にフルアムから加入した。在籍8年間で公式戦307試合(18得点)の出場を誇り、今シーズンもここまで18試合に出場して1得点。だが、今シーズンは契約最終年だった。 ▽契約更新に至ったスモーリングはクラブ公式サイトを通じて「このクラブで9年目になる。このクラブとともに前進を続けられるようになり嬉しいよ。マンチェスター・ユナイテッドでのプレーは本当に名誉だ」とコメントしている。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第16節終了時点で7勝5分け4敗の6位。スモーリングを擁する守備陣は26失点を許しており、補強の必要性が取り沙汰されている。今後、センターバック陣の中で最もジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得るスモーリングの奮起に期待がかかる。 2018.12.16 08:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バイリーは今冬アーセナルへ? モウリーニョが売却検討か

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリー(24)のアーセナルへの売却にオープンな姿勢でいるようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽バイリーは昨夏にビジャレアルから加入。スピードと高い身体能力を生かした無理の効く守備で加入初年度から存在感を際立たせたが、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼低下により、出場機会が減少している。 ▽当然ながら、同選手の周囲には移籍の噂が渦巻いており、パリ・サンジェルマン(PSG)やトッテナムなど複数クラブからの関心が取り沙汰されている状況だ。 ▽その中の1つであるアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、セビージャで指揮していた2015-16シーズン頃から当時ビジャレアルでプレーしていたバイリーを注視。今冬の獲得候補に挙げているという。 ▽また、モウリーニョ監督も経験豊かなセンターバックを新たに欲しており、バイリー売却資金を予算に組み込もうとしている模様。移籍金1億3500万ポンド(約193億円)とも言われるナポリDFカリドゥ・クリバリ確保のためにも、売却機を逃す気はないようだ。 2018.12.15 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

「マンチェスター・Uへの恐れはない」リバプール守備の要、ファン・ダイクが大一番に意気込む

リバプールのヴィルヒル・ファン・ダイクは、マンチェスター・ユナイテッド戦を前にこの一戦に向けての意気込みを語った。<br><br>今シーズン、16試合を終えて依然として無敗を維持するプレミアリーグ首位のリバプール。そして、16日にここまでリーグ6位と苦しい戦いが続く、マンチェスター・Uとの大一番を迎える。<br><br>今シーズンの出来とは対照的に直接対決の成績ではマンチェスター・Uが大きく上回っており、過去2シーズンに至ってはリバプール側から見て1分け3敗と圧倒的に分が悪い。しかし、ファン・ダイクは『スカイスポーツ』で恐れるものはないと話した。<br><br>「僕たちは何も恐れる必要などない。でも彼らが危険であるということを常に意識しなければならない。特に前線に良い選手たちがそろっているし、彼らとの戦いへの準備が必要だ。でも、それ以上にまずは自分たちの試合をして、前線から彼らにプレッシャーを与えていきたい」<br><br>今年1月にサウサンプトンからリバプールに加入して間もなく1年が経つファン・ダイク。今夏には守護神アリソンの加入もあり、不安定だった守備は劇的に改善され、ここまでリーグ最少となる6失点のみ。後方から好調を続けるチームを支えるオランダ代表DFは守備面についても語った。<br><br>「僕たち全員がこのことを誇りに感じている。守備でも攻撃でも常にチーム一丸だ。6失点だけに抑えられていることは本当に良いことだ。でもまだ何も勝ち取っていないし、タイトルまでには長い戦いが待っているけれど、このようなシーズンのスタートに満足している」<br><br>「ここに来てからもうすぐで1年が経つなんて、時が過ぎるのは速い。僕はここでのプレーをとても楽しんでいる。試合に負けたくはないし、失点もしたくないと僕たちは日頃からこのようなことを言い合っている。今のところ本当に良い方向へと進めている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.15 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第17節プレビュー】リバプールとユナイテッドが激突! 初黒星のシティはエバートンと対戦

▽過密日程真っ只中で行われた第16節では、チェルシーとマンチェスター・シティが激突。名将同士による緻密な戦略バトルは、千載一遇のチャンスを掴んだチェルシーがモノにし、王者に今季初めて土をつけた。 ▽それから1週間後の第17節、上位チームは欧州カップ戦の日程も重なり疲労がピークに達する中、今節もリバプールとマンチェスター・ユナイテッドによるビッグマッチが開催。唯一無敗を続けるリバプールに赤い悪魔が殴り込む“ナショナル・ダービー”だ。 ▽リーグ戦5連勝中のリバプールは、間に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でナポリに勝利し、逆転でグループステージ突破を決めた。チームが好調の波に乗る中、守備の要のマティプが全治最大6週間のケガで離脱。ジョー・ゴメスも負傷しているため、起用可能なファン・ダイクとロブレンのみとなっている。 ▽一方、ユナイテッドは前節、今季最多の4得点でフルアムに快勝。CLではバレンシアに敗れたものの、すでに決勝トーナメント進出を決めていたため問題なく。ただ、こちらはマルシャルが出場微妙な状態。プレミアではここ8戦5勝3分けという記録上のアドバンテージはあるものの、今季の出来を見れば劣勢に立たされることは間違いないだろう。アンフィールドでの戦績が8戦4勝のモウリーニョ監督の采配に注目が集まる。 ▽チェルシーに敗れついに黒星を喫したシティ。順位でもリバプールに越され2位に後退した。直近のCLではザネの2得点の活躍でホッフェンハイムに逆転勝利し首位通過。この勢いでリーグ戦でのバウンスバックを狙う今節の相手のエバートンは、ここ7度の対戦で2勝しか挙げられていない難敵だ。だが、そのエバートンもリーグ戦ここ3試合は白星から遠ざかっており、7位と言えど好調とは言い難い。 ▽3位のトッテナムはホームでバーンリーと対戦する。CLではバルセロナと引き分け、なんとかグループステージを突破しホッと一息ついた。だが、バーンリー戦の4日後にEFLカップでアーセナルとのビッグマッチが控えており、この試合は前回対戦ハットトリックのケインに早めに勝負を決めてほしいところだ。 ▽王者に今季初めて土をつけたチェルシーはブライトンとのアウェイ戦で2連勝を目指す。週半ばにヨーロッパリーグ(EL)があったものの、主力は温存したため調子は万全だ。この3日後にEFLカップのボーンマス戦も控えているため、浪費は避けたいところだ。 ▽アーセナルは前節ハダースフィールドに辛勝し、リーグ戦では第3節以降無敗をキープした。今節の相手はここまでわずか1勝のサウサンプトンだが、オースティンはここ4度のアーセナル戦全てでゴールを記録。厄介な相手だが、トッテナム戦への勢いをつけたい。 ◆プレミアリーグ第17節 ▽12/15(土) 《21:30》 マンチェスター・シティ vs エバートン 《24:00》 クリスタル・パレス vs レスター・シティ ワトフォード vs カーディフ ウォルバーハンプトン vs ボーンマス ハダースフィールド vs ニューカッスル トッテナム vs バーンリー 《26:30》 フルアム vs ウェストハム ▽12/16(日) 《22:30》 ブライトン vs チェルシー サウサンプトン vs アーセナル 《25:00》 リバプール vs マンチェスター・ユナイテッド 2018.12.15 17:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース