「デ・ブールはPL史上最悪の監督」モウリーニョが批判に反論2018.03.13 11:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、フランク・デ・ブール氏を“プレミアリーグ史上最悪の監督”と罵った。

10日に行われたマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールで、FWマーカス・ラッシュフォードは前半に2ゴールを挙げる活躍を見せ、チームの勝利に貢献。素晴らしい能力があるものの、この試合が同選手にとって12月末以来の先発出場と、多くの出場機会を手にできていなかった。

これを受け、僅か4試合でクリスタル・パレスから解任されたデブール氏は『BTスポーツ』で「監督がモウリーニョだから、彼(ラッシュフォード)はかわいそうだ。1つや2つでも良くない試合があれば、彼はプレー時間を与えてもらえなくなる」モウリーニョ監督のラッシュフォードへの待遇に疑問を持つと話した。

そして、この批判にいち早く反応したモウリーニョ監督は「プレミアリーグの歴史の中で最悪の監督、フランク・デ・ブールが私のような監督はラッシュフォードにとって良くないと批判しているのを目にした。仮に彼のコーチがフランクだったら、毎試合負けることになるだろうから彼はどのように負ければ良いのかを指導してもらえるだろう」と皮肉。

「若い選手たちにとって最善のことは経験を積むことで、マーカスは十分に経験を積めている。彼は全部の試合に先発で出場しなければならないか?もちろん、そのようなことはない。我々はすでに彼のことを信頼している。リバプール戦は得点以外にも良いプレーを見せていた。私はマーカスに満足している」

提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース