バルセロナ、やはりグリーズマン獲得確実か2018.03.13 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)の獲得を確実なものとしているようだ。

▽来シーズンのバルセロナに向けた新居探しが取り沙汰されるなど、移籍報道が熱を帯びるグリーズマン。様々な憶測が囁かれる中、フランス『Le10sport.com』もグリーズマンのバルセロナ移籍を報じている。

▽アトレティコ・マドリーとの契約延長を断ったグリーズマンと、バルセロナは昨年の秋頃に来シーズン加入の約束。あとは、バルセロナがグリーズマンの契約解除金1億ユーロ(約131億1000万円)を支払うだけだという。

▽グリーズマンは、2014年夏にソシエダからアトレティコ・マドリーに加入。初年度から好パフォーマンスを見せ、在籍4年目の今シーズンもここまで公式戦36試合21ゴール12アシストの活躍を披露している。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシ3G2Aで首位バルセロナが曲者レバンテに快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは16日、リーガエスパニョーラ第16節でレバンテとのアウェイ戦に臨み、5-0で快勝した。 ▽前節エスパニョールとのダービーをメッシの直接FK弾2発などで4-0と快勝して首位をキープしたバルセロナ(勝ち点31)は、4日前の消化試合となったトッテナム戦を1-1で引き分けた。その試合のスタメンから7選手を変更。メッシやスアレス、ピケらがスタメンに戻った。 ▽6位と好位置に付けるレバンテ(勝ち点22)に対し、[3-5-2]を採用したバルセロナは2トップにメッシとスアレス、中盤右にデンベレ、左にジョルディ・アルバ、アンカーにブスケッツ、インサイドにラキティッチとビダル、3バックのセンターにラングレ、右にピケ、左にヴェルメーレンを並べた。 ▽そのバルセロナは開始5分、スルーパスに抜け出したE・ボアテングにボックス右から際どいシュートを浴びるピンチを迎えが、10分にメッシがミドルシュートで牽制すると、ここから敵陣で試合を運んでいく。 ▽互いに目立ったチャンスのない中、26分にメッシが直接FKで枠内シュートを記録したバルセロナは、33分にE・ボアテングにバー直撃のシュートを浴びる大ピンチを切り抜けると、直後の35分に先制する。 ▽敵陣でボールを奪った流れからメッシがボックス左へ持ち運ぶと、クロスボールをスアレスがボレーで合わせた。 ▽さらに43分、ブスケッツが相手のパスをカットしてスルーパスを送ると、メッシがボックス右へ侵入。右足でシュートをねじ込んで追加点を奪った。 ▽バルセロナが2点をリードして迎えた後半、開始2分に3点目を奪った。スアレスが相手のミスパスをカットして持ち上がり前線左へパス。ジョルディ・アルバの折り返しをボックス中央のメッシがゴール右へ流し込んだ。 ▽余裕の展開としたバルセロナはヴェルメーレンに代えてアルトゥールを投入。ラキティッチを右センターバックに据えた。 ▽すると60分、メッシがハットトリックを達成する。スアレスが左サイドを突破してクロスを入れ、ファーサイドのビダルが折り返し、最後はメッシが押し込んだ。 ▽76分にデンベレを削ってカバコが退場したレバンテに対し、バルセロナは終盤にかけて流し気味にプレー。そして88分、流れの中で上がっていたピケがメッシのパスを受けて決め5-0で快勝し、首位をキープしている。 2018.12.17 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「手袋を投げて止められないものか…」世界最高峰のフリーキッカーとなったメッシをGKたちが解説

ここ最近にフリーキックでも強烈な印象を残すバルセロナFWリオネル・メッシだが、決められたGKはどのような印象を植え付けられたのだろうか。スペイン『マルカ』が、そんなGKたちに意見を求めている。<br><br>メッシはリーガ・エスパニョーラで2008年からフリーキックで28得点を記録しているが、近年はその決定力に磨きがかかり、昨季と今季には10得点を記録。今季のリーガ第15節エスパニョール戦では、同様の形から2得点を決めた。<br><br>そんな世界最高峰のフリーキッカーとなったメッシについて、決められた経験があるGKがその見解を示した。ビジャレアルのセルヒオ・アセンホであれば、その強烈な軌道に予測が追いつかないと意見する。<br><br>「変化がすごく、予測ができない。だから、とても危険なんだ。彼は自信を手にしているし、自然にフリーキックを蹴っているから、より難しい。メッシはGKに疑念を持たせる。それが彼のトリックなんだ。彼のキックは今も改善され続けている」<br><br>また元セビージャで、現在はフルアムでプレーするセルヒオ・リコによれば、メッシが蹴ったボールは壁を越えた後にも勢いを失わないという。<br><br>「フリーキックを蹴るには完璧な存在だ。ボールは壁を越えても、勢いを維持したままなんだよ。GKに時間を与えないし、自分のポスト側にボールが来るとだまされる」<br><br>メッシのフリーキックは、とにかく枠に向かう確率が高い。そのことを強調するのは、ラシン、デポルティボ、マジョルカでプレーしたドゥドゥ・アワットだ。<br><br>「メッシはここ数年、自分の長所ではなかったプレーで素晴らしい進歩を遂げた。おかしなことだよ。彼が蹴ったボールはいつも枠の近くに飛んでいくし、ポストに当たるか、ゴールになってしまう。壁に当たることなんてほとんどない。そのパーセンテージは信じられない」<br><br>その一方、元ベティスで現WBAのアドリアンは、エスパニョール戦でメッシが決めた2ゴールを解説。GKにとって、彼の蹴るフリーキックは止めることが極めて難しいようだ。<br><br>「エスパニョール戦の1点目、ディエゴ・ロペスは少しステップを踏んでいたけど、それでも止めることは不可能だった。2ゴール目については枠内に行くようには見えなかったが、壁を越えるボールを目にしたときには、僕たちGKにとってはもう手遅れなんだ。自分も同じようなゴールを決められたことがある」<br><br>「GKのマニュアルとしては、ボールが見えるところに位置しないといけない。でも、ピッチ上では選手たちが混然としていて、ボールの出所が分からない。その中であれだけの軌道を描く、あれだけのスピードがあるボールは、止めるのが難しい」<br><br>「彼のボールは力を保ったまま高く飛んでいく。あれだけ高いボールを蹴れば力を失うものだが、彼のは手で触ったとしても枠内に収まってしまう。グローブを投げて止められないものかね。彼はいつも、僕たちが届かないところにボールを蹴るんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.15 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ関心の“神童”ハフェルツ、バイエルン行きを希望か

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)が、バイエルンでのプレーを希望しているようだ。ドイツ『ビルト』を引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は、今シーズンもここまで公式戦20試合で7ゴール6アシストと攻撃を牽引している。 ▽報道によると、各方面から熱視線を注がれているハフェルツに関して、バルセロナは特に大きく関心を寄せているクラブの1つだ。しかし、同選手がバイエルンでプレーすることを望んでいるという情報がもたらされ、バルセロナは手を引くことを決めたという。 ▽なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、ハフェルツは市場価格5500万ユーロ(約70億5000万円)と評価されている。 2018.12.15 19:32 Sat
twitterfacebook
thumb

“問題児”デンベレの夜更かしを管理! 電話オフ禁止令

▽バルセロナが、所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレに電話の電源を切ることを禁じたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨夏にドルトムントから加入し、今シーズンここまで公式戦20試合9ゴール5アシストのハイパフォーマンスを見せているデンベレ。しかし、遅刻癖など素行の悪さが度々伝えられており、懐疑的な意見も投げかけられている。 ▽『マルカ』によると、バルセロナはデンベレの更生に執心しているようで、連絡が取れないことが無いように夜間に携帯電話の「電源オフ」と「サイレントモード」を禁止。これにより、私生活の乱れが正されることが期待されている。 ▽デンベレの私生活での問題点として主に挙げられているのが、夜更かしだ。同選手はビデオゲームやテレビ番組に時間を費やしており、早朝まで画面に釘付けになっていることだ。就寝時間を管理することで、寝坊を防ぎ、遅刻の減少が願われている。 2018.12.15 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユムティティ、年明け復帰へ? 治療プログラムが来週完了

▽バルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ユムティティの、復帰への見通しが立ったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽左ヒザの負傷を抱えるユムティティは、9月中旬から約2カ月に渡って離脱。11月24日に行われたリーガエスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦で復帰したが違和感が拭えず、カタールのドーハで治療に専念することが11月末に伝えられていた。 ▽発表当初、手術を回避して保存療法による改善を目指しているユムティティの離脱期間は、「数週間」とのみ伝えられていた。しかし、回復プログラムの最初の10日間を総括した報告では、「適度に楽観的」と伝えられている。これは、最高の状態でないものの経過が順調であることを示す言葉だ。 ▽ユムティティは今後、さらに10日間を費やして治療を完了。全3週間のプログラムは、12月23日に終了する予定となっている。その後、12月30日にバルセロナのメディカルスタッフにより出場可否が判断されるそうだ。 ▽なお、万が一メディカルの審査を通らなければ手術を受けることとなり、一足早く今シーズンが終了となる可能性も。もし良好であることが認められれば、より具体的な復帰日が決定されるようだ。 2018.12.15 14:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース