ドログバ、今季引退を表明…「今季がラスト。僕はもう40歳。時は来た」2018.03.13 09:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(40)が今シーズン限りでの現役引退を表明した。『ESPN』が報じた。▽今月11日に40歳という節目の誕生日を迎えたドログバは現在、アメリカ3部相当のフェニックス・ライジングで共同オーナーを務める傍らで、選手としてもプレー。フランス『Telefoot』のインタビューで、20年間のキャリアに終止符を打つことを次のように明かしている。

「僕にとって、プレーできることは喜びだった。トップレベルでのプレーは遅かったが、本当に楽しみながらプレーできた。オーナー兼プレーヤーとしての役割にもやりがいを感じている。これから僕の周りにいる若手にノウハウを伝えていきたい。だが、今シーズンがラスト。僕はもう40歳だ。時は来た」

▽1998年にル・マンでプロデビューしたドログバは、ギャンガン、マルセイユを経て、2004年にチェルシー入り。公式戦381試合164ゴールの成績を収め、4度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇を経験するなど計12個のタイトル獲得に貢献した。

▽コートジボワール代表としても105試合65ゴールを誇るドログバはその後、上海申花、ガラタサライを渡り歩き、2014-15シーズンにチェルシーに復帰。2015年からアメリカに活躍の場を移していた。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、ロッベン&リベリ後継者にアザールを検討

▽バイエルンはチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えた。 ▽記事によると、バイエルンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)と元フランス代表FWフランク・リベリ(35)に代わる新たなスターの獲得を検討しており、白羽の矢を立てたのがアザールだ。 ▽今夏にレアル・マドリー移籍が騒がれたアザールは、現在ではチェルシーとの2022年までの契約延長が目前まで迫っている模様。しかし、獲得を狙うバイエルンが契約延長を阻む考えを示しており、継続して追いかけているマドリーのほかに、バルセロナも注視しているという。とはいえ、チェルシーの契約更新を妨げるのは難しいだろう、とも推測されている ▽リール下部組織のアザールは、2007年にプロデビューを飾ると、2010-11、11-12シーズンと2シーズン連続でリーグ・アン年間MVPを受賞。この活躍を受け、2012年に、チェルシー入りを果たした。加入後は公式戦通算307試合に出場し、94ゴール78アシストを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いた後に突入した今シーズンも、プレミアリーグ6試合で5ゴール2アシストとチームの攻撃の要として活躍している。 2018.09.26 20:06 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー売却は来年以降? アブラモビッチ氏は4453億円での売却目指す

▽チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏は、来年以降にクラブを売却する方針でいるようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽今夏に報じられていた、アブラモビッチ氏のチェルシー売却。パリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・シティといった後発の“金満”クラブが力を付け始め、安定した成績を収めることが困難になったこと、今年5月に起きたスパイ殺人未遂事件を受けて悪化するイギリスとロシアの緊張関係に煽られ、ビザの関係でイギリスに入国することができなくなったことが、売却の背景にあると考えられている。 ▽その際には、クラブに20億ポンド(現在のレートで約2969億円)の値を付けていることが伝えられていた。しかし、今回の『アス』によると、アブラモビッチ氏は既に23億ドル(約2597億円)という記録的な入札を拒否。30億ポンド(約4453億円)で売り抜くことを期待しているそうだ。 ▽また、資産管理に関してアブラモビッチ氏はニューヨークの銀行である『レイン・グループ』からの助言を受けており、来年が始まるまでは売却を拒否する構えでいる模様。この件についてアブラモビッチ氏はいかなるコメントも黙秘しており、全て弁護士を介して進められていることも伝えられている。 ▽アブラモビッチ氏は、2003年に1億4000万ポンド(現在のレートで約208億円)でチェルシーを買収。以来、クラブは圧倒的な資金力で拡大を続け、2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇も成し遂げた。 2018.09.26 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、EFLカップのリバプール戦で3選手が欠場へ…

▽チェルシーは26日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリバプールと対戦する。この試合を前にアシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏が最新のチームニュースを伝えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽前節、ウェストハムとのダービーをゴールレスで終え、開幕からの公式戦連勝がストップしたチェルシー。仕切り直しを図る今回のEFLカップ初戦では今週末にプレミアリーグでも対戦するリバプールとの連戦となる。 ▽25日にリバプール戦に向けた公式会見に出席したゾラ氏は3選手の欠場の可能性を伝えている。 「ルベン(・ロフタス=チーク)は注射による治療を受けており、依然としてリハビリ中だ。明日の試合に出場する可能性は限りなく低い。(ウェストハム戦で負傷交代した)リュディガーに関しても同様だ。ペドロに関してもよく回復しているが、明日の試合でプレーするのは難しい」 ▽また、元イタリア代表FWは前日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に参加したMFエデン・アザール、MFエンゴロ・カンテの起用の可否、さらに若手や控え選手の起用の有無に関しても語っている。 「我々は決定を下すためにもう1つのトレーニングセッションを持っているが、エデンはチームの一部に含まれるはずだ」 「我々には多くのプレーヤーたちがいる。プレシーズンでは思うように選手起用ができなかったこともあり、こういったゲームはここまでプレー機会の少ないクリステンセンやケイヒルといったプレーヤーに出場時間を与える良い機会になると思う」 「カラム(ハドソン=オドイ)はプレシーズンで本当に素晴らしかった。彼とイーサン・アンパドゥは最も感銘を与えたプレーヤーの1人だった。そして、彼らは明日の試合に向けてチーム内での競争に参加している」 ▽最後にゾラ氏はカップ戦といえども今回の一戦がクラブにとって重要なものであることを強調した。 「それは重要な試合だ。我々はチェルシー・フットボールクラブであり、すべての試合を勝ちに行く。我々は真剣にこのタイトルを獲りに行っている」 「プレミアリーグではないが、自分たちが何者であるかを示すためできる限りのプレーをするつもりだ。」 2018.09.26 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGに次ぎバルサも…チェルシー、カンテを守れるか?!

▽バルセロナが、チェルシー所属のフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)獲得を検討しているようだ。イタリア『Sport Mediaset』をもとにイギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍も囁かれていたカンテに対し、バルセロナも今冬の獲得を検討している模様。バルセロナは中盤の強化に着手したいと考えており、カンテに照準を定めたようだ。『Sport Mediaset』は、バルセロナとPSGがどちらも来年1月の移籍ウィンドウで動くと見ており、チェルシーにとって絶望的な状況だと伝えている。 ▽しかし、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督はチームの主力であるカンテ放出に、否定的な様子を示しているという。またカンテ本人も「チェルシーに居ることは自分にとっていいことだ」移籍に否定的なコメントを残していた。 ▽カンテは2015-16シーズンにレスターのプレミアリーグ初制覇の立役者の1人として活躍。その功績が認められ、チェルシーに引き抜かれた。今シーズンもここまでリーグ戦6試合に出場し、チームもその間5勝1分けと好調。欠かせない存在となっている。またフランス代表として臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)でも全7試合に出場し、20年ぶりの優勝に貢献していた。 2018.09.25 18:31 Tue
twitterfacebook
thumb

CL3連覇&ロシアW杯準優勝のモドリッチが男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2018》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、選出されるフットボール界で最も栄誉ある賞の1つである各賞。 ▽ザ・ベストFIFAアワードで最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー→ユベントス/ポルトガル)、FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) という2大スターを退けたMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) が選出された。 ▽所属するレアル・マドリーでの史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したモドリッチは、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもキャプテンとしてクロアチア代表を準優勝に導き、個人でも大会MVPを獲得した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、FIFA女子最優秀選手賞にはFWアダ・ヘゲルベリ(リヨン・フェミナン/ノルウェー)、MFゼニファー・マロザン(リヨン・フェミナン/ドイツ) を退けたFWマルタ(オーランド・プライド/ブラジル)が6度目の受賞を果たした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA男子最優秀監督賞は、レアル・マドリーで史上初のCL3連覇を達成したジネディーヌ・ジダン監督、下馬評を覆してロシアW杯で準優勝を果たしたクロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督を退けたディディエ・デシャン監督が初受賞を飾った。2012年からフランス代表を率いるデシャンは、フランスを2度目のW杯優勝に導き、選手、監督としてW杯制覇を成し遂げた史上3人目の人物となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA女子最優秀監督賞は、2017年からリヨン・フェミナンを率いて女子チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導いたレイナール・ペドロス監督が選出された。なお、なでしこジャパン(日本女子代表)の指揮官としてAFC女子アジアカップ・ヨルダン2018で大会連覇に導いた高倉麻子監督も最終候補まで残っていたが、惜しくも受賞を逃した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA最優秀GK賞には、フランス代表の守護神としてロシアW杯制覇に貢献したウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス) 、レスター・シティとデンマーク代表の絶対的守護神のカスパー・シュマイケル(レスター・シティ/デンマーク) の2選手を退けたティボー・クルトワ(チェルシー→レアル・マドリー/ベルギー) が受賞を果たした。ベルギー代表の絶対的守護神は、チェルシーのFAカップ制覇に加え、ロシアW杯でベルギー代表史上最高位となる3位フィニッシュに大きく貢献していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、最優秀ゴール賞にあたるFIFAプスカシュ賞は、モハメド・サラー(リバプール/エジプト)が2017年12月10日に行われたエバートンとの“マージーサイド・ダービー”で決めたボックス右からのコントロールショットが選ばれた。なお、プレゼンターにはかつてチェルシーでプレーした元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバと熱狂的なマンチェスター・シティファンで知られるノエル・ギャラガー氏が務めていた。 ※プスカシュ賞を獲得したサラーのゴール⇒ https://youtu.be/mJ8XGUgvoAM ▽今回発表された各賞の受賞者は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFルカ・モドリッチ</span> (レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FWマルタ</span> (オーランド・プライド/ブラジル) <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">ディディエ・デシャン</span> (フランス代表/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">レイナール・ペドロス</span> (リヨン・フェミナン/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA最優秀GK賞</span> <span style="font-weight:700;">GKティボー・クルトワ</span> (チェルシー→レアル・マドリー/ベルギー) <span style="font-weight:700;">◆FIFAプスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">FWモハメド・サラー</span> (リバプール/エジプト) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">FWレナルト・ティ</span> (VVV→エルズルムスポル/ドイツ) <span style="font-weight:700;">◆FIFAファン賞</span> <span style="font-weight:700;">ペルー代表のサポーター</span> (ペルー代表) ※(クラブ[代表]/国籍) 2018.09.25 06:30 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース