ドログバ、今季引退を表明…「今季がラスト。僕はもう40歳。時は来た」2018.03.13 09:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(40)が今シーズン限りでの現役引退を表明した。『ESPN』が報じた。

▽今月11日に40歳という節目の誕生日を迎えたドログバは現在、アメリカ3部相当のフェニックス・ライジングで共同オーナーを務める傍らで、選手としてもプレー。フランス『Telefoot』のインタビューで、20年間のキャリアに終止符を打つことを次のように明かしている。

「僕にとって、プレーできることは喜びだった。トップレベルでのプレーは遅かったが、本当に楽しみながらプレーできた。オーナー兼プレーヤーとしての役割にもやりがいを感じている。これから僕の周りにいる若手にノウハウを伝えていきたい。だが、今シーズンがラスト。僕はもう40歳だ。時は来た」

▽1998年にル・マンでプロデビューしたドログバは、ギャンガン、マルセイユを経て、2004年にチェルシー入り。公式戦381試合164ゴールの成績を収め、4度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇を経験するなど計12個のタイトル獲得に貢献した。

▽コートジボワール代表としても105試合65ゴールを誇るドログバはその後、上海申花、ガラタサライを渡り歩き、2014-15シーズンにチェルシーに復帰。2015年からアメリカに活躍の場を移していた。

コメント

関連ニュース

thumb

CL3連覇&ロシアW杯準優勝のモドリッチが男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2018》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、選出されるフットボール界で最も栄誉ある賞の1つである各賞。 ▽ザ・ベストFIFAアワードで最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー→ユベントス/ポルトガル)、FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) という2大スターを退けたMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) が選出された。 ▽所属するレアル・マドリーでの史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したモドリッチは、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもキャプテンとしてクロアチア代表を準優勝に導き、個人でも大会MVPを獲得した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、FIFA女子最優秀選手賞にはFWアダ・ヘゲルベリ(リヨン・フェミナン/ノルウェー)、MFゼニファー・マロザン(リヨン・フェミナン/ドイツ) を退けたFWマルタ(オーランド・プライド/ブラジル)が6度目の受賞を果たした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA男子最優秀監督賞は、レアル・マドリーで史上初のCL3連覇を達成したジネディーヌ・ジダン監督、下馬評を覆してロシアW杯で準優勝を果たしたクロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督を退けたディディエ・デシャン監督が初受賞を飾った。2012年からフランス代表を率いるデシャンは、フランスを2度目のW杯優勝に導き、選手、監督としてW杯制覇を成し遂げた史上3人目の人物となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA女子最優秀監督賞は、2017年からリヨン・フェミナンを率いて女子チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導いたレイナール・ペドロス監督が選出された。なお、なでしこジャパン(日本女子代表)の指揮官としてAFC女子アジアカップ・ヨルダン2018で大会連覇に導いた高倉麻子監督も最終候補まで残っていたが、惜しくも受賞を逃した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA最優秀GK賞には、フランス代表の守護神としてロシアW杯制覇に貢献したウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス) 、レスター・シティとデンマーク代表の絶対的守護神のカスパー・シュマイケル(レスター・シティ/デンマーク) の2選手を退けたティボー・クルトワ(チェルシー→レアル・マドリー/ベルギー) が受賞を果たした。ベルギー代表の絶対的守護神は、チェルシーのFAカップ制覇に加え、ロシアW杯でベルギー代表史上最高位となる3位フィニッシュに大きく貢献していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、最優秀ゴール賞にあたるFIFAプスカシュ賞は、モハメド・サラー(リバプール/エジプト)が2017年12月10日に行われたエバートンとの“マージーサイド・ダービー”で決めたボックス右からのコントロールショットが選ばれた。なお、プレゼンターにはかつてチェルシーでプレーした元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバと熱狂的なマンチェスター・シティファンで知られるノエル・ギャラガー氏が務めていた。 ※プスカシュ賞を獲得したサラーのゴール⇒ https://youtu.be/mJ8XGUgvoAM ▽今回発表された各賞の受賞者は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFルカ・モドリッチ</span> (レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FWマルタ</span> (オーランド・プライド/ブラジル) <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">ディディエ・デシャン</span> (フランス代表/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">レイナール・ペドロス</span> (リヨン・フェミナン/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA最優秀GK賞</span> <span style="font-weight:700;">GKティボー・クルトワ</span> (チェルシー→レアル・マドリー/ベルギー) <span style="font-weight:700;">◆FIFAプスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">FWモハメド・サラー</span> (リバプール/エジプト) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">FWレナルト・ティ</span> (VVV→エルズルムスポル/ドイツ) <span style="font-weight:700;">◆FIFAファン賞</span> <span style="font-weight:700;">ペルー代表のサポーター</span> (ペルー代表) ※(クラブ[代表]/国籍) 2018.09.25 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2018年サッカー界最強の11人が決定! 昨年に続きレアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2018》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽FIFAと国際プロサッカー選手会(FIFPro)が共同で選出する2018年FIFA/FIFProベストイレブンには、FIFA男子最優秀選手賞を獲得したルカ・モドリッチを始め、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリーから最多5人が選出された。 ▽[4-2-3-1]の布陣が採用された今回のベストイレブンでは、FIFA最優秀GK賞を獲得したティボー・クルトワではなく、マンチェスター・ユナイテッドの絶対的守護神ダビド・デ・ヘアがGKに選出されている。 ▽4バックには、白い巨人の最終ラインを支えるセルヒオ・ラモス、マルセロの重鎮コンビと共に、フランス代表としてロシア・ワールドカップ制覇に貢献したラファエル・ヴァランも選出。また、パリ・サンジェルマンで2シーズンぶりのリーグ・アン制覇に貢献したダニエウ・アウベスも4年連続で選出された。 ▽中盤ではFIFA男子最優秀選手賞の最終候補3人に選出されたリオネル・メッシ、ルカ・モドリッチに加え、フランス代表でロシアW杯制覇に貢献したキリアン・ムバッペ、エンゴロ・カンテ、ロシアW杯でベルギー代表史上最高位となる3位フィニッシュに貢献したエデン・アザールが選ばれた。 ▽そして1トップには、昨年FIFA男子最優秀選手賞を獲得し、今年も最終候補3人に選出されたクリスティアーノ・ロナウドが選ばれた。2018年のFIFA/FIFProベストイレブンは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA/FIFProベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> ダビド・デ・ヘア</span>(マンチェスター・ユナイテッド/スペイン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエウ・アウベス</span>(パリ・サンジェルマン/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">エンゴロ・カンテ</span>(チェルシー/フランス) <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(チェルシー/ベルギー) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー→ユベントス/ポルトガル) 2018.09.25 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン警戒! 「リバプールとチェルシーはすごく強い」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがリバプールとチェルシーを警戒した。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽プレミアリーグ覇者のシティは、今シーズンのここまで5勝1分け無敗。だが、8月25日に行われた第3節のウォルバーハンプトン戦を引き分けたことが尾を引き、開幕6連勝のリバプールを2ポイント差で追う2位にチェルシーと共に位置する。 ▽ギュンドアンは、王座防衛の戦いに挑むシティのライバルになり得るチームについて、次のように言及した。 「リバプールとは数週間後に対戦する。アンフィールドで僕らの力が試される戦いになるだろうね。リバプールはすごく強いチームだ。それと、チェルシーもね」 「ユナイテッドは、僕らと同じくウルブス戦で勝ち点を落とした。そういったことを踏まえると、今シーズンのウルブスは多くの問題を引き起こすチームかもしれない」 「でも、結局は自分たちの責任さ。とにかく、僕らは今日のような戦いを続けたい。そうすれば、勝利のチャンスもタイトルの可能性もより高まっていくからね」 「連覇の難しさはわかっている。相手は昨シーズン以上に強い。チャンピオンの僕らと対戦するとなれば、ひと泡吹かせようと目の色を変えて立ち向かってくる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハマーズとのダービーはゴールレス! 開幕からの連勝がストップ…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、ウェストハムvsチェルシーが23日にロンドン・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、待望の今季初勝利を手にしたウェストハムと開幕5連勝のチェルシーによるロンドン・ダービー。前日に勝利したリバプールに続き開幕6連勝を目指すチェルシーはミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のPAOK戦でも1-0で勝利し公式戦全勝を継続中。サッリ監督はこのPAOK戦から先発5人を変更。EL招集外となったダビド・ルイス、アザール、コバチッチに加え、ジルーとアスピリクエタが復帰した。 ▽立ち上がりからボールを保持するチェルシーとカウンターで応戦するウェストハムとハッキリしたゲームの構図となる。ジョルジーニョを起点に中盤でボールを細かく動かすチェルシーは、立ち上がりからジルーやアザールのボックス内でのフィニッシュにリュディガーのミドルシュート、カンテの意外性のある飛び出しからのヘディングシュートなど多彩な仕掛けを見せる。 ▽だが、時間の経過と共に中央をきっちり締める相手の守備を前に効果的な縦パスが入らず、カウンターからピンチも招き始めるアウェイチーム。31分にはボックス右に抜け出したヤルモレンコの折り返しをゴール前で受けたアントニオに決定的なシュートを許すが、ここはGKケパのビッグセーブで凌いだ。この決定機をキッカケにウェストハムが勢いづいたことで、その後は一進一退の攻防が続き前半は0-0のスコアで終了した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、チェルシーが勢いを持った入りを見せるが、前半で相手の攻撃に順応したウェストハムの守備を前半同様に崩し切れない。流れを変えたいサッリ監督は65分にジルーを下げてモラタを投入。すると、この交代が攻撃を活性化させる。 ▽投入直後にアザールとのボックス内での連係でチャンスに絡んだモラタは66分、CKの流れからD・ルイスからの短いパスに抜け出し浮き球のシュートを放つが、これはGKファビアンスキの顔面セーブに阻まれる。この直後には足か、そ径部を痛めたリュディガーが自ら交代を要求し、今季初出場のケイヒルが緊急投入される。すると77分にはボックス手前左角のスノッドグラスの絶妙なクロスから決定機を許すが、ここはドフリーのヤルモレンコがヘディングを枠の右に外し事なきを得た。 ▽何とか勝ち切りたいチェルシーは79分にコバチッチを下げてバークリーを投入。81分にはウィリアンの左クロスを中央のカンテがワンタッチで合わすも枠に飛ばせない。その後、試合終了間際の90分にはバークリーが枠の右隅を捉えたミドルシュートを放つが、これも相手GKファビアンスキの好守に阻まれた。結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップを迎え、ハマーズの守備を最後までこじ開けられなかったチェルシーの開幕からの連勝がストップした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 23:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ジルーにベシクタシュが興味!

▽ベシクタシュが、チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ジルーがトルコの強豪・ベシクタシュのメインターゲットになっているようだ。同選手は今年1月にアーセナルから加入。ポストプレーの盟主としてチェルシーの攻撃を支えている。先日のプレミアリーグ第6節のカーディフ戦では、2アシストでMFエデン・アザールのハットトリックをお膳立て。欠かせない選手となっている。 ▽だが、1年半契約で加入したジルーの契約は今季限り。そこに目を付けたベシクタシュは来年1月もしくは来夏でのフリー契約を目論んでいるという。ベシクタシュは今年1月にFWシェンク・トスンがエバートンに、今夏にFWアルバロ・ネグレドがフリーでアル・ナスルに移籍したため、新たなストライカーを探しているという。 ▽今月30日に32歳の誕生日を迎えるジルー。チェルシーとは契約延長の交渉をしていると伝えられているが、果たして。 2018.09.23 17:02 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース