残留争い真っ只中のサウサンプトン、ペジェグリーノ監督を解任2018.03.13 08:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンは12日、マウリシオ・ペジェグリーノ監督(46)の解任を正式発表した。

▽ペジェグリーノ監督は、今シーズンからサウサンプトンを指揮。だが、チームを軌道に乗せることができず、プレミアリーグ第30節終了時点で降格圏の18位クリスタル・パレス、19位ストーク・シティとわずか1ポイント差の17位に沈んでいる。

▽なお、後任は未定。サウサンプトンは「できる限り早く新たな監督を迎えたい」と明かしている。

コメント

関連ニュース

thumb

サウサンプトン、U-18所属GKジャック・バイクロフトとプロ契約…8歳からアカデミーに在籍

▽サウサンプトンは24日、U-18所属のイングランド人GKジャック・バイクロフト(17)とのプロ契約を発表した。契約期間は2021年6月まで。 ▽バイクロフトは、8歳の頃からセインツのアカデミーに在籍。今シーズンはU-18プレミアリーグでここまで5試合に出場している。 ▽プロ契約が決定したバイクロフトは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今日は僕と家族にとってとても誇らしい日になった。ここまで僕を連れてきてくれた全ての人に感謝したいよ。けど、これはただのスタートだ。興奮しているよ」 「プレミアリーグで最も大きなクラブの1つであるサウサンプトンのエンブレムを胸に戦えることはとても名誉なことだ」 2018.09.24 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンファンは吉田麻也の出場を熱望…「なぜキャプテンよりホードなんだ?」

サウサンプトンサポーターは、日本代表DF吉田麻也の出場を熱望しているようだ。英『ザ・サン』が伝えた。<br><br>プレミアリーグ第6節で、リバプールと対戦したサウサンプトン。しかし、10分にDFヴェスレイ・ホードのオウンゴールで失点すると、その後も圧倒されて前半だけでさらに2失点。反撃することもできず、強豪相手に0-3と完敗を喫した。<br><br>英『スカイスポーツ』の採点では、この試合でCBを務めたホードは「5」、ヤニック・ヴェステルゴーアは「4」とどちらも低評価となった。サポーターからは、SNS上でオウンゴールのホードに対し批判の声が相次いでいる。<br><br>「ホードはリバプールに行きたいがために衝撃的なオウンゴールをしたように見える」「ホードはホードだった」「リバプールのサウサンプトンからの最新のサインは、今日のオウンゴールの後だ&hellip;ヴェスレイ・ホード」<br><br>そして、「誰か説明してくれ。なぜW杯ベスト16でチームキャプテンのマヤ・ヨシダより、ホードが優先されるんだ?」と、吉田の出場を求める声も上がっている。<br><br>今夏ロシア・ワールドカップに出場した影響からチーム合流が遅れ、未だリーグ戦での出場がない吉田。今季1勝2分3敗と苦しむサウサンプトンで、次節以降出場機会をつかめるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

サラー4戦ぶり弾などでリバプールがリーグ6連勝! 吉田不出場のセインツは2戦勝利なし…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、リバプールvsサウサンプトンが22日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽直近のリーグ戦でトッテナム、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)に競り勝って開幕6連勝を飾ったリバプール。目下、絶好調のクロップ率いるチームは連勝を伸ばすべく圧倒的な強さを誇るアンフィールドでサウサンプトンを迎え撃った。PSG戦からは先発3人を変更し、ジョー・ゴメス、ミルナー、スタリッジに代えてマティプ、移籍後初先発のシャキリ、フィルミノが起用された。 ▽サラーを最前線に置き2列目に右からマネ、シャキリ、フィルミノを並べた[4-2-3-1]の布陣で臨んだリバプールが立ち上がりから攻勢を見せる。すると10分、左CKの二次攻撃からボックス左でシャキリが強引に放った右足のシュートが相手DFに当たると、この跳ね返りをゴール前のDFホードがクリアし切れず、GKマッカーシーの懸命のリカバリーも虚しくゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形から先制に成功したリバプールはその後もストレスなく試合を優勢に進めていく。20分にはゴール前の混戦からこぼれ球に反応したサラーに絶好機もここはDFがわずかに触って枠の右へ外れる。だが、このプレー得た右CKの場面でキッカーのアーノルドがファーサイドへアウトスウィングのターンボールを入れると、DFヴェステルゴーアに競り勝ったマティプのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽セットプレーの流れからの2ゴールで余裕の試合展開となったリバプールはややペースダウンしたことで、ここからサウサンプトンに攻め込まれる時間が続く。それでも、最後の場面できっちり身体を張ってゴールを許さない。その後はサラーのスピードを生かしたカウンターから幾度となく決定機を作り出すと、再びセットプレーの流れから3点目を奪う。前半アディショナルタイム3分、ボックス手前の好位置でFKを得ると、キッカーのシャキリが左足を振り抜く。このシュートがクロスバーの内側を叩いてゴールライン上でバウンドすると、圧倒的なスピードでこぼれ球に反応したサラーが蹴り込み、公式戦4試合ぶりのゴールを挙げた。 ▽サラーのダメ押しのゴールで前半のうちに試合を決めたリバプールはハーフタイムでシャキリを下げてミルナーを投入。システムを通常の[4-3-3]に戻した。後半も相手の攻撃を受け止めながら危なげなく試合を運ぶホームチームだったが、55分にアクシデント発生。脇腹を痛めたファン・ダイクがプレー続行不可能となり、急遽J・ゴメスが投入された。 ▽一方、何とか一矢報いたいサウサンプトンはターゲット、ロメウを下げてベドナレク、アームストロングを同時投入。この交代で[3-4-3]にシステム変更するが、相手陣内の深い位置までボールを運べるもののフィニッシュまで持ち込めない。 ▽その後、74分にワイナルドゥムを下げてナビ・ケイタを最後の交代カードとして投入したリバプールは幾度かカウンターチャンスでサラーやマネに4点目のチャンスが訪れたが、サラーのゴールがオフサイドで取り消しになるなど、後半にゴールは生まれず。それでも、セインツの反撃を危なげなく凌ぎ切って3-0の完勝。今季の公式戦全勝を継続すると共にリーグ6連勝を飾った。一方、良いところなく敗れたサウサンプトンは2戦未勝利となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

英国史上最高額の罰金! サウサンプトンMFレミナが法定スピード超過

▽サウサンプトンに所属するガボン代表MFマリオ・レミナ(23)が、運転中に法定速度を超過し、イギリス史上最高の罰金額を叩き出した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽伝えられるところでは、レミナの5万ポンド(約700万円)のメルセデス「AMG GLA45」がスピードを超過。その後、警察から兄弟もしくは従兄弟とその車に同乗していたのではないかと尋ねられる手紙が届いたが、これを3度に渡って無視し、9万6000ポンド(約1400万円)の罰金が科された。また、運転免許証のポイントを18ポイント引かれ、1年間の運転禁止処分を受けている。 ▽『デイリー・メール』によると、9万6000ポンドという罰金は、今年4月に飲酒運転によって取り締まられたTVスター、アント・マクマルトリン氏が言い渡された8万6000ポンド(約1200万円)を超え、イギリス史上最高の額だという。 ▽また、この罰金はレミナの推定週給の約3倍だとされている。しかし、当人が自分は運転していないと主張しているようで、14万4000ポンド(約2000万円)にまで上昇する可能性があるようだ。 ▽レミナは、昨夏にユベントスからサウサンプトンに入団し、日本代表DF吉田麻也の同僚に。初年度となった昨シーズンは、公式戦29試合1ゴール1アシストを記録していた。 2018.09.04 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田麻也、ブライトン戦で勝利に貢献も…サウサンプトンが売却すべき理由とは?

サウサンプトンが吉田麻也を売却すべきとの声が上がっている。イギリス『フットボール・ファンキャスト』が伝えた。<br><br>今シーズン開幕から3試合連続で未勝利が続くサウサンプトン。この戦いを受け、サポーターの間では吉田の起用を望む声が高まっていた。そして28日、リーグカップ(カラバオカップ)2回戦のブライトン&amp;ホーヴ・アルビオン戦で日本代表DFは今シーズン初出場を飾る。<br><br>センターバックの一角としてフル出場した吉田はクリーンシートを達成し、1-0の勝利に貢献。しかし、試合中にはクリアが直接ブライトンの選手に渡り、ピンチを招くなど危険な場面を作ることもあった。同選手のパフォーマンスを受け、同メディアは「吉田の起用を求めたファンの考えは間違っており、マーク・ヒューズは彼を売却すべきだ」と主張した。<br><br>2012年からサウサンプトンでプレーし、7シーズン目を迎える吉田。ベンチを温める時間が長くとも不平を言うことはなく、起用された時には平均以上のパフォーマンスを見せる同選手に対してサポーターからの支持は厚い。しかし、売却を勧める理由として「ヤン・ベドナレク、ヤニック・ヴェステゴーア、ヴェスリー・フート、ジャック・スティーブンスを重宝するマーク・ヒューズの下では、十分なチャンスを得られない」と言及。<br><br>さらに「ロシア・ワールドカップで数々のストライカー相手に素晴らしいパフォーマンスを見せ、日本代表の2大会ぶりとなる決勝トーナメント進出に貢献した吉田の市場価値は高騰中。30歳という年齢を考慮しても、これ以上市場価値が上がることは見込まれないため、今夏に売却することでサウサンプトンは大きな利益を得られる」という考えもあるようだ。<br><br>今夏の移籍市場も残りあと1日。今のところ目立った移籍のうわさを報じられてはいないが、吉田に対しては多くのクラブが興味を持っている様子。はたしてサウサンプトンは大きな利益を得られるこのタイミングで同選手の売却に動くのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.08.31 13:25 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース