シルバの2発で4連勝のシティが優勝へ邁進! マジック3に《プレミアリーグ》2018.03.13 06:56 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは12日、プレミアリーグ第30節でストーク・シティとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。▽前々節アーセナル戦、前節チェルシー戦とビッグマッチ2連戦で完勝を収めた首位のシティ(勝ち点78)は、アグエロが負傷した中、ガブリエウ・ジェズスがスタメンとなった。

▽今季の1stマッチで7ゴールを奪った降格圏に沈む19位ストーク・シティ(勝ち点27)に対し、3トップに右からスターリング、ジェズス、ザネ、中盤インサイドにデ・ブライネとシルバを配したシティが立ち上がりから敵陣でボールを保持していく。

▽すると10分にあっさり先制する。クサビのパスを受けたジェズスがポストプレー。スルーパスを送り、これに反応して右サイドのスペースを突いたスターリングが中へ折り返し、シルバがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。

▽見事な連係で守備網を切り裂いたシティは、その後もボールを動かしながらストークの隙を狙っていく。そして、前に出てこないストークを相手にシティは40分、フェルナンジーニョのミドルシュートでゴールに迫るも、GKバトランドのセーブに阻まれた。

▽それでも迎えた後半開始5分、シルバがジェズスとのパス交換でボックス内に進入してシュートを流し込み、シティが追加点を奪いきった。

▽その後もシティが3点目に迫り、フェルナンジーニョやザネがゴールに近づいていく。そしてヘセ・ロドリゲスに代えてクラウチを投入してきたストークに対し、78分にはリスタートからスターリングがGKと一対一に。しかし、決められない。

▽それでもストークの反撃を許さなかったシティが2-0のまま快勝。シルバの2発で連勝を4に伸ばし、優勝へマジック3としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップべた褒め! 初ゴールのフォーデンにかつての教え子・イニエスタを見る

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、初ゴールを決めたMFフィル・フォーデンを賞賛した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽シティは、25日に行われたEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦でオックスフォードと対戦。試合は0-3でシティが勝利を収めた。 ▽フォーデンは、シティの下部組織出身の18歳。世代別のイングランド代表を経験しており、将来が有望視されている。 ▽グアルディオラ監督は、試合後に初ゴールを決めたフォーデンを称賛。かつての教え子であり、現在はヴィッセル神戸でプレーしている元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタになぞらえて語った。 「アンドレス(・イニエスタ)というのは、とても大きな言葉だが、私はフィルと喜ぶことになるとこれまでに何度も言ってきた。彼はシティファンであるため、彼の最初のゴールの喜び方はワールドカップの決勝のようだった。彼はクラブのためにプレーするのが好きだ」 「彼は非常に若い選手であり、今後10年間マンチェスター・シティの素晴らしいであると思う。アンドレス・イニエスタになるだろうというつもりはない。アンドレスは、彼に多くのプレッシャーとなるだろう。アンドレスは、今まで見てきた選手たちの中で最高の選手の1人だ」 「ボールの有無に関わらず、クオリティの面では特別な男だ。3つ目のゴールはとても良いものだったね。彼はゴールを感じている。彼はその状況を見逃す選手ではない」 ▽また、対戦相手であるオックスフォードのカール・ロビンソン監督も「バルセロナを見ていること、そして、そのポジションにイニエスタが居ることを思い出させたよ」と称賛の言葉を送り、グアルディオラ監督同様にイニエスタの名前を出して、フォーデンのプレーを表現した。 2018.09.26 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

王者シティがフォーデンの全ゴールに絡む活躍で連覇に向けて快勝発進《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード・ユナイテッドと敵地で対戦し、3-0で快勝した。 ▽直近のリーグ戦でカーディフ相手に5-0の快勝を収めてチャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を払拭したシティ。前回王者として臨んだ今季のEFLカップ初戦は3部所属のオックスフォードと対戦。グアルディオラ監督はこの一戦に向けてストーンズを除く10人を変更。トップデビューの19歳GKムリッチやディアス、フォーデンと3人の10代若手とコンパニ、オタメンディ、シルバとベテランを組み合わせたメンバー構成となった。 ▽ストーンズをアンカーに配し、マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、ディアスを3トップに並べた[4-3-3]の布陣でスタートしたシティは立ち上がりから相手を押し込む。開始10分にはフォーデンがファーストシュートを放つが、その後は引いてブロックを形成する相手の守備に苦戦。 ▽18分にはジンチェンコとディアスの連係から背後を狙うジェズスにパスが通り、そのままゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定。さらに25分にはボックス内のシルバ、31分にはマフレズのFKからコンパニに決定機もシュートミスや相手DFの好クリアに阻まれる。 ▽それでも、攻勢を続けるシティは若き力で相手ゴールをこじ開ける。36分、中盤の右サイドでボールを受けたフォーデンがボックス左へ走り込むディアスに絶妙なサイドチェンジ。ディアスが胸トラップから右足に持ち替えてシュートを放つと、相手DFに当たってファーにこぼれたボールをドフリーのジェズスが難なく頭で流し込んだ。そして、前半に相手の攻撃をシュート0に抑え込んだシティが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半もジェズスのヘディングシュートでいきなりゴールに迫るシティ。だが、55分には直前の接触プレーで痛めたディアスがプレー続行不可能となり、スターリングが緊急投入される。 ▽その後、シルバに代えてギュンドアンを投入しよりゲームコントロールを優先したシティだったが、ジェズスやフォーデンが追加点に迫っていく。すると78分、自陣を持ち上がったフォーデンが最終ライン裏を狙うマフレズに絶妙なフィードを通すと、マフレズが冷静に2試合連続ゴールを決め切って試合を決定付けた。 ▽殊勲のマフレズを下げてこれがトップチームデビューとなる17歳のスペイン人MFアドリアン・ベルナベを投入したシティは、試合終了間際にもスターリングのお膳立てからボックス左のフォーデンが見事な左足のシュートをファーポストに流し込み3点目を奪取。フォーデンが全ゴールに絡むなど若手躍動のシティが格下相手に3-0の快勝を収め、大会連覇に向けて最高のスタートを切った。 2018.09.26 06:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ノエル、授賞式でユナイテッドをチクリ! サラーは思わずニヤリ…デ・ヘアは?

▽元オアシスのノエル・ギャラガー氏が、またもマンチェスター・ユナイテッドを“口撃”した。スペイン『アス』が報じている。 ▽マンチェスター・シティの大ファンとして知られるノエル氏は、24日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に、プレゼンターとして出席。最も印象的なゴールを決めた選手に与えられる『プスカシュ賞』の受賞者が、リバプールFWモハメド・サラーだと発表する役目を担った。 ▽つまり、今回の授賞式には運営側の人間として参加している。しかし、そういった立場でもそのロックンロールな人柄に歯止めがかかるわけもなく、挨拶の際にユナイテッドにチクりとジョークを浴びせた。 「偉大なフットボーラーとして知られている選手たちと同じ部屋に居られるのは、素晴らしいことだ」 「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドの選手が少数なのも最高だ」 ▽この発言を受けて、優勝を争うライバルであるサラーは思わずニヤリ。ユナイテッドの守護神を務めるGKダビド・デ・ヘアが顔をしかめる様子が、カメラに抜かれている。 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの回復力は常人離れ! マルティネス監督「ギフトを備えている」

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・シティに所属する同国代表MFケビン・デ・ブライネの回復状況について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シティで完全無欠の創造者に君臨するデ・ブライネ。今シーズンも活躍に期待がかかるが、8月中旬のトレーニングで右ヒザ靭帯を痛めており、「復帰までに2カ月半〜3カ月ほど」と同クラブのジョゼップグアルディオラ監督は明かしていた。 ▽それでも先日、当人は「まだ3〜5週間ほどかかるけど、よくなりつつある」 と、11月11日にホームで行われる第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦には間に合うだろうとコメント。それを裏付けるように、24日のザ・ベストFIFAアワード2018の会場に現れたマルティネス監督が楽観的な観測を示した。 「どれだけ長く離脱するかが問題だが、報告はとてもポジティブだ。ほかのプレーヤーたちの負傷時よりも、かなり早くピッチでの彼(ケビン・デ・ブライネ)を見ることになるはずだ。彼はさらにフレッシュにさえなっているかもしれない」 「予定表はまだ無いが、ケビン(・デ・ブライネ)は出来るだけ早くフットボールのピッチに立ちたいと願っているし、彼はほかの選手たちよりも早く回復できるギフトを備えているんだ」 2018.09.25 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン警戒! 「リバプールとチェルシーはすごく強い」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがリバプールとチェルシーを警戒した。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽プレミアリーグ覇者のシティは、今シーズンのここまで5勝1分け無敗。だが、8月25日に行われた第3節のウォルバーハンプトン戦を引き分けたことが尾を引き、開幕6連勝のリバプールを2ポイント差で追う2位にチェルシーと共に位置する。 ▽ギュンドアンは、王座防衛の戦いに挑むシティのライバルになり得るチームについて、次のように言及した。 「リバプールとは数週間後に対戦する。アンフィールドで僕らの力が試される戦いになるだろうね。リバプールはすごく強いチームだ。それと、チェルシーもね」 「ユナイテッドは、僕らと同じくウルブス戦で勝ち点を落とした。そういったことを踏まえると、今シーズンのウルブスは多くの問題を引き起こすチームかもしれない」 「でも、結局は自分たちの責任さ。とにかく、僕らは今日のような戦いを続けたい。そうすれば、勝利のチャンスもタイトルの可能性もより高まっていくからね」 「連覇の難しさはわかっている。相手は昨シーズン以上に強い。チャンピオンの僕らと対戦するとなれば、ひと泡吹かせようと目の色を変えて立ち向かってくる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 10:30 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース