「サッカー本大賞2018」は岩政大樹の著書が受賞! 「読者賞」とのダブル受賞2018.03.12 23:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽12日、神田明神会館にて「サッカー本大賞2018」の授賞式が行われた。

▽5回目を迎える「サッカー本大賞」では12作品が優秀賞を受賞。選考委員の協議によって「サッカー本大賞」に選ばれた作品は、元日本代表DFで鹿島アントラーズやファジアーノ岡山でプレーし、現在は関東リーグ1部の東京ユナイテッドFCでプレーする岩政大樹の著書『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』(岩政大樹著、KKベストセラーズ刊)が受賞した。

▽また、「翻訳サッカー本大賞」、「読者賞」も発表され、『マヌエル・ノイアー伝記』(ディートリッヒ・シュツツェ=マルメリンク著、吉田奈保子、山内めぐみ訳、実業之日本社刊)が「翻訳サッカー本大賞」を、『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』(岩政大樹著、KKベストセラーズ刊)がフットボールチャンネル上での読者投票によって選ばれた「読者賞」を受賞した。

(C)CWS Brains,LTD.
▽大賞を受賞した岩政さんは「ありがとうございます。こういうのを決して狙って書いたわけではないですが、非常に嬉しいです」と大賞受賞についてコメントした。

▽また、「書くことによって良かったことはたくさんあるのですが、一つは自分の幼少期やいろいろなことを思い出したことです」と過去の思い出を語り、「両親は教師で、母が鬼のような教育者で、読書感想文を一度書いても提出させてくれないんですよ。それを3回、4回と書き直して、『これがダメ、あれがダメ』とダメ出しされて、僕が提出できるレベルになるまで出させてくれないという宿題がありました」と幼少時代の出来事を語り、「やっと母親に読書感想文をやらされたことに感謝する気持ちになりました」と感謝の気持ちを述べた。

◆サッカー本大賞2018

【最優秀作品賞】
『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』
岩政大樹著
KKベストセラーズ刊

【翻訳サッカー本大賞】
『マヌエル・ノイアー伝記』
ディートリッヒ・シュツツェ=マルメリンク著/吉田奈保子、山内めぐみ訳
実業之日本社刊

【優秀作品賞】
「世界スタジアム物語 競技場の誕生と紡がれる記憶」
後藤健生著
ミネルヴァ書房刊

「日本代表を撮り続けてきた男 サッカーカメラマン 六川則夫」
六川則夫著
スクワッド刊

「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」
中野吉之伴著
ナツメ社刊

「それでも世界はサッカーとともに回り続ける「プラネット・フットボール」の不具合な真実」
片野道郎著
河出書房新社刊

「親子で学ぶサッカー世界図鑑 ロシアW杯編」
サッカー新聞 エルゴラッソ編集部編
スクワッド刊

「人生はジャイアントキリング! ジェイミー・ヴァーディ自伝」
ジェイミー・ヴァーディー著/小林玲子訳
日本文芸社刊

「サッカーマティクス 数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」」
デイヴィッド・サンプター著/千葉敏生訳
光文社刊

「信念 己に勝ち続けるという挑戦」
ディエゴ・シメオネ著/江間慎一郎訳
カンゼン刊

「THE WENGER REVOLUTION TWENTY YEARS OF ARSENAL ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集」
エイミー・ローレンス著/スチュアート・マクファーレン写真/グレイヴストック陽子訳
ソル・メディア刊

「モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力」
ダニエル・ピニージャ著/木村浩嗣訳
ソル・メディア刊

コメント

関連ニュース

thumb

八戸、奈良、今治にJ3クラブライセンスが交付…JFL4位以内に入れるか

▽Jリーグは28日、2019シーズンのJ3クラブライセンス判定結果を発表した。 ▽今回審議されたのは、J3入会を希望するクラブへのJ3クラブライセンスについて。Jリーグ百年構想クラブである、ヴァンラーレ八戸FC、奈良クラブ、FC今治の3クラブがJ3入会を希望。今回の判定の結果、八戸、奈良、今治の3チームにJ3クラブライセンスが交付された。 ▽ライセンスが交付された3クラブは、今後11月の理事会でJリーグ入会が承認され(平均入場者数2000人超、年間事業収入1.5億円以上などの基準が規定されている)、JFLで4位以内かつ百年構想クラブのうち上位2クラブがJ3リーグへの参加が認められる。 ▽なお、今シーズンのJFLファーストステージは八戸が3位(勝ち点25)、奈良が5位(勝ち点25)、今治が7位(勝ち点22)で終えており、セカンドステージは15試合中9試合を終えて八戸が2位(勝ち点20)、奈良が13位(勝ち点7)、今治が8位(勝ち点14)に位置。現時点では、八戸が全体の2位に入り、要件を満たしている。 ▽現在J3リーグに所属しているクラブは、10月の理事会で審議される。 ◆JFL年間通算順位表(第24節終了時点) 1..Honda FC/65/+43 2..ヴァンラーレ八戸/45/+18 3..FC大阪/41/+10 4..ソニー仙台FC/39/+16 5..東京武蔵野シティFC/39/+10 6..FC今治/36/+17 7..MIOびわこ滋賀/36/+2※1試合未消化 8..奈良クラブ/32/-1 9..ラインメール青森/31/-3※1試合未消化 10.ヴェルスパ大分/31/-10 11.ヴィアティン三重/30/-7 12.ホンダロックSC/26/-13 13.FCマルヤス岡崎/24/-11 14.テゲバジャーロ宮崎/24/-17 15.流経大ドラゴンズ龍ケ崎/17/-13※2試合未消化 16.コバルトーレ女川/15/-41 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮が今夏クラブユース選手権得点王のユース所属FW吉永昇偉の来季昇格内定を発表

▽大宮アルディージャは25日、ユース所属のFW吉永昇偉(18)が来シーズントップチームに昇格することが内定したと発表した。 ▽吉永は、ジュニアから大宮に在籍。ジュニアユース、ユースと昇格し、2018年はU-18日本代表にも選出されている。 ▽今年行われた第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会では、大宮の準優勝に貢献。自身も得点王に輝いていた。 吉永はクラブを通じてコメントしている。 「小学5年生から所属してきた大宮アルディージャで、プロのサッカー選手としてスタートできることを大変うれしく思います。今までお世話になった方々への感謝を忘れず日々、努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします!」 2018.09.25 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグがクラブ資金の私的流用に関して清水にけん責&制裁金300万円を決定

▽Jリーグは25日、村井満チェアマンが清水エスパルスへの制裁を決定したことを発表した。 ▽清水は2012年から2018年の6年間、元経理担当社員が、現金回収した売掛金等の着服や、会計システム上の帳簿改ざんによる不適切な会計処理を行うことで、クラブの資金約6,700万円を私的に流用していた。 ▽この事は既にクラブからも発表されていたが、今回Jリーグからの制裁が決定。けん責と制裁金300万円が科されることとなった。 ▽Jリーグは制裁の理由として、以下の5点を挙げ、クラブの対応を加味して制裁を決定したとしている。 (1) 上記違反行為は、「Jリーグ規約」第3条[遵守義務]第2項及び「Jリーグ規約」第23条[健全経営]第3項の違反に該当する (2) 本件の被害額は約6,700万円であるが、既に5,000万円以上の返済があり、回収の可能性は高い (3) 犯行の動機は本人の物欲を満たすためであり、組織的関与や共犯関係はない (4) 一経理担当者が行った事案であるが、プロサッカークラブで発生した事案として、社会的影響度は低くない (5) 犯行期間は6年間であり、会社として内部統制機能の欠陥を看過してきた責任として『Jリーグ規約』第147条[両罰規定]を適用する 2018.09.25 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】福岡FWドゥドゥ、大宮戦など欠場へ…看板破損行為で2試合出場停止

▽Jリーグは25日、明治安田生命J1リーグ第28節および第29節、J2リーグ第22節および第35節、Jリーグ第25節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、横浜F・マリノスに所属するDFドゥシャン、ジュビロ磐田のMF山田大記、名古屋グランパスでプレーするMFエドゥアルド・ネットが出場停止。ドゥシャンにおいては、2度目のため、2試合の出場停止となる。 ▽J2では、7名の出場停止処分が確定。アビスパ福岡に所属するFWドゥドゥに関しては、スポンサー看板を損壊させた器物破損行為により、2試合停止処分が決定している。 【明治安田生命J1リーグ】 DFドゥシャン(横浜F・マリノス) 明治安田生命J1リーグ第28節 vsベガルタ仙台(9/29) 今回の停止:1試合停止※1/2 明治安田生命J1リーグ第29節 vs北海道コンサドーレ札幌(10/5) 今回の停止:1試合停止※2/2 MF山田大記(ジュビロ磐田) 明治安田生命J1リーグ第28節 vs湘南ベルマーレ(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFエドゥアルド・ネット(名古屋グランパス) 明治安田生命J1リーグ第28節 vsセレッソ大阪(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF松本怜大(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ第35節 vs松本山雅FC(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF熊谷アンドリュー(ジェフユナイテッド千葉) 明治安田生命J2リーグ第35節 vs愛媛FC(9/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF大橋尚志(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ第35節 vsFC岐阜(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石櫃洋祐(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第22節 vsアビスパ福岡(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF永田亮太(カマタマーレ讃岐) 明治安田生命J2リーグ第35節 vsFC町田ゼルビア(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFパク・チャニョン(カマタマーレ讃岐) 明治安田生命J2リーグ第35節 vsFC町田ゼルビア(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWドゥドゥ(アビスパ福岡) 明治安田生命J2リーグ第22節 vs京都サンガF.C.(9/26) 今回の停止:2試合停止※1/2 明治安田生命J2リーグ第35節 vs大宮アルディージャ(9/29) 今回の停止:2試合停止※2/2 【明治安田生命J3リーグ】 MF水野泰輔(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第25節 vsギラヴァンツ北九州(9/29) 今回の停止:1試合停止 2018.09.25 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸が情報漏洩疑惑の調査開始…Jリーグ規約抵触の可能性

▽ヴィッセル神戸は25日、一部報道に係る対応について発表した。 ▽神戸は、23日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第27節で浦和レッズと対戦。だが、神戸のDF高橋峻希が試合前、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの欠場など先発メンバー情報を知人に漏洩したとされ、Jリーグ規約に抵触する疑いが取り沙汰されている。 ▽この一件を受け、神戸は調査開始決定を報告。調査結果等については、改めて報告することを併せて伝えている。 ▽ちなみに、神戸はその浦和戦で0-4の完敗を喫して4連敗となり、順位も9位に後退。29日に行われる次節、鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2018.09.25 10:45 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース