「サッカー本大賞2018」は岩政大樹の著書が受賞! 「読者賞」とのダブル受賞2018.03.12 23:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽12日、神田明神会館にて「サッカー本大賞2018」の授賞式が行われた。

▽5回目を迎える「サッカー本大賞」では12作品が優秀賞を受賞。選考委員の協議によって「サッカー本大賞」に選ばれた作品は、元日本代表DFで鹿島アントラーズやファジアーノ岡山でプレーし、現在は関東リーグ1部の東京ユナイテッドFCでプレーする岩政大樹の著書『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』(岩政大樹著、KKベストセラーズ刊)が受賞した。

▽また、「翻訳サッカー本大賞」、「読者賞」も発表され、『マヌエル・ノイアー伝記』(ディートリッヒ・シュツツェ=マルメリンク著、吉田奈保子、山内めぐみ訳、実業之日本社刊)が「翻訳サッカー本大賞」を、『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』(岩政大樹著、KKベストセラーズ刊)がフットボールチャンネル上での読者投票によって選ばれた「読者賞」を受賞した。

(C)CWS Brains,LTD.
▽大賞を受賞した岩政さんは「ありがとうございます。こういうのを決して狙って書いたわけではないですが、非常に嬉しいです」と大賞受賞についてコメントした。

▽また、「書くことによって良かったことはたくさんあるのですが、一つは自分の幼少期やいろいろなことを思い出したことです」と過去の思い出を語り、「両親は教師で、母が鬼のような教育者で、読書感想文を一度書いても提出させてくれないんですよ。それを3回、4回と書き直して、『これがダメ、あれがダメ』とダメ出しされて、僕が提出できるレベルになるまで出させてくれないという宿題がありました」と幼少時代の出来事を語り、「やっと母親に読書感想文をやらされたことに感謝する気持ちになりました」と感謝の気持ちを述べた。

◆サッカー本大賞2018

【最優秀作品賞】
『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』
岩政大樹著
KKベストセラーズ刊

【翻訳サッカー本大賞】
『マヌエル・ノイアー伝記』
ディートリッヒ・シュツツェ=マルメリンク著/吉田奈保子、山内めぐみ訳
実業之日本社刊

【優秀作品賞】
「世界スタジアム物語 競技場の誕生と紡がれる記憶」
後藤健生著
ミネルヴァ書房刊

「日本代表を撮り続けてきた男 サッカーカメラマン 六川則夫」
六川則夫著
スクワッド刊

「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」
中野吉之伴著
ナツメ社刊

「それでも世界はサッカーとともに回り続ける「プラネット・フットボール」の不具合な真実」
片野道郎著
河出書房新社刊

「親子で学ぶサッカー世界図鑑 ロシアW杯編」
サッカー新聞 エルゴラッソ編集部編
スクワッド刊

「人生はジャイアントキリング! ジェイミー・ヴァーディ自伝」
ジェイミー・ヴァーディー著/小林玲子訳
日本文芸社刊

「サッカーマティクス 数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」」
デイヴィッド・サンプター著/千葉敏生訳
光文社刊

「信念 己に勝ち続けるという挑戦」
ディエゴ・シメオネ著/江間慎一郎訳
カンゼン刊

「THE WENGER REVOLUTION TWENTY YEARS OF ARSENAL ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集」
エイミー・ローレンス著/スチュアート・マクファーレン写真/グレイヴストック陽子訳
ソル・メディア刊

「モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力」
ダニエル・ピニージャ著/木村浩嗣訳
ソル・メディア刊

コメント

関連ニュース

thumb

SKE48が最下位名古屋の救いの女神に? 公式マネ就任が発表!

▽名古屋グランパスは22日、名古屋を拠点に活動するアイドルグループ『SKE48』が公式応援マネージャーに就任したことを発表した。 ▽発表後、クラブを代表して小西工己代表取締役社長、主将FW佐藤寿人、選手会長のDF和泉竜司、MF長谷川アーリアジャスール、SKE48の北川綾巴、熊崎晴香、須田亜香里がクラブハウス内で行われた記者会見に出席した。 ▽小西社長は、「SKE48の皆さまのチカラと若さ、元気をいただきながら頑張りたいと思います」とコメント。また、世界選抜総選挙で2位に輝いた須田亜香里は、「私は愛知県で生まれ育って26年になりますが、学校の社会科見学や遠足で豊田スタジアムへ行かせていただいたり、家族と観戦に行ったり、本当に馴染みのあるグランパスさんと一緒に活動させていただけることがすごく嬉しいです」とエピソードを交えて語り、クラブを支えていく上での意気込みを述べた。 ▽明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で2勝3分け10敗の最下位と苦境に立たされている名古屋。16日に開催された『第10回AKB48 世界選抜総選挙』で1位に君臨した松井珠理奈、2位の須田亜香里らを擁するSKE48の力を借り、上昇気流に乗ることはできるのだろうか。 2018.06.22 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京選手会長のDF吉本一謙、期限付きで福岡へ! 「今の自分にはチャレンジすることが必要」

▽アビスパ福岡は22日、FC東京に所属するDF吉本一謙(30)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。背番号は「29」に決定した。同契約中、FC東京との全公式戦に出場することはできない。 ▽FC東京生え抜きの吉本は2007年にトップチーム昇格。その後、FC岐阜と水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、2013年からFC東京に復帰した。だが、長谷川健太監督就任の今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで出番なし。Jリーグカップ戦5試合の出場にとどまった。 ▽選手会長という役割を担いながらシーズン途中で出場機会を求めて福岡に活躍の場を求めることになった吉本。両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「FC東京から期限付き移籍加入した吉本一謙です。今まで自分が経験してきたことの全てをアビスパ福岡のためにささげ、アビスパ福岡、ファン・サポーター、福岡の街を愛し、みなさんに愛される選手になれるよう体を張って熱く戦います。応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「今年は試合に出てプレーで貢献することがなかなか出来ず、こうして選手会長というチームをまとめる立場でシーズン途中に移籍することについて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。東京のアカデミーに12歳で入ってから、背番号4番でキャプテンマークを巻いてシャーレを掲げることが夢だった自分は、東京で優勝したい気持ちが強くありました。こうして優勝を狙える順位の中で移籍することを本当に悩みましたが、今の自分にはチャレンジすることが必要だと思い、決断しました」 「東京に在籍したこの期間、誰よりも東京を、そしてグランドがある地元・小平を愛していた自信があります。今回、期限付き移籍しますが、東京が、サッカー選手としてはもちろん一人の人間として僕を育ててくれたクラブであることは永遠に変わりません。そんな人生の半分以上を共に歩んできた愛する東京がリーグ優勝することを心から願っています。ファン・サポーターのみなさま、関係者のみなさま、怪我をして苦しい時や本当につらい時も支えていただき、ありがとうございました」 2018.06.22 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、FW渡邉新太、MF戸嶋祥郎とのA契約締結を発表

▽アルビレックス新潟は22日、FW渡邉新太(22)、MF戸嶋祥郎(22)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽新潟県出身の渡邉は、FC五十嵐ジュニアユースからアルビレックス新潟ユースに入団し、流通経済大学を経て今シーズンから新潟のトップチームに加入。10日の明治安田生命J2リーグ第18節東京ヴェルディ戦で通算出場時間がプロA契約締結条件の900分に達し、今回の発表に至った。今シーズンはここまで、公式戦17試合に出場して5ゴールを決めている。 ▽埼玉県出身の戸嶋は、市立浦和高校から筑波大学に進学した後、新潟に入団。6日の天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 2回戦・高知ユナイテッド戦で通算出場時間が900分に達し、今回の発表に至った。今シーズンはここまで、公式戦13試合に出場している。 2018.06.22 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イニエスタの友人、東京VのFWカルロス・マルティネスが家族の事情で契約解除

▽東京ヴェルディは22日、FWカルロス・マルティネス(31)との契約解除を発表した。 ▽カルロス・マルティネスは、ビジャレアルBから2017年に東京Vへ入団。明治安田生命J2リーグで19試合に出場し1得点、今シーズンはここまで10試合に出場し1得点を記録していた。 ▽ヴィッセル神戸に加入するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタとは親交があるカルロス・マルティネス。クラブの発表によると、家族の事情により、双方合意の上で契約解除となった。カルロス・マルティネスはクラブを通じてコメントしている。 「クラブ、チーム、サポーターの皆様、多大なサポートに大変感謝しています。ヴェルディのユニフォームを着た初めてのスペイン人になれたことはとても光栄なことでした。緑のユニフォームを着てプレーできたことは一生忘れないでしょう。これからはヴェルディのいちサポーターになり、チームのJ1昇格と多くの成功、そしてともに戦ったチームメート一人ひとりのキャリアの成功を祈っています」 ▽なお、カルロス・マルティネスは24日が最後のトレーニング参加となる予定だ。 2018.06.22 13:14 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡の起爆剤になれるか…元岐阜のFWレオミネイロが完全移籍加入!

▽アビスパ福岡は22日、ブラジル人FWレオミネイロ(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は「35」に決定している。 ▽レオミネイロは2015年から2年間、岐阜でプレー。明治安田生命J2リーグで計21得点を挙げたストライカーで、昨シーズンまでコインブラEC(ブラジル)からの期限付き移籍でアル・マークヒヤ(カタール)に籍を置いた。 ▽2016年以来のJリーグ参戦となるレオミネイロは、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「まずは、関係者の皆さまに、私のことを評価して頂いたことを心から感謝いたします。今でもJリーグの試合は欠かさず観ているので、現在アビスパが上位にいることも知っています。チームの一員になることができ本当に嬉しいですし、好調のチームに新たな力となることができればと思います」 「私のことを覚えていない方もいらっしゃるとは思いますが、過去にJリーグでのプレー経験もあります。そして今回、J1昇格に向けて戦うために日本に行きます。皆さまの期待と信頼を裏切らないように、日々のトレーニングから全力で取り組み、この補強が正解だったと言っていただけるように頑張ります。アリガトウゴザイマス」 ▽福岡は現在、明治安田生命J2リーグ10勝5分け4敗で4位。23日に行われる次節、2位につける大分トリニータとのアウェイ戦に臨む。 2018.06.22 11:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース