「サッカー本大賞2018」は岩政大樹の著書が受賞! 「読者賞」とのダブル受賞2018.03.12 23:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽12日、神田明神会館にて「サッカー本大賞2018」の授賞式が行われた。

▽5回目を迎える「サッカー本大賞」では12作品が優秀賞を受賞。選考委員の協議によって「サッカー本大賞」に選ばれた作品は、元日本代表DFで鹿島アントラーズやファジアーノ岡山でプレーし、現在は関東リーグ1部の東京ユナイテッドFCでプレーする岩政大樹の著書『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』(岩政大樹著、KKベストセラーズ刊)が受賞した。

▽また、「翻訳サッカー本大賞」、「読者賞」も発表され、『マヌエル・ノイアー伝記』(ディートリッヒ・シュツツェ=マルメリンク著、吉田奈保子、山内めぐみ訳、実業之日本社刊)が「翻訳サッカー本大賞」を、『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』(岩政大樹著、KKベストセラーズ刊)がフットボールチャンネル上での読者投票によって選ばれた「読者賞」を受賞した。

(C)CWS Brains,LTD.
▽大賞を受賞した岩政さんは「ありがとうございます。こういうのを決して狙って書いたわけではないですが、非常に嬉しいです」と大賞受賞についてコメントした。

▽また、「書くことによって良かったことはたくさんあるのですが、一つは自分の幼少期やいろいろなことを思い出したことです」と過去の思い出を語り、「両親は教師で、母が鬼のような教育者で、読書感想文を一度書いても提出させてくれないんですよ。それを3回、4回と書き直して、『これがダメ、あれがダメ』とダメ出しされて、僕が提出できるレベルになるまで出させてくれないという宿題がありました」と幼少時代の出来事を語り、「やっと母親に読書感想文をやらされたことに感謝する気持ちになりました」と感謝の気持ちを述べた。

◆サッカー本大賞2018

【最優秀作品賞】
『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』
岩政大樹著
KKベストセラーズ刊

【翻訳サッカー本大賞】
『マヌエル・ノイアー伝記』
ディートリッヒ・シュツツェ=マルメリンク著/吉田奈保子、山内めぐみ訳
実業之日本社刊

【優秀作品賞】
「世界スタジアム物語 競技場の誕生と紡がれる記憶」
後藤健生著
ミネルヴァ書房刊

「日本代表を撮り続けてきた男 サッカーカメラマン 六川則夫」
六川則夫著
スクワッド刊

「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」
中野吉之伴著
ナツメ社刊

「それでも世界はサッカーとともに回り続ける「プラネット・フットボール」の不具合な真実」
片野道郎著
河出書房新社刊

「親子で学ぶサッカー世界図鑑 ロシアW杯編」
サッカー新聞 エルゴラッソ編集部編
スクワッド刊

「人生はジャイアントキリング! ジェイミー・ヴァーディ自伝」
ジェイミー・ヴァーディー著/小林玲子訳
日本文芸社刊

「サッカーマティクス 数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」」
デイヴィッド・サンプター著/千葉敏生訳
光文社刊

「信念 己に勝ち続けるという挑戦」
ディエゴ・シメオネ著/江間慎一郎訳
カンゼン刊

「THE WENGER REVOLUTION TWENTY YEARS OF ARSENAL ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集」
エイミー・ローレンス著/スチュアート・マクファーレン写真/グレイヴストック陽子訳
ソル・メディア刊

「モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力」
ダニエル・ピニージャ著/木村浩嗣訳
ソル・メディア刊
コメント
関連ニュース
thumb

J3新規参入の八戸、盛岡からMF河津良一が完全移籍加入

▽ヴァンラーレ八戸は17日、グルージャ盛岡に所属するMF河津良一(26)の完全移籍加入を発表した。 ▽河津は、2015年にジェフユナイテッド千葉でプロキャリアをスタート後、アスルクラロ沼津を経て、今年から盛岡でプレー。明治安田生命J3リーグ15試合1得点を記録した。 ▽来シーズンからJ3新規参入の八戸に加わる河津は両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ヴァンラーレ八戸 「初めまして、グルージャ盛岡から加入します河津良一です。ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様、J3昇格おめでとうございます。クラブのJリーグ参入初年度に選手としてプレーさせて頂けることに感謝しています。これまでクラブの歴史を積み上げて下さった選手、クラブ関係者の存在を忘れてはいけないと強く感じています。チームの為に全力で戦います。ご声援宜しくお願い致します」 ◆グルージャ盛岡 「この度、ヴァンラーレ八戸FCに移籍することを決断しました。熱心にクラブに呼んで頂いた中村強化部長、加入初年度で主将に任命して下さった菊池利三監督、そして受け入れてくれたチームメイト、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、フロントスタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。盛岡に来たからこそ感じたこと、考えたこと、再確認できたことが多くありました。全てが自分の財産です」 「このチームでプレーさせて頂き、選手として生きている瞬間を体感することができました。盛岡で培った経験を今後に繋げていかなければいけないと強く感じています。クラブを支えて頂いた、スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、地域の皆様、これからもクラブ、選手へのご支援とご声援をよろしくお願い致します。そして、一年間ありがとうございました!」 2018.12.17 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

熊本、今季加入のDF高瀬優孝と契約更新!

▽ロアッソ熊本は17日、DF高瀬優孝(27)の契約更新を発表した。 ▽高瀬は2014年に大宮アルディージャでプロキャリアをスタート後、ザスパクサツ群馬を経て、今年から熊本でプレー。明治安田生命J2リーグ9試合、天皇杯1試合1得点を記録した。 2018.12.17 09:10 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/12月16日】神戸FWハーフナー・マイクがタイのバンコク・ユナイテッドへ期限付き移籍!

▽12月16日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 12月16日(日) 【J1】 ◆ヴィッセル神戸 《期限付き移籍》 FWハーフナー・マイク(31)→バンコク・ユナイテッド(タイ) ◆ベガルタ仙台 《期限付き移籍期間満了》 FWハーフナー・マイク(31)→ヴィッセル神戸 ◆セレッソ大阪 《契約更新》 FW澤上竜二(25) 【J2】 ◆大宮アルディージャ 《契約更新》 MF三門雄大(31) MF奥抜侃志(19) ◆FC町田ゼルビア 《契約更新》 GK福井光輝(23) MF奥山政幸(25) DF藤井航大(27) ◆モンテディオ山形 《契約更新》 MF中村駿(24) DF松本怜大(28) GK櫛引政敏(25) DF古部健太(33) DF坂井達弥(28) DF田村友(26) 【J3】 ◆藤枝MYFC 《契約満了》 FW遠藤純輝(24) ◆AC長野パルセイロ 《契約更新》 FW津田知宏(32) ◆カターレ富山 《育成型期限付き移籍期間延長》 MF前嶋洋太(21) ◆ギラヴァンツ北九州 《契約更新》 DF川上竜(24) 2018.12.17 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

北九州、DF川上竜と契約更新

▽ギラヴァンツ北九州は16日、DF川上竜(24)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽福岡大学卒業後、2017シーズンに福島ユナイテッドFCでプロデビューを果たした川上。今季加入の北九州では、加入1年目ながらキャプテンを任され、明治安田生命J3リーグで30試合に出場した。 ▽プロ3年目を北九州でプレーすることを決意した川上は、その意気込みをクラブの公式サイトで語っている。 「来シーズンも北九州でプレーすることに決めました。今シーズン自分自身とても悔しい思いをしましたし、その悔しさはサポーターの皆さんも同じだと思います。一年間、苦しい状況でも最後まで一緒に闘い続けてくださった方々と勝って喜びたいという思いが強いです。誰よりも勝ちたいという気持ちを持って走り続け、チームを引っ張って行きます!」 2018.12.16 20:44 Sun
twitterfacebook
thumb

山形がMF中村駿ら6選手と契約更新

▽モンテディオ山形は16日、MF中村駿(24)、DF松本怜大(28)、GK櫛引政敏(25)、DF古部健太(33)、DF坂井達弥(28)、DF田村友(26)と契約更新したことを発表した。 ▽2017年にザスパクサツ群馬から加入した中村は今季は明治安田生命J2リーグで38試合に出場し2得点を記録。天皇杯では5試合に出場した。 ▽松本は北海道コンサドーレ札幌とFC町田ゼルビアを経て、2018シーズンから山形でプレー。今季はリーグ戦25試合で1得点をマークした。 ▽各世代の日本代表経験を持つ櫛引は2011年にデビューした清水エスパルスから山形に加入。1年目の今シーズンはリーグ戦24試合に出場した。 ▽横浜F・マリノスでのデビュー以降、ツエーゲン金沢やV・ファーレン長崎、アビスパ福岡を渡り歩いた古部も今季加入。33歳のベテランはリーグ戦8試合、天皇杯3試合の出場に留まった。 ▽日本代表出場経験がある坂井はサガン鳥栖在籍中に松本山雅FC、V・ファーレン長崎、大分トリニータへのレンタル移籍を経て2018シーズンから山形に完全移籍。リーグ戦での出場は5試合だったが、天皇杯では3試合の出場で2ゴールを記録した。 ▽同じく今季加入の田村は2015年のアビスパ福岡でのデビュー後、2017シーズンは浦和レッズにレンタル。今季は福岡に復帰するも、活躍の場を求めて7月に山形に移籍。リーグ3試合に出場した。 2018.12.16 20:39 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース