【CLプレビュー】“塩漬け”ユナイテッド優位の中、セビージャにAG奪う策はあるか《マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャ》2018.03.13 12:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャが日本時間13日28:45にオールド・トラフォードでキックオフされる。公式戦初対決となった前回対戦はセビージャvsデ・ヘアという構図の下、ゴールレスドローという渋い内容となったが、舞台を“夢の劇場”に移す運命の第2戦の結末はいかに。▽2月21日にサンチェス・ピスファンで行われた1stレグは、終始主導権を握ったセビージャが押し込む展開となった。しかし、FWムリエルのゴール至近距離からのヘディングシュートをGKデ・ヘアが圧巻の反応ではじき出すなど、“聖ダビド”の加護を目いっぱい受けたユナイテッドが想定通りの0-0でマンチェスターへの帰還を果たした。

▽“塩漬け”とも揶揄されるモウリーニョ監督らしい現実主義の戦いで想定通りのドローで初戦を終えたユナイテッドは、以降のプレミアリーグ3試合をいずれも1点差で競り勝って3連勝。とりわけ、ホームにチェルシー、リバプールを迎えた2つのビッグマッチでは得意の“バス”戦術、“強者のマンマーク”を駆使してFWアザールやFWサラーといった相手エースを完璧に封じ込むなど、ポルトガル人指揮官の勝負強い采配できっちり結果を残した。今回の一戦ではアウェイゴール献上が命取りとなるだけに、ホームでの戦いといえどもリスク回避重視の堅守速攻で迎え撃つ構えだ。

▽一方、アウェイゴールを与えない最低限のノルマを達成したセビージャだが、再三相手を押し込んだ試合展開やゴールチャンスの数を考えれば、限りなく敗戦に等しい形で初戦を終えた。また、1stレグ以降の国内リーグ4試合ではマラガ、アスレティック・ビルバオと格下相手にきっちり結果を出した一方、堅守アトレティコ・マドリーに2-5の大敗、直近のバレンシア戦では試合の主導権を握るも再三の決定機を逸した末、相手のカウンターから2点を失う完敗。ユナイテッドと同じ特長を持つ相手にいずれも敗戦を喫しており、敵地での2ndレグに向けて大いに不安を残す戦いぶりとなった。ただ、リーグ戦で結果の出ていないモンテッラ監督だが、コパ・デル・レイではアトレティコ相手に連勝を飾るなど、セビージャ伝統のカップ戦の強さを引き継いでおり、今回の一戦に向けてはその勝負強さに賭けたいところだ。

▽両チームの勝ち抜けの条件に関してユナイテッドは勝利が絶対条件。一方、セビージャは勝利か、1点以上奪ってのドローで突破となる。なお、0-0で引き分けた場合のみ延長戦へと突入する。(延長戦でもアウェイゴールルールは適用される)

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:デ・ヘア
DF:バレンシア、スモーリング、リンデロフ、アシュリー・ヤング
MF:マクトミネイ、マティッチ
MF:マタ、サンチェス、ラッシュフォード
FW:ルカク
負傷者:DFロホ、フィル・ジョーンズ、ブリント、MFポグバ、エレーラ、FWイブラヒモビッチ、マルシャル
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関しては直近のリバプール戦を欠場した前述のメンバーが引き続き起用できない模様だ。

▽システムに関しては中盤にフェライニを入れて、より守備的な[4-3-3]で戦う可能性もあるが、リバプール戦と同じメンバーで臨むはずだ。ただ、リバプール戦で足を痛めた素振りを見せた負傷明けのバイリーに代わってリンデロフがスモーリングの相棒を務めるようだ。

◆セビージャ◆
【4-2-3-1】

▽セビージャ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:セルヒオ・リコ
DF:メルカド、ケアー、ラングレ、エスクデロ
MF:バネガ、エンゾンジ
MF:サラビア、フランコ・バスケス、コレア
FW:ムリエル
負傷者:DFコルシア、MFヘスス・ナバス
出場停止者:DFラユン

▽前所属先のポルトでCLグループステージに出場しているラユンが引き続き起用できない。また、負傷者に関してはコルシアに加えて、ヘスス・ナバスが欠場する見込みだ。

▽スタメンに関しては1stレグで右サイドバックを務めたヘスス・ナバスに代わってメルカドが右サイドバックに入り、ケアーがセンターバックで起用される以外、初戦と同じメンバーが起用される見込みだ。ただ、1トップに関してはムリエルに代わってイェデルが起用される可能性もある。

★注目選手
◆マンチェスター・ユナイテッド:FWロメル・ルカク
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの注目プレーヤーは、チェルシー戦、リバプール戦と直近2つのビッグマッチで存在感を示したルカクだ。これまでは“雑魚専”と揶揄されるなど、強豪相手の試合では190cmの長身が170cm代に縮んだかのように存在感を失ってきたベルギー代表の偉丈夫。セビージャとの前回対戦でも前線で孤立させられ、ほぼノーインパクトだった。

▽しかし、前述のチェルシー戦ではプレミアのトップ6相手の今季初ゴールを含め1ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導くと、リバプール戦では相手DFロブレンを完全に手玉に取り、GKデ・ヘアからのロングボールをいずれもゴールチャンスに変える印象的なパフォーマンスを披露した。完全にイーブンな条件で臨む今回の一戦においてモウリーニョ監督がどんな策を講じるかは不明だが、自身を目がけて蹴り出されるロングボールや得意のロングカウンターの場面でここ2戦同様の存在感を示したい。

◆セビージャ:MFエベル・バネガ
Getty Images
▽セビージャの注目プレーヤーは、絶対的なゲームメーカーのバネガだ。昨夏、インテルからセビージャに帰還したアルゼンチン代表MFはベリッソ前体制、モンテッラ現体制のいずれでもチームの攻撃の核として絶対的な信頼を受けている。しかし、前回対戦では要のMFエンゾンジと共にユナイテッドのタイトな対応に苦しめられ、決定的な仕事はできなかった。

▽勝ち抜けに向けて最低1ゴールが必要な今回の一戦ではMFマティッチ、MFマクトミネイと強靭なフィジカルを誇る相手セントラルMFに加え、トップ下起用濃厚なFWサンチェスが攻撃の起点となる自身を徹底マークしてくるはずだ。その中で持ち味の絶妙なターンや嫌らしいポジショニングで相手のマークを剥がし、前線のアタッカーに決定的なパスを送り込みたい。また、得意のプレースキックで難攻不落のGKデ・ヘアの牙城を破りたい。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第6節プレビュー】火曜にインテルvsフィオレンティーナ

▽先週末に行われたチャンピオンズリーグ(CL)後の前節、強豪勢は格下と対戦し、ユベントス、ナポリ、インテル、ラツィオが順当に勝利した一方、ミランが引き分け、ローマが敗戦した。迎える第6節はミッドウィークに行われ、強豪は引き続き格下との対戦が組まれている。 ▽まずは開幕6連勝の懸かるユベントスから。フロジノーネ戦では5バックを敷く相手の堅守に苦しみながらも、チャンピオンズリーグ(CL)で退場したC・ロナウドが鬱憤を晴らすリーグ戦2試合連続ゴールで5連勝スタートとした。そのユベントスは水曜にボローニャとのホーム戦を戦うが、前節ローマを下して今季初勝利を挙げたF・インザーギ監督率いるチームを撃破して開幕6連勝とし、次節ナポリとの大一番を迎えられるか。 ▽インシーニェのドッピエッタでトリノに快勝したナポリは、パルマとのホーム戦に臨む。CLツルヴェナ・ズヴェズダ戦のゴールレスドローを引きずらずに快勝してリーグ戦2連勝としたナポリは、次節にユベントスとの大一番を控える中、ジェルビーニョ擁するパルマ撃破となるか。 ▽難所ルイジ・フェラリスでのサンプドリア戦をCLに続く後半追加タイム弾で辛勝して今季2勝目を挙げたインテルは、火曜にフィオレンティーナとホームで対戦する。サンプドリア戦では前半の劣勢を凌ぎ、後半の反撃が試合終了間際に実を結ぶ格好となった。これでトッテナム戦に続き、公式戦2連勝と結果が出始めている中、3勝1分け1敗と好スタートを切ったフィオレンティーナを下して勢いを持続できるか。 ▽イグアインに公式戦3試合連続ゴールが生まれたものの、後半追加タイム被弾に沈んでアタランタに2-2の引き分けに持ち込まれたミランは、木曜にエンポリとのアウェイ戦に臨む。勝ち試合を引き分けに持ち込まれ、これでリーグ戦2試合連続ドローと躓いているミランだが、2連敗中のエンポリは必勝の相手となる。しっかりと勝ち切って今季2勝目を挙げたい。 ▽インモービレのドッピエッタなどで4-1と快勝してリーグ戦3連勝としたラツィオは、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。次節にローマとのダービーを控える中、4連勝としてダービーに臨みたい。 ▽最後にボローニャにまさかの敗戦を喫してディ・フランチェスコ監督の立場が危うくなっているローマは、フロジノーネとのホーム戦に臨む。ユベントス相手に堅守を披露した相手にすっきりと勝利し、ラツィオとのダービーに臨めるか。 ◆セリエA第6節 ▽9/25(火) 《27:30》 インテル vs フィオレンティーナ ▽9/26(水) 《26:00》 ウディネーゼ vs ラツィオ 《28:00》 アタランタ vs トリノ ナポリ vs パルマ ユベントス vs ボローニャ カリアリ vs サンプドリア ローマ vs フロジノーネ ジェノア vs キエーボ ▽9/27(木) 《26:00》 SPAL vs サッスオーロ 《28:00》 エンポリ vs ミラン 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第6節プレビュー】ミッドウィークにセビージャvsレアル・マドリー!

▽先週末に行われた第5節ではジローナと引き分けたバルセロナの開幕からの連勝がストップ。一方、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強は揃って勝利。また、昨季上位陣ではバレンシアがドローで開幕未勝利を継続し、セビージャが今季最多の6ゴールで大勝している。 ▽今季初となるミッドウィーク開催での第6節ではセビージャvsレアル・マドリーのビッグマッチに注目が集まる。ベティスとのダービーからリーグ戦2連敗を喫したセビージャだが、ヨーロッパリーグ(EL)初戦でスタンダール・リエージュ相手に5-1の大勝を収め悪い流れを払拭。すると、直近のレバンテ戦では今季最多の6ゴールを奪い6-2の圧勝。公式戦2試合連続で5点以上を記録するなど絶好調の攻撃陣の中では2試合で5ゴールを挙げて確変中のFWイェデルに注目したい。抜群のスピードと駆け引きに優れる掴みどころのないムービングFWは、守備面でやや緩さを見せるレアル・マドリーの守備陣の脅威となるはずだ。 ▽一方、レアル・マドリーは直近のエスパニョール戦ではMFクロース、DFカルバハル、DFマルセロ、MFベイルなど一部主力を温存し、DFオドリオソラやMFマルコス・ジョレンテ、FWマリアーノら若手に今季初めて出場機会を与える積極的なターンオーバーを行った。FWアセンシオのゴールで1-0の勝利を収めた一方、内容面には大いに課題を残しており、主力を復帰させて戦う今回のセビージャ戦の重要度は高い。 ▽レアル・マドリーと同様にDFユムティティやMFラキティッチ、MFコウチーニョをベンチに置きMFアルトゥール、MFビダル、DFラングレを初先発させるターンオーバーを採用したバルセロナ。しかし、ラングレが1点リードの前半半ばに相手選手へのエルボーで一発退場となる愚行を犯した結果、60分近くを数的不利で戦い、温存予定だった前述の3選手まで投入。最終的に2-2のドローに終わり、開幕からの連勝ストップに加え普段以上の消耗を強いられることになった。それでも、今節の対戦相手は開幕から4敗1分けで未勝利のレガネスが相手となっており、今度こそターンオーバーを成功させ、今後に向けてオプションを増やしたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽前節、ヘタフェとの自治州ダービーを新戦力のMFレマルの移籍後初ゴールを含む2点に絡む活躍で快勝したアトレティコはリーグ3戦ぶりの白星を挙げた。連勝を目指して昇格組ウエスカをホームで迎え撃つ今節だが、今週末に敵地で戦う今季リーガ最初のマドリード・ダービーを控えており、できれば一部主力を温存したいところだ。基本的にはFWジェウソン・マルティンスやFWカリニッチら新戦力にプレー機会を与えたいところだが、今季リーガでまだゴールがないFWジエゴ・コスタらのコンディション調整にも充てたい。 ▽開幕から目に見える結果を残せていないヘタフェMF柴崎岳、ベティスMF乾貴士の日本人2選手に関しては今回の過密日程で先発出場のチャンスがあるかもしれない。レアル・マドリーとの開幕戦でのスタメン以降、途中出場1試合のみと苦しい立場に立たされている柴崎は今節、アラベスとのアウェイゲームに臨む。直近のアトレティコ戦ではセンターバックが本職のDFジェネがボランチで起用されるなど守備的な振る舞いを見せたヘタフェだが、勝ち点3奪取を目指すアラベス戦ではより攻撃面で貢献ができる背番号10に出場機会が与えられるかもしれない。一方、直近の公式戦2試合でベンチスタートが続く乾はジローナと対戦する。プレッシングを特長とする難敵との対戦ではハーフスペースで鋭いターンから局面を打開できる日本人ドリブラーに声が掛かるはずだ。 ▽その他のカードでは開幕から1敗4分けと未だに勝利がないバレンシアが、アトレティコに完勝するなど好調の4位セルタをホームで迎え撃つ一戦に注目したい。直近のビジャレアル戦で主将MFパレホが一発退場となり、ケガで離脱中のMFコンドグビアを含めて主力ピボーテ2人を欠くチームは、攻守両面で躍動感がある新生セルタ相手に今季初白星を手にすることができるか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第6節》 ▽9/25(火) 《27:00》 エスパニョール vs エイバル 《28:00》 レアル・ソシエダ vs ラージョ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs ウエスカ ▽9/26(水) 《27:00》 ビルバオ vs ビジャレアル レガネス vs バルセロナ 《29:00》 バレンシア vs セルタ セビージャ vs レアル・マドリー ▽9/27(木) 《27:00》 アラベス vs ヘタフェ バジャドリー vs レバンテ 《29:00》 ジローナ vs ベティス<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第6節プレビュー】チェルシーとリバプールが開幕6連勝を目指す! マンチェスター勢は昇格組と対戦

▽前節最大のビッグマッチ、トッテナムvsリバプールはリバプールに軍配。開幕5連勝を飾った。そしてそのリバプールと並び5連勝で首位に立つのがチェルシーだ。前節のカーディフ戦ではMFエデン・アザールの圧巻ハットトリックで昇格組を粉砕。エースとともにチームも絶好調だ。また、上記2チームと同じように5連勝が懸かっていたワトフォードはマンチェスター・ユナイテッドに力負け。終盤に攻勢を仕掛けたものの今季初黒星を喫した。第6節は、上位陣は比較的楽な相手となりそうだ。 ▽現在得失点差で首位に立つチェルシーは、ウェストハムのホーム、ロンドン・スタジアムに乗り込んでのロンドン・ダービーに臨む。ミッドウィークにPAOKとのヨーロッパリーグ(EL)を戦ったが、アザールやDFダビド・ルイスは遠征には帯同せずしっかり休養を取った。しかし、この試合でFWペドロが肩を負傷。欠場が見込まれている。対するウェストハムは、MFジャック・ウィルシャーがケガにより最大6週間の離脱。チェルシーとのリーグホーム戦ここ6試合で3勝を挙げているが果たして。なお、この試合でチェルシーが勝利すれば、マウリツィオ・サッリ監督はプレミアで指揮した最初の6試合で全勝した3人目の指揮官になる。過去にこの偉業を達成したのはカルロ・アンチェロッティとペップ・グアルディオラだけだ。 ▽2位のリバプールはDF吉田麻也所属のサウサンプトンと対戦。チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンに勝利した勢いそのままに、クラブ史上3度目のリーグ開幕6連勝を目指す。プレミアでのリバプール戦ここ4試合無得点のセインツは、ここまで3得点でチーム内得点王のFWダニー・イングスが規定によりリバプール戦は出場できない。 ▽リーグ戦ここまで無敗のマンチェスター・シティは先日のCLリヨン戦で今季初黒星。今節の相手カーディフとは、プレミアの舞台では3度目の対戦となる。2013-14シーズンのアウェイ戦は2-3で敗戦。それでも2015年3月のバーンリー戦以来、昇格組とは21試合負けなし。リヨン戦後にチームのパフォーマンスに不満を漏らしていたグアルディオラ監督を満足させることはできるだろうか。 ▽リバプールに敗れてリーグ2敗目を喫したトッテナムはアウェイでブライトンと対戦する。MFデレ・アリとMFムサ・シソコ復帰も、主将のGKウーゴ・ロリスは以前離脱中。CLではインテルに敗れ公式戦3連敗中と、悪い流れを断ち切りたいスパーズだが、ブライトンはホームでのリーグ戦ここ8試合負けなし。一筋縄ではいかないか。 ▽リーグ3連勝で7位に浮上したアーセナルは、ELでヴォルスクラに大勝し公式戦では4連勝。徐々に軌道に乗ってきたところでホームでエバートンと対戦する。リーグ戦ホームでのエバートン戦はここ24試合で20勝4分け。完全にお得意様としている相手にエバートン戦6ゴールのMFアーロン・ラムジーが襲いかかる。 ▽前節、ワトフォードの連勝に歯止めをかけたマンチェスター・ユナイテッドはホームでウルブスと対戦する。オールド・トラフォードでの同カードはユナイテッドが6連勝中。トッテナムをホームに迎えた第3節で敗れたユナイテッドだが、2014年3月以降ホームでは連敗はしておらず、ジョゼ・モウリーニョ監督もこれまでのキャリアで一度もホーム連敗をしたことはない。また、現在2連勝中のウルブスも1980年3月以降、3連勝を収めたことはない。 ▽FW武藤嘉紀のニューカッスルはアウェイでクリスタル・パレスと対戦。ニューカッスルはロンドン遠征ここ19試合で14敗。C・パレスはプレミア通算100勝目を目指す。FW岡崎慎司のレスター・シティはハダースフィールドをホームに迎え撃つ。レスターはここ9度の対戦で8勝。一方のハダースフィールドはプレミア直近15試合でわずか1勝だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第6節 ▽9/22(土) 《20:30》 フルアム vs ワトフォード 《23:00》 レスター・シティ vs ハダースフィールド クリスタル・パレス vs ニューカッスル カーディフ vs マンチェスター・シティ バーンリー vs ボーンマス マンチェスター・ユナイテッド vs ウォルバーハンプトン リバプール vs サウサンプトン 《25:30》 ブライトン vs トッテナム 09/23(日) 《21:30》 ウェストハム vs チェルシー 《24:00》 アーセナル vs エバートン 2018.09.22 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第5節プレビュー】連戦の中でマドリード&バレンシアの自治州ダービー!

▽先週末に行われた第4節では鬼門アノエタを攻略したバルセロナが開幕4連勝。一方、同じくバスクの地に乗り込んだレアル・マドリーはサン・マメスでドローに終わり、開幕からの連勝がストップ。また、不調が続くアトレティコ・マドリーとバレンシアはいずれもドローゲームを演じている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ開幕に加え、来週はリーガがミッドウィーク開催で行われる連戦の中で行われる今節。注目カードはヘタフェvsアトレティコと、ビジャレアルvsバレンシアのマドリードとバレンシアの自治州ダービーだ。 ▽ミッドウィークに行われたCL初戦のモナコ戦を2-1で制し、ヨーロッパの舞台では好スタートを切ったアトレティコだが、国内リーグでは1勝1敗2分けの苦しい船出に。直近のエイバル戦では後半ラストプレーの場面で若手FWボルハ・ガルセスのデビュー弾で辛くも勝ち点1を拾う結果となった。前述のモナコ戦でもピリッとしない戦いぶりが目立っており、今回のダービーでも厳しい戦いとなりそうだ。 ▽一方、開幕戦のレアル・マドリー戦こそ敗戦に終わったが、前節セビージャを2-0で破るなど直近3戦負けなしと好調を維持するヘタフェ。現在、3試合連続クリーンシート中の今季も自慢の堅守は健在だ。なお、前節途中出場を果たしたMF柴崎岳だが、W杯で見せたような攻守両面での躍動感は陰を潜めており、今回のダービーでは何とか見せ場を作りたい。 ▽ビジャレアルとバレンシアによるバレンシア自治州ダービーは互いに浮上のキッカケを探る一戦になりそうだ。前節、今季初勝利を挙げたビジャレアルだが深刻な得点力不足の影響によって1勝2敗1分けの下位に低迷。また、直近のELではジェラード新監督率いるレンジャーズ相手に2度のリードを守り切れず、ホームでドローという結果に終わっている。 ▽対するバレンシアはここまで1敗3分けの未勝利とビジャレアル以上に厳しい序盤戦となっている。昨季同様に[4-4-2]のシステムを軸とした堅守速攻はある程度機能しているものの、最後の精度や勝負強さという部分で物足りない。直近のCLでは物議を醸したFWクリスティアーノ・ロナウドの退場で前半に数的優位を得るも、2つのPKを献上した挙句、MFパレホがPKを失敗するなどホームで0-2の敗戦を喫している。FWロドリゴやFWゲデスとタレントは一級品だけに個の力で苦境を脱したいところだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽昨季王者のバルセロナは昨季に続いて鬼門アノエタの攻略に成功し唯一の開幕4連勝チームに。また、ミッドウィークのCL初戦でもPSV相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍などできっちり勝ちきって開幕5連勝を達成している。連勝街道を突き進むチームはジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに挑む。昨季の2度の対戦では3-0、6-1と圧勝しているカタルーニャの盟主だが、今季のジローナは開幕2勝1敗1分けと好調を継続する侮れない相手だ。絶好調のメッシやMFデンベレを軸に全力で叩き潰したい。 ▽また、リーガ開幕連勝ストップも4連覇を目指すCLでは昨季ベスト4のローマを相手に3-0の圧倒的な内容で勝利しバウンスバックを果たしたレアル・マドリー。リーガでの白星奪還を目指す今節は開幕から好調を維持する4位エスパニョールと対戦する。昨季は宿敵バルセロナを始めカタルーニャ勢に苦戦したレアル・マドリーだが、今季はジローナ相手に4-1の勝利を収めて苦手意識を払しょく。今節ではエスパニョールを破り、今後のクラシコに向けて弾みを付けたい。個人としてはローマ戦で復帰後初ゴールを記録したFWマリアーノのリーガ復帰弾にも期待したい。 ▽その他では共に木曜日にELを戦ったアンダルシア勢に注目。リーグ戦では不調も得意のELではスタンダール・リエージュ相手に5-1で圧勝したセビージャは、今回のレバンテ戦でリーガでの連敗ストップが求められる。一方、10人のオリンピアコス相手のアウェイゲームで勝ち点1獲得にとどまったベティスは前節レアル・マドリー相手に引き分けた難敵アスレティック・ビルバオを相手に公式戦3試合ぶりの白星を目指す。なお、オリンピアコス戦で試合終盤に途中出場したMF乾貴士は先発復帰が濃厚だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第5節》 ▽9/21(金) 《28:00》 ウエスカ vs レアル・ソシエダ ▽9/22(土) 《20:00》 ラージョ vs アラベス 《23:15》 セルタ vs バジャドリー エイバル vs レガネス 《25:30》 ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 レアル・マドリー vs エスパニョール ▽9/23(日) 《19:00》 レバンテ vs セビージャ 《23:15》 ビジャレアル vs バレンシア 《25:30》 ベティス vs ビルバオ 《27:45》 バルセロナ vs ジローナ<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】優勝戦線に影響甚大! 堅守同士の上位対決《広島vsFC東京》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のサンフレッチェ広島vsFC東京が、22日にエディオンスタジアム広島で行われる。首位・広島(勝ち点55)と3位・FC東京(勝ち点42)による、白熱必死の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆今季の借りは今季の内に</span>~サンフレッチェ広島~ ▽6位・セレッソ大阪戦、7位・鹿島アントラーズ戦を連勝で乗り切ったものの、前節の15位・サガン鳥栖戦を0-1で落とした広島。リーグテーブルでは2位・川崎フロンターレ(勝ち点49/1試未消化)に6ポイントの差を付けているものの、じりじりと近付かれているのが現状だ。 ▽城福浩監督の古巣でもあるFC東京は、広島にとって今シーズン初めて敗北した相手でもある。味の素スタジアムでの第10節では、前半の立ち上がりにFWディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑に立て続けにネットを揺らされ、頼みのFWパトリックも沈黙。MF稲垣祥が一矢報いたものの、1-3の完敗を喫していた。優勝を目指す上で、今シーズンの借りは今シーズン中に返さなくてはならない。 <span style="font-weight:700;">◆首位からダブルで上昇へ</span>~FC東京~ ▽前節の4位・ベガルタ仙台戦を0-1で落とし、直近のリーグ6試合を2分け4敗と大不振に陥っているFC東京。順位はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位は確保しているものの、このまま取りこぼしが続けばあっという間に中位転落…ということも考えられる。また、タイトルレースにおいても残り8試合で13ポイント以上を詰める必要があり、かなり厳しい状況だ。 ▽試合巧者ぶりを発揮し勝ち点を積み上げていた時期は過ぎ去り、チームに漂うのは決定力不足という暗雲か。特に、ここ3試合は多くのチャンスを作りながらも無得点で試合を終えている。嫌な流れを断ち切りもう一度上を向くためには、首位を相手にダブルを達成する劇的な勝利が必要だ。今度は広島に今シーズン初の連敗を与えるべく、敵地での奮起が求められる。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div><span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩<hr>▽左第3、4中手骨骨折で手術を行ったMF森島が引き続き離脱。出場停止者はおらず、ベストメンバーの起用を予想した。 <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:小川諒也、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽日本代表DF室屋が警告の累積により1試合の出場停止。その右サイドには、古巣対戦となるDF丹羽の起用も考えられるが、サイドバックを本職とするDF小川の先発が濃厚だ。また、負傷者に関しては伝えられていない。 【注目選手】 ◆MF稲垣祥(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島の注目プレーヤーは、チームにダイナミズムを注入するMF稲垣祥だ。中学年代にFC東京の下部組織に在籍していた稲垣は、その古巣に好相性を示している。昨シーズンのJ1第33節FC東京戦では、残留を手繰り寄せる決勝点を記録。また、今シーズン前半でもネットを揺らし、対FC東京戦では2戦連続ゴール中だ。勝てば優勝争いのライバルに大打撃を与えられる今節、再びクラブのヒーローになれるのだろうか。 ◆MF髙萩洋次郎(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180921_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽FC東京の注目プレーヤーは、中盤をけん引するMF髙萩洋次郎だ。2012年、2013年と、かつて広島でJ1リーグ連覇を経験した高萩。閉塞感漂うFC東京の攻撃陣に奮起を促すためには、“ファンタジスタ”のお膳立てが不可欠だ。再びタイトルに手をかけようとしている古巣の本拠地に、今度は敵として立ちはだかる。 <span style="font-weight:700;">◆堅守vs堅守</span> ▽1試合平均0.7失点で最も守備の堅い広島と、平均0.9失点で3番目に失点の少ないFC東京。粘り強い守備、中盤の攻勢、最前線に強力な助っ人を置いている点で両クラブの戦い方は酷似している。となれば、力と力のぶつかり合いになることが予想される今回のカード。相手を真っ向からねじ伏せるのはどちらか、広島vsFC東京は22日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 21:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース