【CLプレビュー】“塩漬け”ユナイテッド優位の中、セビージャにAG奪う策はあるか《マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャ》2018.03.13 12:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャが日本時間13日28:45にオールド・トラフォードでキックオフされる。公式戦初対決となった前回対戦はセビージャvsデ・ヘアという構図の下、ゴールレスドローという渋い内容となったが、舞台を“夢の劇場”に移す運命の第2戦の結末はいかに。▽2月21日にサンチェス・ピスファンで行われた1stレグは、終始主導権を握ったセビージャが押し込む展開となった。しかし、FWムリエルのゴール至近距離からのヘディングシュートをGKデ・ヘアが圧巻の反応ではじき出すなど、“聖ダビド”の加護を目いっぱい受けたユナイテッドが想定通りの0-0でマンチェスターへの帰還を果たした。

▽“塩漬け”とも揶揄されるモウリーニョ監督らしい現実主義の戦いで想定通りのドローで初戦を終えたユナイテッドは、以降のプレミアリーグ3試合をいずれも1点差で競り勝って3連勝。とりわけ、ホームにチェルシー、リバプールを迎えた2つのビッグマッチでは得意の“バス”戦術、“強者のマンマーク”を駆使してFWアザールやFWサラーといった相手エースを完璧に封じ込むなど、ポルトガル人指揮官の勝負強い采配できっちり結果を残した。今回の一戦ではアウェイゴール献上が命取りとなるだけに、ホームでの戦いといえどもリスク回避重視の堅守速攻で迎え撃つ構えだ。

▽一方、アウェイゴールを与えない最低限のノルマを達成したセビージャだが、再三相手を押し込んだ試合展開やゴールチャンスの数を考えれば、限りなく敗戦に等しい形で初戦を終えた。また、1stレグ以降の国内リーグ4試合ではマラガ、アスレティック・ビルバオと格下相手にきっちり結果を出した一方、堅守アトレティコ・マドリーに2-5の大敗、直近のバレンシア戦では試合の主導権を握るも再三の決定機を逸した末、相手のカウンターから2点を失う完敗。ユナイテッドと同じ特長を持つ相手にいずれも敗戦を喫しており、敵地での2ndレグに向けて大いに不安を残す戦いぶりとなった。ただ、リーグ戦で結果の出ていないモンテッラ監督だが、コパ・デル・レイではアトレティコ相手に連勝を飾るなど、セビージャ伝統のカップ戦の強さを引き継いでおり、今回の一戦に向けてはその勝負強さに賭けたいところだ。

▽両チームの勝ち抜けの条件に関してユナイテッドは勝利が絶対条件。一方、セビージャは勝利か、1点以上奪ってのドローで突破となる。なお、0-0で引き分けた場合のみ延長戦へと突入する。(延長戦でもアウェイゴールルールは適用される)

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:デ・ヘア
DF:バレンシア、スモーリング、リンデロフ、アシュリー・ヤング
MF:マクトミネイ、マティッチ
MF:マタ、サンチェス、ラッシュフォード
FW:ルカク
負傷者:DFロホ、フィル・ジョーンズ、ブリント、MFポグバ、エレーラ、FWイブラヒモビッチ、マルシャル
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関しては直近のリバプール戦を欠場した前述のメンバーが引き続き起用できない模様だ。

▽システムに関しては中盤にフェライニを入れて、より守備的な[4-3-3]で戦う可能性もあるが、リバプール戦と同じメンバーで臨むはずだ。ただ、リバプール戦で足を痛めた素振りを見せた負傷明けのバイリーに代わってリンデロフがスモーリングの相棒を務めるようだ。

◆セビージャ◆
【4-2-3-1】

▽セビージャ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:セルヒオ・リコ
DF:メルカド、ケアー、ラングレ、エスクデロ
MF:バネガ、エンゾンジ
MF:サラビア、フランコ・バスケス、コレア
FW:ムリエル
負傷者:DFコルシア、MFヘスス・ナバス
出場停止者:DFラユン

▽前所属先のポルトでCLグループステージに出場しているラユンが引き続き起用できない。また、負傷者に関してはコルシアに加えて、ヘスス・ナバスが欠場する見込みだ。

▽スタメンに関しては1stレグで右サイドバックを務めたヘスス・ナバスに代わってメルカドが右サイドバックに入り、ケアーがセンターバックで起用される以外、初戦と同じメンバーが起用される見込みだ。ただ、1トップに関してはムリエルに代わってイェデルが起用される可能性もある。

★注目選手
◆マンチェスター・ユナイテッド:FWロメル・ルカク
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの注目プレーヤーは、チェルシー戦、リバプール戦と直近2つのビッグマッチで存在感を示したルカクだ。これまでは“雑魚専”と揶揄されるなど、強豪相手の試合では190cmの長身が170cm代に縮んだかのように存在感を失ってきたベルギー代表の偉丈夫。セビージャとの前回対戦でも前線で孤立させられ、ほぼノーインパクトだった。

▽しかし、前述のチェルシー戦ではプレミアのトップ6相手の今季初ゴールを含め1ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導くと、リバプール戦では相手DFロブレンを完全に手玉に取り、GKデ・ヘアからのロングボールをいずれもゴールチャンスに変える印象的なパフォーマンスを披露した。完全にイーブンな条件で臨む今回の一戦においてモウリーニョ監督がどんな策を講じるかは不明だが、自身を目がけて蹴り出されるロングボールや得意のロングカウンターの場面でここ2戦同様の存在感を示したい。

◆セビージャ:MFエベル・バネガ
Getty Images
▽セビージャの注目プレーヤーは、絶対的なゲームメーカーのバネガだ。昨夏、インテルからセビージャに帰還したアルゼンチン代表MFはベリッソ前体制、モンテッラ現体制のいずれでもチームの攻撃の核として絶対的な信頼を受けている。しかし、前回対戦では要のMFエンゾンジと共にユナイテッドのタイトな対応に苦しめられ、決定的な仕事はできなかった。

▽勝ち抜けに向けて最低1ゴールが必要な今回の一戦ではMFマティッチ、MFマクトミネイと強靭なフィジカルを誇る相手セントラルMFに加え、トップ下起用濃厚なFWサンチェスが攻撃の起点となる自身を徹底マークしてくるはずだ。その中で持ち味の絶妙なターンや嫌らしいポジショニングで相手のマークを剥がし、前線のアタッカーに決定的なパスを送り込みたい。また、得意のプレースキックで難攻不落のGKデ・ヘアの牙城を破りたい。
コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第16節プレビュー】6位トリノvs首位ユーベのトリノ・ダービー開催

▽前節はユベントスがインテルとのイタリア・ダービーを制し、更なる首位固めに成功した。上位陣ではナポリが勝利したものの、ミラン、ラツィオ、ローマがそれぞれ引き分けに終わっている。迎える第16節、トリノvsユベントスのトリノ・ダービーが行われる。 ▽前節インテルとのイタリア・ダービーをマンジュキッチの一撃で競り勝った首位ユベントス(勝ち点43)は、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦では1-2の敗戦を喫したものの、マンチェスター・ユナイテッドも敗れたため、何とか首位通過を決められた。CLグループステージを良い形で終えられた中、前節ミランに引き分け、安定した戦いを続けている6位トリノ(勝ち点22)に対し、15勝目となるか。 ▽前節フロジノーネ戦を主力を温存して大勝した2位ナポリ(勝ち点35)は、決勝トーナメント進出の懸かっていたCLのリバプール戦を0-1と敗戦。首位から3位に転落し、痛恨のグループステージ敗退に終わってしまった。心身共にダメージを受けた中、前節ローマ相手に9人となりながらも引き分けに持ち込んだ13位カリアリ(勝ち点17)に勝利し、ユベントスとの8ポイント差を維持できるか。 ▽ユベントスに惜敗した3位インテル(勝ち点29)は、ナポリ同様、決勝トーナメント進出の懸かっていたCLのPSV戦を1-1で引き分け、決勝トーナメント進出を逃した。こちらも心身共にダメージを負った中、ニコラ監督就任後、1勝1分け1敗の17位ウディネーゼ(勝ち点13)に勝利してリーグ戦3戦ぶりの白星として切り替えられるか。 ▽イグアインが出場停止から復帰し、守護神ドンナルンマの活躍がありながらもトリノにゴールレスドローに終わった4位ミラン(勝ち点26)は、火曜に18位ボローニャ(勝ち点11)とアウェイで対戦する。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦では1-3と敗戦し、まさかの敗退となってしまった。ナポリやインテル同様に大きなダメージを受けた中、8戦勝利のないインザーギ監督率いるボローニャに気持ちを切り替えて勝利を収められるか。 ▽9人のカリアリにラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた7位ローマ(勝ち点21)は、15位ジェノア(勝ち点16)とホームで対戦する。主力にケガ人が続出していることで不甲斐ない戦いが続いているローマだが、ディ・フランチェスコ監督の首が危うくなっている中、元イタリア代表監督のプランデッリ監督が就任したジェノアに勝利して危機を脱せられるか。 ▽最後にローマ同様、10人のサンプドリア相手にラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点25)は、月曜に7位アタランタ(勝ち点21)とアウェイで対戦する。4試合連続ドローとあと一歩で勝利を掴み損ねている中、難敵アタランタを下して5試合ぶりの勝利となるか。 ◆セリエA第16節 ▽12/15(土) 《26:00》 インテル vs ウディネーゼ 《28:30》 トリノ vs ユベントス ▽12/16(日) 《20:30》 SPAL vs キエーボ 《23:00》 フロジノーネ vs サッスオーロ サンプドリア vs パルマ フィオレンティーナ vs エンポリ 《26:00》 カリアリ vs ナポリ 《28:30》 ローマ vs ジェノア ▽12/17(月) 《28:30》 アタランタ vs ラツィオ ▽12/18(火) 《28:30》 ボローニャ vs ミラン 2018.12.15 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第17節プレビュー】リバプールとユナイテッドが激突! 初黒星のシティはエバートンと対戦

▽過密日程真っ只中で行われた第16節では、チェルシーとマンチェスター・シティが激突。名将同士による緻密な戦略バトルは、千載一遇のチャンスを掴んだチェルシーがモノにし、王者に今季初めて土をつけた。 ▽それから1週間後の第17節、上位チームは欧州カップ戦の日程も重なり疲労がピークに達する中、今節もリバプールとマンチェスター・ユナイテッドによるビッグマッチが開催。唯一無敗を続けるリバプールに赤い悪魔が殴り込む“ナショナル・ダービー”だ。 ▽リーグ戦5連勝中のリバプールは、間に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でナポリに勝利し、逆転でグループステージ突破を決めた。チームが好調の波に乗る中、守備の要のマティプが全治最大6週間のケガで離脱。ジョー・ゴメスも負傷しているため、起用可能なファン・ダイクとロブレンのみとなっている。 ▽一方、ユナイテッドは前節、今季最多の4得点でフルアムに快勝。CLではバレンシアに敗れたものの、すでに決勝トーナメント進出を決めていたため問題なく。ただ、こちらはマルシャルが出場微妙な状態。プレミアではここ8戦5勝3分けという記録上のアドバンテージはあるものの、今季の出来を見れば劣勢に立たされることは間違いないだろう。アンフィールドでの戦績が8戦4勝のモウリーニョ監督の采配に注目が集まる。 ▽チェルシーに敗れついに黒星を喫したシティ。順位でもリバプールに越され2位に後退した。直近のCLではザネの2得点の活躍でホッフェンハイムに逆転勝利し首位通過。この勢いでリーグ戦でのバウンスバックを狙う今節の相手のエバートンは、ここ7度の対戦で2勝しか挙げられていない難敵だ。だが、そのエバートンもリーグ戦ここ3試合は白星から遠ざかっており、7位と言えど好調とは言い難い。 ▽3位のトッテナムはホームでバーンリーと対戦する。CLではバルセロナと引き分け、なんとかグループステージを突破しホッと一息ついた。だが、バーンリー戦の4日後にEFLカップでアーセナルとのビッグマッチが控えており、この試合は前回対戦ハットトリックのケインに早めに勝負を決めてほしいところだ。 ▽王者に今季初めて土をつけたチェルシーはブライトンとのアウェイ戦で2連勝を目指す。週半ばにヨーロッパリーグ(EL)があったものの、主力は温存したため調子は万全だ。この3日後にEFLカップのボーンマス戦も控えているため、浪費は避けたいところだ。 ▽アーセナルは前節ハダースフィールドに辛勝し、リーグ戦では第3節以降無敗をキープした。今節の相手はここまでわずか1勝のサウサンプトンだが、オースティンはここ4度のアーセナル戦全てでゴールを記録。厄介な相手だが、トッテナム戦への勢いをつけたい。 ◆プレミアリーグ第17節 ▽12/15(土) 《21:30》 マンチェスター・シティ vs エバートン 《24:00》 クリスタル・パレス vs レスター・シティ ワトフォード vs カーディフ ウォルバーハンプトン vs ボーンマス ハダースフィールド vs ニューカッスル トッテナム vs バーンリー 《26:30》 フルアム vs ウェストハム ▽12/16(日) 《22:30》 ブライトン vs チェルシー サウサンプトン vs アーセナル 《25:00》 リバプール vs マンチェスター・ユナイテッド 2018.12.15 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第16節プレビュー】バルサは無敗優勝阻止された因縁のレバンテ戦! レアル・マドリーは勝ってCWCへ

▽先週末に行われた第15節では2位のセビージャを除く上位陣が順当に勝利を収めた。とりわけ、バルセロナはエスパニョールとのダービーを、アトレティコ・マドリーはアラベスとの上位対決でいずれも快勝を収めている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが終了したことで、年末のウィンターブレークまでリーグ戦一本に集中できる。その第16節ではダービーや上位決戦がない上位陣にとっては戦いやすい節となっている。 ▽前節、エスパニョールとの敵地でのダービーを4-0で圧勝した首位のバルセロナ(勝ち点31)は6位のレバンテ(勝ち点22)を相手にリーグ3連勝を目指す。ミッドウィークに行われたCLではすでに首位通過を決めていたこともあり、一部主力を温存した中でトッテナム相手に1-1のドローとまずまずの結果を残した。今節は良好なコンディションを生かして昨季無敗優勝を阻止された因縁の相手であるレバンテにリベンジを果たしたい。なお、直近のリーグ戦1勝2分けも攻撃陣が好調なレバンテはその3試合で9ゴールを挙げており、守備に問題を抱えるバルセロナにとっては相手の強力カウンターへの対応だけは気を付けたい。 ▽前節、ウエスカに競り勝ってリーグ戦連勝を飾った4位のレアル・マドリー(勝ち点26)は、今節終了後にUAEで開催中のFIFAクラブ・ワールドカップに向かう。19日に準決勝が行われるため、19位のラージョ(勝ち点10)をホームに迎えるこの一戦では主力を温存したいところだが、ミッドウィークのCLでCSKAモスクワ相手にサンティアゴ・ベルナベウで屈辱の0-3の惨敗を喫しており、ファンの怒りを鎮めるうえで格下相手の大勝が求められる。 ▽首位のバルセロナを勝ち点3差で追う2位のセビージャと3位のアトレティコ・マドリーは、それぞれ9位のジローナ(勝ち点21)と12位のバジャドリー(勝ち点20)という曲者と対戦する。 ▽ミッドウィークのELを快勝してラウンド32進出を決めたセビージャは得意のホームでの公式戦連戦となる。ELクラスノダール戦ではFWイェデルが2ゴールを奪ってアピールを見せており、チーム内得点王を争うFWアンドレ・シウバの活躍に期待したい。なお、対戦相手ジローナにはメッシと共に得点ランキングトップ(11ゴール)に立つFWストゥアーニがおり、打ち合いの展開も予想される。 ▽一方、アラベス戦で快勝もCLクラブ・ブルージュ戦ではゴールレスドローに終わり、首位通過を逃したアトレティコはリーグ4位の失点の少なさを誇るバジャドリーと対戦する。クラブ・ブルージュ戦では再三の決定機を決め切れなかった印象が強く、前節のアラベス戦でリーガ初ゴールを記録したFWカリニッチの2戦連続ゴールに期待したい。 ▽その他の試合では成績不振を理由にカジェハ前監督を解任し、ルイス・ガルシア新監督を招へいした17位のビジャレアル(勝ち点14)と、MF柴崎岳とMF乾貴士を擁する8位のヘタフェ(勝ち点21)、7位のベティス(勝ち点22)の試合に注目したい。 《リーガエスパニョーラ第16節》 ▽12/14(金) 《29:00》 セルタ vs レガネス ▽12/15(土) 《21:00》 ヘタフェ vs レアル・ソシエダ 《24:15》 バジャドリー vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 レアル・マドリー vs ラージョ 《28:45》 エイバル vs バレンシア ▽12/16(日) 《20:00》 セビージャ vs ジローナ 《24:15》 エスパニョール vs ベティス 《26:30》 ウエスカ vs ビジャレアル 《28:45》 レバンテ vs バルセロナ ▽12/17(月) 《29:00》 アラベス vs ビルバオ 2018.12.14 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー②】アヤックスvsバイエルンの首位攻防戦に決勝T懸けたシャフタールvsリヨン!

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの最終節が12日に開催される。ここではE~Hの最終節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ最終節 ▽12/12(水) ◆グループE 《29:00》 アヤックス vs バイエルン ベンフィカ vs AEKアテネ ◆グループF 《29:00》 シャフタール vs リヨン マンチェスター・シティ vs ホッフェンハイム ◆グループG 《26:55》 ビクトリア・プルゼニ vs ローマ レアル・マドリー vs CSKAモスクワ ◆グループH 《29:00》 バレンシア vs マンチェスター・ユナイテッド ヤング・ボーイズ vs ユベントス ◆グループE:首位通過を懸けたアヤックスvsバイエルン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2週間前に行われた第5節で首位のバイエルン(勝ち点13)、2位のアヤックス(勝ち点11)の決勝トーナメント進出および、3位ベンフィカ(勝ち点4)のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント行きが決定した。 ▽そして、この最終節の注目ポイントは首位通過を懸けたアヤックスvsバイエルンの直接対決だ。AEKアテネとの前節で勝利を飾り13シーズンぶりの決勝トーナメント進出を果たしたアヤックスは直近のリーグ戦でも格下相手に2試合連続の大勝。圧倒的な強さを誇るヨハン・クライフ・アレナでバイエルンから勝ち点3奪取を狙い、逆転での首位通過を目指す。 ▽対するバイエルンは前節のベンフィカ戦で5-1の大勝を飾り、公式戦3試合ぶりの白星を飾った。直近のリーグ戦ではブレーメン相手に苦戦も、ニュルンベルク戦では3-0の快勝を飾り、目下公式戦3連勝中だ。ホームで戦ったアヤックスとの前回対戦では1-1のドローとほぼ互角の戦いぶりとなっただけに、首位通過のため最低限の勝ち点1を持ち帰るような堅実な試合運びが求められるところだ。 ▽共に3位と最下位が確定しているベンフィカvsAEKアテネでは、今大会全敗中のAEKアテネの初勝利に期待したいところだ。 ◆グループF:決勝T進出を懸けたシャフタールvsリヨン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループFでは2位のリヨン(勝ち点7)に辛くも引き分けた首位のマンチェスター・シティ(勝ち点10)が前節終了時点で決勝トーナメント進出を決定。また、CL初参戦となった最下位ホッフェンハイム(勝ち点3)の敗退が決定している。しかし、最終節前にすべての順位は確定しておらず、最後まで白熱の攻防が期待できる。 ▽その中で最も重要な一戦となるのが、決勝トーナメント進出が懸かる3位のシャフタール(勝ち点5)と2位のリヨンによる直接対決だ。前節、ホッフェンハイム相手にキャプテンのMFタイソンの劇的決勝弾で競り勝ったシャフタールはリヨンをホームに迎えるこの一戦で勝利できれば、2年連続の決勝トーナメント進出を決められる。対するリヨンはFWコルネの2ゴールで2度のリードを得るも、シティに2度追いつかれてしまい、勝ち点1奪取にとどまった。それでも、今回の試合で引き分け以上で自力での決勝トーナメント進出、勝利且つシティがホッフェンハイムに敗れた場合、逆転での首位通過も可能だ。ただ、直近のリーグ戦では2試合連続の複数失点で1敗1分けと守備面に問題を抱えており、シャフタール戦では慎重な入りが求められる。 ▽また、首位のシティと最下位のホッフェンハイムの対戦ではシティが引き分け以上で首位通過、ホッフェンハイムは勝利且つシャフタールが敗戦した場合のみ3位でのEL決勝トーナメント出場権を獲得できる状況だ。ただ、シティは直近のリーグ戦でチェルシー相手に今季プレミア初黒星を喫しているだけにバウンスバックの一戦として高いモチベーションで臨みそうだ。 ◆グループG:EL出場を懸けて西村のCSKAモスクワが首位マドリー戦<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽幾つかの波乱が起きたもののグループGでは前節終了時点でレアル・マドリー(勝ち点12)の首位通過、ローマ(勝ち点9)の2位通過が決定。そのため、最終節では共に勝ち点4で並ぶ3位のビクトリア・プルゼニ、最下位のCSKAモスクワの3位争いが唯一の争点となる。 ▽FW西村拓真を擁するCSKAモスクワは前節、プルゼニとの直接対決に敗れたことで、首位マドリーの本拠地に乗り込むこの試合ではプルゼニを上回る結果を残すしかない厳しい状況だ。また、前回対戦で敗れているマドリーは首位通過を決めているものの、ホームでのリベンジに気合いが入っている。なお、CL2試合目の出場を目指す西村はここ最近続けてリーグ戦で先発も直近の試合では出場機会はなかった。それだけにサンティアゴ・ベルナベウでプレーするチャンスは十分にありそうだ。 ▽3位通過に向けて優位な位置にいるプルゼニだが、対戦相手のローマは直近4戦未勝利でディ・フランチェスコ監督の解任報道も出ているため、5戦ぶりの勝利を目指す相手に対して最低でも勝ち点1をもぎ取りたい。 ◆グループH:ユーベ&ユナイテッドの首位通過争い<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181211_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽三つ巴の争いが予想されたグループHでは前節終了時点で首位のユベントス(勝ち点12)、2位のマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点10)の決勝トーナメント進出および、バレンシア(勝ち点5)の3位、ヤング・ボーイズ(勝ち点1)の最下位が確定した。この最終節ではユベントスとユナイテッドの首位通過争いに注目が集まる。 ▽とはいえ、ユベントスは最下位のヤング・ボーイズとの対戦となっており、この試合で勝ち点3を逃す可能性は極めて低いと思われる。同様にバレンシアとユナイテッドは共に国内リーグでの苦戦が続いており、ほぼ順位が確定している状況で主力を起用し、週末のリーグ戦に影響を及ぼすような戦いをする可能性は低そうだ。 2018.12.12 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第16節プレビュー】チェルシーとシティが激突!ビッグクラブの試合は土曜に集中

▽4日、5日に行われた第15節では、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルがオールド・トラフォードで激突。アーセナルに2度リードされながらもユナイテッドが追いつきドロー決着となった。その他では、マンチェスター・シティやリバプール、トッテナムが順当に勝利を収める一方で、チェルシーが昇格組のウォルバーハンプトンにまさかの逆転負けで今季2敗目を喫した。 ▽それから中2日でチェルシーはシティと対戦。本拠地スタンフォード・ブリッジで最強王者を迎え撃つ。8月のコミュニティシールド以来の対戦だ。 ▽ショッキングな敗戦から癒える間もなく迎えるシティとの大一番。すでにシティと勝ち点10も離れているチェルシーは負ければ優勝から大きく後退してしまう後がない状況だ。シティとは現在公式戦3連敗中で、ここで負ければ初の4連敗を食らってしまうことになる。 ▽前節はワトフォードの堅守速攻に手を焼きながらもきっちり勝利を収め無敗を維持したシティ。デ・ブライネやメンディなど、ケガ人を多く抱えているにもかかわらずその強さは止まることを知らない。今回のアウェイ・チェルシー戦はクラブ史上初のプレミア敵地15試合無敗が懸かった重要な一戦となる。 ▽そのシティを猛追するのがリバプールだ。第14節では後半アディショナルタイムのオリジのゴールでエバートンに劇的勝利、さらに前節は、前半に相手の守備に苦しんだ挙句、後半序盤に先制点を奪われながらもその後の立て直しで逆転勝利を収めてみせた。今節の相手は7位のボーンマス。プレミアでの対戦成績は6試合で4勝1分け1敗。ミルナーのプレミア出場500試合目が懸かる試合、勝利で飾れるか。 ▽3位浮上のトッテナムはアウェイでレスター・シティと対戦。第13節では宿敵アーセナルに苦杯をなめさせられるも、前節のサウサンプトン戦で見事にバウンスバックを果たした。連勝の鍵はエースのケイン。ここ11度の対戦で13ゴールを奪っている。 ▽ユナイテッドから逃げ切れなかったアーセナル。それでも今季の公式戦無敗を20試合に伸ばし、チームは依然好調のままだ。しかし、ユナイテッド戦で守備の要のホールディングが前十字靭帯を負傷し全治最大9カ月の重傷を負ってしまった。今節の相手は17位のハダースフィールド。プレミアでは3度目の対戦だが、過去を遡ればここ9試合でアーセナルが8勝している。 ▽アーセナルと死闘を演じたユナイテッドはホームにフルアムを迎え撃つ。リーグ戦ではここ4試合で勝利がないうえに、故郷者も少なくない。そんな中迎えるフルアムは格好の相手だ。ユナイテッドは対フルアム戦、ホームでは23試合で21勝を挙げており、一方でフルアムはリーグでのアウェイ戦ここ10試合未勝利で6連敗中となっている。 ◆プレミアリーグ第16節 ▽12/8(土) 《21:30》 ボーンマス vs リバプール 《24:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム ウェストハム vs クリスタル・パレス カーディフ vs サウサンプトン バーンリー vs ブライトン アーセナル vs ハダースフィールド 《26:30》 チェルシー vs マンチェスター・シティ 《28:45》 レスター・シティ vs トッテナム ▽12/9(日) 《25:00》 ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン 《29:00》 エバートン vs ワトフォード 2018.12.08 17:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース