アストーリ代役が決勝点…主将に捧げる勝利もヴィオラ指揮官「元に戻ることはありえない」2018.03.12 19:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
フィオレンティーナの指揮官ステファノ・ピオリは、11日のベネヴェント戦終了後、記者会見の席で選手たちの勇気を称えた。

1週間前、主将のDFダヴィデ・アストーリを突然失ったフィオレンティーナが11日、セリエA第28節で最下位のベネヴェントとホームで対戦。アストーリの定位置だった左CBを務めたブラジル人DFヴィトル・ウーゴが25分、決勝点となるゴールを決めてチームを勝利に導いた。だがピオリは、信じがたい悲劇に見舞われた直後の今節、試合を行うべきかどうかで悩んでいたことを明かしている。

「今週、試合をすることが正しいのか分からなかった。だが大きな困難に直面しているはずの選手たちの方からプレーを望む声が上がった。一歩踏み出すためにも、プレーするべきだった。ファンの前でプレーを見せることは正しかったはずだが、当然、元に戻ることはありえない。やることすべてにおいて、ダヴィデが中心的存在だった。チームはダヴィデの下で1つにまとまっていたが、今、さらに結束力が増した」

今節、セリエA全試合のキックオフ前に1分間の黙とうが捧げられたほか、全20チームの選手が袖に「チャオ(さようなら)、ダヴィデ」と書かれたパッチを着用してプレーした。

また、インテル主将のFWマウロ・イカルディは、ナポリとの一戦において、特別に用意されたキャプテンマークを使用。フィオレンティーナ主将を描いたイラストの脇に、「今日、僕らは君のためにピッチに上がる。MI(マウロ・イカルディ)9 チャオ、カピターノ(さようなら、キャプテン)」とのメッセージが添えられた。セリエBでは、アストーリの元同僚で親友のエンポリ主将DFマヌエル・パスクアルが「友情よ、永遠に」と刻まれたキャプテンマークを巻いてプレーした。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース