ビッグクラブ注目のドイツ代表FWヴェルナー、来季もライプツィヒでのプレーを明言2018.03.12 17:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)は、来夏のビッグクラブ移籍を望んでないようだ。イギリス『ミラー』が報じている。

▽2016-17シーズンにシュツットガルトからRBライプツィヒに移籍したヴェルナー。昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場して21ゴールを記録するなど、飛躍を遂げた。

▽今シーズンもここまでブンデスリーガで24試合に出場して10ゴールを決めているヴェルナー。ドイツ代表としてもプレーしており、ロシア・ワールドカップでもメンバー入りが期待されている。

▽レアル・マドリーやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど各国のビッグクラブが獲得に興味を示しているヴェルナーだが、本人は今夏での移籍は望んでいないようだ。

▽ヴェルナーは、11日に行われたブンデスリーガ第26節のシュツットガルト戦後に行われたインタビューで「契約満了 (2022年)までライプツィヒでプレーを続けるか?」と問われると、以下のように述べた。

「僕は、来年も間違いなくライプツィヒでプレーしているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督の来夏での退任を発表! 2019-20シーズンからはライプツィヒの指揮官に就任!!

▽ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2018-19シーズンを最後に退任することを発表した。昨夏に2021年まで契約を延長していた同監督だが、契約には来夏で解消可能となる例外条項が含まれていた。 ▽2016年2月に健康上の理由により退任したフーブ・ステーフェンス前監督の後任としてトップチームの監督に就任したナーゲルスマン監督。当時2部降格目前となっていたチームを立て直すと、7勝2分5敗の成績を残しブンデスリーガ残留に成功した。 ▽翌シーズンは、開幕から勝ち切れない試合が続いたものの、前半戦を無敗で終えると、後半戦でもわずか4敗に終わり、4位でシーズンをフィニッシュ。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にチームを導いた。 ▽今季初挑戦となったCLでは、予選プレーオフでリバプールに敗れたがリーグ戦ではクラブ史上最高位となる3位でシーズンを終え、2年連続のCL出場権獲得に成功した。 ▽来季での契約解消に踏み切ったナーゲルスマン監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自らの気持ちを明確にするためにも早期の決定が必要だった」 「CL初参戦という歴史的シーズンで、私の個人的なことや去就への推測で選手たちやサポーター、クラブの関係者全員に不安を与えることは望んでいなかった」 「今回の決断でこれからがはっきりとしたし、あとは我々としてはプロフェッショナルとして、待ち構える難しいタスクに向けて集中して臨んでいくだけだ。最後の瞬間まで目標達成のために私が全力を尽くすということは、みんなが理解してくれているものと思っているよ」 ▽なお、ライプツィヒは同日に来シーズンからナーゲルスマン監督がチームを率いることを公式サイトで発表。 ▽今季限りでチームを率いていたラルフ・ハッセンヒュッテル監督が退任したライプツィヒ。今回の発表位によれば、来季はスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニックSDが監督を兼任し、2019-20シーズンからナーゲルスマン監督が監督に就任するという。 2018.06.22 01:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、リーベルから逸材左SBを獲得!

▽RBライプツィヒは12日、リーベル・プレートからU-20ウルグアイ代表DFマルセロ・サラッチ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽母国ウルグアイのダヌービオでトップチームデビューを飾ったサラッチは、身体能力と攻撃性能に長けた攻撃的な左サイドバック。ウルグアイの年代別代表の常連でもある同選手は、昨夏加入したリーベル・プレートで今季の公式戦22試合に出場するなど、早くもその才能の片鱗を披露した。 ▽有力な若手が揃うライプツィヒへの加入が決定したサラッチはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「ライプツィヒが1部に昇格して以来、クラブの動向をチェックしていたんだ。この若いチームが欧州トップクラスのリーグで見せている戦いぶりは印象的だったよ。こういうアグレッシブかつオフェンシブなスタイルが好きなんだ。これからもヨーロッパでの挑戦を楽しみにしているよ」 ▽一方、同クラブでスポーツ・ディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は、「マルセロ・サラッチは若くスピードがある左サイドバックで、アルゼンチンでは1年目からその力強いパフォーマンスにより、注目を集める存在となった。左サイドバックとしての彼のスタイルに感銘と共に納得を感じているし、彼の持つ姿勢とポテンシャルは我々の哲学にぴったりとマッチしたものだ」と、期待の新戦力を称賛した。 ▽なお、ドイツ『キッカー』の伝えるところによれば、ライプツィヒはサラッチの移籍金として1300万ユーロ(約17億円)を支払ったようだ。 2018.06.14 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のヴェルナーがステップアップを示唆「ワールドクラスになるには…」

▽今夏、ビッグクラブが関心を示すRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)がステップアップの移籍を示唆している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ▽2016-17シーズンにシュツットガルトからライプツィヒに移籍したヴェルナー。昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場して21ゴールを記録するなど、飛躍を遂げた。今シーズンもここまでブンデスリーガで32試合に出場して13ゴールを決めており、ドイツ代表としてはロシア・ワールドカップでの爆発が期待される。 ▽来シーズン、ライプツィヒがヨーロッパの出場権を逃したことで今夏の移籍の噂も伝えられるヴェルナーは自身がワールドクラスに成長するためにはビッグクラブへの移籍が不可欠であると感じているようだ。 「僕はまだワールドクラスではないよ。僕にとってレヴァンドフスキやルイス・スアレス、アントワーヌ・グリーズマンがワールドクラスの勝者だと思っている」 「たぶん、僕がワールドクラスのプレーヤーになるためにはより高いレベルのクラブでプレーすることが必要だと思っている」 「正直なところ、ナビ・ケイタは僕たちのクラブでワールドクラスになっていない。だけど、(移籍先の)リバプールでそうなる可能性を持っていると思う」 「ただ、ワールドクラスに成長するには4年から5年が必要になると思うけどね」 ▽なお、ヴェルナーに関してはバイエルンやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールといったクラブが獲得に関心を示しているようだ。 2018.06.03 13:39 Sun
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、モンペリエからU-21フランス代表DFムキエレ獲得! 今夏最初の新戦力に

▽RBライプツィヒは30日、モンペリエからU-21フランス代表DFノルディ・ムキエレ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽なお、ドイツ『キッカー』の伝えるところによれば、移籍金は1600万ユーロ(約20億3000万円)となった模様だ。 ▽2017年1月にリーグ・ドゥ(イングランド2部)のスタッド・ラヴァルからモンペリエに加入したムキエレは、右サイドバックとセンターバックを主戦場に今シーズンのリーグ戦33試合に出場。圧倒的な身体能力を生かした幅広い守備エリアと対人守備を武器に、今季リーグ3位の失点数を誇ったモンペリエの守備を支えた。また、フランスの年代別代表の常連でもあり、ライプツィヒのDFダヨ・ウパメカーノ(19)はU-21フランス代表のチームメートでもある。 ▽新進気鋭の若手逸材が揃うライプツィヒへのステップアップを果たしたムキエレはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「RBライプツィヒに加入できたことをとても嬉しく思っているよ。このクラブが持つ野心とプレースタイルは僕にとって完璧なものだと感じているよ」 「僕はここで自分が成長してダイナミックで魅力的なクラブの成功物語の一部となれることを確信しているよ」 ▽また、ローマなど多くのクラブとの争奪戦を制し逸材の獲得に成功したラルフ・ラングニックSD(スポーツ・ディレクター)は満足感を示している。 「ノルディ・ムキエレに関しては1年以上動向を見守ってきた。そして、かなりの競合がいた中、そのポジションでヨーロッパ最高クラスのタレントの獲得にこぎ着けたことを嬉しく思っている」 「彼のスタイルと性格は我々のフットボールスキルとプロフィールに完全に合致している。そして、ノルディが我々と共に次のステップに踏み出していくことを確信している」 2018.05.31 02:18 Thu
twitterfacebook
thumb

2年連続欧州カップ戦出場に導いたライプツィヒのハッセンヒュッテル監督が退任

▽ライプツィヒは16日、ラルフ・ハッセンヒュッテル監督(50)が今季限りで退任することを発表した。 ▽来年まで契約を残していたハッセンヒュッテル監督だが、新契約交渉の席でクラブ首脳陣との対立もあって退団となった格好だ。ライプツィヒは同監督との契約解消についてクラブの公式サイトで次のように発表している。 「彼は現在の契約を延長する意思がなく、来季の指揮を執る気がないと言ってきた。よって彼のもとで非常に成功した2シーズンを送ってきたわけだが、双方合意のもと袖を分かつこととなった」 ▽2014-15シーズンにインゴルシュタットをクラブ史上初の1部昇格に導き、翌シーズンには1部残留を果たしたハッセンヒュッテル監督は、その手腕が認められ、2016年5月にライプツィヒの監督に就任。資金力に恵まれた昇格初年度のクラブを2位に導き、チャンピオンズリーグ出場権を獲得していた。そして今季も6位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグ出場権を獲得するなど、クラブの期待に応えていた。 2018.05.17 00:30 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース