ビッグクラブ注目のドイツ代表FWヴェルナー、来季もライプツィヒでのプレーを明言2018.03.12 17:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)は、来夏のビッグクラブ移籍を望んでないようだ。イギリス『ミラー』が報じている。

▽2016-17シーズンにシュツットガルトからRBライプツィヒに移籍したヴェルナー。昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場して21ゴールを記録するなど、飛躍を遂げた。

▽今シーズンもここまでブンデスリーガで24試合に出場して10ゴールを決めているヴェルナー。ドイツ代表としてもプレーしており、ロシア・ワールドカップでもメンバー入りが期待されている。

▽レアル・マドリーやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど各国のビッグクラブが獲得に興味を示しているヴェルナーだが、本人は今夏での移籍は望んでいないようだ。

▽ヴェルナーは、11日に行われたブンデスリーガ第26節のシュツットガルト戦後に行われたインタビューで「契約満了 (2022年)までライプツィヒでプレーを続けるか?」と問われると、以下のように述べた。

「僕は、来年も間違いなくライプツィヒでプレーしているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部がリーグ戦初先発のフランクフルト、ライプツィヒに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、フランクフルトvsライプツィヒが23日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽ここまで1勝2敗のフランクフルトは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のマルセイユ戦では10人になりながらも2-1で勝利を収めた。その試合でフル出場した長谷部がリーグ戦初先発となった。 ▽一方、1勝1分け1敗のライプツィヒは、ELザルツブルクとの姉妹対決を2-3で敗れた。波に乗れない中、ザルツブルク戦で温存されたヴェルナーやフォルスベリ、ウパメカーノらが先発に戻った。 ▽EL出場チーム同士の一戦、長谷部が3バックの中央で先発したホームチームのフランクフルトがポゼッションを握る展開で立ち上がっていく。すると26分、ディフェンスライン裏を取ったヨビッチの右クロスにアラーがヘディング。これはGKグラーチのセーブに阻まれるも、ルーズボールに詰めたジェルソン・フェルナンデスが押し込んだ。 ▽ここから畳みかけにかかるフランクフルトは28分、ヨビッチが再びディフェンスライン裏を取ってシュートに持ち込むも、GKグラーチの好守に阻まれた。さらに30分、ヨビッチのヒールパスからボックス内に侵入したジェルソン・フェルナンデスがGKを強襲するシュートを浴びせたが、ゴールを割るには至らず1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、反撃を狙うライプツィヒが53分にPKを獲得する。フォルスベリの浮き球パスでボックス右に侵入したライマーがヘディングで折り返すと、コスティッチのハンドを誘った。このPKをフォルスベリが決めてライプツィヒが試合を振り出しに戻す。 ▽直後にもフォルスベリがボレーシュートでゴールに迫ったライプツィヒが攻勢に出る中、劣勢のフランクフルトは69分、ヨビッチに代えて負傷明けのレビッチを投入。 ▽そのフランクフルトが終盤にかけては攻勢に転じると、87分に決定機。しかし、コスティッチの左クロスにレビッチがダイレクトで合わせたシュートはGKグラーチの好守に阻まれ、1-1でタイムアップ。長谷部がリーグ戦初先発となったフランクフルトだったが、痛み分けに終わっている。 2018.09.24 03:09 Mon
twitterfacebook
thumb

南野途中出場のザルツブルク、ライプツィヒとの姉妹対決に競り勝つ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループB第1節、ライプツィヒvsザルツブルクが20日に行われ、2-3でザルツブルクが勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は71分からプレーしている。 ▽セルティックとローゼンボリが同居しているグループB。大手飲料会社のレッドブルをバックに持つ両チームの公式戦初対戦。ライプツィヒは負傷のヴェルナーが欠場となり、フォルスベリやY・ポウルセンをベンチスタートとした中、オギュスタンやブルマらが先発となった。 ▽南野がベンチスタートとなった中、ほぼベストメンバーで臨んだザルツブルクに対し、立ち上がりからショートカウンターを受けたライプツィヒだったが、18分にカンプルのミドルシュートでGKを強襲。 ▽しかし20分、ディフェンスライン裏を取ったダブールがGKとの一対一を制してザルツブルクが先制する。さらに23分、再びディフェンスライン裏を取ったウルマーが左サイドを抜け出してクロスを送り、ハイダラが蹴り込んでザルツブルクがリードを広げた。 ▽後半からY・ポウルセンやデンメら3選手を投入したライプツィヒだったが、55分にダブールにディフェンスライン裏を取られて右ポストを直撃するシュートを浴びるなど、流れを引き寄せられない。 ▽65分にはヴォルフに左足ミドルでゴールに迫られたが、わずかに枠の左に外れて助かったライプツィヒは、70分に1点を返す。右サイドで仕掛けたライマーがボックス右に侵入してシュートを流し込んだ。 ▽失点を受けて南野を投入したザルツブルクだったが、82分に南野が振り切られた流れからカンプルの左クロスをY・ポウルセンに頭で押し込まれ、同点とされてしまう。 ▽それでも終了間際の89分、ザルツブルクが勝ち越す。ヴォルフのラストパスを受けてディフェンスライン裏を取ったグルブランドセンがGKとの一対一を制した。 ▽これが決勝点となってザルツブルクが勝利。姉妹対決を制し、白星スタートとした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 06:09 Fri
twitterfacebook
thumb

浅野&原口が出場のハノーファー、浅野が失点に絡んでライプツィヒに競り負ける《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは15日、ブンデスリーガ第3節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。ハノーファーのFW浅野拓磨は65分までプレーし、FW原口元気は65分から出場している。 ▽0-0で引き分けた代表ウィーク前の前節ドルトムント戦では見せ場なく前半のみの出場となった浅野は、日本代表戦で途中出場した中、開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽1分け1敗スタートのライプツィヒに対し、[3-4-2-1]で臨んだハノーファーは浅野が2シャドーの一角で起用された。 ▽開始3分、ヴェルナーにボックス右まで侵入されてシュートを許したハノーファーは、9分に失点する。右クロスをファーサイドのサラッキがシュートに持ち込むと、ルーズボールをY・ポウルセンが頭で押し込んだ。 ▽それでも13分、ハノーファーがすかさず追いつく。右クロスのルーズボールをゴールエリア右のフュルクルクが華麗なボレーシュートで蹴り込んだ。 ▽勢い付くハノーファーは16分にカウンターに転じ、浅野がロングフィードを受けてボックス左に侵入するもトラップがうまく行かず、シュートはDFにカットされてしまった。続く18分にもボックス左からシュートを浴びせたが、ここもDFにブロックされてしまう。そして、直後の左CKの流れからルーズボールを拾った浅野がシュートを放つも、GKの好守に阻まれてしまった。 ▽浅野が逆転弾を奪えずにいると、ここからライプツィヒの反撃を許す。24分にはヴェルナーにボックス左からシュートを浴びせられると、26分にはボックス右に侵入したムキエレにGKを強襲するシュートを打たれた。 ▽すると40分、浅野のボールロストからカウンターを受けてボックス左のヴェルナーにシュートを流し込まれ、勝ち越しを許してしまった。 ▽迎えた後半、浅野がチャンスに絡むなど、前がかるハノーファーが攻勢に出る展開となる。しかし63分、左サイドのスペースを突いたフォルスベリの折り返しをヴェルナーが決めてライプツィヒがリードを広げた。 ▽失点直後の65分、ボックス左でパスを受けたアルボルノスがコントロールシュートを流し込んで再び1点差としたハノーファーは浅野に代えて原口を投入。 ▽しかし、3枚目のカードとしてウッドを投入したハノーファーは終盤にかけて攻撃が停滞。90分のCKの流れから原口の放ったシュートはDFにブロックされて2-3で敗戦。今季初勝利はならなかった。一方、ライプツィヒは今季初勝利を収めている。 2018.09.16 02:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ナビ・ケイタ、ブンデス時代の苦労の種はシャビ・アロンソ?

▽リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタが、クラブのレジェンドとの対戦経験を振り返った。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽N・ケイタは今夏、RBライプツィヒからリバプールに加入。2016年夏から2年間プレーしたブンデス時代を振り返り、優勝争いのライバルだったバイエルンとの闘いを回想している。中でも、2014年夏から2017年夏までバイエルンに所属していたシャビ・アロンソ(現U-14レアル・マドリー指揮官)とのマッチアップが印象に残っているようだ。 「バイエルンを相手にプレーしていた時、シャビ・アロンソにはいつも本当に苦労していた」 「彼はとても経験豊かだったし、僕は苦しめられた」 「彼が揺さぶりをかけ続けるということは、決してランニングを止められないということを意味するんだ。とても知的だったよ」 ▽リバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード現レンジャーズ指揮官が着用した、背番号8を背負っているN・ケイタ。重みのある番号を受け継ぎ、そのジェラード監督とコンビを組んでいたシャビ・アロンソからのレッスンを受けた経験を、アンフィールドの地で生かすことはできるのだろうか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.08 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、宇佐美ベンチ外のデュッセルドルフに1-1ドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節ライプツィヒvsデュッセルドルフが2日に行われ、1-1で引き分けた。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。 ▽ドルトムントとの開幕節を1-4と逆転負けしたライプツィヒは、3日前に行われたヨーロッパリーグ・プレーオフでゾリャに劇的勝利を飾って本戦出場を果たした。そのゾリャ戦のスタメンからライプツィヒは大幅に8選手を変更。ヴェルナー、カンプル、イルザンカーのみ引き続きスタメンとなった。 ▽一方、合流の遅れで開幕節のアウグスブルク戦でベンチ外だったデュッセルドルフの宇佐美は引き続き欠場となった。 ▽開始2分にCKからA・ホフマンのヘディングシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフが良い入りを見せると、6分にも決定機。サイド攻撃からドゥクシュのシュートが枠を捉えたが、GKグラーチの好守に阻まれた。 ▽立ち上がりのデュッセルドルフの猛攻を凌いだライプツィヒが徐々に押し込む流れとする中、36分にもデュッセルドルフに決定機。カウンターからジーセルマンが決定的なシュートを浴びせた。 ▽なかなかリズムに乗れないライプツィヒは、40分にようやくフォルスベリが初の枠内シュートをマークすると、1分後にはカンプルのシュートのルーズボールをオギュスタンが詰めるもオフサイドに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にデュッセルドルフが先制する。ジーセルマンがDFを引き付けて送ったラストパスをペナルティアーク中央のツィンマーマンがダイレクトで放ったシュートがネットを揺らした。 ▽失点を受けてブルマに代えてサビツァーを投入したライプツィヒが前がかっていくと、68分に追いついた。ムキエレが右サイドから入れたクロスをサビツァーが触ってファーサイドに流れると、オギュスタンが押し込んだ。 ▽70分にもフォルスベリがGKを強襲するシュートを浴びせたライプツィヒだったが、77分にピンチ。ラマンにスルーパスでディフェンスライン裏を突かれてシュートに持ち込まれる。しかし、GKグラーチが好守で凌いだ。 ▽直後、ヴェルナーが個人技で左ポスト直撃のシュートを浴びせたライプツィヒは、79分にはクーニャの豪快なバイシクルシュートでゴールに迫っていく。 ▽終盤、デンメに代えてY・ポウルセンを投入し、攻撃の枚数を増やしたライプツィヒだったが、逆転ゴールを奪うには至らず勝ち点1獲得に留まった。 2018.09.03 00:27 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース