昨季低迷の名門サンパウロが経験豊富なウルグアイ人指揮官を招へい!2018.03.12 15:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンパウロFCは11日、ウルグアイ人指揮官のディエゴ・アギーレ氏(52)の新監督就任を発表した。契約期間は2018年12月までとなっている。

▽サンパウロは、2015年に現役引退したクラブのレジェンドGKロジェリオ・セニ氏の下、2017シーズンをスタート。しかし、チームは開幕から極度の不振に見舞われると、昨年11月にロジェリオ・セニ監督が辞任。その後、アンドレ・ジャルディン氏がチームを引き継いだが立て直すことはできず、13位でシーズンを終えた。

▽サンパウロの新指揮官に就任したディエゴ・アギーレ氏は、現役時代にサンパウロやインテルナシオナル、リーベル・プレートなど南米のビッグクラブでプレー。現役引退後は、アンダー年代のウルグアイ代表や古巣のインテルナシオナル、アトレチコ・ミネイロなど南米のクラブを指揮。2016年6月からはアルゼンチンの名門サン・ロレンソで指揮を執っていたが、2017年9月に辞任していた。

コメント

関連ニュース

thumb

全てを魅了した“稀代のファンタジスタ”ロナウジーニョ

▽かつてこんなにも観るものを魅了した選手はいただろうか。現代サッカーにおいては、圧倒的な得点力でチームの中心となり、世界最高峰の地位を争う偉大な2選手が居る。しかし、彼らをもってしても、この男には敵わないだろう。本名はロナウド・デ・アシス・モレイラ。通称ロナウジーニョだ。 ▽ブラジルのポルト・アレグレで生を受けたロナウジーニョは、貧しい家に育ったものの、幼少期からサッカーの才能を見出されていた。兄には、かつてコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でプレーしたアシス(本名:ロベルト・デ・アシス・モレイラ)がおり、現役引退後はロナウジーニョの代理人を務めていた。 ▽才能を見出されたロナウジーニョは、兄のロベルトがブラジルの名門であるグレミオとプロ契約したことで、後を追うように下部組織に入団。その後、21歳の時にパリ・サンジェルマンへと移籍した。移籍金は500万ユーロ(当時のレートで約5億3500万円)。後の功績を考えれば、安い買い物だった。 ▽パリ・サンジェルマンではわずか2シーズンしかプレーしなかったものの、2003年にバルセロナへと移籍。マンチェスター・ユナイテッドも獲得に乗り出していたが、3000万ユーロ(当時のレートで約40億2000万円)でバルセロナが獲得。持ち前のテクニックはスペインでも通用し、数々のタイトルをクラブにもたらせた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180620_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ロナウジーニョの最大の特長は、攻撃的なポジションで生かせるテクニック、そしてそこにエッセンスを加える超人的なイマジネーションだ。 ▽特にドリブルスキルに秀でており、“エラシコ”と呼ばれる同足のアウトサイドとインサイドを使ったフェイントの得意技は何度となく相手DFを苦しめた。さらに、俊敏性やボールコントロールの上手さも持ち合わせ、乗せてしまうと手がつけられない選手でもあった。 ▽“ファンタジスタ”と表現されることも多いが、単なるゲームメーカーというわけではなく、FWのポジションやウイングのポジションでもプレーし、フィニッシャーとしての役割も高いレベルで遂行。得点源であったFWサミュエル・エトー、そして若きFWリオネル・メッシと共に形成した3トップは、驚異的な記録を残した。 ▽2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでは、記憶に残る衝撃のゴールも記録している。アウェイでのチェルシー戦。1-3とリードを許した中でのゴールだった。ボックス手間中央でアンドレス・イニエスタのパスを受けたロナウジーニョは、ボールを足元に置いたまま腰を2回振り、そのままシュート。GKペトル・チェフが全く動けず、ゴール左隅にシュートは吸い込まれた。 ▽トリッキーなプレーだけでなく、数字も残したロナウジーニョ。観客を魅了するプレーの数々は、驚きの光景も生み出した。2005年11月。バルセロナの最大のライバルであるレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”。アウェイゲームでありながら、ロナウジーニョはマドリーのファンからも拍手を受けていた。これは、メッシですら経験していないこと。それだけ、愛され、魅了するプレーヤーだった。 ▽そんなロナウジーニョは、現在好評配信中のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド(サカつくRTW)』に登場している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>ロナウジーニョが登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> ▽ゲーム内に登場するロナウジーニョは、前述の“エラシコ”のスキルを持っており、“光プレイ”と呼ばれるシュートでは、チェルシー戦で見せたスーパーゴールが再現されている。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/duvmAEerIxs?ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> ▽そんなロナウジーニョが獲得できるスカウトは、7月13日(金)の10時59分まで開催。“稀代のファンタジスタ”であるロナウジーニョをぜひ『サカつくRTW』で獲得しよう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>ロナウジーニョが登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> 2018.06.23 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ブラジル 2-0 コスタリカ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節、ブラジル代表vsコスタリカ代表が22日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、2-0でブラジルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ブラジル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 好飛び出しで未然にピンチを防ぐ DF 22 ファグネル 5.5 高い位置を取るも効果的な攻撃参加は少なかった 2 チアゴ・シウバ 6.0 好インターセプトを続けた 3 ミランダ 5.5 難しい対応に迫られることはなかった 12 マルセロ 5.5 積極的にシュートを狙っていたが、ネイマールをうまくサポートできず MF 15 パウリーニョ 5.5 何度か良い形で攻撃に絡んだ (→フィルミノ 5.5) なかなか試合に入れなかったが、コウチーニョのゴールに絡んだ 5 カゼミロ 5.5 相手の攻撃の芽を摘む。ネイマールのゴールを演出 11 コウチーニョ 6.5 スイス戦に続くゴールでチームを勝利に導いた FW 19 ウィリアン 5.0 個で打開できず (→ドグラス・コスタ 5.5) スペースがなくスピードが生きなかったが、最後にネイマールのゴールをアシスト 9 ガブリエウ・ジェズス 5.5 タイトなマークに苦戦。シュートがバーを直撃するなど不運もあったが、コウチーニョのゴールに絡んだ (→フェルナンジーニョ -) 10 ネイマール 6.0 対面のガンボアを突破しきれず。VARでPKが覆り、良いところなしかと思われたが最後にゴール 監督 チッチ 6.0 難しい試合を追加タイム弾で勝ち切った ▽コスタリカ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 最終的には2失点もネイマールのシュートをビッグセーブで阻むなど壁となった DF 16 ガンボア 6.0 ネイマールをうまく封じた (→カルボ -) 2 アコスタ 6.0 ガンボアと共にネイマールを止めた 3 G・ゴンサレス 6.0 守備の要として最終ラインに君臨 6 ドゥアルテ 6.0 オビエドと共に自陣左サイドをケア 8 オビエド 6.0 コウチーニョ、ドグラス・コスタをうまく抑える MF 5 ボルヘス 6.0 的確な配球でチームを落ち着かせる 20 グズマン 6.0 しっかりスライドしてスペースを埋める (→テヘダ -) FW 11 ヴェネガス 5.5 守備に力を割かれた 21 ウレニャ 5.5 ボールホルダーによくプレスをかけた (→ボラーニョス 5.5) まずまずボールに絡んだ 10 ルイス 5.5 一定のキープ力を見せた 監督 ラミレス 6.0 ブラジルを大いに苦しめる鉄壁の守備を築いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コウチーニョ(ブラジル) ▽ナバスの前に大いに苦しんだブラジル攻撃陣だったが、コウチーニョが救世主となった。スペースのない中、タイミング良くゴール前に絡んで決勝ゴール。 ブラジル 2-0 コスタリカ 【ブラジル】 コウチーニョ(後46) ネイマール(後52) 2018.06.22 23:06 Fri
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ&ネイマールのAT弾で大苦戦したブラジルが初勝利《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節、ブラジル代表vsコスタリカ代表が22日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、2-0でブラジルが勝利した。 ▽初戦でスイス代表に1-1の引き分けに持ち込まれたブラジルは、スイス戦のスタメンからダニーロに代えてファグネルのみを変更した。 ▽一方、第1節でセルビアに0-1と惜敗したコスタリカは、セルビア戦のスタメンからカルボに代えてオビエドのみを変更した。 ▽5バックを敷くコスタリカに対し、ブラジルが押し込む展開で立ち上がっていく。しかし13分、コスタリカに決定機。右サイド深くまでえぐったガンボアのクロスにボックス中央でフリーとなっていたボルヘスがダイレクトでシュート。だが、枠の左に外してしまった。 ▽コスタリカのタイトな守備に苦戦してシュートに持ち込めないブラジルは、27分にようやくチャンス。浮き球パスに反応したネイマールがオフサイドラインぎりぎりで抜け出すも、GKナバスの好飛び出しに阻まれる。 ▽前半半ば以降もブラジルが押し込む展開が続いたが、やはり攻めあぐねる状況が続く。そんな中41分、マルセロが右足ミドルを狙うも、GKナバスの正面を突き、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からウィリアンに代えてドグラス・コスタをそのまま右サイドに投入したブラジルは、開始4分に決定機。右サイドからのクロスにジェズスがヘディングで合わせたシュートがバーを直撃。さらにルーズボールを拾った流れからコウチーニョがシュートに持ち込むもゴールライン前のガンボアにカットされてしまう。 ▽攻勢に出るブラジルは56分にも決定機。右サイドからのクロスをネイマールがダイレクトでシュート。だが、枠を捉えていたシュートはGKナバスのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後、やや勢いがトーンダウンしたブラジルは、68分にパウリーニョに代えてフィルミノを投入して攻撃の枚数を増やす。そのブラジルがCKからカゼミロのヘディングシュートでゴールに迫ると、72分にビッグチャンス。敵陣でインターセプトしたネイマールがそのままボックス手前からコントロールシュートを浴びせたが、わずかに枠の右上に外れてしまった。 ▽そして78分、ネイマールがボックス左でG・ゴンサレスに手をかけられて倒れると、主審はPKと判定。しかし、VARの末にネイマールのシミュレーションを取り、PKは取り消された。 ▽終盤にかけてブラジルが攻めあぐねる中、それでも6分の追加タイムが与えられた同1分にブラジルが押し切る。左クロスをファーサイドのフィルミノがヘッドで折り返すと、ゴール前のジェズスが受け、ルーズとなったボールを走り込んできたコウチーニョがシュート。これがGKナバスの股間を抜き、ゴールネットを揺らした。 ▽さらに試合終了間際、カウンターからカゼミロ、ドグラス・コスタとつなぐと、最後はネイマールが押し込んで勝負あり。苦しんだブラジルが終盤の2ゴールでナバスの牙城を崩し、初勝利を飾った。 ▽勝利したブラジルは最終節でセルビアと、2連敗のコスタリカはスイスと対戦する。 2018.06.22 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【W杯グループE第2節プレビュー】必勝のブラジルvsナバス、欧州の実力国対決

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節が22日に行われる。21:00からブラジル代表vsコスタリカ代表、27:00からセルビア代表vsスイス代表が行われる。 ◆チーム情報:必勝のブラジルと敗れれば敗退のコスタリカ ▽まずはブラジルvsコスタリカから。第1節ではコウチーニョのビューティフルゴールで先制しながらも、後半早々にミランダのマークミスでCKから失点すると、その後はスイスの粘り強い戦いの前に1-1の引き分けに持ち込まれたブラジル。ネイマールもスイスの組織的な守備に苦戦し、打開しきれなかった。まさかの引き分けスタートとなったブラジルは最終節のセルビア戦を前に必勝が求められる。 ▽一方、セルビア相手に組織的な守備で善戦しながらもコラロフのビューティフルFKでゴールをこじ開けられ惜敗したコスタリカは、ブラジル戦を落とすとグループステージ敗退が決まる。 ◆注目選手:ネイマールをサポートできるか ▽スイス戦ではネイマールが相手の数的優位を作る守備と、ファウルを辞さないハードなマークに苦戦し、攻め手を欠いたブラジル。コスタリカ戦でも同様の守備を敢行してくることが予想される中、ブラジルとしてはスイス戦でビューティフルなミドルシュートを叩き込んだコウチーニョに期待したい。左インサイドの位置からネイマールをサポートする働きが期待できるコウチーニョが、どれだけネイマールの負担を軽減できるかに注目だ。 ▽一方のコスタリカは守護神のケイロル・ナバスの活躍が引き続き求められるが、守備の要であるG・ゴンサレスに注目したい。セルビア戦でも5バックの中央に位置し、守備を統率していたG・ゴンサレス。ブラジル戦ではセルビア戦以上の劣勢が予想されるが、味方守備陣をうまく操り、ネイマールを筆頭とする強力なブラジル攻撃陣を抑え込めるかに注目したい。 ◆ブラジル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180618_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆コスタリカ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE2_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆チーム情報:勝利でセルビアが突破へ ▽続いて27:00開催のセルビアvsスイス。堅守コスタリカ相手に終始押し込む展開を演じ、後半序盤にコラロフのビューティフル直接FKでケイロル・ナバスの牙城を崩して白星発進としたセルビアは、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる。 ▽一方、ブラジル相手に組織的な守備で善戦し、CKからツバーの同点弾で引き分けに持ち込んだスイスは、突破候補のライバルであるセルビア相手に勝ち点獲得が求められる。ここで敗れればセルビアの突破を許してしまうだけに、スイスとしては負けられない戦いとなる。 ◆注目選手:セットプレーが鍵に ▽引き分けでも悪くないセルビアとしてはリスクを冒さず、慎重な試合運びで問題ない。そんな中でコスタリカ戦同様、セットプレーに活路を見いだすことができれば、勝利を手繰り寄せられる可能性が高まる。そこで期待されるのがコスタリカ戦で素晴らしい直接FKを決めたコラロフだ。彼の左足から繰り出される正確無比なキックでスイスの強固な守備を攻略したい。 ▽対するスイスの注目選手には攻撃の核であるシャキリを挙げたい。ブラジル戦でもマルセロの攻撃参加を抑え込むべく右サイドから多くのチャンスを演出したシャキリは、CKからツバーの同点弾を演出した。セルビア戦ではイバノビッチとのマッチアップとなるが、フィジカルに優れる相手を出し抜けるか。セットプレーとともに注目したい。 ◆セルビア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE2_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆スイス予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE2_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/22 《21:00》 ブラジル vs コスタリカ 《27:00》 セルビアvs スイス 2018.06.22 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯企画/●●の●●に注目!】6月22日/本当にSB?! マルセロの破天荒なプレーに注目

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で開幕した。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が試合当日に登場するであろう人物やチーム等々にフォーカス。“●●の●●に注目!”とし、紹介する。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>マルセロ(30)</b></div>【所属】ブラジル代表/レアル・マドリー(スペイン) 【ポジション】DF 【身長/体重】174cm/75kg 【代表出場歴】54試合/6得点 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>左サイド、トップ下、果ては右サイドへ</b></div>▽各ポジションにトップクラスのプレーヤーを揃えている優勝候補筆頭のブラジル代表。自由気ままなプレーを特長とした以前とは違い、戦術や規律を重んじるサッカーで南米予選を圧倒的な安定感で首位通過した。 ▽そういった中でも以前のブラジルらしい“楽しむサッカー”のフレーバーを多く残すのがFWネイマール、そしてDFマルセロだ。30歳になったマルセロは守備の部分で円熟味が増したとはいえ、圧倒的な攻撃性能はそのまま。左サイドバックながら当然のようにボックス内に顔を出し、時にはボランチやトップ下に残りチャンスメイク、気付けば右サイドにまで陣取っている唯一無二のプレースタイルは陰りを知らない。 ▽第1節のスイス代表戦ではややギアが上がり切らず、左サイドで激しい守備に苦しむネイマールを助けることはできなかった。第2節で対戦するコスタリカ代表は、スイス同様に守備から試合に入り、まずはネイマールを封じることから始めるだろう。しかし、マルセロがいつものように“破天荒”なプレーをしてピッチ全体に出没すれば、どのようなチームであろうと守り抜くことは難しい。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>登場予定試合</b></div><center>ロシアW杯グループE第2節 ▽6/22(金) 《21:00》 ブラジル代表 vs コスタリカ代表 @サンクトペテルブルク・スタジアム</center> 2018.06.22 16:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース