“ガラスの天才”C大阪や甲府でプレーしたMF吉野峻光が28歳で現役引退2018.03.12 10:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽かつてセレッソ大阪やヴァンフォーレ甲府でもプレーし、2017年はタイのコーンケンFCでプレーしていたMF吉野峻光(28)が現役引退を発表した。自身のツイッター()で明かした。

▽吉野は、京都府出身で、国士舘大学から2012年にC大阪に入団。1年目から出場機会を得るも、2度のじん帯断裂という重傷を負い満足いくプレーが出来ず。4年でC大阪を退団し、2016年に甲府へ完全移籍していた。

▽甲府では明治安田生命J1リーグで7試合に出場するも1年で退団。2017年はタイのコーンケンFCへ移籍していた。

▽吉野は天才肌のプレーメーカーとして期待されていたが、度重なるケガによりプレーを多く見る機会はなかった。なお、今後は、かつてC大阪でもプレーした新井場徹の下、育成年代の選手の発掘や指導を行うとのことだ。

「この度、2017年シーズンをもちまして現役生活を引退することになりました。6年間あっとゆう間でした」

「苦しいこともたくさんありましたが、応援してくれる方達のおかげで常に前を向いてプレーすることができました。ありがとう」

「これからのことですが、幸せなことにサッカーに関わる仕事をします」

「今後は大阪で、セレッソで共にプレーした新井場さんの元で、育成年代の選手の発掘や、指導に携わっていきたいと思います」

「またみなさんとどこかでお会いできるのを楽しみに頑張っていきます。ありがとうございました!」
コメント
関連ニュース
thumb

長野、元日本代表MF明神智和、GK阿部伸行との契約更新を発表!

▽AC長野パルセイロは14日、元日本代表MF明神智和(40)、GK阿部伸行(34)との来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽柏レイソルユース出身の明神は、1996年にトップチームに昇格し、10シーズン在籍した後の2006年にガンバ大阪に移籍。G大阪でも10シーズンを過ごした後、名古屋グランパスを経て2017年に長野に加入した。40歳で迎えた今シーズンは、明治安田生命J3リーグ14試合に出場している。 ▽また、2007年に流通経済大学からFC東京に加入した阿部は、湘南ベルマーレやギラヴァンツ北九州でのプレーを経て、2017年に長野に加入。今シーズンは、J3リーグ13試合に出場した。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF明神智和 「来シーズンもAC長野パルセイロでプレー出来ることを嬉しく思います。今シーズンの悔しさを絶対忘れずに、皆様と最後に笑って終わることができるよう全力で戦います」 ◆GK阿部伸行 「来シーズンも長野でプレーできるチャンスをいただき、嬉しさと同時に身の引き締まる思いです。ファン、サポーター、一人でも多くの長野の方に『一緒に闘いたい』『パルセイロの試合を観たい』『長野Uスタジアムの雰囲気を感じたい』と感じて来場していただくためにも、来シーズンもキャリアの全てをかけて次の一勝に向けて取り組みます」 2018.12.14 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

J2初挑戦の鹿児島がDF谷口功と契約更新「1つでも上の順位で終えれるように」

▽鹿児島ユナイテッドFCは14日、DF谷口功(27)との契約更新を発表した。 ▽谷口は、大阪府出身で、鹿児島実業高校から桃山学院大学を経て、2013年にギラヴァンツ北九州へ入団。2014年に当時JFLだった鹿児島に期限付き移籍すると、2015年に完全移籍。J3昇格に貢献していた。 ▽今シーズンは、明治安田生命J3リーグで16試合に出場し、チームのJ2昇格に貢献。天皇杯では2試合に出場し1得点を記録していた。谷口はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンも鹿児島の一員として戦えることになりました。オール鹿児島で勝ち取ったJ2の舞台で、初年度から鹿児島らしいサッカーをしっかりと披露できるように、そして1つでも上の順位で終えれるように常に向上心を持ち、謙虚に、感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います」 「日頃から鹿児島を応援し、支えてくださっているファン、サポーター、スポンサーの皆様、来シーズンも応援よろしくお願い致します」 2018.12.14 20:09 Fri
twitterfacebook
thumb

J1昇格の大分が12ゴールのMF馬場賢治と契約更新「来年も日々全力で」

▽大分トリニータは14日、MF馬場賢治(33)との契約更新を発表した。 ▽馬場は、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)の下部組織出身で、桐光学園高校から近畿大学を経て、ヴィッセル神戸に入団。その後は、湘南、水戸ホーリーホック、カマタマーレ讃岐と渡り歩き、今シーズンから大分でプレーしていた。 ▽今シーズンは、明治安田生命J2リーグで31試合に出場し12得点を記録。勝負強さを見せつけ、チームのJ1昇格に大きく貢献した。馬場はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン、どんな時も変わらぬ素晴らしい後押しと応援本当にありがとうございました。J1昇格は大分トリニータを想う全ての人たちが一体感を持って闘えたからこそ成し遂げられたと思っています」 「来年も皆さんと共に闘えること、大分トリニータでプレーできることを本当に嬉しく思い、心から感謝します。 強い覚悟とサッカー選手でいられる幸せを感じながら、そして、たくさんの人たちの想いと共に、来年も日々全力でしっかり取り組んでいきます。2019シーズンも熱く熱くみんなで闘いましょう」 2018.12.14 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡、ベニテスの右腕だったイタリア人指導者が新監督に!

▽アビスパ福岡は14日、来シーズンの監督として、ファビオ・ペッキア氏(45)の招へいを発表した。来日は年明けとなる。 ▽イタリア出身のペッキア氏は、現役時代にナポリやユベントスなど母国の複数クラブでプレーした後、2011年から監督業をスタート。かつてラファエル・ベニテス監督の下、ナポリやレアル・マドリー、ニューカッスルで助監督を務め、2016年から指揮を執ったヴェローナをセリエA昇格に導いた実績を持つ。 ▽来シーズンから福岡の監督を務めることが決まったペッキア氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この新しい冒険について非常にわくわくしています。日本サッカーの成長は著しく、その証拠に今年行われたワールドカップで日本代表は素晴らしい結果を残しました。私はスペイン、イングランド、そしてイタリアで指導し、今回の新しいチャレンジを楽しみにしています。今回、日本の文化を知ることで人間的にも、指導者としても成長できる機会を与えてくれたアビスパ福岡に感謝いたします」 2018.12.14 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

富山、DF脇本晃成との契約更新を発表「結果と内容にこだわって戦います」

▽カターレ富山は14日、DF脇本晃成(24)との、2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽サンフレッチェ広島ユースで育った脇本は、東京学芸大学卒業後の2016年に富山に加入。今シーズンは、明治安田生命J3リーグ12試合1ゴールを記録した。 ▽脇本は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF脇本晃成 「来年も富山でプレーさせてもらうことになりました。チームの目標に対して自分にしか出来ないことを発揮し、結果と内容にこだわって戦います。来年も熱い応援をよろしくお願いします」 2018.12.14 17:05 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース