シメオネ、グリーズマンのバルサ移籍説にらしいコメント…「現実のみを話す。明日は明日」2018.03.12 09:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督がバルセロナ移籍報道に揺れるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)に言及した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。

▽アトレティコ・マドリーは11日にホームで行われたリーガエスパニョーラ第28節でセルタと対戦。グリーズマンの1ゴール1アシストの活躍により、3-0の快勝を収めた。

▽シメオネ監督は試合後、バルセロナ移籍報道が加熱するグリーズマンについて問われると、次のように返答。らしさ溢れるコメントで記者の質問をあしらった。

「私は現実のみを話す。今日の彼は我々と一緒にいる。彼は素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた」

「彼は素晴らしいゴールを決め、2点目を演出し、チームのためによく働いた。これが現実だ。明日は明日さ」
コメント
関連ニュース
thumb

フィリペ・ルイス、左足負傷で年内欠場か

▽アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフィリペ・ルイスが、左足ハムストリングを負傷で3週間ほどの戦線離脱を強いられるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽フィリペ・ルイスは、15日に行われたリーガエスパニョーラ第16節のバジャドリー戦に先発出場。しかし、60分にトーマスと途中交代すると、試合後に行われた検査で左足ふくらはぎに負傷が見つかったという。 ▽『レキップ』の伝えるところによれば、このケガでフィリペ・ルイスは最低でも3週間ほどの離脱を強いられることになる見込みだ。 2018.12.17 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのクルトワ、モドリッチのシメオネ非難に加勢「彼は人気集めのためにレアル批判する」

レアル・マドリーGKティボー・クルトワが、同MFルカ・モドリッチのアトレティコ・マドリー指揮官ディエゴ・シメオネ監督に対する非難に加勢した。<br><br>モドリッチは、レアル・マドリーがアトレティコより優遇されていることを示唆するような発言を繰り返してきたシメオネ監督について、「マドリー贔屓があったみたいな大衆主義に則った主張で、僕たちの成功の価値を下げようとするのはフェアじゃない」と発言していた。<br><br>そしてアトレティコに在籍していた過去を持つクルトワも、モドリッチに加勢。15日のリーガ・エスパニョーラ第16節ラージョ・バジェカーノ戦(1-0)終了後、シメオネ監督の一連の発言について次のような見解を示している。<br><br>「シメオネは自分のファンから人気を得るためにマドリーを批判する。マドリーが世界最高のクラブだから、いつも打撃を与えようとするんだ」<br><br>「全員の意見に敬意を持たなくてはならない。それぞれが個人的な意見を口にできるわけだから。ただ僕はあそこ(アトレティコ)に3年間在籍していたわけだけど、彼は世界最高のチームであるレアル・マドリーと争うとき、いつもファンの支持を得るような発言をするんだよ」<br><br>シメオネ監督は今年のザ・ベストの最優秀GKにクルトワが選ばれたことについて、「クルトワはマドリーに移籍して世界最高のGKとなった。彼が私のチームにいたとき、世界最高のGKの称号を得たのはケイロル・ナバスだったね&hellip;&hellip;」と語っていた。ベルギー代表GKは、この発言にも納得がいかないようだ。<br><br>「自分のケースで言えば、彼は僕がレアル・マドリーでプレーしていたからトロフィーを勝ち取ったと言った。でも、ワールドカップでプレーする僕はチェルシーの選手だったんだ。ザ・ベストは7月に投票が終わるけど、そのときにも僕はマドリーの選手じゃなかった」<br><br>「僕を過小評価するのはフェアじゃない。(アトレティコGKヤン・)オブラクだって偉大なGKで、もっと得票数を得るべきだったけど、でも多くの人間が投票するんだよ」<br><br>「攻撃を受けたと思ったか? 僕を攻撃するなら、本当に頑張らなければいけない。僕たちは別に不快でもないさ。このフットボールの世界がどういうものなのかも、自分がどんな功績を残したのかも、僕は理解している」<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、レアル優遇を示唆し続けたシメオネに不快感「いつも僕たちを貶めようとする」

レアル・マドリーMFルカ・モドリッチは、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督に対して不快感を露わにしている。<br><br>シメオネ監督はこれまで、ライバルクラブであるレアル・マドリーが自分たちよりも優遇されていたり、優れた立場にあったりことを示唆するような発言を繰り返してきた。これまでレアル・マドリーの関係者は口をつぐんできたが、やはり快いものではなかったようだ。<br><br>クロアチア『Sportske Novosti』とのインタビューに応じたモドリッチは、シメオネ監督の一連の発言が、自分たちがつかんだ成功を歪曲させるようなものであり「フェアじゃない」との見解を示している。<br><br>「シメオネが自チームの選手こそが最高と固執することには全面的に同意する。でも、彼はいつもレアル・マドリーとその選手たちを貶める必要があるみたいだ。マドリーの成功を違う要因に置き変えるため、どんなチャンスも逃さない」<br><br>「僕はシメオネにも、アトレティコみたいに偉大なクラブの選手とファンにも敬意を持っている。ただチャンピオンズのアトレティコとの試合を含めた僕たちの成功について、彼がマドリー贔屓があったみたいな大衆主義に則った主張で、その成功の価値を下げようとするのはフェアじゃない」<br><br>なおシメオネ監督は、過去にレアル・マドリーに関して次のような発言をしてきた。<br><br>「レアル・マドリーはリーガのすべての良い選手を引っ張ってきて、その全員を擁しているわけだ。ほかは彼らに手が届かない」<br><br>「何節もこなしていくことで、彼らとの距離に気づくことになるんだよ」<br><br>「マドリー、バルサとの差? 予算差4億ユーロくらいだ」<br><br>「誰もがマドリーとバルサが上位にいなければならないと思っているようだ」<br><br>「リーガの審判について? なぜアトレティコがコパやリーガよりもチャンピオンズを勝ち取る可能性が高いのか、私はもう知っている」<br><br>「クルトワはレアル・マドリーに移籍してから、世界最高のGK(ザ・ベストの最優秀GK賞)となった。彼が私のチームにいたとき、世界最高のGKの称号を得たのはケイロル・ナバスだったね&hellip;&hellip;」<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

プリメーラ300試合目のグリーズマンがカリニッチと共に2戦連発! 競り勝ったアトレティコが2連勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第16節、バジャドリーvsアトレティコ・マドリーが15日に行われ、アウェイのアトレティコが3-2で勝利した。 ▽首位のバルセロナを勝ち点3差で追う3位のアトレティコは今節、12位のバジャドリー(勝ち点20)という曲者と対戦。前節のアラベス戦で快勝もチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦ではゴールレスドローに終わり、首位通過を逃したアトレティコ。リーグ4位の失点の少なさを誇るバジャドリー戦に向けては先発4人を変更。モンテーロ、トーマスに代えてフィリペ・ルイスとサビッチが最終ラインに入り、レマルとジェウソン・マルティンスに代えてコレアとカリニッチが起用された。 ▽試合序盤にサウールのシュートで相手ゴールに迫ったアトレティコだが、その後は相手の粘り強い守備に苦戦を強いられ、なかなか決定的なシーンを作れない。逆に相手のロングカウンターから幾度か自陣深くまでボールを運ばれる。 ▽それでも、持ち味の堅守で決定機を許さないアウェイチームは26分、ハーフウェイライン付近での競り合いを制してショートカウンターに転じる。ボックス手前右でコレアから短いパスを受けたグリーズマンがグラウンダーの丁寧なラストパスをゴール前に入れると、これに反応したカリニッチがGKの股間を抜くシュートを流し込み、リーグ戦2試合連続ゴールとした。 ▽その後、前半終盤にかけてはホームのバジャドリーが押し返していく展開に。38分と39分にはいずれも左サイドを崩してオスカル・プラノ、ウナルとゴール前で続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。 ▽すると、前半終了間際のアディショナルタイム1分にはアトレティコがグリーズマンのミドルシュートで相手DFのハンドを誘い、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、PKを獲得。これをキッカーのグリーズマンが冷静に決め切り、カリニッチに続く2試合連続ゴールを記録すると共に自身のプリメーラ通算300試合目に花を添えた。 ▽迎えた後半、2点を追うホームのバジャドリーが開始直後に決定機を作る。48分、相手陣内で得たFKの場面でウナルがゴール前でヘディングシュートもGKオブラクの好守に遭う。直後にはDFサビッチの不用意なクリアがゴール右上隅に向かうが、これは再びオブラクにはじき出された。 ▽後半に入って防戦一方の展開が続くアトレティコは57分、ミチェルの左CKをF・カジェロに打点の高いヘディングで合わされ、1点を返されてしまう。この直後にはフィリペ・ルイスを下げてトーマスを投入し、左サイドバックにサウールを回す。だが、63分には再び相手のCKからゴール左でウナルに頭で折り返されると、これがサウールに当たってコースが変わりゴールネットに吸い込まれ、不運な形から同点に追い付かれてしまった。 ▽これでゴールが必要となったアトレティコはカリニッチ、コレアを下げてビトロ、ジェウソン・マルティンスとより個での打開を図れるドリブラーをピッチに送り込む。すると80分、右CKの流れからゴール前で混戦を作ったアウェイチームはサビッチがゴール左に流したボールをグリーズマンが左足のシュートでファーポストへ流し込み、貴重な勝ち越しゴールを奪った。 ▽今度こそ逃げ切りたいアトレティコはボックス内でのハンドがVAR対象にならないなど幾つかの幸運にも恵まれたこともあり、何とかバジャドリーの反撃を最後まで凌ぎ切って3-2の勝利。今季苦手とするアウェイゲームで勝ち切ったチームはリーグ連勝を飾っている。 2018.12.16 02:35 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコの成長を実感するシメオネ「2位でも十分ではないなど、素晴らしい」

15日のリーガエスパニョーラ第16節、アトレティコ・マドリーは敵地ホセ・ソリージャでのバジャドリー戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、リーガで優勝争いをしながらもファンが不満を感じる状況に、アトレティコの成長を実感している様子だ。<br><br>セビージャと並び、首位バルセロナと勝ち点3差で2位につけるアトレティコ。今季はアウェイで1試合しか勝利できておらず、そこで勝ち点を積み重ねていれば首位を独走していたはずだと、ファンやメディアから不満が噴出している。<br><br>シメオネ監督はチームに対する要求が高まっているからこそ、そうした不満が生まれるとの見解を示している。<br><br>「私たちはアトレティコを2位に位置させているが、それはそこまで良いことではなく、さらなる要求を課されている。2位で十分ではなく、さらなることを求められるなど、素晴らしいね」<br><br>「アトレティコの人々は私たちが成し遂げていること、何より選手たちの仕事ぶりを認めている。しかし、要求のレベルは上がったんだ。私たちは自己反省を繰り返しながら進まなければいけない。4試合続けてアウェイで引き分ければ、改善する必要がある」<br><br>シメオネ監督はまた、手術のために長期離脱を強いられ、さらにこの冬での移籍も噂されるFWジエゴ・コスタにも言及した。<br><br>「私が落ち着いたことなど一度もない。それが私の生き方で、いつも落ち着きがないんだ。2月にジエゴが復帰することを期待し、願っている。信じているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.15 22:46 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース