ラストプレーに生まれたアンドレ・シウバのセリエA初ゴールでミランが劇的勝利! リーグ戦4連勝《セリエA》2018.03.12 04:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは11日、セリエA第28節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。

▽前節インテルとのダービーがアストーリの急逝によって延期となった6位ミラン(勝ち点44)は、3日前に行われたアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグをホームで戦って0-2と敗れた。ベスト8進出が厳しくなった中、アーセナル戦のスタメンから2選手を変更。クトローネとカラブリアに代えてカリニッチとボリーニを起用した。

▽13位ジェノア(勝ち点30)に対し、立ち上がりからミランが圧力をかけると、8分にボナヴェントゥーラがコントロールシュートでゴールに迫っていく。さらに1分後、R・ロドリゲスの左クロスをカリニッチが左足ダイレクトで合わせ、シュートを枠に飛ばしたが、GKペリンのファインセーブに阻まれた。

▽その後は自陣に引くジェノアを相手にミランがボールを持つ流れとするものの、シュートに持ち込めない状況が続く。36分にはチャルハノールの直接FKが枠を捉えたが、GKペリンの守備範囲に飛んでしまう。

▽ハーフタイムにかけて再びギアを上げたミランは42分、CKの流れからボナヴェントゥーラがゴールに押し込むも、オフサイドでノーゴールに。直後にはチャルハノールが際どいシュートを浴びせたがゴールを捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。

▽後半開始直後、パンデフにGKドンナルンマを強襲されたミランは53分に失点しかける。左サイドからのヒリェマルクのFKをL・リゴーニにヘディングシュートで流し込まれた。しかし、VARの末、L・リゴーニのポジションがオフサイドでノーゴールとなり救われた。

▽直後にもCKからフリーのズカノビッチにヘディングシュートを許すも枠を外れて助かったミランは、カリニッチに代えてクトローネを、チャルハノールに代えてアンドレ・シウバを投入していく。

▽終盤にかけてスソを起点にゴールを狙うミランは、追加タイム1分にケシエが枠内シュートを浴びせたがGKペリンにキャッチされ、そのまま0-0で終わるかに思われた。それでもラストプレーとなった追加タイム4分、右サイドからスソが左足で入れたインスウィングのクロスをアンドレ・シウバがヘディングで流し込み、ミランが劇的勝利。アンドレ・シウバのセリエA初ゴールでミランがリーグ戦4連勝としている。

コメント

関連ニュース

thumb

元ミランオーナーのベルルスコーニがセリエCのモンツァ買収を完了

▽S.S.モンツァ1912は25日、元ACミランオーナーでイタリアの首相も務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏とその右腕のアドリアーノ・ガッリアーニ氏がクラブの全株式を取得したことを発表した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽『メディアセット』グループを率い、イタリア国内でメディア王と評されたベルルスコーニ氏は1986年にミランを買収。以降、巨額の資金を投下してタレント軍団を形成し、セリエA3連覇やチャンピオンズリーグ連覇など黄金期をもたらすなど、同クラブを世界屈指の強豪に押し上げた。その後、財政難を理由に2016年に中国資本への売却を行うと、その後は表舞台から遠ざかっていた。 ▽しかし、ベルルスコーニ氏とガッリアーニ氏が率いる『フィニンベスト』社はミラノと同じロンバルディア州に属するモンツァに本拠を置くS.S.モンツァ1912の買収に向けて、先日に株式の70パーセントを取得。さらに、今回の交渉によって全株式を取得することで合意に至った。 ▽また、今後の運営体制に関してはガッリアーニ氏がCEO(最高経営責任者)に就任し、現オーナーであるニコラ・コロンボ氏が会長職を担うことになる。 ▽1912年に創設されたモンツァはこれまでセリエAでのプレーはなく、クラブの歴史のほとんどをセリエCやセリエBといった下部カテゴリーで過ごしてきた弱小クラブだ。過去に在籍した有名プレーヤーでは、アレッサンドロ・コスタクルタ(レンタル)やクリスティアン・アッビアーティ、ルイジ・ディ・ビアジョ、パトリス・エブラがいる。 ▽なお、『フィニンベスト』社は今回の買収に250万~300万ユーロ(約3億3000万~4億円)を支払うことになるようだ。 2018.09.26 01:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発

かつてミランの名物会長として知られたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が28日にも、約1年半ぶりとなるサッカー界復帰を果たす。イタリア『メディアセット』など複数メディアが24日、伝えている。<br><br>まもなく82歳の誕生日を迎えるベルルスコーニ氏は、数カ月前からミラノ近郊に拠点を置くセリエC(イタリア3部)モンツァの買収計画を進めており、クラブの株式のうち95%を取得する形で合意に至った。一方、5%は現オーナーであるニコーラ・コロンボ氏率いる一族の手元に残る。ベルルスコーニ氏の誕生日の前日である28日には、正式契約および記者会見が行われ、ミランの元CEOアドリアーノ・ガリアーニ氏とともにクラブの構想について説明する。<br><br>ベルルスコーニ氏は1986年2月から31年間にわたってミランのオーナーとして活躍。イタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得するなど、ミランの黄金期を築いた。またアッリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏を監督に迎えたことで、現代サッカーの発展にも寄与した人物として知られる。<br><br>昨年4月にリー・ヨンホン氏率いる中国グループにチームを売却したが、新体制が苦境に陥ると、「もしこのような状況が続くようであれば、そのうち私がミランを買い戻すかもしれない」などと話し、サッカー界復帰へ意欲を見せていた。モンツァが拠点を置くスタディオ・ブリアンテオは、ベルルスコーニ氏が自宅を構えるアルコレからわずか数キロほどの距離にあるほか、ガリアーニ氏がクラブ幹部としてのキャリアをスタートした場所でもあり、2人にとって理想的な再出発の地であると言える。ベルルスコーニ氏らは今後、若手イタリア人選手を中心としたチーム作りを行い、若手の才能発掘に努めつつ、セリエA昇格を目指していく。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官ガットゥーゾ、土壇場のドローに苦言「良いプレーと勝利は別物」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが23日のアタランタ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。ガットゥーゾは2度にわたり同点に追いつかれたチームの改善点を語った。<br><br>■ミランの二面性を指摘ミランは23日、セリエA第5節でアタランタをホームに迎えた。FWゴンサロ・イグアインらのゴールにより、2度にわたりリードしたが、後半アディショナルタイムに2-2のドローに持ち込まれた。試合終了目前で3ポイントを取りこぼしたミランの闘将は、反省点を述べた。<br><br>「非常に後悔が残る。チームには二面性がある。前半は非常に素晴らしいプレーをしたが、最後の30分間に苦しみ、相手に押されてしまった。最近、ここ4試合でこのようなことが続いているが、所々で良いサッカーをするだけでは足りない。もっと努力しなければならない。試合をしっかり決めておかなければ、その後、問題が生まれるのは当然であり、この点を改善していかなければならない」<br><br>「前半は20メートルの位置でプレーできていたが、後半は疲労や恐れからか、30メートルの位置でプレーしていた。前に行かなければ困難に陥ってしまう。それに違うプレーに移行することが難しく、セカンドボールをほとんど拾えていない。この点でも成長していく必要がある。良いプレーをするだけでは足りない。良いプレーが勝利を意味するわけではない。また持続する時間があまりに短い。30~40分間を相手にプレゼントして、ピッチを自由に使われてしまった。良いプレーができるのは分かっているが、今は酷いプレーでもいいからポイントが欲しい」<br><br>それでもガットゥーゾは、若手選手が主体のチームであることに理解を示し、成長を願った。<br><br>「チームには満足している。このチームは若く、成長の余地がある。だが道に迷っていてはダメだ。今やっていることだけでは足りないということだろう。采配というより、チームの問題だと思う。前半は本当に素晴らしかったが、最後の30分間は不安が残ったよ」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアインが3戦連発弾もミラン、2度のリードを守れずAT被弾でアタランタにドロー《セリエA》

▽ミランは23日、セリエA第5節でアタランタをホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽前節カリアリ戦ではイグアインに移籍後初ゴールが生まれたものの引き分けどまりに終わったミランは、ヨーロッパリーグ(EL)では格下相手にイグアインの2戦連発弾で1-0の辛勝スタートとした。そのミランはELデュドランジュ戦のスタメンから9選手変更。イグイアンとロマニョーリのみ引き続きスタメンとなって、温存されていたスソやビリア、R・ロドリゲスらが先発に戻った。 ▽1勝1分け2敗スタートのアタランタに対し、開始2分にミランが先制する。右サイドからのスソの左足インスウィングクロスに、ボックス右のイグアインが難度の高いボレーシュートをゴール左に叩き込んだ。 ▽イグアインの公式戦3戦連発弾で先手を取ったミランが、前がかるアタランタをいなす展開で推移していくと、19分にはR・ロドリゲスがミドルシュートで牽制。さらに20分、カラブリアの右クロスからボナヴェントゥーラがネットを揺らすも、VARの末にノーゴールに覆った。 ▽その後も主導権を握るミランは32分にイグアインのポストプレーからビリアがGKを強襲するミドルシュートを浴びせれば、39分には再びボナヴェントゥーラがヘディングシュートでゴールに迫ったが、シュートは左ポストを直撃した。 ▽攻め込みながらも追加点が奪えないミランは45分、イグアインのスルーパスをボックス右で受けたケシエがGKと一対一の局面を迎えるもGKにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半からバロウとパシャリッチに代えてD・サパタとリゴーニを投入したアタランタにミランは50分、ピンチを作られる。ボックス左で鋭い反転を見せたD・サパタにGKドンナルンマが強襲された。 ▽すると54分、ミランが同点に追い付かれる。リゴーニのパスをボックス右で受けたD・サパタの折り返しをアレハンドロ・ゴメスが押し込んだ。 ▽後半に入ってアタランタの攻勢を受け続けていたミランだったが、61分に勝ち越す。右サイドを突破したスソの右足グラウンダークロスをニアに飛び込んだボナヴェントゥーラが左足でうまく合わせた。 ▽72分のゴゼンスのボレーシュートが枠を外れて助かったミランは、ボナヴェントゥーラに代えてバカヨコを投入し、逃げ切りを狙う。89分にはCKの流れからデ・ルーンのシュートが枠を捉えるも、ゴールライン上のR・ロドリゲスがクリア。 ▽これで逃げ切れるかと思われたミランだったが、追加タイム1分に痛恨の同点弾を喫する。右サイドからのクロスを受けたD・サパタがボレーシュート。これはGKドンナルンマが弾くも、ルーズボールをリゴーニに押し込まれた。 ▽追いつかれたミランは7分の追加タイムで勝ち越しを目指すも2-2で引き分け。2戦連続ドローに終わっている。 2018.09.24 03:26 Mon
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表FWジラルディーノが現役引退…キャリア通算250ゴール超

▽元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(36)が、現役引退するようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2000年にピアチェンツァでプロデビューを果たしたジラルディーノは、パルマやミラン、フィオレンティーナなど主にイタリアのクラブで活躍。数多くのゴールを奪い、キャリアを通じてクラブで奪ったゴールは通算231ゴールに上った。 ▽2005年から2008年にかけて在籍したミランでは、チャンピオンズリーグやクラブ・ワールドカップで優勝を経験。その間の2006年にはイタリア代表としてワールドカップ制覇にも貢献した。 ▽その後は中国の広州恒大やパレルモ、直近ではスペツィアでプレーしたジラルディーノは今夏にクラブを退団。36歳でキャリアを終えることを決断したという。 ▽代表での19ゴールを含めると、キャリア通算250ゴール以上を記録したジラルディーノ。今後は指導者の道を歩み始めるという。 2018.09.21 17:35 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース