ディバラのドッピエッタでユベントスが11連勝《セリエA》2018.03.12 00:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは11日、セリエA第28節でウディネーゼをホームに迎え、2-0で快勝した。

▽前節ラツィオ戦をディバラの試合終了間際の値千金弾で勝利をもぎ取り、10連勝とした2位ユベントス(勝ち点68)は、消化試合が一つ少ない中、首位ナポリとの勝ち点差を1に縮めた。そして、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)トッテナム戦では少ないチャンスを生かして2-1と勝利し、ベスト8進出を決めた。そのトッテナム戦のスタメンから6選手を変更。イグアインやディバラ、キエッリーニらが引き続きスタメンとなってブッフォンやピャニッチ、ベナティアらはベンチスタートとなった。

▽11位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、フラットな[4-4-2]の布陣で臨んだユベントスは、右サイドにドグラス・コスタ、左サイドにストゥラーロを配置。そのユベントスは開始3分にアリ・アドナンの直接FKでゴールを脅かされたものの、ドグラス・コスタのドリブルを起点に攻勢を仕掛けていく流れとする。

▽そして20分、イグアインがボックス手前右で得たFKをディバラが直接狙うと、完璧なシュートがゴール右上に決まった。

▽先制後、ややギアを落として重心を下げたユベントスだったが、36分にボックス左で仕掛けたディバラがアンジェッラに倒されたとしてPKを獲得。しかし、キッカーのイグアインがゴール左を狙ったシュートはGKビザーリのファインセーブに阻まれた。

▽ハーフタイム間際、CKからキエッリーニがヘディングシュートで追加点に迫ったユベントスは、後半開始4分に突き放した。イグアインの力強く正確なポストワークに反応し、ボックス中央に走り込んだディバラが右足ダイレクトシュートでゴールに流し込んだ。

▽その後はケディラを下げてマテュイディを投入し、中盤の強度を維持して試合をコントロール。終盤にはトリプレッタを目指すディバラに2つ決定機が訪れたが決め切れず、2-0のまま勝利。11連勝とし、ナポリにプレッシャーをかけている。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

激化するピャニッチ争奪戦、元ユーベディレクターはチェルシー入りを明言

▽ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を巡る争奪戦はチェルシーが制したのかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽激化するピャニッチ争奪戦。バルセロナ、レアル・マドリー、マンチェスター・シティといったビッグクラブが獲得に乗り出しているといわれる中、ユベントスのディレクターを務めていたルチアーノ・モッジが今夏のチェルシー加入を明言した。 ▽ピャニッチとユベントスの契約は2021年までとなっており、移籍金は少なくとも6000万ユ―ロから8000万ユ―ロが必要になる模様。メディアの多くは、バルセロナ行きの可能性が最も高いと報じている。 2018.06.21 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスやマンチェスター勢がドイツ撃破の立役者に関心か

▽メキシコ代表のFWイルビング・ロサーノに対して、ユベントスが関心を示している。メキシコ『レコルド』の報道をイタリア『トゥットスポルト』などが引用した。 ▽ロサーノは現在開催中のロシア・ワールドカップで注目を集めている選手。初戦で王者ドイツ撃破の立役者になった22歳だ。 ▽メキシコメディアによると、オランダのPSVでプレーするロサーノに対して、先週はマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドから関心があったという。ただ、ユベントスからも問い合わせがあったとのことだ。 ▽ロサーノに対する関心はこれからさらに高まるかもしれない。 2018.06.20 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「ジダンのように…」ミリンコビッチ=サビッチ父親、息子のユベントス移籍に期待!?

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の父親は、息子のユベントス移籍を期待しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽192cmの長身MFであるミリンコビッチ=サビッチは2017-18シーズン、セリエAで12ゴール4アシストを記録しブレイク。今夏の移籍市場の目玉の一人となった同選手にはユベントス、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーといったメガクラブが獲得に乗り出し、ラツィオは同選手の移籍金を少なくとも1億ユーロ(約127億円)と見込んでいる。 ▽そんな同選手の父親であるニコラは、息子にとってユベントスに行くことが良い選択であると主張。かつてユベントスからレアル・マドリーへ移籍した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏のように、イタリアで成熟した後にスペインに挑戦することを提案した。 「ユベントスは理想的なチームだ。息子にとってピッタリだよ」 「ユベントスは長い間イタリアサッカー界で名声を得ている。選手にとってより成長し、成熟するチャンスがある。ラツィオで3シーズンプレーし、セルゲイはセリエAを熟知している。うまく溶け込み、言語も学んでいる」 「ディバラ、ドグラス・コスタのようなセリエAやコッパ・イタリアで優勝できるだけのハイレベルな選手が所属している。彼がチャンピオンズリーグ優勝に貢献することができれば、バロンドールだって目指すこともできる」 「25歳になった時(現在は23歳)にスペインへ行くのも良いと思う。イタリアで成熟してからね。まるでジネディーヌ・ジダンのように」 2018.06.18 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴロビンの気持ちはユベントスに…? 移籍の噂には「光栄」

▽ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンに注目が集まっている。イタリアメディアは、ユベントスやミランへの移籍を頻繁に取り上げた。 ▽ゴロビンは現地時間14日に行われたロシア・ワールドカップ開幕戦のサウジアラビア戦で1ゴール2アシストを記録。抜群の存在感を放った。 ▽『トゥットスポルト』は、ユベントスからの関心について問われたゴロビンのコメントを掲載。同選手は「光栄なことでうれしい」と語り、「(パウロ・)ディバラは僕がユベントスで最も好きな選手だね」と話している。 ▽また、『トゥットユーベ』は、ユベントスファンの間でSNSで拡散されているゴロビンの子供の頃の写真を掲載。ゴロビンがユベントスのユニフォームを着てメダルをかけている写真を紹介した。8歳~9歳のときの写真とされており、「夢はもうすぐ現実になる」と記事は締めくくられている。 2018.06.15 20:30 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース