イニエスタ後継の逸材確保を公式発表! バルサ、51億円でブラジル代表MFの獲得OP合意2018.03.11 20:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは11日、ブラジル代表MFアルトゥール(21)の獲得に関して、同選手の所属先であるグレミオとのオプションを取り付けたことを公式に発表した。▽バルセロナの発表によれば、アルトゥール獲得の優先オプションを取り付けているようで、今年7月にこのオプションを行使すれば獲得が決まる。移籍金は3000万ユーロ(約39億円)+ボーナス900万ユーロ(約12億円)に設定されているとのことだ。

▽2016年にグレミオでトップチームデビューを飾ったアルトゥールは、セントラルMFのポジションを本職としており、トップチーム昇格2年目となった昨シーズンに公式戦39試合に出場するなど主力に定着。コパ・リベルタドーレス優勝にも大きく貢献した。

▽また、バルセロナはアルトゥールがパスセンスに長けたポテンシャルの高い若手選手であると紹介。以前、グレミオの幹部はスペイン『ムンド・デポルティボ』で「プレースタイルからして、(アンドレス・)イニエスタのような選手」と評していた。

コメント

関連ニュース

thumb

イスコの離脱は1ヶ月…“エル・クラシコ”に影響の可能性も

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコは、最小でも6試合を欠場することになりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽イスコが急性虫垂炎にかかったことが、9月25日にクラブにより報告。『マルカ』の情報によると、既に手術を受けており復帰に1ヶ月を要するという。 ▽間の悪いことに、マドリーは現在過密日程の最中にあり、復帰が見込まれる10月20日のリーガ第9節レバンテ戦まで、4試合を予定している。更に10月初めにはスペイン代表も2試合を控えており、そちらの欠場も免れないそうだ。 ▽これにより、9月29日にアトレティコ・マドリーをホームに迎えるリーガ第7節、“マドリッド・ダービー”出場は絶望的。さらに、最悪の場合は10月28日のリーガ第10節、カンプ・ノウでバルセロナと戦う“エル・クラシコ”にも影響を及ぼす可能性があるようだ。 2018.09.26 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「我々にとってのベストはメッシ」バルベルデ、ザ・ベストFIFAアワードの同選手欠席についても言及

▽バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、ザ・ベストFIFAアワード2018の受賞者やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを始めとする同式への出欠席について言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2018を開催した。同式は、全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテンやファンの投票によって選出されるフットボール界で最も栄誉ある祭典の1つである。その中で最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、最終候補で残っていたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(選考対象時期はレアル・マドリー所属)とリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーを退けてたレアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが選出された。 ▽今回の選考について、各紙では最終候補3名からバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが漏れていたことを大きく報道。パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダニエウ・アウベスも疑問を呈していた。 ▽そんな中、バルセロナのバルベルデ監督は、人それぞれに異なる意見や考え方があると主張しながらも、「我々にとってはメッシがベスト」とコメントしている。 「誰にも違った意見や考え方がある。それは私も同じだ。私にも私の考えがある」 「選手を比較する時期ではないが、我々にとってはレオ(リオネル・メッシ)がベストな選手だよ」 「ただ、この問題について他に言うことはない。モドリッチは偉大な選手だ。そして素晴らしいシーズンを送った」 ▽また、今回のザ・ベストFIFAアワード2018ではメッシやC・ロナウドが欠席。これに対して、フットボール界で長らく指導者を務めるファビオ・カペッロ氏が、怒りを示すなど、選手の振る舞いに対して苦言を呈す声も挙がっている。このことについて同監督は、以下のように言及している。 「数年前まではこのような多くの賞や報道は決して多くなかった。しかし、今は多くの賞や祭典によって拡大されている。それらはフットボールのスターを集った主催者側の自己満足に過ぎない。これはスポーツだが、より多くの人にとってはどんどんビジネスになっている」 「試合の日程が組み込まれているんだ。招待を受け入れるかどうかの自由はあるだろう。しかし、これは私ではなく、選手にするべき質問だと思うね」 2018.09.26 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スペインサッカー連盟がバルサDFラングレのレッドカードへの異議申し立てを棄却! 26日レガネス戦の出場停止が確定

▽スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は25日、23日のジローナ戦でDFクレマン・ラングレに対して出されたレッドカードに対するバルセロナ側からの異議申し立てを棄却したことを発表した。これにより、ラングレは26日に行われるレガネス戦の出場停止が確定した。 ▽ラングレは、23日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のジローナ戦に先発出場。しかし、前半35分にレッドカードを提示され、退場処分となっていた。 ▽退場処分となったプレーは、自陣でMFペレ・ポンスに入れ替わられそうになったラングレがブロックを試みた際に肘を振り上げ、これがポンスの顔面を捉えてしまったもの。さらに、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、レッドカードが掲示されていた。 ▽なお、今回処分が確定したラングレは26日に行われるレガネス戦を欠場することになるが、今週末に行われるアスレティック・ビルバオ戦からプレー可能となる。 2018.09.26 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エレーラはユナイテッド残留を希望! …バルサから関心も

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)に、クラブを退団する意思はないようだ。大手『ESPN』が報じている。 ▽ユナイテッドとの契約を今シーズン限りとしているエレーラ。2014年夏にアスレティック・ビルバオからユナイテッド入りし、2016-17シーズンにはクラブの年間最優秀選手賞にも輝いたが、現在では出場機会を減らしており退団も噂されている状態だ。 ▽そういった状況にある同選手に関して、イギリス『サン』は先日、バルセロナが興味を示していると報道。現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督が、エレーラの在籍最終年にビルバオ指揮官を務めていたという縁もあり、来年夏のフリーでの獲得を狙っているという。 ▽しかし、今回の『ESPN』の情報によると、エレーラ当人はユナイテッド残留を望んでいる模様。とはいえ、今シーズンここまでプレミアリーグ2試合(先発は1度)という出場機会の少なさが契約延長を迷わせる要因になっているそうだが、ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンスを与えるのだろうか。 2018.09.25 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、スアレスの後継者は誰に?

▽バルセロナはイングランド代表FWハリー・ケイン(25)かブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(26)どちらかの獲得に動くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』の情報をもとに、スペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽2014年に夏にリバプールから加入して以来、最前線に君臨し続けているウルグアイ代表FWルイス・スアレス。昨シーズンも公式戦51試合31ゴール18アシストを記録するなど、好パフォーマンスを維持しているが、31歳という年齢に差し掛かっておりバルセロナも後継者探しに動き出している。 ▽そこで、バルセロナが白羽の矢を立てたのが、ケインとフィルミノだ。しかし、両者共に、クラブでの地位を確立しているため獲得は難しいと『スカイ・スポーツ』は指摘している。 ▽ケインは、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にトッテナムとの契約を2024年まで延長。また、フィルミノもリバプールとの契約を2023年まで延長しているため、どちらを獲得する際にも、高額な移籍金が必要となるだろう。 ▽どちらの獲得にも失敗した場合には、ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)や、インテルのアルゼンチン代表マウロ・イカルディ(25)が候補に挙られている。 2018.09.25 20:11 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース