栃木に大量5ゴールの首位山口が開幕3連勝!連勝スタートの岡山もホームで大分を下し追走《J2》2018.03.11 17:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第3節の10試合が11日に各地で行われた。▽開幕連勝スタートで首位に立つレノファ山口FCが、開幕連敗で最下位に沈む栃木SCのホームに乗り込んだ一戦は、5-2で山口が勝利した。

▽試合が動いたのは16分、前のロングパスで相手DFの裏に抜け出した小野瀬がボックス右からダイレクトボレーシュート。これが左ポストに当たり、そのままゴールに吸い込まれ、山口が先制した。

▽先制点で勢いづく山口は、セットプレーから追加点を奪う。38分、三幸の左CKをニアに走り込んだ高木がバックヘッドで流し込んだ。さらに前半終了間際の48分には、GK藤嶋のパントキックを最前線で拾ったオナイウ阿道がボックス左から左足を振り抜くと、このシュートがゴール右に突き刺さった。

▽後半に入っても攻撃の手を緩めない山口は、54分に右クロスの流れたボールを逆サイドで拾った大崎が高木とのパス交換でボックス左深くに侵入。左足を振り抜いた強烈なシュートがゴール右サイドネットに突き刺さった。

▽その後、63分と67分に後半から出場のネイツ・ペチュニクにゴールネットを揺らされた山口だったが、88分に右CKからヘニキのハンドを誘発。これで獲得したPKをオナイウ阿道が確実に決め、大量5ゴールを奪った山口が開幕3連勝を飾った。

▽また、開幕連勝スタートを飾ったファジアーノ岡山は、ホームで大分トリニータと対戦し、1-0で勝利した。試合が動いたのは前半終了間際の43分、イ・ヨンジェのパスをボックス左角手前で受けた上田がクロスを供給。これをファーサイドの赤嶺がハーフボレーでゴール左に叩き込んだ。

▽1点を追う大分は、72分に決定機。松本の右クロスをファーサイドからダイアゴナルに走り込んだ星が右足で合わせたが、これはGK一森のファインセーブに阻まれ、惜しくもゴールは生まれない。

▽結局、大分は最後まで岡山の堅守を崩せず、試合は1-0で終了。開幕3連勝を飾った岡山が山口を追走している。

▽今季いまだに勝利のないジェフユナイテッド千葉は、ホームで連敗スタートのFC岐阜と対戦し、2-3で敗戦した。前節の退席処分でフアン・エスナイデル監督不在の一戦は千葉が先手を取る。

▽25分、敵陣でのパスミスをカットした熊谷がダイレクトでボックス手前のラリベイに送ると、ラリベイの落としを受けた茶島が相手DFを1人かわし、ペナルティアーク内からシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽先制を許した岐阜の反撃は34分、左サイドで相手のクリアミスを拾った古橋が、ボックス左まで持ち込み折り返しを供給。これファーサイドの田中が左足で合わせ、豪快にネットを揺らした。

▽1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのは岐阜。58分、田中からのロングスルーパスをボックス右付近まで駆け上がった長沼がクロス。走り込んだ永島のシュートは一度相手DFにブロックされたが、こぼれ球に反応した永島が再び左足で狙うと、相手DFとGKの股を抜いたシュートがゴールに吸い込まれた。

▽勝ち越しを許した千葉は、59分に為田を下げて清武を投入。さらに62分には、町田を下げて船山を、75分には矢田に代えて指宿をピッチに送り出した。すると79分、ドリブルで仕掛けた指宿が右サイド深くまで切り込みクロスを供給。ゴール前でワンバウンドしたボールを走り込んだ清武がダイビングヘッドで流し込み、試合を振り出しに戻した。

▽再び勝ち越しを狙う岐阜は79分に田中を下げて風間を投入。2-2のまま試合も終盤に差しかかり、このまま試合終了かと思われた90分に試合が動く。左サイドをドリブルで持ち上がった風間がカットインから右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートがネットの右上に突き刺さり、岐阜が再び勝ち越しに成功した。

▽結局、このゴールが決勝点となり、岐阜が今季初勝利。一方、土壇場被弾の千葉は3戦未勝利となった。今週末に行われたJ2第2節の試合結果は以下の通り。

▽3/11(日)
ロアッソ熊本 1-2 モンテディオ山形
ツエーゲン金沢 0-1 アビスパ福岡
FC町田ゼルビア 0-0 ヴァンフォーレ甲府
ジェフユナイテッド千葉 2-3 岐阜
カマタマーレ讃岐 1-2 水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山 1-0 大分トリニータ
アルビレックス新潟 1-1 京都サンガF.C.
東京ヴェルディ 2-1 松本山雅FC
栃木SC 2-5 レノファ山口FC
横浜FC 3-0 愛媛FC

▽3/10(土)
大宮アルディージャ 0-1 徳島ヴォルティス
コメント
関連ニュース
thumb

京都、MF小屋松知哉、MF重廣卓也との契約更新を発表

▽京都サンガF.C.は19日、MF小屋松知哉(23)、MF重廣卓也(23)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽京都府出身の小屋松は、俊足を生かした突破力と得点感覚を併せ持つストライカー。2014年に多くの注目を集めて京都橘高校から名古屋グランパスに加入したものの、故障に悩まされ、多くの出場機会は確保できず。昨年から京都に加入している。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ36試合5ゴールを記録した。 ▽また、今年、阪南大学から京都に加入した広島県出身の重廣は、初年度となった今シーズンからJ2リーグ32試合に出場。3ゴールを記録していた。 2018.12.19 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山、GK一森純、GKイ・キョンテとの契約更新を発表

▽ファジアーノ岡山は19日、GK一森純(27)、韓国人GKイ・キョンテ(23)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽セレッソ大阪ユース出身の一森は、昨シーズンにレノファ山口FCから加入。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ20試合に出場した。 ▽また、190cmの長身を誇るイ・キョンテは2015年に岡山入り。2017シーズンには期限付き移籍でFC琉球に加入したが、今年から復帰。しかし、今シーズンはバックアップを務めるに留まった。 2018.12.19 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢、MF清原翔平、MF杉浦恭平との契約更新を発表

▽ツエーゲン金沢は19日、MF清原翔平(31)、MF杉浦恭平(29)が2019シーズンも同クラブでプレーすることが決定したと発表した。 ▽2013年から2015年にかけて金沢でプレーしていた清原は、2016年にセレッソ大阪に加入。昨シーズン途中から徳島ヴォルティスでプレーした後、今年から金沢に復帰していた。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ41試合5ゴールを記録している。 ▽また、2007年に川崎フロンターレでキャリアをスタートさせた杉浦は、愛媛FCやヴィッセル神戸やベガルタ仙台などを経て、昨シーズンから金沢に加入。今シーズンは、J2リーグ39試合3ゴールを記録した。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆MF清原翔平 「来季も金沢でプレーすることになりました。今季足りなかったものをキャンプ、トレーニングで埋めて上位を目指して頑張ります。また、やっぱりホームで1万人集まって欲しいです! そのためにもホームでしっかり勝てるように頑張ります! 」 ◆MF杉浦恭平 「2019シーズンもツエーゲン金沢の一員になることを決めました!!サッカーを楽しみながら、個人としてもチームとしても今年を上回れるように頑張ります!!来シーズンもご声援よろしくお願いします!!」 2018.12.19 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

町田、FW中島裕希が契約更新合意 今季J2で3年連続の二桁得点

▽FC町田ゼルビアは19日、FW中島裕希(34)の契約更新合意を発表した。 ▽中島は2003年、富山第一高校から鹿島アントラーズに入団後、ベガルタ仙台、モンテディオ山形を経て、2016年から町田でプレー。今シーズンは加入初年度以来となる明治安田生命J2リーグ42試合に出場して、3年連続の二桁となる12得点を記録した。 2018.12.19 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟、MF加藤大、DF堀米悠斗との来季契約更新を発表

▽アルビレックス新潟は19日、MF加藤大(27)、DF堀米悠斗(24)と2019シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽福岡県出身の加藤は、2010年に新潟でプロデビューを飾り、2012年からの2年間は愛媛FCでプレーしたものの、2014年には新潟に帰還。計7シーズン目となった今年は10番を背負い、明治安田生命J2リーグ38試合1ゴールを記録した。 ▽北海道出身の堀米は、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプロキャリアをスタートさせた後、福島ユナイテッドFCを経て、昨シーズンから新潟に加入。今シーズンは、J2リーグ6試合に出場した。 2018.12.19 12:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース