栃木に大量5ゴールの首位山口が開幕3連勝!連勝スタートの岡山もホームで大分を下し追走《J2》2018.03.11 17:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第3節の10試合が11日に各地で行われた。

▽開幕連勝スタートで首位に立つレノファ山口FCが、開幕連敗で最下位に沈む栃木SCのホームに乗り込んだ一戦は、5-2で山口が勝利した。

▽試合が動いたのは16分、前のロングパスで相手DFの裏に抜け出した小野瀬がボックス右からダイレクトボレーシュート。これが左ポストに当たり、そのままゴールに吸い込まれ、山口が先制した。

▽先制点で勢いづく山口は、セットプレーから追加点を奪う。38分、三幸の左CKをニアに走り込んだ高木がバックヘッドで流し込んだ。さらに前半終了間際の48分には、GK藤嶋のパントキックを最前線で拾ったオナイウ阿道がボックス左から左足を振り抜くと、このシュートがゴール右に突き刺さった。

▽後半に入っても攻撃の手を緩めない山口は、54分に右クロスの流れたボールを逆サイドで拾った大崎が高木とのパス交換でボックス左深くに侵入。左足を振り抜いた強烈なシュートがゴール右サイドネットに突き刺さった。

▽その後、63分と67分に後半から出場のネイツ・ペチュニクにゴールネットを揺らされた山口だったが、88分に右CKからヘニキのハンドを誘発。これで獲得したPKをオナイウ阿道が確実に決め、大量5ゴールを奪った山口が開幕3連勝を飾った。

▽また、開幕連勝スタートを飾ったファジアーノ岡山は、ホームで大分トリニータと対戦し、1-0で勝利した。試合が動いたのは前半終了間際の43分、イ・ヨンジェのパスをボックス左角手前で受けた上田がクロスを供給。これをファーサイドの赤嶺がハーフボレーでゴール左に叩き込んだ。

▽1点を追う大分は、72分に決定機。松本の右クロスをファーサイドからダイアゴナルに走り込んだ星が右足で合わせたが、これはGK一森のファインセーブに阻まれ、惜しくもゴールは生まれない。

▽結局、大分は最後まで岡山の堅守を崩せず、試合は1-0で終了。開幕3連勝を飾った岡山が山口を追走している。

▽今季いまだに勝利のないジェフユナイテッド千葉は、ホームで連敗スタートのFC岐阜と対戦し、2-3で敗戦した。前節の退席処分でフアン・エスナイデル監督不在の一戦は千葉が先手を取る。

▽25分、敵陣でのパスミスをカットした熊谷がダイレクトでボックス手前のラリベイに送ると、ラリベイの落としを受けた茶島が相手DFを1人かわし、ペナルティアーク内からシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽先制を許した岐阜の反撃は34分、左サイドで相手のクリアミスを拾った古橋が、ボックス左まで持ち込み折り返しを供給。これファーサイドの田中が左足で合わせ、豪快にネットを揺らした。

▽1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのは岐阜。58分、田中からのロングスルーパスをボックス右付近まで駆け上がった長沼がクロス。走り込んだ永島のシュートは一度相手DFにブロックされたが、こぼれ球に反応した永島が再び左足で狙うと、相手DFとGKの股を抜いたシュートがゴールに吸い込まれた。

▽勝ち越しを許した千葉は、59分に為田を下げて清武を投入。さらに62分には、町田を下げて船山を、75分には矢田に代えて指宿をピッチに送り出した。すると79分、ドリブルで仕掛けた指宿が右サイド深くまで切り込みクロスを供給。ゴール前でワンバウンドしたボールを走り込んだ清武がダイビングヘッドで流し込み、試合を振り出しに戻した。

▽再び勝ち越しを狙う岐阜は79分に田中を下げて風間を投入。2-2のまま試合も終盤に差しかかり、このまま試合終了かと思われた90分に試合が動く。左サイドをドリブルで持ち上がった風間がカットインから右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートがネットの右上に突き刺さり、岐阜が再び勝ち越しに成功した。

▽結局、このゴールが決勝点となり、岐阜が今季初勝利。一方、土壇場被弾の千葉は3戦未勝利となった。今週末に行われたJ2第2節の試合結果は以下の通り。

▽3/11(日)
ロアッソ熊本 1-2 モンテディオ山形
ツエーゲン金沢 0-1 アビスパ福岡
FC町田ゼルビア 0-0 ヴァンフォーレ甲府
ジェフユナイテッド千葉 2-3 岐阜
カマタマーレ讃岐 1-2 水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山 1-0 大分トリニータ
アルビレックス新潟 1-1 京都サンガF.C.
東京ヴェルディ 2-1 松本山雅FC
栃木SC 2-5 レノファ山口FC
横浜FC 3-0 愛媛FC

▽3/10(土)
大宮アルディージャ 0-1 徳島ヴォルティス

コメント

関連ニュース

thumb

新潟、FW渡邉新太、MF戸嶋祥郎とのA契約締結を発表

▽アルビレックス新潟は22日、FW渡邉新太(22)、MF戸嶋祥郎(22)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽新潟県出身の渡邉は、FC五十嵐ジュニアユースからアルビレックス新潟ユースに入団し、流通経済大学を経て今シーズンから新潟のトップチームに加入。10日の明治安田生命J2リーグ第18節東京ヴェルディ戦で通算出場時間がプロA契約締結条件の900分に達し、今回の発表に至った。今シーズンはここまで、公式戦17試合に出場して5ゴールを決めている。 ▽埼玉県出身の戸嶋は、市立浦和高校から筑波大学に進学した後、新潟に入団。6日の天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 2回戦・高知ユナイテッド戦で通算出場時間が900分に達し、今回の発表に至った。今シーズンはここまで、公式戦13試合に出場している。 2018.06.22 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イニエスタの友人、東京VのFWカルロス・マルティネスが家族の事情で契約解除

▽東京ヴェルディは22日、FWカルロス・マルティネス(31)との契約解除を発表した。 ▽カルロス・マルティネスは、ビジャレアルBから2017年に東京Vへ入団。明治安田生命J2リーグで19試合に出場し1得点、今シーズンはここまで10試合に出場し1得点を記録していた。 ▽ヴィッセル神戸に加入するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタとは親交があるカルロス・マルティネス。クラブの発表によると、家族の事情により、双方合意の上で契約解除となった。カルロス・マルティネスはクラブを通じてコメントしている。 「クラブ、チーム、サポーターの皆様、多大なサポートに大変感謝しています。ヴェルディのユニフォームを着た初めてのスペイン人になれたことはとても光栄なことでした。緑のユニフォームを着てプレーできたことは一生忘れないでしょう。これからはヴェルディのいちサポーターになり、チームのJ1昇格と多くの成功、そしてともに戦ったチームメート一人ひとりのキャリアの成功を祈っています」 ▽なお、カルロス・マルティネスは24日が最後のトレーニング参加となる予定だ。 2018.06.22 13:14 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡の起爆剤になれるか…元岐阜のFWレオミネイロが完全移籍加入!

▽アビスパ福岡は22日、ブラジル人FWレオミネイロ(28)の完全移籍加入を発表した。背番号は「35」に決定している。 ▽レオミネイロは2015年から2年間、岐阜でプレー。明治安田生命J2リーグで計21得点を挙げたストライカーで、昨シーズンまでコインブラEC(ブラジル)からの期限付き移籍でアル・マークヒヤ(カタール)に籍を置いた。 ▽2016年以来のJリーグ参戦となるレオミネイロは、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「まずは、関係者の皆さまに、私のことを評価して頂いたことを心から感謝いたします。今でもJリーグの試合は欠かさず観ているので、現在アビスパが上位にいることも知っています。チームの一員になることができ本当に嬉しいですし、好調のチームに新たな力となることができればと思います」 「私のことを覚えていない方もいらっしゃるとは思いますが、過去にJリーグでのプレー経験もあります。そして今回、J1昇格に向けて戦うために日本に行きます。皆さまの期待と信頼を裏切らないように、日々のトレーニングから全力で取り組み、この補強が正解だったと言っていただけるように頑張ります。アリガトウゴザイマス」 ▽福岡は現在、明治安田生命J2リーグ10勝5分け4敗で4位。23日に行われる次節、2位につける大分トリニータとのアウェイ戦に臨む。 2018.06.22 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、DFビョン・ジュンボンとMF新井涼平の負傷について発表

▽ヴァンフォーレ甲府は21日、DFビョン・ジュンボンとMF新井涼平の負傷について発表した。 ▽ビョン・ジュンボンは16日に行われた明治安田生命J2リーグ第19節のモンテディオ山形戦で負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は約4週間とのこと。一方、新井は左けい骨疲労骨折で19日に手術を実施。全治は約3カ月だ。 ▽2018年に清水エスパルスから加入したビョン・ジュンボン。今シーズンはここまで公式戦10試合に出場している。2013年にギラヴァンツ北九州から加入した新井は、公式戦10試合に出場して2ゴールを記録している。 2018.06.21 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

今津J2初弾&道渕プロ初弾&小塚“恩返し弾”2発で甲府が新潟に5発大勝! 《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節延期分、アルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府が20日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、5-1で甲府が勝利した。 ▽暫定14位の新潟(勝ち点24)が暫定13位の甲府(勝ち点24)をホームに迎えた同勝ち点対決。試合が開始すると、最序盤から大きく動く。2分、甲府ボールの右CKの場面でショートコーナーから佐藤がクロスを入れると、ボックス手前左の今津が右足でボレーシュートを放つ。これがゴール左を捉え、今津の記念すべきリーグ戦プロ初ゴールが先制点となった。 ▽さらに33分、新潟がポゼッションを握りつつもチャンスを作り切れずにいると、甲府に決定機が訪れる。左CKから新潟のボックス内に混戦がもたらされると、ボックス左でボールを拾った小塚のシュートが右ポストに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽直後の35分、またしても甲府がゴールに迫る。ボックス左でボールを持ったリンスが新潟DFのタイミングを外して中央にスルーパスを通すと、巧みな動き出しで抜け出した小塚がボックス内中央でフリーの状態に。そのまま右足で確実に沈め、古巣相手に2得点目を決め切った。 ▽そして42分、今度は右CKからニアサイドに飛び込んだリンスがヘディングシュートを決め、甲府が新潟に4-0でリードしたところで前半が終了。新潟は圧倒的ビハインドを背負って残りの45分間を戦うこととなった。 ▽折り返して迎えた後半、勝利を諦めない新潟が追い上げを見せる。48分、右サイドでボールを持った原が質の高いクロスを供給すると、ボックス内のターレスが高い打点のヘディングシュートを叩きつけるようにして放つ。勢いよくワンバウンドしたボールがネットを揺らし、点差を3点に縮めた。 ▽しかし、その後スコアが動かない時間が続くと、またしても流れが甲府に傾く。78分、途中出場の道渕がボックス手前中央で新潟DFを剥がして右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右隅を捉えてチームの5点目とした。道渕にとっては、これがプロ初ゴールとなっている。 ▽結局、スコアが5-1となったところで試合が終了。この結果、新潟はホームで手痛い大敗を喫して連敗ならず。対する甲府は直近のモンテディオ山形戦で喫した1-2での逆転敗北から立て直すことに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節日程・結果 ▽6/20(水) アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽6/2(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 4</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 愛媛FC 大宮アルディージャ 2-2 カマタマーレ讃岐 ジェフユナイテッド千葉 2-2 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 2-2 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 京都サンガF.C.</span> ▽6/3(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-0 ロアッソ熊本 横浜FC 2-2 東京ヴェルディ 2018.06.20 21:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース