栃木に大量5ゴールの首位山口が開幕3連勝!連勝スタートの岡山もホームで大分を下し追走《J2》2018.03.11 17:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第3節の10試合が11日に各地で行われた。▽開幕連勝スタートで首位に立つレノファ山口FCが、開幕連敗で最下位に沈む栃木SCのホームに乗り込んだ一戦は、5-2で山口が勝利した。

▽試合が動いたのは16分、前のロングパスで相手DFの裏に抜け出した小野瀬がボックス右からダイレクトボレーシュート。これが左ポストに当たり、そのままゴールに吸い込まれ、山口が先制した。

▽先制点で勢いづく山口は、セットプレーから追加点を奪う。38分、三幸の左CKをニアに走り込んだ高木がバックヘッドで流し込んだ。さらに前半終了間際の48分には、GK藤嶋のパントキックを最前線で拾ったオナイウ阿道がボックス左から左足を振り抜くと、このシュートがゴール右に突き刺さった。

▽後半に入っても攻撃の手を緩めない山口は、54分に右クロスの流れたボールを逆サイドで拾った大崎が高木とのパス交換でボックス左深くに侵入。左足を振り抜いた強烈なシュートがゴール右サイドネットに突き刺さった。

▽その後、63分と67分に後半から出場のネイツ・ペチュニクにゴールネットを揺らされた山口だったが、88分に右CKからヘニキのハンドを誘発。これで獲得したPKをオナイウ阿道が確実に決め、大量5ゴールを奪った山口が開幕3連勝を飾った。

▽また、開幕連勝スタートを飾ったファジアーノ岡山は、ホームで大分トリニータと対戦し、1-0で勝利した。試合が動いたのは前半終了間際の43分、イ・ヨンジェのパスをボックス左角手前で受けた上田がクロスを供給。これをファーサイドの赤嶺がハーフボレーでゴール左に叩き込んだ。

▽1点を追う大分は、72分に決定機。松本の右クロスをファーサイドからダイアゴナルに走り込んだ星が右足で合わせたが、これはGK一森のファインセーブに阻まれ、惜しくもゴールは生まれない。

▽結局、大分は最後まで岡山の堅守を崩せず、試合は1-0で終了。開幕3連勝を飾った岡山が山口を追走している。

▽今季いまだに勝利のないジェフユナイテッド千葉は、ホームで連敗スタートのFC岐阜と対戦し、2-3で敗戦した。前節の退席処分でフアン・エスナイデル監督不在の一戦は千葉が先手を取る。

▽25分、敵陣でのパスミスをカットした熊谷がダイレクトでボックス手前のラリベイに送ると、ラリベイの落としを受けた茶島が相手DFを1人かわし、ペナルティアーク内からシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽先制を許した岐阜の反撃は34分、左サイドで相手のクリアミスを拾った古橋が、ボックス左まで持ち込み折り返しを供給。これファーサイドの田中が左足で合わせ、豪快にネットを揺らした。

▽1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのは岐阜。58分、田中からのロングスルーパスをボックス右付近まで駆け上がった長沼がクロス。走り込んだ永島のシュートは一度相手DFにブロックされたが、こぼれ球に反応した永島が再び左足で狙うと、相手DFとGKの股を抜いたシュートがゴールに吸い込まれた。

▽勝ち越しを許した千葉は、59分に為田を下げて清武を投入。さらに62分には、町田を下げて船山を、75分には矢田に代えて指宿をピッチに送り出した。すると79分、ドリブルで仕掛けた指宿が右サイド深くまで切り込みクロスを供給。ゴール前でワンバウンドしたボールを走り込んだ清武がダイビングヘッドで流し込み、試合を振り出しに戻した。

▽再び勝ち越しを狙う岐阜は79分に田中を下げて風間を投入。2-2のまま試合も終盤に差しかかり、このまま試合終了かと思われた90分に試合が動く。左サイドをドリブルで持ち上がった風間がカットインから右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートがネットの右上に突き刺さり、岐阜が再び勝ち越しに成功した。

▽結局、このゴールが決勝点となり、岐阜が今季初勝利。一方、土壇場被弾の千葉は3戦未勝利となった。今週末に行われたJ2第2節の試合結果は以下の通り。

▽3/11(日)
ロアッソ熊本 1-2 モンテディオ山形
ツエーゲン金沢 0-1 アビスパ福岡
FC町田ゼルビア 0-0 ヴァンフォーレ甲府
ジェフユナイテッド千葉 2-3 岐阜
カマタマーレ讃岐 1-2 水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山 1-0 大分トリニータ
アルビレックス新潟 1-1 京都サンガF.C.
東京ヴェルディ 2-1 松本山雅FC
栃木SC 2-5 レノファ山口FC
横浜FC 3-0 愛媛FC

▽3/10(土)
大宮アルディージャ 0-1 徳島ヴォルティス
コメント
関連ニュース
thumb

Jリーグと明治安田生命がタイトルパートナーを4年間延長! イベントで計測した中村憲剛の血管年齢はまさかの結果に…

▽14日、Jリーグと明治安田生命保険相互会社はJリーグタイトルパートナー契約の更新を発表した。契約期間は2019年1月1日から2022年12月31日までとなる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽同日、明治安田生命Jリーグタイトルパートナー契約調印式が都内で行われ、Jリーグの村井満チェアマンと明治安田生命の根岸秋男社長が登壇。さらには、2018シーズンの各リーグ王者である川崎フロンターレ、松本山雅FC、FC琉球から中村憲剛、橋内優也、富所悠が登壇した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽村井チェアマンは、今回の契約延長に際して「短期に終わらず、長期に進めていきたいという願いに応えて頂いた」とコメント。明治安田生命の協力の下、観客動員数もリーグ全体として成長していることを含め、「運命共同体」として共に進んでいきたいと語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽また、新シーズンから使用するタイトルマークも発表され、村井チェアマンは「明治安田生命様とJリーグを1つのデザインの中に収める、一体感を重視した内容となっております」とデザインのコンセプトを説明した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽今シーズンのJ1王者としてイベントに参加した中村憲剛は「個人的には、このロゴ。去年優勝して、初めて黄金のロゴをつけて今シーズンプレーすることができました。今シーズン優勝したことで、来シーズンもこのロゴをつけてプレーできることを嬉しく思っています。来年また優勝して、再来年このロゴをつけてプレーしたいと思います」とコメントした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw10.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽J2王者の橋内優也は「明治安田生命さまには、Jリーグ全体はもちろん、松本支店の方には店頭でのPR活動やスタジアムに足を運んでいただき、感謝しております。我々松本は、来年J1に再挑戦となります。引き続きよろしくお願いいたします」とコメント。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw11.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽J3王者の富所悠は「FC琉球は来年J2で戦いますが、しっかりリーグを盛り上げていきますのでよろしくお願いします」とコメントした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽調印式の後には、「みんなの健活プロジェクト」キックオフイベントが開催。松岡修造さん、広瀬アリスさんも登場した。松岡さん、広瀬さん、村井チェアマンには、根岸社長からアンバサダーとしての名刺が贈呈された。 ▽「みんなの健活プロジェクト」は2018年3月から指導。「健康増進商品」、「健康増進サービス」、「健康増進アクション」の3つの分野で新たな価値を提供するべく、様々な取り組みを実施していくプロジェクト。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽アンバサダーの松岡さんは「僕は応援するということが生き甲斐なので、人の心だけじゃなく、健康、身体を応援できるなんて素晴らしいことはないです」とコメント。広瀬さんは「10月にウォーキングイベントに参加させていただきましたが、みなさんに喜んで頂いたので、これからはアンバサダーとしてしっかりと盛り上げていきたいと思います」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw8.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ▽キックオフイベントでは、血管年齢測定を実施。松岡さんは、実年齢の51歳より若い49歳と診断。しかし、52点という結果には、「なんで?」と食い下がり、低い評価に納得がいかない様子だった。また、中村憲剛も血管年齢を測定。広瀬さんが測定した結果、実年齢38歳に対して、血管年齢は50歳とまさかの結果に。評価も34点と低く、現役アスリートのまさかの結果に会場もどよめいた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181214_12_tw9.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div> ◆村井満チェアマン 「明治安田生命様とJリーグの関係は、2014年に私がチェアマンに就任した年からご縁をいただきました。最初はJ1、J2のトップパートナー、J3のタイトルパートナーから始まりましたが、2015年からは、J1、J2、J3とすべてのカテゴリでタイトルパートナーとしてご支援をいただきました」 「この4年間、我々の悲願であった入場者1000万人というのを、毎年更新しております。明治安田生命の関係者の皆様、お客様、地域の皆様が、95万人スタジアムにいらっしゃいました。今年度は33万人にご縁を繋げていただきました」 「契約の更新にあたってのベースの考えとして、Jリーグの理念がございます。サッカーの水準向上、および普及ということを第一に掲げておりますが、先日鹿島アントラーズがアジアでチャンピオンになりましたのも、そして川崎フロンターレが連覇をし、世界も驚くような高い技術レベルのサッカーができるようになったのも。そして、森保ジャパンとしてプレーする堂安律選手、中島翔哉選手は2016年のJ3に参戦が果たしています。堂安選手はプロ初ゴールを盛岡戦で決めるなど、そう行った出場機会が彼らを導いている。明治安田生命様の支えがいかにJリーグのサッカーの水準向上に寄与しているかということ」 「2番目は、豊かなスポーツ文化を振興しよう。国民の心身の健全な発達に寄与しよう。Jリーグが一番大事にしているど真ん中の理念でございますが、全国でのサッカー教室、今回発表される健活プロジェクト、様々な機会を通じて、スポーツが持っている可能性を存分に引き出していただいております」 「また、世界の強豪チームを招いて、ワールドチャレンジを開催しておりますが、理念の3番目の国際交流、国際親善、この辺りにも後援頂いております。Jリーグが大事にしている理念において、明治安田生命様がサポートしてくださっている。こういった関係は、短期に終わらず、長期に進めていきたいという願いに応えて頂いたと理解しております」 「今回のタイトルマークには、明治安田生命様とJリーグを1つのデザインの中に収める、一体感を重視した内容となっております。パートナーとの関係というよりは、あえて私の考えで言えば、運命共同体として一緒になって日本の文化、スポーツ文化、元気になる社会、健康な国づくりに正面から共に手を携えていきたいと思います。2019年シーズンのJリーグは、39の都道府県に八戸を含めて55のクラブが皆様をお迎えいたします。2019シーズンも明治安田生命様共々、よろしくお願いいたします」 2018.12.14 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

J1昇格の大分が12ゴールのMF馬場賢治と契約更新「来年も日々全力で」

▽大分トリニータは14日、MF馬場賢治(33)との契約更新を発表した。 ▽馬場は、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)の下部組織出身で、桐光学園高校から近畿大学を経て、ヴィッセル神戸に入団。その後は、湘南、水戸ホーリーホック、カマタマーレ讃岐と渡り歩き、今シーズンから大分でプレーしていた。 ▽今シーズンは、明治安田生命J2リーグで31試合に出場し12得点を記録。勝負強さを見せつけ、チームのJ1昇格に大きく貢献した。馬場はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン、どんな時も変わらぬ素晴らしい後押しと応援本当にありがとうございました。J1昇格は大分トリニータを想う全ての人たちが一体感を持って闘えたからこそ成し遂げられたと思っています」 「来年も皆さんと共に闘えること、大分トリニータでプレーできることを本当に嬉しく思い、心から感謝します。 強い覚悟とサッカー選手でいられる幸せを感じながら、そして、たくさんの人たちの想いと共に、来年も日々全力でしっかり取り組んでいきます。2019シーズンも熱く熱くみんなで闘いましょう」 2018.12.14 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡、ベニテスの右腕だったイタリア人指導者が新監督に!

▽アビスパ福岡は14日、来シーズンの監督として、ファビオ・ペッキア氏(45)の招へいを発表した。来日は年明けとなる。 ▽イタリア出身のペッキア氏は、現役時代にナポリやユベントスなど母国の複数クラブでプレーした後、2011年から監督業をスタート。かつてラファエル・ベニテス監督の下、ナポリやレアル・マドリー、ニューカッスルで助監督を務め、2016年から指揮を執ったヴェローナをセリエA昇格に導いた実績を持つ。 ▽来シーズンから福岡の監督を務めることが決まったペッキア氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この新しい冒険について非常にわくわくしています。日本サッカーの成長は著しく、その証拠に今年行われたワールドカップで日本代表は素晴らしい結果を残しました。私はスペイン、イングランド、そしてイタリアで指導し、今回の新しいチャレンジを楽しみにしています。今回、日本の文化を知ることで人間的にも、指導者としても成長できる機会を与えてくれたアビスパ福岡に感謝いたします」 2018.12.14 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

千葉、MF矢田旭&DF乾貴哉の契約更新を発表!

▽ジェフユナイテッド千葉は14日、MF矢田旭(27)とDF乾貴哉(22)の契約更新を発表した。 ▽矢田は2017年に名古屋グランパスからジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍。翌年に完全移籍を果たし、今シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合2ゴールを記録した。乾は2015年に桐生第一高校から千葉に期限付き移籍。今シーズンはJ2で13試合に出場した。 ▽来シーズンも千葉でプレーすることが決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MF矢田旭 「来シーズンもジェフでプレーさせてもらうことに決めました。今年は、すごく悔しく情けないシーズンでした。個人としても力不足を痛感しました。来季こそは、ファン・サポーターの皆さんの期待に応えられるように、個人としてもチームの力になれるよう全力で頑張ります。ジェフに関わる皆が一丸となり、必ずJ1昇格しましょう。来季も熱い応援をよろしくお願いします」 ◆DF乾貴哉 「来年こそはJ1昇格を現実にします!そのために自分の出せる限りのパフォーマンスでチームに貢献します!来シーズンもよろしくお願いします」 2018.12.14 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ年間スケジュール決定! J1開幕は2月22日!

▽Jリーグは14日、2019シーズンの各大会スケジュールを発表した。 ▽明治安田生命J1リーグは、2月22日(金)に開幕し、12月7日(土)に終了。明治安田生命J2リーグは、2月24日(日)に開幕し、11月24日(日)に終了する。 ▽また、今シーズンもJ1参入プレーオフが開催。1回戦が12月1日(日)、2回戦が2回戦 12月8日(日)に行われ、勝者が12月14日(土)に行われる決定戦でJ1の16位クラブと対戦し、J1の座を争う。 ◆FUJI XEROX SUPER CUP 2月16日(土) ◆明治安田生命J1リーグ 2月22日(金)~12月7日(土) 計306試合 ◆JリーグYBCルヴァンカップ 【グループステージ】 第1節 3月6日(水) 第2節 3月13日(水) 第3節 4月10日(水) 第4節 4月24日(水) 第5節 5月8日(水) 第6節 5月22日(水) 【プレーオフステージ】 第1戦 6月19日(水) 第2戦 6月26日(水) 【プライムステージ】 準々決勝 第1戦 9月4日(水) 準々決勝 第2戦 9月8日(日) 準決勝 第1戦 10月9日(水) 準決勝 第2戦 10月13日(日) 決勝 未定(調整中) ◆明治安田生命J2リーグ 2月24日(日)~11月24日(日) 計462試合 ◆J1参入プレーオフ 1回戦 12月1日(日) 2回戦 12月8日(日) 決定戦 12月14日(土) ※J1・16位クラブがFIFAワールドカップに出場する場合、12月29日(日)へ変更になる可能性があり ◆明治安田生命J3リーグ 3月9日(土)~12月8日(日) 計306試合 2018.12.14 16:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース