栃木に大量5ゴールの首位山口が開幕3連勝!連勝スタートの岡山もホームで大分を下し追走《J2》2018.03.11 17:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第3節の10試合が11日に各地で行われた。▽開幕連勝スタートで首位に立つレノファ山口FCが、開幕連敗で最下位に沈む栃木SCのホームに乗り込んだ一戦は、5-2で山口が勝利した。

▽試合が動いたのは16分、前のロングパスで相手DFの裏に抜け出した小野瀬がボックス右からダイレクトボレーシュート。これが左ポストに当たり、そのままゴールに吸い込まれ、山口が先制した。

▽先制点で勢いづく山口は、セットプレーから追加点を奪う。38分、三幸の左CKをニアに走り込んだ高木がバックヘッドで流し込んだ。さらに前半終了間際の48分には、GK藤嶋のパントキックを最前線で拾ったオナイウ阿道がボックス左から左足を振り抜くと、このシュートがゴール右に突き刺さった。

▽後半に入っても攻撃の手を緩めない山口は、54分に右クロスの流れたボールを逆サイドで拾った大崎が高木とのパス交換でボックス左深くに侵入。左足を振り抜いた強烈なシュートがゴール右サイドネットに突き刺さった。

▽その後、63分と67分に後半から出場のネイツ・ペチュニクにゴールネットを揺らされた山口だったが、88分に右CKからヘニキのハンドを誘発。これで獲得したPKをオナイウ阿道が確実に決め、大量5ゴールを奪った山口が開幕3連勝を飾った。

▽また、開幕連勝スタートを飾ったファジアーノ岡山は、ホームで大分トリニータと対戦し、1-0で勝利した。試合が動いたのは前半終了間際の43分、イ・ヨンジェのパスをボックス左角手前で受けた上田がクロスを供給。これをファーサイドの赤嶺がハーフボレーでゴール左に叩き込んだ。

▽1点を追う大分は、72分に決定機。松本の右クロスをファーサイドからダイアゴナルに走り込んだ星が右足で合わせたが、これはGK一森のファインセーブに阻まれ、惜しくもゴールは生まれない。

▽結局、大分は最後まで岡山の堅守を崩せず、試合は1-0で終了。開幕3連勝を飾った岡山が山口を追走している。

▽今季いまだに勝利のないジェフユナイテッド千葉は、ホームで連敗スタートのFC岐阜と対戦し、2-3で敗戦した。前節の退席処分でフアン・エスナイデル監督不在の一戦は千葉が先手を取る。

▽25分、敵陣でのパスミスをカットした熊谷がダイレクトでボックス手前のラリベイに送ると、ラリベイの落としを受けた茶島が相手DFを1人かわし、ペナルティアーク内からシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽先制を許した岐阜の反撃は34分、左サイドで相手のクリアミスを拾った古橋が、ボックス左まで持ち込み折り返しを供給。これファーサイドの田中が左足で合わせ、豪快にネットを揺らした。

▽1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのは岐阜。58分、田中からのロングスルーパスをボックス右付近まで駆け上がった長沼がクロス。走り込んだ永島のシュートは一度相手DFにブロックされたが、こぼれ球に反応した永島が再び左足で狙うと、相手DFとGKの股を抜いたシュートがゴールに吸い込まれた。

▽勝ち越しを許した千葉は、59分に為田を下げて清武を投入。さらに62分には、町田を下げて船山を、75分には矢田に代えて指宿をピッチに送り出した。すると79分、ドリブルで仕掛けた指宿が右サイド深くまで切り込みクロスを供給。ゴール前でワンバウンドしたボールを走り込んだ清武がダイビングヘッドで流し込み、試合を振り出しに戻した。

▽再び勝ち越しを狙う岐阜は79分に田中を下げて風間を投入。2-2のまま試合も終盤に差しかかり、このまま試合終了かと思われた90分に試合が動く。左サイドをドリブルで持ち上がった風間がカットインから右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートがネットの右上に突き刺さり、岐阜が再び勝ち越しに成功した。

▽結局、このゴールが決勝点となり、岐阜が今季初勝利。一方、土壇場被弾の千葉は3戦未勝利となった。今週末に行われたJ2第2節の試合結果は以下の通り。

▽3/11(日)
ロアッソ熊本 1-2 モンテディオ山形
ツエーゲン金沢 0-1 アビスパ福岡
FC町田ゼルビア 0-0 ヴァンフォーレ甲府
ジェフユナイテッド千葉 2-3 岐阜
カマタマーレ讃岐 1-2 水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山 1-0 大分トリニータ
アルビレックス新潟 1-1 京都サンガF.C.
東京ヴェルディ 2-1 松本山雅FC
栃木SC 2-5 レノファ山口FC
横浜FC 3-0 愛媛FC

▽3/10(土)
大宮アルディージャ 0-1 徳島ヴォルティス
コメント
関連ニュース
thumb

監督&コーチら解任の千葉、新ヘッドコーチに元浦和監督の堀孝史氏を指名…2017年にはアジアを制覇

ジェフユナイテッド千葉は20日、ヘッドコーチに堀孝史氏(51)が就任したことを発表した。 現役時代に浦和レッズや湘南ベルマーレでプレーした堀氏は引退後、湘南や浦和のアカデミースタッフやトップチームのコーチなどを経験。2017年7月に、2度目となる浦和指揮官に就任すると、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に導いた。しかし、翌2018シーズンはスタートに躓き、同年4月に契約解除。今年からは、尚美学園大学サッカー部のヘッドコーチを務めていた。 千葉は今シーズン、J2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に フアン・エスナイデル監督との契約解除が発表されると、翌18日に江尻篤彦コーチ(51)の指揮官就任を発表。さらに19日にはマルコス・ギジェルモ・サムソヘッドコーチ(45)、ラモン・カタラフィジカルコーチ(57)の解任を発表していた。 2019.03.20 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府DF山本英臣が右腓腹筋肉離れで全治約2ヵ月

ヴァンフォーレ甲府は19日、DF山本英臣が右腓腹筋肉離れにより全治約8週間と診断されたことを発表した。 発表によると、山本は9日の明治安田生命J2リーグ第3節鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。 山本はジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)でプロデビュー後、2003年から甲府一筋でプレー。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ21試合に出場し、甲府在籍17年目の今シーズンもここまで3試合に先発出場している。 2019.03.19 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

監督交代の千葉、ヘッドコーチ&フィジカルコーチを解任

ジェフユナイテッド千葉は19日、フアン・エスナイデル監督(46)の解任に伴い、マルコス・ギジェルモ・サムソヘッドコーチ(45)、ラモン・カタラフィジカルコーチ(57)を解任したことを発表した。 フアン・エスナイデル監督が率いる千葉は、今シーズンはJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に契約解除が発表され、翌18日に江尻篤彦コーチ(51)の指揮官就任が発表されていた。 マルコス・ギジェルモ・サムソ氏は、2017年に千葉のヘッドコーチに就任。ラモン・カタラ氏は今年1月にフィジカルコーチに就任したばかりだった。 2019.03.19 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】鳥栖、高橋祐治が代表ウィーク明けの横浜FM戦出停

Jリーグは18日、明治安田生命J1リーグ第5節、J2リーグ第5節、J3リーグ第3節の出場停止選手を発表した。 J1リーグはサガン鳥栖のDF高橋祐治のみ。高橋は17日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のジュビロ磐田戦で2度の警告を受け、退場処分を受けた。今回の処分により、1試合停止が決まったため、29日に敵地で行われる横浜F・マリノス戦に出場できない。処分対象の各選手は以下のとおり。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF高橋祐治</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ第5節 vs横浜F・マリノス(3/29) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">MFヒシャルジソン</span>(柏レイソル) 明治安田生命J2リーグ第5節 vsファジアーノ岡山(3/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF井上裕大</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ第5節 vs鹿児島ユナイテッドFC(3/24) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF小谷光毅</span>(ブラウブリッツ秋田) 明治安田生命J3リーグ第3節 vsいわてグルージャ盛岡(3/24) 今回の停止:1試合停止 2019.03.18 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕未勝利の千葉、エスナイデル監督との契約解除を発表

ジェフユナイテッド千葉は17日、スペイン人指揮官フアン・エスナイデル監督(46)との契約解除を発表。後任は決定次第改めて発表するとしている。 現役時代にレアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、ユベントスなどでプレー歴を持つフアン・エスナイデル監督は、ヘタフェらスペイン複数クラブを率いた後、2017年に千葉の監督に就任。初年度は明治安田生命J2リーグで6位に入り、J1昇格プレーオフに出場したものの、昨シーズンは苦しいシーズンを送り、14位で終えた。 また、今シーズンの千葉はJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位。J通算では88試合36勝17分け35敗という成績だった。 2019.03.17 21:31 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース