主将から主将へ。イカルディ、アストーリに捧げるキャプテンマーク2018.03.11 05:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのFWマウロ・イカルディが、11日に行われるセリエAのナポリ戦で特別仕様のキャプテンマークを巻くことになった。▽1週間前、フィオレンティーナの主将を務めていたダヴィデ・アストーリが試合前日の宿泊先で急死した。そのため、4日に開催予定だったセリエAは延期となり、イタリアサッカー界が悲しい時間を過ごしている。

▽インテルの主将であるイカルディは、この試合をアストーリに捧げる。インテルのエースは「今日、僕たちは君のためにもピッチに立つ。チャオ、カピターノ」と記されたキャプテンマークを腕に巻くことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベはC・ロナウドとイカルディの2トップを検討していた…イカルディ妻が告白

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラさんが17日、イタリア『メディアセット』のテレビ番組『ティキ・タカ』に出演した。インテルとの契約更新の状況や過去のエピソードを明かした。<br><br>ワンダさんは先日、&ldquo;契約更新&rdquo;についてSNSでツイートし、ファンの注目を集めていたが、これがスポンサーとの契約であったことを明かした。その上でイカルディとインテルの契約延長への道のりはまだ長いと報告した。<br><br>「かなり遠いと言うか、近くはない。腰を落ち着けて話をしなければならないが、まだそれができていない。イカルディは議論の必要もないほどの選手であり、契約更新はすべきだ。メルカートでイカルディの需要がないなんて話を聞くと、吹き出してしまうわ。インテルなら契約更新の資金があると思うし、イカルディも当然、インテル残留を希望している。クラブからはチャンピオンズリーグの真っ只中に連絡が来て、『できればグループリーグが終了するまで待ちたい』と答えている」<br><br>■ユーベ移籍を拒否したイカルディまたインテルFWの妻は、夏の移籍市場においてユベントス移籍が目前に迫っていたことを告白した。インテルとユベントスはFWゴンサロ・イグアインとのトレードを検討していたとみられる。<br><br>「前回のメルカートでは、片足を外に踏み出している状態だった。どのチームへの移籍を希望していたか? 正しくは、&ldquo;どこへ彼を送ろうとしていたか&rdquo;ね。この近くのユーベよ。マウロ自身が金銭面のことは抜きにしてインテル残留を選んだのよ」<br><br>「向こうから『クリスティアーノ・ロナウドとイカルディの2トップになる』と言われて&hellip;ユーベは私を説得するために何を言うのかしらと思ったわ。それから『イカルディを獲らなかったとしても他の選手を獲るつもりはない』とも言われたわ」<br><br>なおイカルディは現在、インテルと2021年までの契約を結んでいるが、『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、さらに2年間延長するために交渉が続けられている。イカルディは年俸800万ユーロ(約10億円)を要求しており、インテル側とは200万ユーロ(約2.5億円)の開きがある。今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.12.19 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディの幸運PK弾でウディネに辛勝のインテルが公式戦5戦ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第16節、インテルvsウディネーゼが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが1-0で勝利した。 ▽直近の公式戦を2敗2分けで終えたリーグ3位のインテル(勝ち点29)。ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)では勝利で決勝トーナメント進出を決めるチャンスがありながらホームでPSVと引き分け無念の3位敗退に。これを受けてスパレッティ監督の解任およびコンテ氏の新監督招へいの可能性が報じられるなど厳しい状況となった。 ▽周囲の雑音を止めるため勝ち点3奪取が求められる17位のウディネーゼ戦(勝ち点13)に向けては先発3人を変更。ダンブロージオ、カンドレーバ、ペリシッチに代えてヴルサリコ、ジョアン・マリオ、ケイタを起用した。 ▽自陣深い位置に守備ブロックを形成してスペースを消すアウェイチームに対してホームのインテルが押し込む時間帯が続く。最前線のイカルディがなかなかボールに触れず、サイドを起点とした攻撃を余儀なくされた中、22分にはポリターノの右CKにニアに入ったイカルディが巧みなヘディングで合わせるが、わずかに枠の左に外れる。 ▽前半半ばから終盤にかけても相手を自陣深くに押し込めるハーフコートゲームを展開するインテル。徐々に相手の出足が鈍った中、ケイタやポリターノが前向きに仕掛ける場面を増やしていく。しかし、サイドから幾度か鋭いクロスを入れたものの、最後の場面で合わない。前半終了間際の43分にはボックス手前のケイタが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これは相手GKの素早い反応にはじき出され、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半も攻勢を仕掛けるインテルだったが、逆に攻守のバランスを崩してしまい立ち上がりにはウディネーゼのカウンターからフィニッシュまで待ち込まれる場面が目立つ。流れを変えたいインテルベンチは55分にボルハ・バレロを下げてラウタロ・マルティネスを投入。66分には左サイドでDFを振り切ったケイタが絶妙なクロスを入れるが、ゴール前でフリーのイカルディはヘディングシュートを枠の左に外してしまう。 ▽後半半ばを過ぎてケイタに代えてペリシッチを投入したインテルだったが、攻めあぐねる状況が続く。それでも、76分に幸運な形から先制点が転がり込む。インテルの左CKの場面でヘディングでのクリアを試みたフォファナが振り上げた手でボールを触ってしまう。一度はプレーが流されたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、インテルにPKが与えられる。これをキッカーのイカルディが絶妙なクッキアイオで決め切り、苦しみながらも先制に成功した。 ▽得点力不足の顕著なウディネーゼ相手にリードを奪ったものの石橋を叩いて渡る慎重な采配を見せたスパレッティ監督はポリターノを下げてナインゴランを投入。試合終了間際の89分にはL・マルティネスの右クロスをゴール前のイカルディが頭で押し込むが、ここはオフサイドの判定で2点目は認められず。それでも、集中した守備で相手の攻撃を無失点で封じ切ったインテルが公式戦5試合ぶりの勝利を手にした。 2018.12.16 04:02 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディ、インテルとの契約更新が決定的か

▽インテルに所属するマウロ・イカルディ(25)の契約更新が、決定的となっている。スペイン『アス』が報じた。 ▽2013年夏にサンプドリアからインテルに加入して以降、2度のセリエA得点王に輝くなど世界トップレベルのストライカーであることを証明し続けているイカルディ。今シーズンも、ここまでの公式戦18試合で12ゴール2アシストの結果を残している。 ▽そんなイカルディには、かねてよりマドリー移籍の噂が絶えず。今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍した影響もあり、今シーズンは例年以上にマドリーからの関心が取り沙汰されている。 ▽そういった状況の中、イカルディの妻で代理人のワンダ・ナラが、自身ツイッター上(@wandaicardi27)に「今は(現地時間15日の)0時半、まだここで更新に関する書類を読んでいるわ」と投稿。契約更新を強く示唆している。 ▽このツイート後、各紙は一斉に「イカルディの契約更新が間近」と報道。マドリーが獲得を成功する望みは絶たれたと伝えられており、インテルからの公式発表が待たれている。 2018.12.15 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

サネッティ氏、幹部転身の理由を明かす「私なら監督ができると考える人は多かったが…」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、ミラノ市内で行われた自身の自伝本のPRイベントに出席した際、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>インテルでは19年間プレーし、40歳まで現役生活を続けたサネッティ氏。2014年にインテルの副会長に就任してから生活が一変したと振り返る。また元インテル主将は、指導者ではなく、クラブ幹部に転身した理由を明かした。<br><br>「サッカー選手から幹部になり、私の人生は変わった。新しい人生に私はとても満足しているよ。多くの人は、私なら監督ができるとか、スポーツに関する部分に専念するべきだだとか考えていたようだ。だが私は、新たな挑戦を体験してみたかった。そして360度のより広い視野を持ちたいと考えていたんだ」<br><br>「私は今、インテルの成長や世界レベルでのクラブの増益を図り、あらゆる側面から取り組んでいる。そうすることでインテルが成長を続け、より競争力のあるチームになっていくだろう。私はこの役割が気に入っている」<br><br>続いてサネッティ氏は、インテルの新CEOとして着任した元ユベントス幹部のジュゼッペ・マロッタ氏を歓迎。「インテルにとって重要な日となった。豊富な経験と能力を持つ幹部が来てくれた。インテルを思う人々の輪に彼も加わった。偉業を成し遂げるすべての前提条件は揃った」と期待した。<br><br>提供:goal.com 2018.12.14 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!

▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。 ▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。 ▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。 ▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。 ▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。 ▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。 ▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 ◆CL3位敗退チーム クラブ・ブルージュ(ベルギー) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) ガラタサライ(トルコ) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) バレンシア(スペイン) ◆ELグループステージ順位表 【グループA】 1.レバークーゼン(ドイツ) 2.チューリッヒ(スイス) ――決勝T進出―― 3.AEKラルナカ(キプロス) 4.ルドゴレツ(ブルガリア) 【グループB】 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.セルティック(スコットランド) ――決勝T進出―― 3.RBライプツィヒ(ドイツ) 4.ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 1.ゼニト(ロシア) 2.スラビア・プラハ(チェコ) ――決勝T進出―― 3.ボルドー(フランス) 4.コペンハーゲン(デンマーク) 【グループD】 1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2.フェネルバフチェ(トルコ) ――決勝T進出―― 3.スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4.アンデルレヒト(ベルギー) 【グループE】 1.アーセナル(イングランド) 2.スポルティング・リスボン(ポルトガル) ――決勝T進出―― 3.ヴォルスクラ(ウクライナ) 4.カラバフ(アゼルバイジャン) 【グループF】 1.ベティス(スペイン) 2.オリンピアコス(ギリシャ) ――決勝T進出―― 3.ミラン(イタリア) 4.デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 1.ビジャレアル(スペイン) 2.ラピド・ウィーン(オーストリア) ――決勝T進出―― 3.レンジャーズ(スコットランド) 4.スパルタク・モスクワ(ロシア) 【グループH】 1.フランクフルト(ドイツ) 2.ラツィオ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.アポロン・リマソル(キプロス) 4.マルセイユ(フランス) 【グループI】 1.ヘンク(ベルギー) 2.マルメ(スウェーデン) ――決勝T進出―― 3.ベシクタシュ(トルコ) 4.サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 1.セビージャ(スペイン) 2.FCクラスノダール(ロシア) ――決勝T進出―― 3.スタンダール・リエージュ(ベルギー) 4.アクヒサル(トルコ) 【グループK】 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.レンヌ(フランス) ――決勝T進出―― 3.アスタナ(カザフスタン) 4.ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 1.チェルシー(イングランド) 2.BATEボリソフ(ベラルーシ) ――決勝T進出―― 3.ヴィディ(ハンガリー) 4.PAOK(ギリシャ) 2018.12.14 07:13 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース