趙東建&イバルボ弾の鳥栖が敵地で横浜FMを下す《J1》2018.03.10 15:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノスvsサガン鳥栖が10日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-2で鳥栖が勝利した。

▽開幕から1分け1敗と未勝利の横浜FMが、2分けスタートとなった鳥栖をホームに迎えた。横浜FMは、0-2で敗れた前節の柏レイソル戦から喜田に代えて扇原を起用する1点を変更。一方の鳥栖は2-2で引き分けた前節のV・ファーレン長崎戦から田川に代えてイバルボを起用した。

▽試合は、五分の立ち上がりから主導権争いが繰り広げられていた中、鳥栖が相手のミスを逃さず先制する。12分、横浜FMの天野が自陣で出したバックパスが乱れる。すかさずボールに反応した趙東建が抜け出すと、冷静にGK飯倉との一対一を制し、鳥栖にリードをもたらした。

▽ハーフタイムにかけては、ボールを保持する横浜FMに対して鳥栖が鋭いプレッシングでそれを制御しにかかる。40分には鳥栖に追加点のチャンス。GK飯倉が手で処理できるバックパスに対してボックス正面の内外際どい位置でキャッチする。これがボックス外とみなされ鳥栖がFKを獲得すると、キッカーの原川が直接狙う。しかし、これは壁に直撃した。

▽迎えた後半もポゼッションを重視する横浜FMと、縦に速く仕掛ける鳥栖という構図は変わらない。そんな中、スコアを動かしたのはまたしても鳥栖だった。56分、横浜FMの天野が自陣ボックス内でハンドを取られて、鳥栖がPKを獲得。このPKをイバルボが確実に沈め、鳥栖がリードを2点に広げた。

▽終盤にかけては横浜FMが反撃する。すると72分には決定的なチャンスを演出。二次攻撃からボックス左でボールを拾った遠藤が鋭い仕掛けからカットインシュート。鋭いシュートだったが、右ポストに弾かれてゴールとはならない。

▽その後、87分に横浜FMは松原のパスからボールを受けたウーゴ・ヴィエイラがネットを揺らして1点を返すも、反撃はここまで。鳥栖が今季初勝利を記録した一方、3戦未勝利の横浜FMは2連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

GK権田がスーパーセーブ! 柏と鳥栖の残留争い対決、痛いドロー《J1》

▽22日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第27節の柏レイソル(勝ち点26/17位)vsサガン鳥栖(同26/16位)は、1-1のドローに終わった。 ▽2連敗中の柏は、前節のスタメンから5名を変更。大谷を第17節以来となるスタメン起用した。対する鳥栖は、前節の首位広島戦で1-0の金星。その前節の先発メンバーから原川に代えて小野を抜擢した。 ▽試合は、鳥栖が比較的にボールの主導権を握りにかかる入りに。だが、シュートの形まで結びつけられない。一方の柏もボールを奪えば鳥栖のゴールマウスに迫るが、こちらも攻め手を見いだせず、停滞が続く。 ▽その中で、クリスティアーノがミドルレンジから強引にゴールを狙えば、オルンガもヘディングシュート。対する鳥栖もフェルナンド・トーレスがヘディングシュートで襲いかかるが、いずれもゴールに繋がらない。 ▽こう着状態が続く試合は、40分に動く。ボックス右外でオルンガからボールを回収した大谷がスルーパス。これに反応した小池がボックス右に抜けてパスを送ると、ゴール前の瀬川が右足で合わせ、柏が均衡を破る。 ▽4試合ぶりに失点した鳥栖は、後半の頭から伊東に代えて江坂を投入した柏より先に決定機。48分、右サイドの味方が上げたクロスからゴール前のフェルナンド・トーレスが頭でゴールを狙うが、GKの正面を突く。 ▽それでも、鳥栖が追いつく。52分、右CKのチャンスを獲得。キッカーの三丸が左足のカーブがかかったクロスを送る。これにファーサイドで反応したフリーの金崎が頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。 ▽瀬川の2戦連発となるゴールで手にした1点リードを守り切れなかった柏。すぐさま反撃に出たいところだが、60分に小野を下げて安在を投入した鳥栖に攻めの主導権を握られ、守備に時間を取られてしまう。 ▽金崎の鳥栖加入後2得点目となる一発で息を吹き返した鳥栖は69分、フェルナンド・トーレスに決定的な場面。右サイドから上がったクロスにファーサイドで反応するが、ヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽引き離したい柏は71分、途中出場の江坂に絶好機。見事な判断で右サイドにランした大谷がクロスを送り、反応した江坂が跳躍力を生かしてヘディングで合わせる。これがゴール左に飛ぶが、GK権田の好守に遭う。 ▽73分にフェルナンド・トーレスをベンチに下げた鳥栖を押し込む柏は、オルンガがボックス左のゴール至近距離で左足シュート。さらに、江坂も左足のシュートを枠に飛ばすが、GK権田の牙城を打ち破れない。 ▽2枚目の交代枠で山崎を投入した柏は88分、クリスティアーノがパワーシュートを放つと、ゴール前のこぼれ球に山崎が素早く詰める。だが、これはGK権田がスーパーセーブ。鳥栖は守護神の活躍で事なきを得る。 ▽その後も攻勢に転じた柏だが、最後までスコアに動きなく、残留争いの直接的なライバルである鳥栖と痛いドロー。敵地で1ポイントを積み上げた鳥栖も勝利を逃して、いまだ残留へ予断を許さない状況となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、ファン・ウィジョの2得点に絡む活躍で清水を下しリーグ戦2年ぶり3連勝!暫定14位浮上!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節、清水エスパルスvsガンバ大阪が21日に行われ、2-1でG大阪が勝利した。 ▽前節の勝利で今季10勝目を挙げた10位の清水(勝ち点34)。復帰戦でいきなりゴールを決めた主将・竹内涼は今節も先発。その他、クリスランに代えて出場停止明けのドウグラスが先発に復帰した。 ▽17位のG大阪(勝ち点27)は現在2連勝中。今節の結果次第では降格圏を脱出できるところまできた。スタメンの変更は前節から1点のみ。高江に代えてオ・ジェソクが先発。今季初のリーグ戦3連勝を目指す。 ▽日本代表の森保一監督が見守る中始まった一戦はいきなり動きを見せる。開始30秒、オ・ジェソクが右サイドでタメを作っている間に小野瀬がオーバーラップ。パスを受けた小野瀬からのクロスにファン・ウィジョが反応する。シュートはクロスバーを叩いたが、強いバックスピンがかかったボールはバウンドしてゴールイン。G大阪が電光石火の攻撃で先制した。 ▽早すぎる先制パンチを食らってしまった清水も、コンスタントにゴール前まで攻め込む。14分には、松原のパスを受けたドウグラスがボックス左からシュートを放つ。しかしこれは相手に当たって枠の外へ。24分には細かいパスで中央突破。北川からドウグラスへラストパスが送られるが、藤春にクリアされシュートで終われなかった。 ▽集中した守備を見せるG大阪は26分に追加点を挙げる。倉田が強引にボックス左を突破しクロスを供給。これをニアの小野瀬がフリックして意表を突くと、ゴール前に走り込んだファン・ウィジョが押し込んでネットを揺らした。 ▽1分のゴールはオウンゴール判定となったファン・ウィジョは、この得点を機にギアを上げていく。35分、ボックス手前でボールを持った韓国代表FWはそこからシュートを放ちGKを強襲。さらに39分には味方とのワンツーでカウンターを発動。最終ラインを抜け出したかに思われたが、立田の猛追によりチャンスとはならず。 ▽40分以降は、G大阪は藤春、清水は北川とドウグラスがゴールに迫ったがどちらもネットを揺らすことはできず試合はG大阪の2点リードで折り返した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半も早々のファン・ウィジョのシュートでアグレッシブな入りを見せたG大阪に対し清水は落ち着いた対応を見せる。それでも早く1点を返したいホームチームは60分、カウンターから北川が持ち上がりボックス手前からシュート。さらにそのこぼれ球を回収した竹内のクロスを、白崎が落として最後は北川がシュートを打ち込んだが、白崎のポジションがオフサイドだったためゴールは認められなかった。 ▽迎えた76分、清水に待望の1点が入る。ボックス手前中央、ドウグラスのパスを受けた北川がドリブルでゴール前まで運びそのままゴールに流し込んだ。 ▽このゴールで勢いづいた清水は78分、後方からの大きな展開から北川がシュートを狙うが相手に当たり枠を外れる。さらに83分には、その北川のパスをボックス手前右からダイレクトで狙った立田のシュートが左ポストを直撃。同点にすることはできなかった。 ▽後半アディショナルタイムにも、清水はカウンターから途中出場のクリスランと村田の2人でゴール前まで運ぶが、村田のシュートもポストに阻まれ万事休す。直後に試合終了の笛がなり、最後まで続いた激闘はG大阪に軍配。2016年9月のリーグ戦セカンドステージ第10節から第12節以来2年ぶりのリーグ3連勝を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ミズノが鳥栖FWトーレスとアンバサダー契約! 22日からモレリアを着用!

▽ミズノは21日、サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスとブランドアンバサダー契約を締結したことを発表した。 ▽ミズノは、トーレスからミズノサッカー品に関する改良や開発に対するアドバイスをもらうと共に、サッカー以外のミズノアパレル品の宣伝・広報活動にも協力してもらうとのこと。トーレスは、22日の試合から、ミズノのスパイクを着用する。 ▽トーレスが着用するモデルは、「MORELIA NEO Ⅱ(モレリアネオツー)」を使用。1985 年から販売している「MORELIA」シリーズのコンセプト“軽量・柔軟・素足感覚”はそのままに、よりスピードを求める選手に向けて、約195g(27.0cm)という軽量性とピッチに刺さりやすいスタッド設計が特長のシューズとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180921_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽ブランドアンバサダー契約を結んだトーレスは、喜びのコメントを残している。 「この度、歴史ある日本のスポーツブランド「ミズノ」と、ブランドアンバサダー契約の締結をさせていただき、とても光栄に思っています。プレーしていても全くストレスを感じない履き心地の良さがとても気に入っています。ミズノのシューズと共に、クラブで良い結果を残せるように努めていきたいと思います」 2018.09.21 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

外人枠の規制緩和とHG制度の導入【六川亨の日本サッカー見聞録】

▽Jリーグの原博実副チェアマンは、9月18日の実行委員会後、日本版ホームグロウン制度(以下HG)の導入と外国籍選手の規制緩和について、メディアと意見交換の場を設けた。これは7月の実行委員会でも議題に上ったそうで、来シーズンの課題の1つとして育成と強化に新たなシステムを採り入れるため現在も検討中だという。 ▽そもそもの発端は、2016年にダゾーンと高額契約する際に、Jリーグの競争力を高めるために規制を緩和して外国人枠の見直しをすべきではないかという意見が出たことだった。これはその後、「アジアの提携国の選手は外人枠に入れない」という形で、まずは日本から門戸を開いて行こうということになった。 ▽その結果、今シーズンは札幌のチャナティップだけでなく広島にティーラシン、神戸にティーラトンらタイ代表がJリーグに参入したことで、タイ国内でもJリーグの人気が高まり、観戦に日本を訪れるファンの増加というプラス効果があった。戦力としても効果的なため、この「アジア提携国枠」は今後も見直した方がいいという議論も出ているという。 ▽ヨーロッパに目を向けると、イングランドのプレミアリーグだけでなく、ドイツのブンデスリーガ、スペインのラ・リーガも現地でデーゲームを開催することで、アジアのマーケットの拡大を意識している。そこで日本も外国人枠の規制を緩和し、イニエスタのようなスター選手を獲得することで、アジアのマーケットを拡大したいという狙いがある。 ▽原副チェアマンいわく「外国人を使えと言っているわけではなく、外国人も競争になる。その一方でバスク人だけのアスレチック・ビルバオのようなクラブがあってもいい」と、チーム作りは各クラブに任せる方針だ。 ▽こうした規制緩和に舵を切ると同時に欠かせないのが日本人選手の育成で、HG制度の導入は両輪の輪と言えるだろう。UEFAは25名の登録選手中、「年齢、国籍を問わず15~21歳の3年間、現クラブに登録されていた選手=CTPを4名」か、「同じく協会のクラブに登録されていた選手=ATPを4名」の計8名を登録することを各クラブに義務づけていて、不足した場合は登録枠そのものが減らされることになっている。 ▽現在の日本は登録25名枠にプラスして5名のユース枠を設けているが、将来的に7~8名のHG制度を採用する方向で検討中だ。 ▽現状ではACLは外国人枠が3+1に対し、Jリーグは「アジア提携国枠」がありレギュレーションが違う。さらにCWCでのヨーロッパ勢との対戦では、鹿島が外国人部隊のレアルと対戦するなど整合性が取れていない。このため「すべてを決めているわけではなく、話し合いの土台を作っているところ。多くの方の意見を聞きながら、制度設計のための議論をしているところ」(原副チェアマン)でもある。 ▽規制緩和にあたり、「ロシアW杯の強豪国のGKは190センチ台が常識になりつつあるが、日本人選手の大型GKやCBは少ない。その結果、韓国人選手が増加している。規制緩和でその傾向が強まるのではないか」と懸念をぶつけてみた。 ▽すると原副チェアマンは「GKコーチは各年代で、日本の指導スタッフで一番遅れている。このため指導者の育成が急務になる」との見解を示した。そして「U-17の日本と韓国の試合を比べると、日本はペナルティーエリア内でのプレーが少なく、中盤でのプレーが多い。それが優秀な中盤の選手を生んでいるが、逆に大型GKやストッパー、ストライカーが育ちにくいのではないか」と私見を述べた。 ▽まさに正鵠を射ていると思う。Jリーグの多くのチームはボールロストを恐れ、サイドから攻撃を仕掛けながらも、なかなかクロスを入れない。かつての闘莉王や中澤のように、空中戦に圧倒的な強さを誇る選手も近年は激減した。ゴール前の競り合いほどスリリングなシーンはないだろう。「外国人枠の規制緩和」がJリーグのレベル向上につながるならば、早期の導入を期待したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.09.20 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

過去13年のうち残留ラインと言われる勝点34ではダメだった年が何回あるの?! の巻【倉井史也のJリーグ】

▽広島が負けて川崎が大勝したもんだから優勝争いがすんごくおもしろくなりつつあるんですけど、それにも増してハラハラドキドキなのが今年の残留レース。だってみなさん、26試合が終わったところで、 ・勝点30 湘南(25試合) ・勝点29 横浜FM、鳥栖、柏 ・勝点27 G大阪 ・勝点24 長崎 ▽って、これどんだけやばいのよ。 ▽ということで、今週は過去のこの時点の勝点がどうだったか、そして残留ラインはいくつだったかを調べてみましょう。ってことで、26節時点の順位と、最終節で残留するために必要だった勝点(15位の勝ち点ではなく、16位の勝点プラス1または16位よりも得失点差+1)は、 【2005年】 ・勝点30 柏、新潟 ・勝点29 大分 ・勝点28 清水、大宮 ・勝点25 東京V ・勝点20 神戸 残留ライン 勝点 36 【2006年】 ・勝点30 FC東京 ・勝点27 広島 ・勝点19 福岡、京都 ・勝点18 C大阪 残留ライン 勝点 28 【2007年】 ・勝点29 大分、広島 ・勝点24 甲府 ・勝点21 大宮 ・勝点11 横浜FC 残留ライン 勝点 33 【2008年】 ・勝点27 千葉 ・勝点26 磐田 ・勝点17 札幌 残留ライン 勝点 38 【2009年】 ・勝点30 大宮 ・勝点27 山形 ・勝点26 柏 ・勝点23 千葉 ・勝点14 大分 残留ライン 勝点 35 【2010年】 ・勝点30 仙台 ・勝点27 大宮 ・勝点24 FC東京 ・勝点23 神戸 ・勝点16 京都、湘南 残留ライン 勝点 37 【2011年】 ・勝点29 新潟、大宮 ・勝点28 浦和 ・勝点24 甲府 ・勝点20 山形 ・勝点12 福岡 残留ライン 勝点 34 【2012年】 ・勝点30 大宮 ・勝点28 G大阪 ・勝点26 新潟 ・勝点10 札幌 残留ライン 勝点 40 【2013年】 ・勝点29 甲府 ・勝点23 湘南 ・勝点19 磐田 ・勝点10 大分 残留ライン 勝点 26 【2014年】 ・勝点28 甲府 ・勝点26 C大阪、仙台 ・勝点25 大宮、清水 ・勝点12 徳島 残留ライン 勝点 36 【2015年】 ・勝点29 甲府、鳥栖 ・勝点27 仙台 ・勝点25 新潟 ・勝点21 松本(25試合) ・勝点20 清水 ・勝点18 山形(25試合) 残留ライン 勝点 29 【2016年】 ・勝点28 磐田 ・勝点27 新潟 ・勝点26 甲府 ・勝点19 名古屋、湘南 ・勝点16 福岡 残留ライン 勝点 30(得失点差-19) 【2017年】 ・勝点28 清水 ・勝点26 札幌 ・勝点23 広島 ・勝点21 甲府、大宮 ・勝点11 新潟 残留ライン 勝点 33 ▽今年の特筆すべき点は最下位のチームがこれまでで最も多い勝点を稼いでいるということ。つまり下剋上は起こりやすいのです。となると、下位のチームも順調に勝ち点を伸ばして……ということになりかねず、残留ラインは上がりそう。 ▽ということは2005年のように勝点36が目安か、あるいは2012年のように勝点40を目指さないと残留できないかも。てぇことで、ホームゲームの重みがますます増しているのでした。あ、タイトルの答えは6回。46パーセントも存在してるって、つまり勝点34だったら五分五分ってことですね。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.09.20 21:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース