カリアリ主将ジョアン・ペドロ、禁止薬物摂取で長期出場停止の可能性2018.03.10 03:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア・アンチ・ドーピング裁判所(NAD)は9日、カリアリのブラジル人MFジョアン・ペドロがドーピング検査で陽性だったことを発表した。▽同機関は2月11日に行われたサッスオーロ戦後に採取したジョアン・ペドロの尿からヒドロクロロチアジドという利尿剤が検出されたと発表。ヒドロクロロチアジドは他の禁止薬物の存在を隠すために摂取される『マスキング剤』として知られている。この結果を受けてNADは、原因が判明するまでジョアン・ペドロを無期限の出場停止とするとしている。

▽カリアリで主将を務めるジョアン・ペドロは今季、セリエAで21試合に出場して5ゴールを決め、残留を目指すチームの中心的な存在となっている。

▽なお、カリアリはジョアン・ペドロの潔白に自信を持っているようで、早急にNADに対し、弁解の場を設けて欲しいと訴えている。
コメント
関連ニュース
thumb

ミリクのAT直接FK弾でナポリが劇的勝利《セリエA》

▽ナポリは16日、セリエA第16節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節フロジノーネ戦を主力を温存して大勝した2位ナポリ(勝ち点35)は、4日前の決勝トーナメント進出の懸かっていたチャンピオンズリーグのリバプール戦を0-1と敗戦。首位から3位に転落し、痛恨のグループステージ敗退に終わってしまった。心身共にダメージを受けた中、リバプール戦のスタメンから6選手を変更。インシーニェやメルテンス、ハムシクら主力がベンチスタートとなった。 ▽前節ローマ相手に9人となりながらも引き分けに持ち込んだ13位カリアリ(勝ち点17)に対し、フラットな[4-4-2]を継続したナポリは2トップにミリクとファビアン・ルイス、右サイドにウナス、左にジエリンスキと並べた。そのナポリが立ち上がりからボールを保持して押し込むと、8分にウナスが右サイドからのカットインシュートでオンターゲットを記録した。 ▽一方的な展開としていたナポリだったが11分、ミスパスからピンチを迎え、ボックス右への侵入を許したファラーゴにシュートを打たれたが、GKオスピナがセーブした。 ▽その後もナポリが押し込む展開としたが、主力不在によって連動性を欠き、シュートに持ち込むには至らない。結局、ウナスの単騎突破以外に攻め手のなかったナポリはゴールレスで前半を終えた。 ▽後半開始早々、ファビアン・ルイスに2度決定機が訪れたナポリが攻勢をかけると、50分にはジエリンスキのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のミリクがシュート。決定的だったが、枠の左に外れてしまった。 ▽その後も圧倒したナポリだったが、スコアを動かせなかったことで62分にA・ディアワラに代えてメルテンスを投入。ファビアン・ルイスが左サイドに回り、ジエリンスキが中盤センターに入った。 ▽そのナポリは63分にミリクがGKを強襲するシュートを浴びせると、68分にはミリクのヘディングシュートがバーを直撃。あと一歩でゴールが決まらないナポリは71分にウナスに代えてインシーニェを投入した。 ▽さらに80分、マルキュイに代えてカジェホンを投入し、攻撃の枚数を増やしたナポリは、追加タイム1分に劇的なゴールを挙げる。ゴール正面やや右、約25mの位置で得たFKをミリクが直接狙うと、鋭いシュートがゴール右に決まった。 ▽これが決勝点となってナポリが劇的勝利。ユベントスを8ポイント差で追走している。 2018.12.17 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

9人のカリアリにラストプレー被弾のローマ、痛恨ドローでディ・フランチェスコ解任必至か《セリエA》

▽ローマは8日、セリエA第15節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節インテル戦を2度のビハインドを負いながらも引き分けに持ち込んだ7位ローマ(勝ち点20)は、引き続きディ・フランチェスコ監督の首が危うく負傷者を多数抱える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽ここ3試合引き分けている13位カリアリ(勝ち点16)に対し、[4-2-1-3]で臨んだローマは3トップに右からジェンギズ、シック、クライファート、トップ下にザニオーロを起用した。 ▽そのローマが立ち上がりから押し込むと、3分にザニオーロが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、良い入りを見せたローマが14分に先制した。右クロスをクライファートが丁寧に後方に落とし、ペナルティアーク中央のクリスタンテが左足ミドルでゴール左へ叩き込んだ。 ▽先制後もジェンギズのボレーシュートでゴールに迫ったローマは、20分にもクリスタンテがミドルシュートでカリアリを脅かしていく。 ▽前半半ばからハーフタイムにかけてカリアリの反撃を受けたローマだったが、41分に突き放した。ゴール正面で得たFKをコラロフが直接狙うと、壁に当たってディフレクトしたボールがゴール右に決まった。 ▽そして45分のD・ファリアスのボックス左からのシュートをGKオルセンが防いで前半を2点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半開始7分、ローマはルーズボールを拾ったボックス左のザニオーロが強烈なシュートでGKを強襲。続く61分にもザニオーロがボックス右から右足で際どいシュートを浴びせて主導権を渡さない。 ▽後半半ば過ぎから守勢に回るローマは、クライファートに代えてDFのルカ・ペッレグリーニを投入。しかし84分に1点を返される。右CKからジョアン・ペドロにヘッドでフリックされ、ファーサイドのイオニタに頭で押し込まれた。 ▽試合終了間際、決定機を逸したカリアリはファラーゴとスルナが退場するアクシデントに見舞われ、ローマがこのまま逃げ切るかに思われた。ところが追加タイム5分、スルーパスに抜け出したサウにGKとの一対一を制されてまさかのドロー。9人のカリアリにゴールを許し、勝利を掴み損ねてしまった。 2018.12.09 04:08 Sun
twitterfacebook
thumb

カリアリの10番ジョアン・ペドロ、2022年まで契約延長

▽カリアリは27日、ブラジル人MFジョアン・ペドロ(26)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2014年夏にカリアリに入団したセカンドトップを本職とするジョアン・ペドロは、これまでカリアリで公式戦127試合に出場して34ゴール15アシストと活躍。10番を背負い、キャプテンも務めていたが、今年2月にドーピング検査で陽性判定を受け、6カ月の出場停止処分を受けていた。それでも9月に復帰して以降、セリエAで9試合に先発して3ゴール1アシストと結果を残していた。 2018.11.28 03:05 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今冬に“ルイス・スアレスの後継者”&“アズーリのナインゴラン”獲りに動く?

▽トッテナムが今冬の移籍市場でセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)と、カリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(21)の獲得に乗り出すようだ。イギリス『HITC』が現地メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽今夏の移籍市場でプレミアリーグ史上初となる新戦力補強ゼロに終わったトッテナム。さらに、今季は主力に多くの負傷者が出ており、シーズン後半戦に向けて補強は急務となっている。 ▽その中でクラブが獲得を目指しているのが、手薄なセンターフォワードとセントラルMFの2つのポジションのようだ。 ▽元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテが物足りなさを感じさせているイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーに関しては、リーガエスパニョーラ屈指の若手ストライカーであるマキシ・ゴメスをリストアップしているようだ。 ▽スペイン『Radio Galega』が伝えるところによれば、トッテナムは昨季のリーガで36試合18ゴールを記録し、ウルグアイ代表で“ルイス・スアレスの後継者”と目される生粋のストライカー獲得に興味を示しているという。 ▽屈強なフィジカルと南米出身のストライカーらしい嗅覚と闘争心を併せ持つ同選手は以前にプレミアリーグ移籍に関心を示す発言をしており、そのプレースタイルを含め格好の人材だ。ただ、セルタ側が要求する4400万ポンド(約63億8000万円)という高額な移籍金がネックとなっている。 ▽一方、セントラルMFに関してはユベントスやミランなどのセリエAクラブ、リバプールやアーセナルという国内ライバルが関心を示すバレッラの獲得に関心を示しているという。イタリア『カルチョメルカート』が伝えるところによれば、すでに4000万ユーロ(約51億4000万円)のオファーを準備しているようだ。 ▽現在、ベルギー代表MFムサ・デンベレが負傷離脱中のうえ、同選手に今季限りでの退団が噂されており、トッテナムはイタリア国内で“アズーリのナインゴラン”と評されるボックス・トゥ・ボックスの万能型MFをその後継者として獲得したい考えのようだ。 2018.11.16 16:52 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、ハンダノビッチの後継者をリストアップ

▽インテルが、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(34)の後釜の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽2012年夏にウディネーゼからインテルに加入し、守護神として公式戦260試合に出場するなどインテルの最後尾を支え続けているハンダノビッチ。同選手とインテルの契約は2021年まで残っており、ハイパフォーマンスを維持している。しかし、年齢は34歳というベテランの域に差し掛かっており、インテルも後継者をリストアップしているようだ。 ▽そこで、インテルが白羽の矢を立てたのがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(25)とイタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(24)の2人だという。 ▽アレオラは、今シーズンここまで公式戦9試合に出場しているが、PSGとの現行契約は今シーズン限りであり、同クラブとの契約延長には至っていない。そのため、来夏にはフリーでの獲得が可能になる。 ▽クラーニョは今シーズンここまで公式戦9試合に出場し、好パフォーマンスを披露。イタリア代表に選出されるなど高い評価を受けている。しかし、今年2月にカリアリとの2022年6月末までの新契約にサインしており、オペレーションは簡単ではなさそうだ。 2018.11.09 19:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース