カリアリ主将ジョアン・ペドロ、禁止薬物摂取で長期出場停止の可能性2018.03.10 03:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア・アンチ・ドーピング裁判所(NAD)は9日、カリアリのブラジル人MFジョアン・ペドロがドーピング検査で陽性だったことを発表した。

▽同機関は2月11日に行われたサッスオーロ戦後に採取したジョアン・ペドロの尿からヒドロクロロチアジドという利尿剤が検出されたと発表。ヒドロクロロチアジドは他の禁止薬物の存在を隠すために摂取される『マスキング剤』として知られている。この結果を受けてNADは、原因が判明するまでジョアン・ペドロを無期限の出場停止とするとしている。

▽カリアリで主将を務めるジョアン・ペドロは今季、セリエAで21試合に出場して5ゴールを決め、残留を目指すチームの中心的な存在となっている。

▽なお、カリアリはジョアン・ペドロの潔白に自信を持っているようで、早急にNADに対し、弁解の場を設けて欲しいと訴えている。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェルビーニョのゴールがヤバい!ピッチ80メートルを爆走する衝撃のゴール

▽パルマのコートジボワール代表FWジェルビーニョが、カリアリ戦で見せたゴールが凄すぎると話題になっている。 ▽ジェルビーニョは今夏、河北華夏からパルマに移籍。2年半ぶりのイタリア復帰を果たした。 ▽話題となっているのはセリエA第5節のカリアリ戦でのゴール。47分、攻め込まれていた展開から、自陣のボックス手前でボールを受けたジェルビーニョはそこからカウンターを発動した。チェックに来た相手を爆発的なスピードで躱し、一気に敵陣を中央突破。最終ラインを守っていたDFもそのままの勢いで抜き去り最後は、ボックス右からのシュートがポスト右を弾いて逆側のサイドネットに突き刺さった。およそ80メートルを爆走する衝撃的なゴールだった。 ▽試合後にジェルビーニョは「これが僕のベストゴールかどうかはわからない。これまで沢山ゴールを決めてきたからね」とジョークを交えつつ、「パルマの来られて幸せだ。ファンも本当に暖かい歓迎をしてくれた」と感謝の言葉も残した。また、ツイッターでもこのスーパーゴールを振り返り、「スタジアムの素晴らしい雰囲気のおかげ」と謙虚な姿勢を示している。 2018.09.23 18:47 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、ピルロ氏絶賛のバレッラ獲得へ

▽リバプールはカリアリのイタリア代表MFニコーロ・バレッラ(21)の獲得に動くようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽バレッラは先日のUEFAネーションズリーグに臨むイタリア代表に選出された同国の逸材選手。リバプールはバレッラ獲得に3500万ユーロ(約46億円)のオファーを既に準備している模様だ。また、以前から関心を示していたとされるユベントスの同選手に対する興味が薄れたと伝えられている一方で、ミランも長期的な関心を示しているようだ。それでも、伝えられるところによるとリバプールは獲得に「自信を持っている」という。 ▽カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。加入初年度からリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格に貢献した。また昨シーズンはリーグ戦34試合に出場し6ゴールを記録しチームには欠かせない存在になり、今シーズンもここまで4試合で1ゴールを記録。16日に行われたセリエA第4節のミラン戦の際には、ロッソネリのレジェンド、アンドレア・ピルロ氏がバレッラのプレーを絶賛。「見ていて楽しかった。彼は正しいスペースを見つけることが出来るんだ」とコメントを残していた。 2018.09.22 17:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、ミランのドローに落胆「戦術もメンタルも本当に酷い。潜在力はあるが」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは16日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ドローに終わったカリアリ戦の反省点を述べた。<br><br>■立ち上がりが課題と分析するガットゥーゾミランは16日、セリエA第4節においてアウェイでカリアリと対戦。試合開始直後の4分に先制点を献上すると、55分、ミランはFWゴンサロ・イグアインのゴールで追いついたが、試合はこのまま1-1で終了した。試合終了後、ガットゥーゾは課題を述べた。<br><br>「試合の立ち上がりだが、解決すべき点がある。今日のような最初の20分間は困る。戦術面、メンタル面において本当に酷かった。当然、改善していかなければならない。0-2でリードを許してしまえば、追いつくこともできなくなるからね。良かったところを考えている場合ではなく、問題点と向き合わなければならない。ボールをキープするのが好きだとは言え、上手くいかなければリセットして残りの10分間を別の形でプレーしなければならない。後半の出来で取り返せたとは言えない。カリアリには2-0になるチャンスもあったわけで、そうなっていれば今頃、別の話をしていただろう。このチームは若くて強いチームだ。今のミランなら、もっとできるということをいまだに感じ取っていない者もいる。態度から改善していくべきだ」<br><br>またミランの闘将は、試合終了後に怒りを露わにしていたイグアインに対して、「試合が終わった後に怒るべきではない。勝てる可能性があったのだから、もっと前に考えなければ」と述べ、苦言を呈した。だが一方でイグアインを十分に活かすことができていない現実も認めている。「その通り。彼の方から近寄って来ることが多い。(ハカン)チャルハノールやスソと試行錯誤しているが、今日は30分間、中盤やサイドから誰も飛び出してくる選手がいなかった」と続けた。<br><br>最後に指揮官は、「道のりはまだ長い。このチームには潜在能力があるが、2位や3位だと言う声には吹き出してしまう。改善していくことでより良い成績を収めることができるはずだ。このチームには毒牙があるが、まだ出せずにいる」と述べ、チームの成長を期待した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.17 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアインが移籍後初ゴールもミラン、敵地でカリアリにドロー《セリエA》

▽ミランは16日、セリエA第4節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ローマ戦を途中出場のクトローネのラストプレー弾で制して今季初勝利としたミランは、ローマ戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽1勝1分け1敗スタートのカリアリにアグレッシブな入りを許したミランは、4分に先制される。ロングボールに抜け出したパヴォレッティの強烈なシュートは左ポストを直撃するも、ルーズボールをボックス右のジョアン・ペドロに押し込まれた。 ▽ドーピングにより半年間の出場停止処分を受けていた主将の復帰弾を浴びたミランは、その後もカリアリの圧力を受ける中、11分にチャルハノールがボックス内から際どいシュートを浴びせると、14分にはリカルド・ロドリゲスがミドルシュートで同点弾に迫っていく。 ▽その後、16分にCKの流れからバレッラの強烈なミドルシュートが左ポストを直撃してひやりとしたミランは、27分に決定機。右サイドからのカラブリアの左足クロスをファーサイドのボナヴェントゥーラがボレー。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽前半半ば以降、ミランが敵陣でボールを持つ時間を増やしたものの、チャンスは生み出せずに前半を終えた。 ▽後半もミランが押し込む展開とすると、55分に同点とした。決めたのは移籍後初ゴールとなるイグアイン。ケシエがボールをカットしてルーズとなったところを、イグアインがボックス右で拾って飛び出したGKを交わすと、厳しい角度から無人のゴールに流し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るミランはスソがカットインシュートで逆転ゴールに迫るも、徐々に攻撃がトーンダウン。そこで73分にチャルハノールに代えてカスティジェホを投入した。 ▽そのミランは追加タイム1分にスソが再びカットインシュートでゴールに迫れば、直後にもイグアインがヘディングシュートを浴びせるも、いずれもわずかに枠の左に外れてタイムアップ。イグアインに待望の移籍後初ゴールが生まれたものの、勝ち点1獲得に留まった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 05:26 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリに再び悲しみの報せ…元プリマヴェーラ所属のポーランド人FWが20歳で急逝

▽カリアリは10日、かつてプリマヴェーラに所属したポーランド人FWクリスティアン・ポピラが20歳の若さでこの世を去ったことを伝えた。 ▽なお、イタリア『サルディーニャ・スポルト』が伝えるところによれば、ポピラは9日に母国ポーランドで自身が運転する乗用車がコントロールを失い、ガードレールに衝突。その後、死亡が確認されたとのことだ。 ▽2016年1月に17歳でカリアリのプリマヴェーラに加入した半年間の在籍で10試合に出場するなど、主力として活躍。その後、ポーランドに戻ってキャリアを続けた同選手は今季からポーランド4部のスタル・ジェシュフでプレーしていた。 ▽カリアリはポピラの訃報を受けて、「サルディーニャに滞在中は常に笑顔を絶やさずにいたポピラはクラブに関わる多くの人たちに愛されていました。そして、カリアリに関わるすべての関係者が心から冥福を祈っています。さようなら、クリスティアン」と、哀悼の意を表した。 ▽カリアリでは今年3月にかつて在籍していたイタリア代表DFダビデ・アストーリが急逝しており、わずか半年ほどの間でかつてクラブに在籍していた2人の悲しみの報せを受け取ることになった。 2018.09.10 23:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース