横浜FM、DF栗原勇蔵が左足肉離れで全治6〜8週間…ルヴァン杯FC東京戦で負傷2018.03.09 16:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは9日、DF栗原勇蔵の負傷離脱を発表した。▽栗原は、7日に行われたJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第1節、FC東京戦(1-0で横浜FMが勝利)で負傷。横浜市内の病院で検査を受け、左ハムストリング肉離れで全治6〜8週間の見込みだ。

▽横浜FMは10日に行われる次戦、明治安田生命J1リーグ第3節でサガン鳥栖をホームで迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

エンソ・ペレスが神戸イニエスタと競演も! 横浜FMとFC東京も獲得に名乗りか

▽リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエンソ・ペレス(32)のJリーグ入りが近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽エンソ・ペレスは2003年にゴドイ・クルスでプロデビュー後、エストゥディアンテスやベンフィカ、バレンシアでプレー。代表としても26試合1得点をマークし、2014年のブラジル大会から2大会連続のワールドカップメンバー入りを果たした実力者だ。 ▽そのエンソ・ペレスは、2017年夏にバレンシアからリーベル・プレートに移籍。南米方面の報道では、9日のボカ・ジュニアーズとのコパ・リベルタドーレス第2戦が移籍前ラストマッチとなった可能性も伝えられており、日本行きがほぼ確実だという噂も囁かれている。 ▽なお、『カルチョメルカート』は、エンソ・ペレスの新天地候補としてヴィッセル神戸、横浜F・マリノス、FC東京を列挙。特に、神戸には元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが既に加入している他、元スペイン代表FWダビド・ビジャの来シーズン加入が発表となったが、果たして…。 2018.12.14 17:29 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラ、MFオリヴィエ・ブマルが契約満了

▽横浜F・マリノスは10日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(30)、カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマル(29)の契約満了を発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは、2017年にセルビアのツルヴェナ・ズヴェズダから加入。1年目に明治安田生命J1リーグで28試合に出場し10得点を記録。ルヴァンカップで5試合出場3得点、天皇杯で5試合出場5得点を記録した。 ▽2年目となった今シーズンは、J1で31試合に出場し13得点を記録。ルヴァンカップでは10試合に出場し5得点を記録し、チームを決勝まで導いた。また、天皇杯では3試合で4得点を記録している。 ▽ブマルは、中国の遼寧宏運足球倶楽部から今シーズン加入。J1で15試合に出場し2得点、ルヴァンカップで4試合に出場し1得点、天皇杯では1試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWウーゴ・ヴィエイラ 「長くプレーしたいと思えたチームを離れるのは辛いことですが、たくさんの素晴らしい思い出を持ち帰ります。ファン・サポーターの皆さん、チームメイト、クラブスタッフの皆さん、今まで本当にありがとうございました。これからは、いちサポーターとしてマリノスを応援します。一度トリコロールの仲間になった私は永遠にトリコロールの一員です!」 ◆MFオリヴィエ・ブマル 「日本で最高の素晴らしい経験が出来ました。なかなか試合に絡めなかったので、自分としてはチームの力になれたかどうかは非常に心許なくはありますが。日本という国、日本人との関わり方を学ぶことができた、とても楽しい一年間でした。ファン・サポーターの皆さん、本当にありがとうございました」 2018.12.10 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FM、GK鈴木彩貴が契約満了…2017年加入も出番なし

▽横浜F・マリノスは8日、GK鈴木彩貴(31)の契約満了に伴う退団を発表した。 ▽鈴木は2010年にブラウブリッツ秋田でプロキャリアをスタート後、ギラヴァンツ北九州を経て、2017年から横浜FMでプレー。だが、今シーズンを含め、在籍2年間で出番がなかった。 ▽退団が決定した鈴木はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメント。感謝の言葉を綴った。 「今シーズンもご声援頂きありがとうございました。2年間という短い期間でしたが、横浜F・マリノスでプレー出来たことに感謝しかありません。このクラブで得た多くの経験を今後のサッカー人生に生かしていけるよう、日々精進して参りたいと思います。この2年間共にプレーしたチームメイト、スタッフの皆さま、チーム関係者、スポンサーの皆さま、そしてサポーターの皆さま、本当にありがとうございました」 2018.12.08 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMが徳島DF広瀬陸斗を完全移籍で獲得「持てる力を最大限発揮」

▽横浜F・マリノスは6日、徳島ヴォルティスのDF広瀬陸斗(23)が完全移籍で加入することを発表した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽広瀬は、埼玉県出身で、浦和レッズジュニアユース、ユースと所属。2014年に水戸ホーリーホックへと加入した。2015年からは徳島でプレー。J2通算128試合出場4得点、天皇杯通算8試合出場2得点を記録していた。 ▽U-17からU-19までは日本代表も経験している。広瀬はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、徳島ヴォルティスから加入することになった広瀬陸斗です。魅力的なサッカーをするクラブに入ることができとても嬉しいです。自分が持てる力を最大限発揮してチームに貢献します。応援よろしくお願いします」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽また、4シーズン在籍した徳島を通じてもコメント。ファン・サポーターへの感謝を述べている。 「このたび横浜F・マリノスに移籍することになりました。4年間暖かい声援をありがとうございました。ここ2年間、怪我が重なりチームにも貢献できず悔しい思いでいっぱいですが、自分らしくJ1で活躍できるよう怪我をせず頑張ります。徳島で応援いただいた皆様に本当に感謝しています。4年間、ありがとうございました」 2018.12.06 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー監督、母国代表就任噂も横浜FM続投を明言! その理由は?

▽横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が、同クラブとの契約を更新したことを明かした。『FOXスポーツ』が伝えている。 ▽オーストラリア代表監督を辞任し、今シーズンから横浜F・マリノスを指揮したポステコグルー監督。これまで横浜FMが伝統としていた堅守ベースのサッカーからアタッキングフットボールへとチームのスタイルを転換し、リーグ戦では12位に終わったものの、YBCルヴァンカップでは17年ぶりの決勝進出を果たした。 ▽そんな同監督は10月に自身の母国であるギリシャ代表監督就任の噂が浮上。しかし、ポステコグルー監督は今回横浜FM続投に合意したことを明かし、その理由について説明した。 「横浜F・マリノスは常に一貫したクラブであった。とても守備的で、実利主義で構築されていた。私はそれをひっくり返した」 「それは大胆なことであった。選手にとってもクラブにとっても大きな変化でだった。今回の移籍市場では我々のプレースタイルに合う選手たちを引き入れるチャンスになる」 「ヨーロッパ、そして私が生まれて国であるギリシャに戻ることは魅力的なものだった。ただ今は私のクラブでフットボールを楽しんでいる。代表チームがどういうものかは全て理解しているが、そこに戻る準備はできなかった」 「いつか代表チームの指揮に戻るかもしれないが、今はクラブでの指揮に最も刺激を受けている。ここから離れる前に何かを成し遂げたい。それが今の私の重要な原動力となっている」 「2週間前にはもう1年とどまることに合意していた。彼らはこの道を進み続けることに熱心だ。彼らは5年間、優勝から遠ざかっている。彼らは異なるアプローチを望み、それをそれを見たいと思っている。彼らはそこに強い気持ちを持っている。選手たちもそうだ。だからもう1年契約を更新した」 2018.12.05 11:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース