ナポリ、ビッグクラブ注目のMFアランと2023年までの新契約締結!2018.03.09 04:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは8日、ブラジル人MFアラン(27)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。クラブ公式ツイッターが伝えている。

▽2015-16シーズンにウディネーゼからナポリに加入したアランは、豊富な運動量と非凡なボール奪取能力に加え、シンプルなボール捌きを武器にナポリ中盤のダイナモとしてなくてはならない存在に成長。今季ここまでは公式戦39試合に出場し、4ゴール4アシストを記録している。

▽そのアランにはプレミアリーグ勢を中心に多くのビッグクラブが獲得に興味を示していたが、2019年までの現行契約を新たに4年延長し、ヨーロッパで最も魅力的なフットボールを展開するクラブの1つと評されるナポリでのプレー継続を決断した。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリDFクリバリ、ELでの戦いに自信「僕らは家族。タイトルを勝ち取りたい」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリは、16日のカリアリ戦終了後にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返ったほか、ヨーロッパリーグ(EL)での意気込みを語った。<br><br>リーグ戦2位のナポリは16日、セリエA第16節において敵地でカリアリと対戦。後半アディショナルタイムのFWアルカディウシュ・ミリクの得点により、1-0で劇的な勝利を収め、首位ユベントスとの差を8ポイントでキープした。今シーズン、セリエA全試合でフル出場しているナポリの不動のセンターバックは、欠場した主将のMFマレク・ハムシクに代わってキャプテンマークを巻いてプレーし、胸を張った。<br><br>「キャプテンを務めることができて誇りに思う。だが勝利することの方が重要であり、そちらを最優先に考えていた。立ち上がりは悪かったが、後半になってより気迫の入ったプレーをできたと思う。ミリクのことは僕らも誇らしく思う。フリーキックの練習をかなりやっていたので、ゴールが決まって僕らも嬉しいよ」<br><br>なおカリアリ戦において、指揮官のカルロ・アンチェロッティはスタメンを大幅に入れ替えて臨んだ。<br><br>「アンチェロッティの選択?『全員がプレーする準備をしておかなければならない』と言っているが正しいと思う。今日はそれを証明できた。僕らは団結したチームである以上に、家族のような感覚だ。皆で何かタイトルを勝ち取りたい」<br><br>ナポリは11日のリバプール戦に敗れ、チャンピオンズリーグ(CL)敗退が決定。ヨーロッパリーグ(EL)に回ることになるが、クリバリはELの舞台で頂点に上り詰めたいと考えている。<br><br>「このトロフィーを獲得できると強く信じている。CLにおいても、どんな相手であろうと自分たちのプレーが通用することを証明した。次はこの大会で最後までたどり着きたい。僕たちにはそれを可能にできる武器がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 19:24 Mon
twitterfacebook
thumb

「EL決勝でチェルシーと対戦は夢」ナポリ指揮官アンチェロッティ、サッリとの対戦を臨む

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティは、16日のカリアリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、チームの現状について語った。<br><br>ナポリは16日、セリエA第16節において敵地でカリアリと対戦。試合終盤までスコアレスの状態が続いていたが、後半アディショナルタイムにFWアルカディウシュ・ミリクが決勝点を決めて、ナポリが劇的な勝利を収めた。リーグ戦では3連勝を飾ることに成功したナポリだが、11日にアンフィールドで行われたリヴァプール戦では0-1で敗れ、チャンピオンズリーグ(CL)から敗退している。イタリア人の名将はチームの現状を語った。<br><br>「当然、CL敗退はショックだった。だがチームが奮起していることを理解するのに、この試合を見る必要はなかった。まだ成長できるし、成長していかなければならない。リーグ戦での競争力はある。CLでもそれを示した。コッパ・イタリアやヨーロッパリーグ(EL)でも競争力を示せるよう願っている。クラブは非常にしっかりとしたクラブで、非常に明確なプログラムもあり、私も賛同している。たった一度の勝利や敗北に左右されることはない」<br><br>続いてアンチェロッティは、EL決勝の舞台へ勝ち進み、元ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリが率いるチェルシーと対戦できるよう願っている。<br><br>「サッリのチェルシーと決勝で対戦するのは夢だ。決勝が夢であることに変わりない。だが乗り越えていかなければならないステップは多い。これから抽選でどのチームが対戦相手になるのか見どころだ。(死の組だった)CLのグループよりも恵まれることを願っているよ。試合を準備する時間は十分ある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリクのAT直接FK弾でナポリが劇的勝利《セリエA》

▽ナポリは16日、セリエA第16節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節フロジノーネ戦を主力を温存して大勝した2位ナポリ(勝ち点35)は、4日前の決勝トーナメント進出の懸かっていたチャンピオンズリーグのリバプール戦を0-1と敗戦。首位から3位に転落し、痛恨のグループステージ敗退に終わってしまった。心身共にダメージを受けた中、リバプール戦のスタメンから6選手を変更。インシーニェやメルテンス、ハムシクら主力がベンチスタートとなった。 ▽前節ローマ相手に9人となりながらも引き分けに持ち込んだ13位カリアリ(勝ち点17)に対し、フラットな[4-4-2]を継続したナポリは2トップにミリクとファビアン・ルイス、右サイドにウナス、左にジエリンスキと並べた。そのナポリが立ち上がりからボールを保持して押し込むと、8分にウナスが右サイドからのカットインシュートでオンターゲットを記録した。 ▽一方的な展開としていたナポリだったが11分、ミスパスからピンチを迎え、ボックス右への侵入を許したファラーゴにシュートを打たれたが、GKオスピナがセーブした。 ▽その後もナポリが押し込む展開としたが、主力不在によって連動性を欠き、シュートに持ち込むには至らない。結局、ウナスの単騎突破以外に攻め手のなかったナポリはゴールレスで前半を終えた。 ▽後半開始早々、ファビアン・ルイスに2度決定機が訪れたナポリが攻勢をかけると、50分にはジエリンスキのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のミリクがシュート。決定的だったが、枠の左に外れてしまった。 ▽その後も圧倒したナポリだったが、スコアを動かせなかったことで62分にA・ディアワラに代えてメルテンスを投入。ファビアン・ルイスが左サイドに回り、ジエリンスキが中盤センターに入った。 ▽そのナポリは63分にミリクがGKを強襲するシュートを浴びせると、68分にはミリクのヘディングシュートがバーを直撃。あと一歩でゴールが決まらないナポリは71分にウナスに代えてインシーニェを投入した。 ▽さらに80分、マルキュイに代えてカジェホンを投入し、攻撃の枚数を増やしたナポリは、追加タイム1分に劇的なゴールを挙げる。ゴール正面やや右、約25mの位置で得たFKをミリクが直接狙うと、鋭いシュートがゴール右に決まった。 ▽これが決勝点となってナポリが劇的勝利。ユベントスを8ポイント差で追走している。 2018.12.17 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、ファン・ダイクの危険タックルに「ビデオを見ればレッド」

▽ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループC最終節リバプール戦での判定に不満を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が指揮官のコメントを伝えた。 ▽決勝トーナメント進出を懸けた3位のリバプール(勝ち点6)、首位のナポリ(勝ち点9)によるグループC最大の大一番。試合は前半34分にFWモハメド・サラーのゴールで先制に成功したリバプールが、試合終盤のナポリの猛攻をGKアリソン・ベッカーのビッグセーブで凌ぎ、1-0で勝利。この結果、同時刻開催で勝利したパリ・サンジェルマンが首位通過、リバプールが2位通過を果たし、ナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。 ▽ただ、同試合では前半立ち上がりの13分にリバプールDFヴィルヒル・ファン・ダイクがナポリFWドリエス・メルテンスに見舞ったハードチャージに関する判定がひとつのターニングポイントになった。 ▽同場面ではルーズボールに反応したファン・ダイクがスライディングでクリアを試みた際、先にボールに触ったものの、後方で反応していたメルテンスの左脛の内側に足裏を見せたハードチャージを見舞った。幸い、メルテンスに大きなケガはなかったが脛の骨折やヒザ、足首のじん帯を損傷する可能性もある非常に危険なプレーだったと言わざるを得なかった。 ▽結局、主審はファン・ダイクが先にボールを触っていたとの判断からイエローカードの掲示に留まったが、試合後の公式会見に出席したアンチェロッティ監督はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が用いられれば、退場の可能性が高かったとの持論を展開した。 「ビデオで確認すれば、レッドカードだった」 「VARに関する大きくの議論があるが、VARがチャンピオンズリーグに来るのはあまりに遅すぎた」 ▽一方、ファウルの当事者となったファン・ダイクは自身のプレーの正当性を主張している。イギリス『インデペンデント』がオランダ代表DFのコメントを伝えた。 「それは全く悪いチャレンジだったとは思っていない。不運なことに私は彼と接触してしまったが、自分に彼を傷つける意図やあのような接触を意図していなかった」 「僕はボールにチャレンジしていたし、スリッピーなピッチで滑った結果、彼に接触してしまった。ただ、それもフットボールのひとつの側面だ」 ▽今回のプレーに関しては識者の間でも意見が分かれる難しい判断だったが、ナポリ側とすれば、同選手の退場か否かで試合の流れが大きく変わっていたと考えており、VARの有無を含めて少し不公平な判定と感じたようだ。 ▽なお、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日にCL決勝トーナメントからのVAR導入を発表している。 ◆危険なプレーに間違いはないが… https://twitter.com/tancredipalmeri/status/1072818266563862528 2018.12.12 23:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ撃破で逆転決勝T進出!興奮冷めやらぬクロップ「アドレナリンがまだ出続けている」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、興奮した様子でナポリ戦に勝利した喜びを語った。<br><br>11日に行われたチャンピオンズリーググループC最終節で、リバプールはホームでナポリと対戦。この試合で勝利が絶対に必要なリバプールは、34分にモハメド・サラーが奪ったゴールを守り切り、1-0でナポリを下した。この結果、勝ち点でナポリと並んだが総得点で上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。<br><br>試合後、クロップ監督はグループリーグ突破を受け、興奮冷めやらぬ様子で試合を振り返った。<br><br>「まだアドレナリンが出続けている。この試合はただただアメージングで、アンビリーバブルだった。選手たちは気持ちを前面に出してピッチに立ち、ゲームにのめり込んでいた。オフェンスからの守備やプレスは今まで見た中でベストだった」<br><br>「1-0になってからの時間帯が最も難しかった。ナポリはすぐに取り返そうとしていて、これにより試合はさらに激しいものになった。後半も前半と同じような戦いが必要だった。そして65分が過ぎた辺りからカウンターの応酬になった」<br><br>さらに、決勝点を奪ったサラーと終了間際にアルカディウシュ・ミリクのシュートを防いだアリソンへ賛辞を送った。<br><br>「モーのゴールは、素晴らしかった。アリソンが見せたセーブに関しては言葉がない。あれは命の恩人だった。今夜、選手たちがやったことを誇りに思う」<br><br>また、数名の負傷者が出たものの、いずれも深刻なものではないだろうと話したクロップ監督は、ベスト16でレアル・マドリーにリベンジしたいかとの質問にも回答した。<br><br>「私が知っている限りでは多くのファンがパリ・サンジェルマンへのリベンジの機会を欲しているということだ。その質問に関して言うことはない。今は抽選会を待つだけだ。しかし、今夜の7時55分(試合開始の5分前)まではその抽選会に我々の名前があるか確信を持てなかったが、グループ2位に滑り込んだ」<br><br>「だから、我々が対戦するのはかなり手強い相手だけだ。それ以上に言うことはない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:10 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース