【プレビュー】シーズン最後の大会、全日本フットサル選手権の今大会で見るべき5つのポイントを紹介2018.03.08 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽フットサルの歴史あるカップ戦、全日本フットサル選手権の決勝ラウンドが9日に開幕する。

▽23回目を迎える今大会の決勝ラウンドではFリーグで優勝した名古屋オーシャンズ(愛知県)と準優勝のペスカドーラ町田(東京都)に加え、予選ラウンドを勝ち上がったバルドラール浦安(千葉県/Fリーグ)、フウガドールすみだバッファローズ(東京都/関東地域第3代表)、湘南ベルマーレ(神奈川県/Fリーグ)、シュライカー大阪(大阪府/Fリーグ)、府中アスレティックFC(東京都/Fリーグ)、フウガドールすみだ(東京都/Fリーグ)の6チームが勝ち進んだ。

▽シーズン最後のタイトル獲得に向けた大一番の注目ポイントを5つに絞って紹介していく。

◆3年ぶりの国内3冠へ
(C)CWS Brains,LTD.
▽絶対王者と言われた名古屋だが、昨シーズンは世代交代が進まずに大阪の前に初めてリーグタイトルを逃した。しかし、今シーズンはブラジル代表のFPラファとFPルイジーニョ、ブラジル人FPヴァルチーニョの“ブラジル人トリオ”に加え、日本代表FP吉川智貴がスペインから復帰。さらに日本代表FP西谷良介がすみだから加入ことも大きく、国内で無類の強さを見せつけて2年ぶり10度目の優勝を飾った。

▽そんな名古屋は、シーズン前に行われたFリーグオーシャンカップ2017でも優勝を果たしており、全日本選手権を獲れば国内3冠達成となる。この国内3冠はこれまで名古屋しか達成していない記録(昨シーズンは大阪がFリーグと全日本選手権を獲得したが、オーシャンカップは開催されず)。しかし、そんな名古屋でも2014年以降は3冠を達成できていない難しい記録となる。

▽特に名古屋にとって全日本選手権は“鬼門”だ。2007年に前身の大洋薬品BANFFが初優勝して以降、2013年から3連覇を果たすものの、10大会で4度の優勝に留まる。Fリーグでは絶対王者の地位を確立しているものの、一発勝負は別物。そんな苦手な全日本選手権で逆境を乗り越えて3年ぶりの国内3冠達成となるかに注目だ。

◆前回王者大阪は新監督の下で新たなフットサルへ
(C)CWS Brains,LTD.
▽前回大会の王者である大阪は、今シーズンのFリーグで苦しい戦いを強いられた。木暮賢一郎監督の下、2017シーズンはFリーグで初優勝。しかし初めて臨んだAFCフットサルクラブ選手権では、準々決勝でタイのチョンブリ・ブルーウェーブに敗れた。さらに、その後のリーグ戦では負傷者が相次ぎ、リーグ戦5位で臨んだプレーオフも1回戦で敗退した。

▽挫折が多かったシーズンを終えた大阪は木暮監督の退任が発表され、全日本選手権では新監督に就任した比嘉リカルド監督(アルビレックス新潟やFC琉球でサッカー選手としてプレー)が指揮を執っている。先週まで行われていた予選ラウンドでは、格下の相手ばかりながらも3戦全勝、3試合で30ゴールを奪うなど指揮官交代が功を奏したのか“攻撃の大阪復活”を印象付けるパーフェクトな結果を残した。

▽決勝ラウンドの準々決勝では、Fリーグプレーオフ1回戦で敗れた町田と再戦。昨シーズンの優勝を争った相手でもあり不足はない。果たして、新指揮官の下、新生大阪がどのようなフットサルを見せるのか。

◆躍動の湘南が2003年以来の優勝を目指す
(C)CWS Brains,LTD.
▽今シーズンのFリーグで最も話題をさらったのは、湘南で間違いない。今大会も台風の目となるだろう。昨シーズンまで指揮を執っていた横澤直樹はアナリストプレーヤーとして現役に電撃復帰。初のFリーガーとなった横澤は、ピッチ内で選手と試合を共有し、その場で戦術を伝える重要な役目を担っている。奥村敬人新監督と共に2頭体制で臨むと2016-17シーズンは10位だったチームが、2017シーズンは3位にジャンプアップ。プレーオフ準決勝では町田に敗れたものの、Fリーグ参戦後最高のシーズンを送った。

▽今大会でも決勝ラウンドまで勝ち進んだ湘南にとって2003年以来の優勝に向けてモチベーションは高いところ。その大会では前進のP.S.T.C LONDRINAとして出場し、奥村監督も選手として活躍。当時は、今大会の会場の隣に併設されている駒沢体育館で優勝トロフィーを掲げた。同じ駒沢を舞台に、新たな歴史の1ページとなれるか。

◆決勝での親子対決に向けて
(C)CWS Brains,LTD.
▽今大会では、Fリーグの下部組織が3チーム予選ラウンドに出場。名古屋の下部組織である名古屋オーシャンズサテライト、湘南ベルマーレの下部組織であるP.S.T.C LONDRINAは健闘するもFリーグチームの前に決勝ラウンド進出を阻まれた。そんな中、すみだの下部組織であるフウガドールすみだバッファローズはバサジィ大分、アグレミーナ浜松と言ったFリーグチームと同居しながらもグループ1位で決勝ラウンドへと駒を進めている。

▽トップチームのすみだも同じく決勝ラウンドに進出し、2009年以来の優勝を目指す。その大会では、当時は関東リーグに所属していた前身のFUGA MEGUROとして出場。今回のバッファローズと同様にFリーグチームをなぎ倒し、決勝では名古屋オーシャンズにも勝利するなど歴史に残るジャイアントキリングを見せた。

▽すみだとバッファローズが対戦するのは決勝か3位決定戦。決勝の舞台で相見えることになれば、間違いなくフットサル界に語り継がれる名勝負となるだろう。

◆現役最後に有終の美を
(C)CWS Brains,LTD.
▽フットサルのシーズンはこの全日本選手権で幕を閉じる。そのため、この大会を最後に、現役を引退する選手も多く、最後の雄姿を見せられる舞台だ。現時点で、決勝ラウンドに勝ち残り、今大会限りで引退を発表している選手は浦安のFP岩本昌樹と大阪のFP佐藤亮だ。

▽岩本は浦安の前身であるPREDATOR時代から活躍し、今年42歳を迎えた大ベテラン。しかし、そのテクニックは錆び付いておらず、少ない出場機会でも観客を魅了してくれる。引退発表のコメントでは「これまで応援していただいた方へ、少しでもプレーで恩返しできるように、そして最後の戦いの舞台で、選手、監督、スタッフ、ファンサポーター、すべての方が最高の笑顔になれるような結果を出せるよう、全力で臨みたい」と意気込み十分だ。

▽日本代表としても活躍しスペイン1部でのプレー経験がある佐藤は、2016シーズンはキャプテンを務めて大阪を初のFリーグ優勝に導いた。32歳とまだ若いうちでの現役引退だけに惜しむ声も多い。そんな佐藤も最後の大会に向けて「優勝タイトルを目指して最後まで自分らしくチームの勝利に貢献できるよう気持ちを振り絞り全力で戦い抜きます」と連覇に向けて並々ならぬ決意を語った。

▽彼ら以外にも、大会終了後に現役を退くと決めている選手は少なくないだろう。そんな彼らの最後の晴れ舞台を是非会場で見届けて欲しい。今シーズン最後の大会である全日本フットサル選手権は3月9日に駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で開幕する。

◆大会スケジュール
▽3/9(金)
【準々決勝】
《11:00》
バルドラール浦安vsフウガドールすみだバッファローズ――[1]
《13:15》
フウガドールすみだvs湘南ベルマーレ――[2]
《15:30》
シュライカー大阪vsペスカドーラ町田――[3]
《17:45》
府中アスレティックFCvs名古屋オーシャンズ――[4]

▽3/10(土)
【準決勝】
《12:00》
[1]の勝者vs[3]の勝者――[5]
《15:00》
[2]の勝者vs[4]の勝者――[6]

▽3/11(日)
【3位決定戦】
《12:00》
[5]の敗者vs[6]の敗者

【決勝戦】
《15:00》
[5]の勝者vs[6]の勝者

コメント

関連ニュース

thumb

フットサル日本代表、浦安FP星翔太を追加招集《欧州遠征》

▽日本サッカー協会は22日、ヨーロッパ遠征に臨むフットサル日本代表にバルドラール浦安のFP星翔太を追加招集したことを発表した。 ▽フットサル日本代表は3月25日に出発し、現地でトレーニングマッチを実施。4月3日と4日に国際親善試合のフットサルフランス代表戦を行う。 2018.03.22 15:22 Thu
twitterfacebook
thumb

フットサル日本代表のヨーロッパ遠征メンバー発表!! 王者・名古屋から最多の6名選出《欧州遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は20日、今月25日から行うハンガリーとフランスの欧州遠征に向けたフットサル日本代表メンバーを発表した。 ▽今回発表されたメンバーは、2017/2018シーズンに国内3冠を達成した名古屋オーシャンズからGK篠田龍馬、GK関口優志、FP安藤良平、FP吉川智貴、FP八木聖人、FP齋藤功一の6名が選出された。 ▽一方で、今年1月に行われたAFCフットサル選手権からはGKピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)、FP星翔太(バルドラール浦安)らベテラン勢が外れた。また、インドネシアのクラブに期限付き移籍中のFP森岡薫(ペスカドーラ町田)、FP渡邉知晃(府中アスレティックFC)も今回の遠征メンバーには含まれていない。 ▽フットサル日本代表は3月25日に出発し、現地でトレーニングマッチを実施。4月3日と4日に国際親善試合のフットサルフランス代表戦を行う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆フットサル日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 2.<span style="font-weight:700;">篠田龍馬</span>(名古屋オーシャンズ) 1.<span style="font-weight:700;">関口優志</span>(名古屋オーシャンズ) 12.<span style="font-weight:700;">矢澤大夢</span>(フウガドールすみだ) <span style="font-weight:700;">FP</span> 8.<span style="font-weight:700;">滝田学</span>(ペスカドーラ町田) 5.<span style="font-weight:700;">安藤良平</span>(ペスカドーラ町田) 15.<span style="font-weight:700;">吉川智貴</span>(名古屋オーシャンズ) 3.<span style="font-weight:700;">内村俊太</span>(湘南ベルマーレ) 10.<span style="font-weight:700;">室田祐希</span>(ペスカドーラ町田) 7.<span style="font-weight:700;">逸見勝利ラファエル</span>(ベンフィカ/ポルトガル) 13.<span style="font-weight:700;">小門勇太</span>(湘南ベルマーレ) 9.<span style="font-weight:700;">加藤未渚実</span>(シュライカー大阪) 14.<span style="font-weight:700;">八木聖人</span>(名古屋オーシャンズ) 4.<span style="font-weight:700;">齋藤功一</span>(名古屋オーシャンズ) 16.<span style="font-weight:700;">清水和也</span>(フウガドールすみだ) 6.<span style="font-weight:700;">植松晃都</span>(湘南ベルマーレ) ※逸見は4/1にフランスで合流 2018.03.20 17:21 Tue
twitterfacebook
thumb

現役引退の大阪FP佐藤亮、今後については不透明も「若い選手や良い選手が飛び込んでこれるような環境づくりにチャレンジしたい」《全日本フットサル選手権》

▽11日に第23回全日本フットサル選手権大会の決勝が、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた。シュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)vs名古屋オーシャンズ(Fリーグ/愛知県)は、2-1で名古屋勝利した。この結果、名古屋が3年ぶり5度目の優勝を果たした。 ▽2月に現役引退を発表し、最後となった今大会の決勝戦で敗れはしたものの、一矢報いたシュライカー大阪のFP佐藤亮が試合後、囲み取材に応対し、現役引退の理由について明かした。また、今後について「若い選手や良い選手が飛び込んでこれるような環境づくりにチャレンジしていきたい」とフットサル業界への貢献に意気込んだ。 ◆FP佐藤亮(シュライカー大阪) ──現役最後の試合に臨むにあたって、今までと違う感情はあったか 「思ったよりもそんなことはなかったですね。昨日自分がPKを蹴る順番が回ってきて、客観的に観てドラマがあるなと思いました。今日は悔いのないようにやりきろうということを考えていましたが、試合に関してはいつも通り勝つために必要なことを一生懸命やるということを意識しました」 ──9シーズンを振り返って様々な思い出があると思うが、一番思い出に残っていることは 「一番は難しいですね(笑) でも一番はFリーグで優勝できたことです。昨シーズンに自分がキャプテンを務めながら、出場時間が短いこともありましたけど、最後にタイトルを獲得することができたのは、自分の人生経験としてもプラスになると思います。他にもたくさんありますけど、一番は優勝できたことですね」 ──大会でのプレーぶりを観ると、まだやれるような気もするが 「ありがとうございます。自分自身としても身体はまだまだ動きますし、大きなケガがある訳でもないので、まだまだできるというのはあるにはあります。ただ、今大会に関しては、どちらかというと気持ちの部分で最後だからということで身体がついてきた部分もあると思います」 「正直に言うとモチベーションというか、今までは日本代表を目指したり、世界で戦っていくために選手として極めたいという気持ちが大きかったです。そのモチベーションが少しずつ変化して、業界を良くしていきたいとかそういう方向に向いてきているのを感じながら戦ってきたシーズンでした。そこがついてこないと僕自身プレーできないというのがありましたし、それが引退を決断した一番の理由です」 ──選手としてのモチベーションが下がったということか 「下がったというよりは変わってきたという感じですね。選手として活躍したいという100パーセントの気持ちが、Fリーグの状況や背景がある中で、もっとフットサル業界を良くしていきたいということに湧いてきているのを感じました」 「あとは昨季にFリーグ優勝して、今季のシュライカー大阪のホームゲームは、優勝した翌年なのに観客数が減っているので、そういった部分も含めて選手としてできること以外の面で取り組んでいきたいと思いました」 ──今後のことについては 「全く決まってはいないですね。いくつかお話は頂いていますけど、まだ現時点では何も進んでいません。立場は変わりますけど、フットサル界には携わっていきたいなと思います。僕は選手としてフットサルの魅力をたくさん感じましたし、いろいろなものを得ることができました。この業界に若い選手や良い選手が飛び込んでこれるような環境づくりにチャレンジしていきたいです」 2018.03.11 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

来日から7年を過ごした大好きなシュライカー大阪を退団するFPクレパウジ・ヴィニシウス「勝ち負けよりも大事なことを教えてもらった」《全日本フットサル選手権》

▽11日に第23回全日本フットサル選手権大会決勝のシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)vs名古屋オーシャンズ(Fリーグ/愛知県)が、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われ、2-1で勝利した名古屋が3年ぶり5度目の優勝を果たした。 ▽来日から7年を過ごしたシュライカー大阪を退団することが決まっているFPクレパウジ・ヴィニシウスが、クラブや仲間たちに感謝の言葉を送っている。 ◆<span style="font-weight:700;">シュライカー大阪</span> (Fリーグ/大阪府) ▽<span style="font-weight:700;">FPクレパウジ・ヴィニシウス選手</span> ――<span style="font-weight:700;">大阪での最後の試合を振り返って</span> 「今日だけではなく、先週の予選から全てが僕にとっての最後でした。大阪の選手として最後の練習、最後の試合。いろいろなものがこみ上げてきました。試合後にみんなに挨拶で言ったのは、僕が日本にきたのは7年前です。それからこのクラブに溶け込み、家族ができ、子供ができました。大人になり、日本人になりました。勝った負けたよりも別の大事なことがありました。そのことに感謝しています」 「今日は勝って、優勝して終わりたかったです。それはできませんでしたが、最後まで諦めずに戦えました。これは大阪のスタイルで、僕がこのクラブにきたときからあるものです。一緒に戦った一木さん、村上さんは諦めない気持ち、雰囲気を持っていました。それは僕が勉強した大事なことで、だからこそ今日は勝って終わりたかったです。優勝はできませんでしたが、みんな諦めずに最後まで頑張って戦いました。優勝できませんでした、良い終わり方だったと思っています」 ――<span style="font-weight:700;">気持ちはすっきりとしているか</span> 「大阪には感謝しています。さみしい気持ちもありますし、個人的にいえば引退までここでプレーしたかったです。しかしその判断はいろいろな要素があり、クラブの判断です。またプロ選手なので、最後まで続けることは難しいです。ただ、この7年間は良いサイクルだったと思います。ここから前を向いて。次のチームはまだ決まっていませんが、どこでプレーしても大阪のこと、サポートしてくれたみんなのことを忘れません。さみしいですが感謝しています。この7年間でもらえたものは忘れません」 ――<span style="font-weight:700;">大阪での7年間で一番の印象に残っていることは</span> 「みんなは優勝したときのことをいうと思います。でも僕は3年前のプレーオフです。オーシャンアリーナで名古屋と対戦して2戦目の延長まで縺れた試合です。あの時はアルトゥール選手もチアゴ選手もいなくて、外国人選手は僕だけで木暮監督の一年目でした。5位でプレーオフに入りましたし、プレーオフではいろいろな逆境があった中で名古屋との決勝に臨みました。あと一歩まで名古屋を追い詰めて負けたあのプレーオフは一生覚えています」 「悔しい気持ちがありましたが、その時に優勝したい気持ち、優勝できるという気持ちが芽生えました。去年のリーグ優勝は、あのときの悔しさがあったからです」 ――<span style="font-weight:700;">退団後の去就は決まっていないとのことだが、日本の他のクラブに行く可能性が高いのか</span> 「それはまだわかりません。日本人になったので、アジア枠として海外のクラブからのオファーもあります。日本の中からもオファーはあります。火曜日にブラジルに戻って奥さんと相談し、それからすぐに発表できると思います」 「個人的には日本でプレーしたいです。日本代表でプレーしたいと思っています。2020年のW杯に出たいですし、そのために頑張っています。今、日本から出ることはもったいないと思っています。一番は日本に残りたい気持ちがあります」 ――<span style="font-weight:700;">日本に残れば大好きなシュライカー大阪と対戦することになるが</span> 「佐藤選手や冨金原選手と違って、まだプレーする意欲はあります。また来シーズン大阪と戦うことがあれば感謝の気持ちもありますが、ゴール決めたいですし、勝ちたいですね(笑)。大阪でしてきたことを次のチームでもしたいと思っています。みんなと仲が良いので、対戦したら面白いでしょうね。シュライカーとの対戦はスペシャルな日になるでしょう。素晴らしいことです」 2018.03.11 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

加入初年度に国内3冠を達成したFP西谷良介「責任を背負って優勝を達成できたことは嬉しくもありホッとしている気持ちが強い」《全日本フットサル選手権》

▽11日に第23回全日本フットサル選手権大会決勝のシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)vs名古屋オーシャンズ(Fリーグ/愛知県)が、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われ、2-1で勝利した名古屋が3年ぶり5度目の優勝を果たした。 ▽名古屋に加入して1年目のFP西谷良介が、この1年でチームとして、個人として成長できた点について語っている。 ◆<span style="font-weight:700;">名古屋オーシャンズ</span> (Fリーグ/愛知県) ▽<span style="font-weight:700;">FP西谷良介選手</span> ――<span style="font-weight:700;">試合を振り返って</span> 「シュライカーはハーフに下がって、Fリーグトップクラスであるカウンターの切れ味を生かそうとしてきました。自分たちはそこに注意しながらゲームを構築していった中で、ラファがケガして、自分もケガをしてしまいました。アクシデントでしたが、チームの状態を不安定にさせたことは申し訳なく思っています。ただ、ベンチ外で見ていて仲間達は力強く戦ってくれました。その中で自分にできることとして、声を出して勇気付けようと。その結果かどうかはわかりませんが、優勝できて本当に嬉しく思います」 ――<span style="font-weight:700;">タイトル奪還を目標に掲げたシーズンで国内3冠を達成できたが</span> 「正直な感想はホッとしています。プレッシャーを感じたシーズンでしたし、負けの重み、勝の重みを改めて知れました。そしてシーズンを通して言ってきた1点の重み。どんな1点でもみんなで喜びを分かち合うことが、取られた時の悔しさになりそれを跳ね返す力になります。そこを改めて知れましたし、感じられたシーズンでした」 ――<span style="font-weight:700;">これまでは外から名古屋を見てきた中で、今シーズンはその名古屋の一員として戦った印象は</span> 「本当にプロフェッショナルな集団です。ただ、先ほどもいったベンチワークの部分。フットサルは交代が自由な競技なので、逆に言えば常に集中していないと試合に入れません。なのでそのベンチワークの部分では自分も力になることができたと思います。今までの名古屋はそういう部分、ピッチ内で戦うことは当然ですがピッチ外の全員まで戦っている気持ちを出せばもっと良くなると思っていました」 ――<span style="font-weight:700;">一年前はすみだ退団が決まった状態で選手権を迎え、自分がレベルアップできるチームに加入したいと語っていたが、一年戦い終えて成長できたか</span> 「成長できたと思います。世界で戦っている選手がいるチームなので、練習から盗むところだらけです。勝利への執念は置かれている環境もあり、自分たちのパワーになります。そういう責任を背負うことで成長できると思っていたので、形にするような優勝が目標でした。それを達成できたことが嬉しいですしホッとした気持ちが強いです」 2018.03.11 23:56 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース