ATに痛恨のPK被弾…苦戦続く川崎FがGS突破に向けて黄信号《ACL2018》2018.03.07 20:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽川崎フロンターレは7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF第3節でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を等々力陸上競技場に迎え、2-2のドローに終わっている。

▽ACL開幕から2連敗中の4位・川崎Fが1分け1敗で3位のメルボルン・ビクトリーを迎えた。[4-2-3-1]のフォーメーションで試合に入った川崎FはGK新井、バックラインは右からエウシーニョ、奈良、谷口、車屋が並ぶ。中盤は大島とエドゥアルド・ネットがダブルボランチを形成し、2列目は右から阿部、家長、登里が配され、最前線に小林が入った。

▽立ち上がりこそメルボルン・ビクトリーのセットプレーにゴールを脅かされる場面を作られたが、6分には小林がボックス外からファーストシュートを放つなど徐々に川崎Fがチャンスを作る。15分には細かく繋いで中央突破から家長がシュート。こぼれ球を攻め上がった車屋も併せにいくが相手GKの守備範囲内に飛んでしまった。

▽19分にも決定機。左サイドの高い位置まで攻め込んでいた車屋がマイナス方向にグラウンダーのクロスを入れると、遅れて入ってきた阿部がこのボールに合わせる。しかし上手くミートできずにこのチャンスを活かせなかった。しかし28分、再びショートパスを繋いで左サイドから攻め込むと、ボックス右へとこぼれたボールをエウシーニョが左足で狙う。このダイレクトシュートがネットに収まり、川崎Fが先制した。

▽迎えた36分には、ボックス右に侵入したバーバルゼスがシュートまで持ち込んだが、ここはGK新井が気迫の顔面セーブで凌ぐ。しかしこのプレーで与えたCKから最後はベリンジャのシュートからオウンゴールとなり、前半の内に同点にされた。

▽後半立ち上がりは川崎Fが左サイドから再三チャンスを作る。48分には流れた家長のクロスに小林が頭で合わせたがボールはクロスバーを越えた。51分には小林がボックス手前やや右の位置で倒されてFKを獲得。家長が壁の間を射抜くシュートを放つが、GKの正面に飛んでしまった。

▽しかし55分、大島のパスに抜け出した小林がボックス右の深い位置からグラウンダーのボールを入れる。逆サイドでフリーとなっていた登里が難なくこれを押し込み、川崎Fが勝ち越しに成功する。

▽リード後も川崎Fが主導権を握るが決定機までは作り出せず、徐々に試合が停滞していく。追いかけるメルボルン・ビクトリーも78分に2枚替えを敢行するが、試合の流れは変わらず。86分には慎重201cmのアティウを投入し、メルボルン・ビクトリーがパワープレーに出た。

▽すると後半アディショナルタイムにアクシデント。ボックス内に仕掛けてきた相手選手を奈良が倒してしまいPKを献上。するとこれをジョージに決められてしまい、再び試合は振り出しへ。直後に終了のホイッスルが吹かれ、川崎FはまたもACL初勝利と共にホーム等々力陸上競技場での初勝利も逃す結果に終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

2019シーズンの到来を告げる一戦は川崎Fvs浦和に!《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》

▽9日に埼玉スタジアム2002で行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝で、浦和レッズがベガルタ仙台を1-0で下し、優勝を飾った。これにより、FUJI XEROX SUPER CUP 2019の対戦カードが川崎フロンターレvs浦和レッズに決定した。 ▽2018明治安田生命J1リーグの優勝チームと第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝チームが激突する同大会。2019新シーズンの到来を告げる一戦で、2年連続2回目のJ1リーグ優勝を成し遂げた川崎Fと、12年ぶり7回目の天皇杯制覇を成し遂げた浦和が激突する。 ▽FUJI XEROX SUPER CUP 2019は、2019年2月16日(土)に埼玉スタジアムで開催。13時35分にキックオフを迎える。 ◆FUJI XEROX SUPER CUP 2019 ▽2019年2月16日(土) 《13:35》 川崎フロンターレ vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] 2018.12.09 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鬼木達監督、優勝報告に喜び「もっとタイトルを獲ってもっと良い報告を」

▽J1優勝を成し遂げた川崎フロンターレは9日、川崎市内で2018明治安田生命J1リーグ優勝記念パレードを実施した。 ▽2年連続となる優勝パレードには、帰国したDFエウシーニョ、U-19日本代表に招集されているFW宮代大聖、体調不良のMF鈴木雄斗を除く全メンバーが参加。昨年はEAFF E-1選手権に出場する日本代表に招集され、不参加だったFW小林悠、MF阿部浩之、MF大島僚太、DF車屋紳太郎も今年は登場した。 ▽パレード終了後、鬼木達監督がメディア陣の囲み取材に応対。優勝報告に喜びを感じ、「もっとタイトルを獲ってもっと良い報告を」と来シーズンのタイトル獲得にも意気込んだ。 ◆鬼木達監督 ――パレードの感想 「やはり優勝という報告ができる喜びを感じています。大勢の方の前でそういう報告ができることはとても幸せなことだと思います。ただ、もっともっとタイトルを獲ってもっと良い報告がしたいと改めて思いました」 ――パレードで印象に残っていることは 「いろいろパネルを掲げてくださっていて、『3連覇』や『ACL』といってものに対する思いが詰まっていたので、そういうものへの期待に応えたいなと思いました」 ――来シーズンに向けて 「とにかくサッカーでは面白く、日本をリードできるようなサッカーをしていきたいです。なおかつ、多くのタイトルを獲りたいと思います」 2018.12.09 18:32 Sun
twitterfacebook
thumb

「今すぐにでもまたやりたいくらい」川崎Fの小林悠、初参加のパレードに興奮…来季3連覇誓う

▽J1優勝を成し遂げた川崎フロンターレは9日、川崎市内で2018明治安田生命J1リーグ優勝記念パレードを実施した。 ▽2年連続となる優勝パレードには、帰国したDFエウシーニョ、U-19日本代表に招集されているFW宮代大聖、体調不良のMF鈴木雄斗を除く全メンバーが参加。昨年はEAFF E-1選手権に出場する日本代表に招集され、不参加だったFW小林悠、MF阿部浩之、MF大島僚太、DF車屋紳太郎も今年は登場した。 ▽パレード終了後、FW小林悠はメディア陣の囲み取材に応対。初のパレード参加に「今すぐにでもまたやりたいくらい」と満足感を示し、来シーズンのJ1リーグ3連覇に意気込んだ。 ◆FW小林悠 ――今日のパレードの感想は 「昨年は優勝しましたけど、僕自身は(パレードに)出ることができなかったので、すごく楽しみにしていました。予想を超える大人数の方が来てくださったので、すごく嬉しかったです」 ──昨年パレードを経験したチームメイトから何か聞いていたか 「そんなには聞いてないですね。ただ、憲剛さんとは昨日にたまたま食事に行っていて、『明日やばいぞ』という話は聞いていました。言っていた通り、すごく多くの人が集まってくれて楽しい時間になりました」 ──来年は自身2度目のパレードを目指す形になるが 「そうですね。これだけ嬉しい気持ちになることはなかなかないですし、今すぐにでもまたやりたいくらいすごく楽しかったので、また来年もできるように頑張りたいです」 ――今年初めてのパレードだが、沿道のサポーターを見て何か印象に残ったものはあるか 「やはり『3連覇』してという声がたくさんありました。3連覇することは簡単なことではないですけど、自分たちなら絶対にできると思っているので、その期待に応えられるように頑張りたいです」 ――1人1人の顔はじっくり見られたか 「バスもゆっくり進んでくれたので、じっくり見れました。麻生グラウンドにも応援に来てくれるサポーターの方もいましたし、等々力でもよく観る顔がたくさんありました。嬉しかったです」 2018.12.09 18:31 Sun
twitterfacebook
thumb

今季限りで川崎F退団のMF田坂祐介「最高の形でこのチームを離れることができる」

▽J1優勝を成し遂げた川崎フロンターレは9日、川崎市内で2018明治安田生命J1リーグ優勝記念パレードを実施した。 ▽2年連続となる優勝パレードには、帰国したDFエウシーニョ、U-19日本代表に招集されているFW宮代大聖、体調不良のMF鈴木雄斗を除く全メンバーが参加。昨年はEAFF E-1選手権に出場する日本代表に招集され、不参加だったFW小林悠、MF阿部浩之、MF大島僚太、DF車屋紳太郎も今年は登場した。 ▽パレード終盤には、今シーズン限りで計10シーズンプレーした川崎Fを退団することが決定したMF田坂祐介が締めの挨拶。「このクラブは本当に皆さんと大きくなってきたクラブ」と振り返り、引き続き川崎Fのサポートを願った。そして最後に「最高の形でこのチームを離れることができる」と語り、別れを告げた。 ◆MF田坂祐介 「皆さん改めておめでとうございます。優勝してからサポーターの方には本当に『おめでとう! おめでとう!』と言ってもらっていますが、僕は本当にサポーターの方にもう1度おめでとうと言いたいです」 「このクラブは本当に皆さんと大きくなってきたクラブだと思います。優勝に辿り着くまですごく時間がかかったと思っています。Jリーグの中でもそういうことができるチームがなかなか無く、難しい中で今年連覇をすることができました」 「それは選手だけの力ではなく、ここに集まってくれているサポーターの皆さんや川崎市民の方、フロンターレを取り巻くすべての人の力が結集してこういう結果が勝ち取れたのだと思います」 「昨日発表させて頂きましたけど、僕はこのチームに離れることになります。それでもクラブはどんどん続いていくと思います。これからもこのクラブをみんなで支えていって欲しいなと思います。本当に最高の形でこのチームを離れることができると思っているので、また皆さんの前に立って元気な姿を見せられるように頑張りたいと思います。ありがとうございました」 2018.12.09 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【パレード出発式】「皆さんと作るこの一体感は川崎Fの財産であり宝」川崎F、ファン・サポーターに感謝

▽J1優勝を成し遂げた川崎フロンターレは9日、川崎市内で2018明治安田生命J1リーグ優勝記念パレードを実施した。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181209_19_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2年連続となる優勝パレードには、帰国したDFエウシーニョ、U-19日本代表に招集されているFW宮代大聖、体調不良のMF鈴木雄斗を除く全メンバーが参加。昨年はEAFF E-1選手権に出場する日本代表に招集され、不参加だったFW小林悠、MF阿部浩之、MF大島僚太、DF車屋紳太郎も今年は登場した。 ▽パレードの出発式では、川崎市長の福田紀彦氏、株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長の藁科義弘氏、鬼木達監督、FW小林悠が挨拶を行った。 ◆川崎市長 福田紀彦 氏<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181209_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「皆さんおはようございます。本当に多くの皆さんに集まり頂き、ありがとうございます。そして、シーズンを通して熱い熱い応援を川崎フロンターレに頂いたことを後援会長として御礼を申し上げます。ありがとうございました。そして川崎フロンターレを支えて頂いた全ての皆様に心からおめでとうございます」 「私たちの街の誇りであり、宝であるフロンターレが今年もやってくれました。昨年このバスの上で中村憲剛さんが、青い熱い応援を見て『この景色を来年も見たい』とおっしゃっていました。それが今年も選手、皆様のおかげで実現することができました。2度あることは3度ありますからね皆さん! 3連覇の偉業に向けて、是非市民一丸となってチーム一丸となって盛り上げていきたいと思います。是非これからもフロンターレの応援よろしくお願いします。今日1日楽しみましょう!」 ◆株式会社川崎フロンターレ 代表取締役社長 藁科義弘氏<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181209_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「藁科でーす! 今日もこんなに大勢の方に集まっていただきありがとうございます。1年間本当にありがとうございました!」 「本当に1年間、監督やコーチ、選手が頑張ったと思います。ただ、この優勝はそれだけではできません。今日も大勢の方に集まって頂いてますけども、皆さんの大きな応援・声援がなければ成し遂げられませんでした。皆さんと作るこの一体感は、川崎フロンターレの財産であり、宝です」 「私たちはこの財産をしっかりと守って来年も新しい目標に向かって挑んでいきます。昨年は選手たち全員が参加することはできませんでした。今日はほぼ、ほぼフルメンバーです。私たちもこのパレードを楽しみたいと思います。本当に1年間ありがとうございました」 ◆鬼木達監督<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181209_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「皆さん本当に1年間熱い声援ありがとうございました。そして今日寒い中、大勢の方にお集まり頂きましてありがとうございます。言いたいことは何個かありましたが、ほとんど社長が話してくださったので、寒いこともありますし、短くいきたいと思います」 「1つだけです。とにかく来年は数多くのタイトルを獲りますので、是非今年以上に熱い声援をよろしくお願いします。今日は楽しみたいと思います。ありがとうございました」 ◆FW小林悠<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181209_19_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「こんにちわ。すごい人ですね本当に(笑) 昨年は個人的に日本代表に招集されてパレードできず、その時に憲剛さんから連絡があって『悠、これは体験しなきゃダメだぞ』と言われたので(笑) 今から楽しみですし、また昨年に引き続き優勝することができて本当に嬉しく思っています。それは選手、スタッフ、サポーター、みんなの力があってのことだと思いますし、鬼さんも言いましたけど、来年はまたさらに強くなり、複数のタイトルを獲ってまた帰ってきたいと思うので、今日は風邪を引かないようにみんなで楽しみましょう!」 2018.12.09 18:10 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース