対戦相手もアストーリに敬意。スペシャルユニフォームを用意2018.03.07 01:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベネヴェントは11日にセリエA第28節でフィオレンティーナと対戦する。この試合に向けて、ベネヴェントは特別なユニフォームを用意した。

▽フィオレンティーナは現在、深い悲しみの中にある。主将を務めていたダビデ・アストーリが31歳の若さで亡くなったためだ。

▽それでもセリエAは続く。11日にはフィオレンティーナのホームにベネヴェントが乗り込む予定である。

▽この試合に向けて、ベネヴェントは左袖に「♯ciaoDavide13(チャオ ダビデ)」と記されたユニフォームを用意した。

▽ベネヴェントはクラブの公式ツイッターに、このユニフォームの写真を掲載。「偉大な人物に対する小さな行動」と記している。

コメント

関連ニュース

thumb

年代別日本代表にも招集された元トッテナムMFサイ・ゴダードがセリエB降格ベネヴェント加入へ

▽年代別日本代表への招集歴もあるMFサイ・ゴダード(21)がセリエBに降格したベネヴェントに加入することが濃厚なようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽イギリス人の父と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、過去にU-16日本代表招集歴があり、2020年に開催される東京五輪で日本代表入りも期待される逸材だ。下部組織から在籍したトッテナムではU-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていたもののトップチームへの昇格は叶わず、現在はフリーの状態だ。 ▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、そのサイ・ゴダードは今季のセリエAを最下位で終え、来シーズンに再びセリエBの舞台で戦うベネヴェント入りが迫っているという。 ▽なお、ベネヴェントでは今季途中に加入した元フランス代表DFバカリ・サーニャが来季も残留する可能性が浮上しており、かつてアーセナルに在籍したサーニャと元トッテナムのサイ・ゴダードによるノースロンドンコンビで1年でのセリエA復帰を目指すことになるかもしれない。 2018.06.10 06:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン撃破の翌日…ベネヴェントのセリエB降格が決定《セリエA》

▽ベネヴェントのセリエB降格が決まった。 ▽2016-17シーズンのセリエBを5位で昇格プレーオフに回り、クラブ史上初の1部昇格を決めたベネヴェント。だが、冒険を1年で終えることとなった。 ▽ベネヴェントはセリエA第33節終了時点で最下位。21日に敵地で行われた第34節のミラン戦を勝利し、勝ち点17に伸ばして逆転残留に望みを繋いだ。 ▽しかし、翌日にウディネーゼを下した降格圏18位のクロトーネ(勝ち点31)が17位に浮上。4節を残してベネヴェントの1年でのセリエB降格が確定した。 2018.04.23 07:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランを気遣うベネヴェント指揮官「相手は疲れていた」「恥じることはない」

▽現地時間21日のセリエA第34節でベネヴェントはミランに1-0で勝利した。ロベルト・デ・ゼルビ監督は、「ミランの疲労」が勝因の一つと分析している。試合後の会見の様子を『ミランニュース』が伝えた。 ▽この試合で勝利を逃すとセリエB降格が決まる状況だったベネヴェントは、2月に同じ場所でインテルと対戦し、0-2で負けていた。 ▽ただ、デ・ゼルビ監督は「インテル戦の方が内容は良かった」とコメント。「我々が対戦したミランは疲れていた。そこを突くことができたね」と分析している。 ▽さらに指揮官は「ミランは何も恥じることはないと思う。我々はナポリやラツィオを含め、どんな相手も苦しめてきたのだからね」と語り、ベネヴェントがセリエAで立派に戦っていることを強調した。 ▽今季ここまで勝ち点17を獲得しているベネヴェントは、うち4ポイントをミランから獲得した。 2018.04.22 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、最下位に敗れて怒り心頭「魂がなかった」

▽ミランは現地時間21日、セリエA第34節のベネヴェント戦を0-1で落とした。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、まさかの敗戦に不満を爆発させている。試合後、『プレミアム・スポルト』にコメントを残した。 ▽第30節のユベントス戦で敗れてから4試合引き分けが続いていたミラン。久々の勝利を取り戻す相手として降格目前の最下位ベネベントは、格好の相手のはずだった。しかし、前半に先制を許すと、最後まで得点を奪うことはできず敗戦。ヨーロッパリーグ出場権獲得も微妙な位置となっている。 ▽ガットゥーゾ監督は「プレーしているときに魂がなかった。こんなみっともない姿勢ではダメだ」と不満を述べた。その一方で選手を擁護し、「まず責任があるのは私だ」とも話している。 ▽22日の結果次第では、6位を維持できないかもしれない。指揮官は、「多くのクラブがヨーロッパリーグ出場を狙っている。大事なのは相手じゃない。自分たちがこういった負けをしないことだ。チームのほぼ全体が、落ち着きのないプレーをしていたよ」と語った。 ▽これで6試合勝利なしのミラン。復調のきっかけはどこにあるのだろうか。 2018.04.22 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ミラン、降格目前の最下位ベネヴェントに敗戦で6戦勝利なし… EL圏外転落の可能性《セリエA》

▽ミランは21日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽前節トリノ戦を引き分けるのが精いっぱいで4試合連続ドロー中と足踏みが続く6位ミラン(勝ち点54)は、アタランタ(勝ち点52)、サンプドリア(勝ち点51)、フィオレンティーナ(勝ち点51)ら後続に迫られている。最低でもヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得は果たしたいミランは、スソとカリニッチをベンチスタートとし、クトローネとアンドレ・シウバの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ▽勝ち点を得られなければ降格が決まる最下位ベネヴェント(勝ち点14)に対し、一進一退の攻防で立ち上がったミランは16分に自らピンチを招く。R・ロドリゲスのバックパスがそのままゴールラインを割りかけたが、GKドンナルンマがぎりぎりで蹴り出した。 ▽新システムが機能しない低調なミランは、29分にまさかの失点を喫する。ヴィオラのスルーパスに抜け出したイエメッロにボックス右に進入され、GKドンナルンマとの一対一を制された。 ▽失点後もサイドから単調なクロスボールを入れるだけのミランだったが、37分にようやく最初のチャンスを生み出す。ケシエの浮き球パスをボックス左で受けたクトローネが胸トラップからシュート。しかし、枠を捉えるには至らなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半開始4分にボリーニを諦めてスソをそのまま右サイドに投入したミランだったが、カタルディの際どいミドルシュートを浴びると、62分にはアンドレ・シウバも諦めてカリニッチを投入した。 ▽それでも一向にギアの上がらないミランは、66分にヴィオラのミドルシュートでけん制される始末。72分には負傷したビリアがプレー続行不可能となり、ロカテッリを投入。3枚の交代枠を使いきってしまった。 ▽流れの悪いミランは73分にようやく決定機。ボックス手前右からのスソのクロスをファーサイドのクトローネがヘッド。しかし、GKプッジョーニのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボナヴェントゥーラが狙ったが、枠を捉えていたシュートはDFにブロックされた。 ▽追うミランは80分に追い風が吹く。ディアバテがボヌッチとの競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。 ▽終盤にかけて数的優位となったミランが押し込む流れとなったが、7分の追加タイムでもチャンスは作れずに敗戦。降格目前の最下位相手にホームで敗戦する失態を演じ、6戦勝利から見放されることとなった。 2018.04.22 05:41 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース