モウリーニョ、ロシアW杯解説へ! 高額副収入ゲットか2018.03.06 11:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督も今夏開催のロシア・ワールドカップ(W杯)に“参戦”することになったようだ。『ESPN』が伝えている。

▽モウリーニョ監督は、ロシアの放送局『RT』で試合の解説を務めることに。現役時代にユナイテッドでプレーした元デンマーク代表GKのピーター・シュマイケル氏も参加するという。

▽そのモウリーニョ監督は、「『RT』に仲間入りできて嬉しく思う。今夏のロシアW杯に参戦できることを楽しみにしている。私の試合考察を共有していきたい」と意気込んでいる。

▽なお、イギリス『デイリー・メール』によれば、モウリーニョ監督の解説業は、4日間限定。1日あたり40万ポンド(約5800万円)が支払われるとみられている。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドが金字塔…史上初の欧州3大リーグ400発!

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が金字塔だ。データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が報じた。 ▽ユベントスは20日に行われたセリエA第9節のウディネーゼ戦(1-1のドロー)に先発。18分に2試合連発となるシーズン5得点目をマークした。 ▽C・ロナウドにとって、このゴールは代表を除いてキャリア通算400点目。欧州5大リーグのみで到達した選手としては史上初だという。 ▽なお、内訳は以下のとおり。 ◆C・ロナウドの各国リーグ得点内訳 ・マンチェスター・ユナイテッド:プレミアリーグ/84得点 ・レアル・マドリー:リーガエスパニョーラ/311得点 ・ユベントス:セリエA/5得点 2018.10.21 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

モウをキレさせたチェルシーコーチ、試合後に直接謝罪

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が20日に行われたプレミアリーグ第9節のチェルシー戦(2-2のドロー)でブチ切れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽モウリーニョ監督にとって古巣チェルシーの本拠地凱旋試合でもあった一戦は、ユナイテッドが1点ビハインドの後半にフランス代表FWアントニー・マルシャルが2得点を決めて逆転。ところが、後半アディショナルタイム6分にイングランド代表MFロス・バークリーの劇的弾が生まれ、勝ち点1を分け合う形で試合の幕を閉じた。 ▽その劇的な得点直後、喜びの感情を爆発させたチェルシーアシスタントコーチのマルコ・イアニ氏が敵陣営のエリアまで飛び出して、モウリーニョ監督の目の前でガッツボーズ。そして、自陣に戻り際に何らかの言葉を口にした。すると、モウリーニョ監督は激昂。鬼の形相でイアニ氏を追いかけたことで両軍入り乱れる騒動に発展した。 ▽モウリーニョ監督は試合後、その一件について次のように回想。イアニ氏から直接謝罪を受けたと語り、全てを水に流す姿勢を示した。 「何に対してもイラついてなどいない。サッリのアシスタントコーチに何が起こったかはわからないが、サッリが真っ先に私のところに来て、内で問題を解決していくと言ってきた。その後、サッリのオフィスで彼のアシスタントコーチから謝罪の言葉をもらったよ」 「だから、私も言葉を返した。『君が心の底から反省しているのなら、その謝罪を受け入れる。忘れようじゃないか』ってね。私自身もキャリアを通じて、過去に多くの過ちを犯してきたのだから、あの一件で彼を終わらせるつもりはない」 ▽なお、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は試合後、「その場面を見ていないが、私からジョゼと話をさせてもらい、我々に落ち度を感じた。だから、スタッフと話し合い、直ちに問題を処理した」と話している。 2018.10.21 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月21日は、ファーディナンドと共に鉄壁なCBコンビを形成した元セルビア代表の屈強DF

◆ネマニャ・ヴィディッチ 【Profile】 国籍:セルビア 誕生日:1981年10月21日 現役時代ポジション:DF 身長:194㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月21日は、元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチ氏だ。 ▽ツルヴェナ・ズヴェズダ下部組織出身のヴィディッチ氏は、2000年にレンタル先のスパルタク・スボティツァでプロデビュー。復帰後はレギュラーポジションを確保し、20代前半ながらキャプテンに。2004年1月に加入したスパルタク・モスクワで評価を高め、2006年1月にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を勝ち取った。 ▽プレミアリーグにもすぐさま順応すると、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドとのコンビで2007-08シーズンのプレミアリーグ優勝、チャンピオンズリーグ制覇に貢献。クラブ・ワールドカップではガンバ大阪戦との準決勝で先制点を奪うなどの活躍で、クラブ・ワールドカップ優勝も経験した。その後はリーグ3連覇や2年連続のCL決勝進出に導くなど、リーグ屈指のDFとして名を馳せた。 ▽2014年3月にはインテルに活躍の場を移した。しかし、背中や腰の負傷により、これまでのような活躍は見せられず。2016年1月に現役引退を発表した。2006年にデビューを飾ったセルビア代表では36試合のキャップ数を記録。2010年には南アフリカ・ワールドカップにも出場した。 ※誕生日が同じ主な著名人 福田健二(元サッカー選手) エンリケ・イラーリオ(元サッカー選手) アルシンド(元サッカー選手) 大島涼花(アイドル/元AKB) 中間淳太(アイドル/ジャニーズWEST) 松田洋昌(お笑い芸人/ハイキングウォーキング) 渡辺謙(俳優) 2018.10.21 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 2-2 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが20日に行われ、2-2の引き分けに終わった超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 5.0 大きなミスは無かったものの2失点 DF 28 アスピリクエタ 5.5 攻守に存在感を示した 2 リュディガー 6.0 得意のヘディングから先制ゴールを記録 30 D・ルイス 6.0 冷静な守備に加え正確なロングフィードで攻撃陣を援護。同点弾にも関与 3 マルコス・アロンソ 5.5 アザールがヤングにマークされる中で機を狙った攻撃参加は脅威となった MF 5 ジョルジーニョ 5.0 マタのマークに苦しんだ 7 カンテ 5.5 安定して広い範囲をカバー 17 コバチッチ 5.5 中盤で上手くパスを捌いて攻撃のリズムを作った (→バークリー 6.0) 途中出場ながらも値千金の同点弾。2試合連続ゴールを記録 FW 22 ウィリアン 5.5 正確なプレースキックからアシスト (→ペドロ 5.5) 途中出場で攻撃にアクセントを加えた 29 モラタ 4.5 ボールを収められず起点になれなかった (→ジルー 5.0) 一度ゴールに迫るシーンもあったが… 10 アザール 5.5 攻撃をけん引したがシュート少なくマークに苦しんだ 監督 サッリ 5.5 交代選手が得点を決めるなど最低限の演出は出来たか ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 ファインセーブもありながら最後に失点 DF 18 ヤング 6.0 上手くアザールを抑え込んだ 12 スモーリング 5.5 大きく守備を崩されることはなかった 2 リンデロフ 5.5 モラタを抑え込みスモーリングと堅守を築いた 23 ショー 5.0 攻撃参加は少なかったものの守備では上手くウィリアンを抑えた MF 31 マティッチ 5.5 中盤でバランスを保った 6 ポグバ 5.0 失点シーンではリュディガーへのマークをおろそかにしてしまった 10 ラッシュフォード 6.0 2点目をアシスト。嫌な位置に顔を出し続けた (→サンチェス -) 11 マルシャル 7.0 前半は消えていたものの後半に2得点 (→アンドレアス・ペレイラ -) 8 マタ 6.5 ジョルジーニョのパスコースを塞ぎ自由にさせなかった。逆転弾の起点にも (→エレーラ -) FW 9 ルカク 5.0 あまり質の高いボールは入って来ず 監督 モウリーニョ 6.0 難しい状況ながら敵地から勝ち点奪取。願わくば逃げ切りたかったが攻撃的な采配があだとなったか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド) 同点ゴールと逆転弾でユナイテッドに流れをもたらした。勝利こそ逃したもののスタンフォードブリッジでの2得点の価値は大きい。 チェルシー 2-2 マンチェスター・ユナイテッド 【チェルシー】 リュディガー(前21) バークリー(後51) 【マンチェスター・ユナイテッド】 マルシャル(後10) マルシャル(後28) 2018.10.20 22:36 Sat
twitterfacebook
thumb

マルシャル2Gでユナイテッド逆転も、チェルシーが後半AT弾で同点に持ち込む《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが20日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦未だ無敗を続ける2位のチェルシー(勝ち点20)。インターナショナルマッチウィーク前のウェストハム、リバプール戦は引き分けたものの、前節のサウサンプトン戦ではアザールの連続ゴールやバークリーの移籍後初ゴールなど3発快勝で見事に勝利を取り戻した。クラブ史上3度目の開幕9試合無敗を目指す今節は、アザールやカンテらいつもの顔ぶれにワントップには前節ゴールのモラタが先発に顔を揃えた。 ▽一方、8位のユナイテッド(勝ち点13)はリーグ戦すでに3敗と日に日にモウリーニョ監督への風当たりが強くなっている。それでも第8節のニューカッスル戦では、前半に2点先行されながらも後半に3点を奪う気迫を見せ見事な逆転勝利を収めた。今季2度目の連勝を目論む今節は、古巣対決となるマティッチやマタ、ルカク、そのほかマルシャルやラッシュフォードが先発起用された。 ▽いつも通り[4-3-3]の布陣を採用したチェルシーに対し、ユナイテッドはマタをジョルジーニョにマークを付かせる[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。そのため、チェルシーは何度か中盤を省いて前線にロングボールを送り込むが、うまくチャンスにつなげることができない。 ▽11分にはチェルシーが絶好の位置でFKを獲得するが、ウィリアンがこれを大きく外してしまう。対してユナイテッドも16分に左サイドからのクロスをルカクがヘディングで合わせゴールに迫る。 ▽ユナイテッドペースで進む試合は21分に動く。右CKのチャンスを得たチェルシー。ウィリアンが上げたクロスを、ポグバのマークを外したリュディガーが頭で合わせてネットに突き刺した。 ▽先制後もチェルシーはロングボールを活用し攻撃に繋げていく。30分過ぎには、アザールのマークに付くヤングの裏を取ったマルコス・アロンソがロングボールでゴール前に飛び出すが、トラップが大きくなってしまいシュートまで運べない。その流れから今度はそのマルコス・アロンソが上がって空いた右サイドのスペースを突いたユナイテッドが好機を作るなど、一進一退の攻防が続いた。 ▽後半頭からモラタがゴール前からシュートを放つ入りを見せたチェルシーは、51分にはアザールとのコンビネーションからダビド・ルイスがゴール前に侵攻。相手の守備に阻まれたものの、立て続けにシュートを放つ。 ▽しかし、ユナイテッドが少ないチャンスから試合を振り出しに戻す。55分、波状攻撃を仕掛けるユナイテッドは、ヤングのシュートがジョルジーニョに当たってボールはマルシャルの下へ。ゴール前のマルシャルはワントラップしてから冷静にゴールに流し込んだ。 ▽同点とされてしまったチェルシーは71分にカンテがボックス手前から強烈なシュートを放ったがGKデ・ヘアがファインセーブを見せる。すると迎えた73分、ユナイテッドが逆転に成功する。 ▽ヤングのパスからマタが右サイドを突破。ダビド・ルイスも躱して中へ折り返すと、パスを受けたラッシュフォードはすぐにボックス左のマルシャルへ。マルシャルはワントラップで相手のマークを半身ずらし、右足でゴール右隅に蹴り込みこの試合2点目を奪った。 ▽チェルシーはその後、コバチッチ、ウィリアン、モラタを下げてバークリー、ペドロ、ジルーを立て続けに投入。対してユナイテッドはマタに代えてエレーラ、試合終盤にはマルシャルとラッシュフォードを下げてアンドレアス・ペレイラとサンチェスをピッチに送り込んだ。 ▽試合も後半アディショナルタイムに突入。このまま終わるかに思われたが96分、右サイドからのクロスをダビド・ルイスがヘディングシュート。右ポストに当たってこぼれたところをバークリーが押し込んでチェルシーが土壇場で同点とした。 ▽その後、チェルシーのスタッフが目の前でガッツポーズを見せたことに激怒したモウリーニョ監督やその後の選手同士のいざこざがありながらも、同点で試合終了。注目のビッグマッチは痛み分けに終わった。 2018.10.20 22:35 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース