東京VのMF渋谷亮が北海道リーグの北海道十勝スカイアースに期限付き移籍2018.03.05 14:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは5日、MF渋谷亮(25)が北海道十勝スカイアースに期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2018年2月23日より2019年1月31日までとなる。▽渋谷は東京Vユース出身で、中央大学から2015年に加入。2016年は東海1部リーグの鈴鹿アンリミテッドFC、2017年はJFLのラインメール青森FCへと期限付き移籍していた。渋谷はクラブを通じてコメントしている。

「日頃から温かい応援をありがとうございます。十勝で勉強してくることになりました。行くからには覚悟を持って、成長してきたいと思います」

「3年連続にはなりましたが、東京ヴェルディを愛する気持ちは変わりませんし、東京ヴェルディを代表して新しいチームに貢献できるように頑張ってきます。そして、また東京ヴェルディの力になれるように戻ってきます! 行ってきます!」

▽北海道十勝スカイアースは、十勝FCが前身となっており、昨シーズンは北海道サッカーリーグで首位に。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017に出場するも1次ラウンドで最下位に終わっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

今季東京Vから富山に期限付き移籍のGK太田岳志、完全移籍が決定

▽カターレ富山は14日、今シーズン東京ヴェルディから期限付き移籍で加入していたGK太田岳志(27)の完全移籍が決定したことを発表した。 ▽太田は2016年にFC岐阜から東京ヴェルディに加入。今シーズンは富山に期限付き移籍で加入し、天皇杯に1試合出場した。 ▽富山への完全移籍が決定した太田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆カターレ富山 「まずはじめに今シーズンカターレ富山を応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。個人的にも、チームにとっても、皆さんにとっても納得のいくシーズンではなかったと思います。この悔しさを忘れずに来年はJ3優勝、J2昇格できるよう頑張りますので、引き続き熱い応援よろしくお願いします! 来年の今頃は皆さんと共に笑ってシーズンを終えましょう!」 ◆東京ヴェルディ 「リリースされました通りカターレ富山に移籍することになりました。ヴェルディで試合に出ることができなかったのはとても悔しいですが、ここで過ごした2年間は自分にとってプラスになりました。またサポーターのみなさんは自分のチャントも作ってくれて本当に感謝しています。あのチャントを聞く度に気分が高揚していました。ここで得た経験を富山で活かして皆さんの前でプレーできるように頑張ります。2年間ありがとうございました!」 2018.12.14 12:14 Fri
twitterfacebook
thumb

東京Vがロティーナ後任にギャリー・ジョン・ホワイト氏招へい! FA指導者養成特別コース出身の英国人

▽東京ヴェルディは12日、2019シーズンからの監督にイングランド人のギャリー・ジョン・ホワイト氏(44)が就任することが決定したと発表した。 ▽クラブの紹介によると、ホワイト氏はイングランドサッカー協会(FA)が立ち上げた特別な指導者養成コースの出身者。“将来のイングランド代表やプレミアリーグの監督を任せられる人材”として、40歳未満の若いイングランド人指導者の中から16人だけが集められてスタートしたコースであり、現イングランド代表監督のガレス・サウスゲート監督も携わったものだ。そのコースからは、プレミアリーグの有力クラブや海外クラブへ指導者を輩出していることが伝えられている。 ▽1994年にオーストラリアのフリーマントル・シティSCアカデミーで指導者キャリアを開始したホワイト氏は、1996年から1998年までMLSでアカデミーディレクターを務め、イギリス領ヴァージン諸島代表、バハマ代表を率い、2008年にはシアトル・サウンダーズFC(MLS)のテクニカルディレクターを務めた。その後、グアム代表、上海申鑫足球倶楽部(中国)、チャイニーズタイペイ代表の指揮官を歴任し、今年12月までは香港代表で指揮を執っている。 ▽ホワイト氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ギャリー・ジョン・ホワイト氏 「まず始めに、私を信頼してこのような立場を用意していただいた東京ヴェルディの社長、スポンサー企業、そしてGM、またすべてのステークホルダーに感謝します。長い歴史と伝統、そして多くの実績がある素晴らしいクラブで監督として仕事ができることを誇りに思うとともに、とてつもないやる気に満ち溢れています。私は、これまでに東京ヴェルディのコーチングスタッフや選手たちが作り上げてきたポジティブな流れを引き継ぎながら、さらに明白な目標として、この象徴的なクラブとファンを元いた場所、つまりJ1リーグの舞台に戻すことを目指します」 ▽今シーズンの東京Vは、明治安田生命J2リーグを6位で終えてJ1参入プレーオフに参戦。すると、横浜FC、大宮アルディージャを撃破してJ1クラブと戦う決定戦まで辿り着いたが、ジュビロ磐田に敗れて昇格を逃していた。その後、2017年から指揮を執ったスペイン人指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ氏の退任が9日に発表されている。 2018.12.12 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

東京V、DF林昇吾との契約満了を発表

▽東京ヴェルディは12日、DF林昇吾(21)と今シーズンをもって契約を満了し、来シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽東京都世田谷区出身の林は、ジュニアユースから東京Vの下部組織に所属。トップチームには2016年から昇格し、今シーズンは明治安田生命J2リーグ10試合、天皇杯3試合に出場していた。 2018.12.12 14:43 Wed
twitterfacebook
thumb

東京V退団のロティーナ氏が西『マルカ』で今後の去就語る

▽9日に東京ヴェルディを退団したミゲル・アンヘル・ロティーナ氏(61)がスペイン『マルカ』で今後の去就について語った。 ▽スペイン時代にセルタやエスパニョール、レアル・ソシエダ、ビジャレアルといった名門クラブの指揮官を歴任したロティーナ氏は、2017年から東京Vの新指揮官に就任。副官イバン・パランコ・サンチアゴコーチと共に“ポジショナルプレー”、“5レーン理論”など欧州最先端の戦術をチームにもたらすと、2シーズン連続でチームをJ1昇格プレーオフに導く見事な手腕を発揮。 ▽しかし、8日に行われたJ1参入プレーオフ決定戦でジュビロ磐田に敗れ、クラブ悲願の11年ぶりのJ1復帰のチャンスを逃した。そして、同試合の翌日に今季限りでの退団が発表されていた。 ▽試合翌日にクラブハウスの前でサポーターに別れの挨拶をし、涙ぐむ様子も見せた61歳のスペイン人指揮官は『マルカ』で東京Vとの別れや今後の去就に関する短い質問に答えた。 ――東京Vサポーターとの最後の別れ 「とても感情的でエキサイティングな瞬間だった。東京ヴェルディのことをとても愛しているし、何とか我慢したかったが、涙を止められなかった」 ――新天地 「私は日本に戻るつもりだ。幾つかのオファーがあったが、来年1月に別のチームでプレシーズンをスタートする予定だ。数日後には新天地がわかると思うよ」 ――東京ヴェルディ 「今年の夏に契約延長の可能性について話し合ったが、私は彼らに変化が必要ない時期に来ていると話した。彼らは初めにスペイン人監督を求めていると話してきた。したがって、スペイン人監督と契約する可能性が高いと思う」 ――バロンドール 「モドリッチの受賞に関して特に言うべきことはないよ。ただ、メッシがファイナリストに入らなかったことは理解できない。彼は世界最高の選手だ。私は彼のような素晴らしい選手を見たことがない」 ▽日本国内ではセレッソ大阪の新監督就任が決定的と報じられているロティーナ氏だが、来シーズンも日本で指揮を執ることが確実なようだ。 2018.12.12 04:00 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格まであと一歩に迫った東京Vのロティーナ監督&イバンコーチが退任

▽東京ヴェルディは9日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(61)とイバン・パランコ・サンチアゴ コーチ(38)の退任を発表した。 ▽スペイン人指揮官のロティーナ監督は、ヌマンシアやオサスナ、セルタ、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボ、ビジャレアルなどを指揮。2017年に東京Vの監督に就任すると、1年目でJ2・5位にチームを導くもJ1昇格プレーオフでアビスパ福岡に敗れ残留。2年目の今シーズンは常に上位争いを繰り広げると、6位でシーズンを終えていた。 ▽J1参入プレーオフでは、1回戦で大宮アルディージャ(0-1)、2回戦で横浜FC(0-1)を下し決定戦へ。しかし、8日に行われたジュビロ磐田との一戦は2-0で敗れ、J1昇格を逃していた。 ▽イバンコーチは、ロティーナ監督とともに2014年から仕事をし、東京Vのコーチに就任。試合中はタッチライン際で指示を送るなど、ロティーナ監督とともにチームを作り上げてきた。両氏はクラブを通じてコメントしている。 ◆ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督 「この2年間を振り返り、ヴェルディサポーターの皆さんに伝えたいこととして頭に浮かぶのは、「ありがとう」という言葉です。なぜなら、後ろを向いて我々が共に歩んできた道のりを振り返ると、深い感謝の気持ちが溢れ出してくるからです。この偉大なファミリーを形成するすべての方々に感謝の意を示したいです」 「社長、強化部の皆さん、ありがとうございました。我々を信頼してくれて、成功のために常に我々の近くから協力してくれました」 「私のテクニカル・メディカルスタッフチームの皆さん、ありがとうございました。この忘れることのできない2シーズンの間、素晴らしい仕事で私を支えてくれて、私をより良い監督にしてくれました」 「全てのクラブ職員、スタッフの皆さん、ありがとうございました。この挑戦のために大きな努力をしてくれて、素晴らしいプロジェクトの一部となってくれました」 「そして選手の皆さん、ありがとうございました。我々スタッフの要求に対して、「忠誠」、「信頼」の模範を示し続けてくれました。謙虚で、献身的であり続けてくれました。全てが私の中で良い思い出であり続けます」 「そして、特にファン、サポーターの皆さんに、私より、そして私の家族より大きな感謝を伝えたいです。とても、とても、とてもありがとうございました。2年前に私が日本に到着した時、どんな未来が待ち受けているのか想像できませんでした。知らない国で異なるサッカーと出会いましたが、今は大好きになりました。ファン、サポーターの方々の温かい歓迎のおかげで、ここを自分の国のように感じることができました。皆さんがこの2年間を素晴らしいものにしてくれました。良い時期も、難しい時期も我々を励ましてくれました。我々と共に喜んでくれました。そして物事がうまくいかない時や、期待通りにならない時は、我々が立ち上がるように支えてくれました。皆さんの応援歌は、どこに行こうとも私の中で響き続けます。私はあなた方に一生分の無償の借りを持つことになりました。特にあの「ロティーナ、ロティーナ」の歌を歌ってもらえるようになってからは」 「全ての方々に感謝を示したいです。これは、「さよなら」ではなく「またね」です。私は遠くには行きません。どこにいても偉大な東京ヴェルディファミリーと繋がり続けることを約束します。私の魂の一部はあなた方と共にあります」 「ARIGATOU」 ◆イバン・パランコ・サンチアゴ コーチ 「親愛なる東京ヴェルディの友人たちへ」 「私はこの素晴らしいクラブで本当に幸せな2年間を過ごさせていただきましたが、本日をもって東京ヴェルディでの美しい日々に終止符を打つこととなりましたので、みなさんにお別れの言葉を伝えたいと思い、こうして“短い"手紙を書くことにしました」 「正直言って、すべての方々に対して適切な別れの言葉を探すことは、今の私にとって非常に困難です。なぜならば、時には涙がこみ上げてくるほどのこの高ぶる気持ちを言葉だけで表現することは不可能だからです。ですから今回は、みなさんと共有することができたこの素晴らしい日々を振り返りながら、(別れの言葉ではなく)私の素直な感謝の気持ちをみなさんにお伝えしようと思います」 「まずはじめに、羽生社長、竹本GM、山本強化部長、そしてすべてのクラブ関係者に感謝の気持ちを伝えたいと思います。この素晴らしい国で、素晴らしいリーグで、そしてこの素晴らしいクラブで指導に携わるチャンスを下さり、そして私たちのことを信頼し続けてくださり、本当にありがとうございました」 「次に、この2シーズンの間、共に戦ってきたすべての選手たちに感謝の気持ちを伝えたいと思います。いつも私たちを尊重してくれて、そして忍耐強く私たちについてきてくれてありがとう。あなたたちは、私が今まで指導に携わった選手たちの中で、最もプロフェッショナルな選手たちでした。私のしつこい指導に耐えてくれて、私がスムーズに指導できるように協力してくれて、そして監督と共に私があなたたちを導くことを受け入れてくれて本当にありがとう。結果的に、あなたたちと過ごした日々の中で、誰よりも多くのことを学ぶことができたのは、間違いなく私自身でした。あなたたちのおかげで、私は人として、そして指導者として成長することができました。あなたたちと共に成長できたことは、私にとって最高の喜びです」 「次に、チームマネージャーのゴリ(後藤雄一)、エキップメントマネージャーのタカシ(佐藤崇史)、そしてメディカルスタッフの植村さん、谷口さん、志賀、シン(福士森)、能登にも特別な感謝の気持ちを伝えたいと思います。選手たちに対して素晴らしいサポートを提供してくれただけでなく、“ひ弱な"私のこともしっかりとケアしてくれて、本当にありがとう!」 「もちろん、苦楽を共にしたテクニカルスタッフの仲間たちにも感謝せずにはいられません。トニ、フジ(藤吉信次)、オキ(沖田政夫)、スガ(菅原智)、サワ(SAVA)、そしてマナト(小寺真人)、みんなの日々の努力、サポート、知識と知恵、そして新しいことを受け入れる広い心、それらすべてに対する感謝の気持ちを表現するための適切な言葉が見つかりません。本当にありがとう。また、時々夕食に連れ出してくれてありがとう。みんなのおかげで、毎晩“コンビニODEN"ばかり食べていては栄養が偏ってしまうことを私は学ぶことができました。本当に色々とありがとう。みんなは私にとって第二の家族です。みんなのことは一生忘れません」 「ロティーナ監督、もちろんあなたのことも忘れていません。改めて私のことを信頼してくださり、私の意見に耳を傾けてくださり、しつこい私に毎日耐えてくださり、良いお手本を常に示してくださり、そしてあなたの横でこの素晴らしい2年間を過ごさせてくださり、本当にありがとうございました。Gracias Loti!」 「そして最後に、ヴェルディサポーターのみなさんに最大の感謝の気持ちを伝えたいと思います。私に最高の愛情を注いでくださり、そして歓喜の時も苦渋の時も常にチームに対して声援を送り続けてくださり本当にありがとうございました。(辛い時に聞こえてきたみなさんの声援は一生忘れることができないでしょう)」 「“ヴェルディサポ"のみなさんこそが、東京ヴェルディの魂であり、誇りであり、血であり、そして心臓です。ですから、これからも“緑の志"と共に強く激しく叫び続けて東京ヴェルディを後押ししてください。そうすれば必ずや東京ヴェルディが本来いるべき場所であるJ1に返り咲くことができることでしょう!」 「心から感謝を込めて イバン」 2018.12.09 10:22 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース