FAがイングランドvsイタリアで急死のイタリア代表DFアストーリの追悼をすると発表2018.03.05 10:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は、27日に行われるイタリア代表戦を前に、急死したDFダビデ・アストーリの追悼を行う予定があると発表した。FAが公式ツイッターで明かした。

▽フィオレンティーナに所属するイタリア代表DFダビデ・アストーリは、4日、ホテルの一室で遺体となって発見された。31歳だった。

▽ウディネーゼ戦を控えて遠征していたアストーリは、試合日の朝にチームスタッフによって発見された。突発性の心不全とのことだった。

▽イタリア代表としてもプレーしていたアストーリは、27日に予定されていたイングランド代表との親善試合にも招集される予定だったようだが、FAは公式ツイッターで哀悼の意を述べるとともに、試合前に追悼すると明かしている。

「FAのすべての人間が、ダビデ・ストーリの死のニュースに本当に悲しんでいます。彼の家族、彼を知る全ての人たちに哀悼の意を表します」

「今月末に、ウェンブリー・スタジアムにアッズーリを迎えることになりますが、ダビデを追悼する予定です」

コメント

関連ニュース

thumb

重傷ウェルベック、現地9日時点で病院から出られず…今後の情報開示待たれる

▽アーセナルに所属するイングランド代表FWダニー・ウェルベックの負傷状態が深刻だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ウェルベックは8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループE第4節のスポルティング・リスボン戦に先発出場。25分に右サイドのDFステファン・リヒトシュタイナーのクロスに飛び込んだ際に、相手DFブルーノ・ガスパールと接触し、着地した衝撃で右足を負傷。その場に倒れ込みすぐに医療班が呼ばれる事態に。 ▽しばらくピッチに横になったまま動けないウェルベックの顔には呼吸器が付けられ、その後、病院へ搬送。試合後に、アーセナルを指揮するウナイ・エメリ監督は、「このケガは今夜最悪のニュースだ。深刻な負傷を負っていると思う」とコメントしていた。 ▽また、『スカイ・スポーツ』によると、現地時間9日時点でウェルベックは病院を出ることができず。72時間以内に情報開示が行われるとした。 2018.11.10 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー代表復帰で一部批判…サウスゲイト、「ポドルスキの例」で反論

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、ウェイン・ルーニーの同代表復帰に関する一部からの批判に驚いている。イギリス『ガーディアン』が伝えた。<br><br>FA(イングランドサッカー協会)は4日、DCユナイテッドに所属するルーニーが1日限定で同国代表に復帰することを発表。ルーニーは2017年8月にイングランド代表から引退することを発表していたが、同国が119キャップのレジェンドに敬意を示す意味もあってラストゲームとしての招集が決まっている。<br><br>このFAの決断に関して、現地では否定的な意見も一部で出ている。この件について、サウスゲイト監督は、2017年3月にドイツ代表がイングランド代表戦をルーカス・ポドルスキの引退試合とし、130キャップの同選手を称えたことを引き合いに出し、開催の正当性を主張した。当時、ポドルスキは1試合限定で復帰し、見事ゴールを奪うなど最高のラストダンスとした。<br><br>「(批判があることは)残念だ。彼がイングランドのためにいかにプレーしてきたかについて過小評価されているときがあると思う。失望したけど、彼が実際に代表に合流して試合をする頃には、&ldquo;ルーニーがどれほど尽くしてきたかを考えようじゃないか。今回は彼への感謝を示す良い機会だ&rdquo;ということにみんなが集中できれば良いと思う。そこから、今回の判断が的確だったか決めることができるだろう」<br><br>「議論は理解できるよ。私は、ポドルスキの状況を考えて、あの夜が素晴らしかったと思っている」<br><br>「我々は少し奇妙かもしれない。望んできたほどの功績を残せなかったという事実を嘆くが、そこには最高の敬意を受けるべき選手たちもいた。彼らのような選手をトリビュートすることを正当化するために、長い時間を過ごしているんだ」<br><br>ルーニーの引退試合となる国際親善試合のアメリカ代表戦は、15日にウェンブリー・スタジアムで開催される。<br><br>提供:goal.com 2018.11.09 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチアとの最終戦に向けたイングランド代表メンバー発表、代表引退試合のルーニーが招集《UEFAネーションズリーグ》

▽イングランドサッカー連盟(FA)は8日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19と国際親善試合に向けたイングランド代表メンバー28名を発表した。 ▽先月行われたUNL2戦目のクロアチア代表戦を0-0で引き分け、同3戦目のスペイン代表戦を3-2と制して1勝1分け1敗の2位に付けるイングランドは、最終戦のクロアチア戦に向けて、FWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)ら主力を招集。 ▽そして、今季のプレミアリーグで6ゴールを挙げているFWカラム・ウィルソン(ボーンマス)が初招集された一方、DFハリー・マグワイア(レスター・シティ)が負傷のため招集外となっている。 ▽また、代表通算歴代2位の119試合に出場し、歴代トップの53得点をマークして2016年11月のスコットランド代表戦を最後にイングランド代表としての活動から退いたFWウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)が招集された。ルーニーは15日に聖地ウェンブリーで行われるアメリカ代表との国際親善試合が代表引退試合となる見込みだ。 ▽イングランドは15日にアメリカ戦を、18日にホームでUNL最終戦のクロアチア戦を戦う。今回発表されたメンバー28名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆イングランド代表メンバー28名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ピックフォード</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">ジャック・バトランド</span>(ストーク・シティ) <span style="font-weight:700;">アレックス・マッカーシー</span>(サウサンプトン) <span style="font-weight:700;">マルクス・ベティネリ</span>(フルアム) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">レウィス・ダンク</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">マイケル・キーン</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">ジョー・ゴメス</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">トレント・アレキサンダー=アーノルド</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ベン・チルウェル</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">キーラン・トリッピアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">カイル・ウォーカー</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ジョン・ストーンズ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ルーク・ショー</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ロス・バークリー</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">ルベン・ロフタス=チーク</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">ファビアン・デルフ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">エリック・ダイアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ハリー・ウィンクス</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ジェシー・リンガード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ヘンダーソン</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ジェイドン・サンチョ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">マーカス・ラッシュフォード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">ダニー・ウェルベック</span>(アーセナル) <span style="font-weight:700;">カラム・ウィルソン</span>(ボーンマス) <span style="font-weight:700;">ウェイン・ルーニー</span>(DCユナイテッド) 2018.11.09 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月8日は、天才と謳われた元イングランド代表のバースデー

◆ジョー・コール 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1981年11月8日 所属クラブ:タンパベイ・ローディーズ(MLS) ポジション:MF 身長:175㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』11月8日は、タンパベイ・ローディーズの元イングランド代表MFジョー・コールだ。 ▽ウエストハム下部組織で育ったJ・コールは、1999年に17歳でトップチームデビューを果たした。ウエストハムではキャプテンも務めたが、自身のケガもありチームは降格。これを機にチェルシーに加入すると、アブラモビッチオーナー体制初年度の注目選手として背番号「10」を背負った。その後、チェルシーでの契約を満了すると、2010年にリバプールに移籍。ここでも10番を背負ったが、ロイ・ホジソン監督の戦術に馴染めず、期待されたような活躍は出来なかった。そのため、2011年夏にレンタル移籍でリール入りし、リバプールに戻ることはなく2013年夏にウェストハムに復帰。その後は、アストンビラ、コベントリー(イングランド3部)を経て、2016年からタンパベイ・ローディーズに加入している。 ※誕生日が同じ主な著名人 モルガン・シュナイデルラン(サッカー選手/エバートン) ルイス・ファビアーノ(サッカー選手/ヴァスコ・ダ・ガマ) パベル・ポグレブニャク(サッカー選手/ディナモ・モスクワ) 新井一耀(サッカー選手/名古屋グランパス) 吉野恭平(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 金子千尋(野球選手) オカダカズチカ(プロレスラー) 2018.11.08 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

尊敬する先輩へ、ケインからルーニーへのメッセージ「僕らの偉大なキャプテン」

▽トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、同国代表の大先輩にメッセージを送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽イングランド代表は、15日にウェンブリー・スタジアムでアメリカ代表との国際親善試合を開催。その試合に向けては、2016年11月のスコットランド代表戦を最後に代表を退いていたDCユナイテッドFWウェイン・ルーニーが、復帰を果たした。 ▽なお、1試合限りの招集となっており、その試合は事実上の代表引退試合とされている。スリーライオンズの腕章を受け継ぐケインは、偉大な先輩の代表ラストマッチを前に以下のようにコメントした。 「彼(ルーニー)がどんなことをするのか、どれだけ長くプレーするのかはあまり分からない」 「でも、彼に再び会えて素晴らしいよ。数人が少年たちに戻るだろうし、チームの若手プレーヤーたちにとってグレートな経験になる」 「みんなが支援するべきだし、素晴らしい見送り方をしたい」 「彼は僕らの偉大なキャプテンだったし、それに相応しい。僕がチームに入った時もキャプテンだったし、もしプレーするならもちろん今でも彼がキャプテンだよ」 ▽2015年3月にイングランドに初招集されたケインは、通算34試合19ゴールをマーク。代表通算歴代2位の119試合出場を誇り、歴代トップの53得点をマークしたウェイン・ルーニーという高い壁を乗り越えるための旅は、まだ始まったばかりだ。 2018.11.07 19:30 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース