【原ゆみこのマドリッド】首位決戦になるらしい…2018.03.03 10:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽「あと4日って言ってもまだリーガ戦があるのに」そんな風に私が白けていたのは金曜日、というのもこのところ、レアル・マドリー関連のニュースはネイマール情報に特化。AS(スポーツ紙)など、早くもパリ入りしている特派員から、先週末のリーグ1のオリンピック・マルセイユ戦で負ったケガは足首のネンザだけでなく、第5中足骨の骨折も判明、結局、当人はW杯を優先して母国ブラジルのベロオリゾンテで手術を受けることに。要はCL16強対決PSG戦2ndレグには出られないということを仔細に渡って伝えてきたかと思いきや、土曜にヘタフェとのマドリーミニダービーを控え、バルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場であった監督記者会見内容もほとんど、来週火曜の対戦についてだったから。

▽いえ、一応、ジダン監督は「Yo sigo pensando que hay Liga para nosotros/ジョー・シゴ・ペンサンドー・ケ・アイ・リーガ・パラ・ノソトロス(自分はウチにもまだリーガ優勝の目があると考えている)。難しいが、不可能ではない」と言っていましたけどね。確かに彼らと首位バルサの勝ち点差15がずっとこのままなら、33節まで夢を見ていることはできますが、選手たちも人間ですからねえ。残り12試合でライバルが5敗、もしくは8分けもするなんて、天地がひっくり返りでもしない限り、ありえないと思っていても仕方ないですし、この先、降格やヨーロッパの大会出場権を懸けて真剣に挑んでくるチームと当たり、CLしか目に入っていない自身が足元をすくわれることだってあるかもしれませんし…そう、まさにそれが今週のミッドウィーク開催リーガのエスパニョール戦だったんですよ。

▽いえ、キケ・サンチェス・フローレス監督の率いるチームにはアトレティコも昨年12月、1年余り続いていたリーガのアウェイ無敗記録を破られましたし、バルサも1月のコパ準々決勝1stレグで敗戦。全てRCDEスタジアムで終盤にゴールを奪われ、1-0の負けと、決して火曜の対戦で同じ轍を踏んだマドリーを責められはしないんですけどね。ただ、この日もジダン監督は先週のブタルケでのレガネス戦に続いてクリスチアーノ・ロナウドにお休みを与え、週1試合ペースをキープ。その時は1-3と快勝したのに安心したか、ベンゼマもベンチスタート、ベイルをCFに置くという奇策に出たのが裏目に出たんでしょうかね。クロース、モドリッチ、マルセロが負傷欠場、カセミロも急性胃腸炎で遠征に参加できずというのもあったんですが、イスコ、ルーカス・バスケス、アセンシオ、ジョレンテ、アクラフらで構成されたチームは、コパ準々決勝2ndでレガネスに逆転勝ち抜けを許した汚名を返上することはできませんでしたっけ。

▽うーん、前半はエスパニョールの堅い守りに阻まれ、後半には何度もカウンターのチャンスを許していた彼らだっただけに、私もロスタイムにとうとうセルヒオ・ガルシアのパスから、ジェラール・モレモがゴールを挙げた時にはいつぞやのデジャブを見ているような気がしたものですけどね。イスコなど、後半まだ0-0の時にベンゼマと交代させられ、まるで引き分け狙いかのようにピッチをノロノロ歩いて戻ってきたり、終盤にセルヒオ・ラモスがCFとして攻撃に参加して、守りが手薄になっていたのが仇になったり、試合後は試合後でバランが「A veces somos capaces de lo mejor y de lo peor/ア・ベセス・ソモス・カパセス・デ・ロ・メホール・イ・デ・ロ・ペオール(ボクらは時に最上なことと最低なことが可能)」とかつてのお隣さんみたいなことを言っていたりと、どうにもリーガのマドリーには突っ込みどころが多すぎ。

▽こうなると、翌水曜、ドシャ降りの雨の中、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでデポルティボと対戦。降格圏にドップリ浸り、セードルフ新監督の下でもまったく改善の兆しを見せない相手のミスに乗じ、前半終了間際にはアンヘルがゴールライン上から押し込んで先制すると、続いてそのアンヘルのラストパスをボベダがオウンドールして2-0とリードして折り返すことに。後半にも敵DFのバックパスを追ったホルヘ・モリーナがvaselina(バセリーナ/ループシュート)で3点目を挙げ、3-0と完勝した弟分のヘタフェが勢いづいてサンティアゴ・ベルナベウに乗り込んで来る、土曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からのミニダービーもどうなることやら。

▽実際、今度はロナウドがスタメン復帰予定、マルセロも負傷が治ってベンチに入るとはいえ、マドリーにとってはあくまでCL戦に備えての足慣らしという位置付けの試合ですからね。何だか、誰もが1stレグでは3-1と快勝しているのを忘れているみたいですが、たとえネイマールがいなくても、カバーニやムバッペ、そして水曜のクープ・ド・フランス準々決勝でも2得点と、マルセイユを下す原動力となったディ・マリアのいるPSGの攻撃力には用心しないといけない?一方、シーズン前半は1-2で惜敗したヘタフェは丁度、アマトが5枚目のイエローカードをもらったため、このマドリー戦で出場停止。おかげでデポルティボ戦では後半19分からピッチに入った柴崎岳選手の先発見込みが高まっていますし、まだチケットも3000枚程残っているそうなので、折よくマドリッド訪問中の日本人ファンにも観戦のチャンスがありそうですよ。

▽え、そんなお隣さんと対照的にアトレティコの調子が劇的に良くなってきたのはCLの重荷がないせいもあるんじゃないかって?そうですね、来週木曜にはヨーロッパリーグ16強対決、ロコモティブ・モスクワとの1stレグが迫っている彼らですが、コペンハーゲンとの32強対戦の時同様、ロシアからのウルトラ(過激なファン)集団がワンダ・メトロポリターノに襲来するかもしれない懸念を除いたら、相手の話は一向に聞こえてこず。その脇で中国スーパーリーグに行ったカラスコ、ガイタンに続き、前日には控えGKのモヤまでレアル・ソシエダ(1月末にイニゴ・マルティネスがアスレティックに契約破棄金額で移ったため、1カ月の補強猶予期間があった)に電撃移籍、とうとうチームに19人しか選手がいなくなってしまったというショッキングなニュースがあったにも関わらず、ようやく雨が止んだ水曜夜のレガネス戦では滅多にお目にかかれない光景を目撃することに。

▽それはグリーズマンのpoker(ポケル/1試合4得点のこと)で、だってえ、彼は前節のセビージャ戦でもハットトリックを挙げていたんですよ。もちろんその流れで調子はいいのだろうとは思っていたものの、まさかあそこまでだったとは!ええ、序盤はエラソや、グンバウとガブリエル・ピレスのダブルチャンスなどでレガネスが気を吐いたんですが、「No vale solo con tener ocasiones/ノー・バレ・ソロ・コン・テネール・オカシオネス(チャンスを作るだけでは価値がない)」とガリターノ監督も後で反省していた通り、前半26分にワンマンショーが開幕。まずはコケが自陣から出したスルーパスを追ってエリア内まで走ると、GKクエジェルの下を抜いて1点目を決めます。

▽続いては35分、その日は最初のFKでもバーを直撃していた彼が2度目の正直で直接ネットに収めてくれたため、とりわけ今季は1点死守のケチ臭い試合に慣れていた私など、もう前半だけでグリーズマンとジエゴ・コスタを引っ込めて、バルサ戦に備えて温存すればいいのにと思ったぐらいでしたけどね。当人はまだ飽きたらなかったのか、後半も11分にはフィリペ・ルイスのクロスをヘッドで、22分にはコスタのクロスを利き足でない右で半ば打ち損じながらもゴールに。計4点を1人で挙げてしまったとなれば、2人同時に交代となった27分の直前、1対1をクエジェルに弾かれてしまったコスタがプリプリしながらベンチに戻って行ったのも、気持ちはわからなくはない?

▽結局、そのまま4-0で快勝したアトレティコでしたが、ここ2試合で7得点と尋常でないゴール数を記録したグリーズマンは丁度いい機会だと思ったか、ピッチでのフラッシュインタビューで「コメントやファンに黙るような仕草をしたりして間違うことはあるけど、en el campo no me equivoco/エン・エル・カンポノー・メ・エキボコ(ピッチで自分は間違えない)」と、2月のバレンシア戦でカウンターのチャンスにパスを後ろに出してファンからpito(ピト/ブーイング)を受けた際のリアクションについて言及。まあ、今更ながらですが、先日はシメオネ監督も「自分がファンなら、グリーズマンが来季も残ってくれるよう、何でもする」と全面的にバックアップ、それに応えてスタンドも応援してくれたのは本人も嬉しかったんでしょうね。

▽その後、「Primero que no se acostumbren a que meta tres y cuatro goles/プリメーロ・ケ・ノー・セ・アコストゥンブレン・ア・ケ・メタ・トレス・イ・クアトロ・ゴーレス(最初に言うけど、3つも4つもゴールを入れるのに慣れちゃダメだよ)」と始めた記者会見では、コスタと一緒にプレーできるようになったのを「Me da mucha libertad/メ・ダ・ムーチャ・リベルタッド(自分が大いに自由を与えてくれる)」と高く評価。曰く、「サイドに流れたり、中に入ったり、好きなことができるし、前線での対象もできた。彼が敵DFとぶつかって、ボクはリバウンドにスタンバイ」だそうですが、何より頼もしいのはグリーズマンのシュート精度が上がってきたことだったかと。

▽そんな好調極まりないアトレティコを見てしまっただけに、日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時45分)からのカンプ・ノウでもいい試合をしてくれることを期待してしまった私でしたが、いやあ、天は自ら助くる者を助くってこと、本当にあるんですねえ。翌木曜には再び、首位バルサとの勝ち点差が7に戻るのを覚悟していたところ、パコ・ヘメス監督のラス・パルマスがジャッジにイロイロ議論はありながら、カレリのPKゴールで1-1の引き分けに持ち込んでしまったから、ビックリしたの何のって。これで1位と2位の差は勝ち点5。もしももしも、この直接対決にアトレティコが勝ったら、たったの2差って、つまりあとは5月のクラシコ(伝統の一戦)でお隣さんが協力してくれさえしれば、逆転優勝できるかもしれない?

▽いや、彼らにだってベルナベウでのダービーがありますし、木曜のベティス戦を零封して、GKモヤが立派にソシエダデビューをしてしまったため、オブラクはもう風邪すら引けないなど、もちろんまだ取らぬ狸の皮勘定にしかすぎませんけどね。1カ月前は11ポイント差と全然、つまらなかったリーガ優勝戦線が俄然、興味深いものになってきたのはきっと私だけではないはず。ちなみにその試合、バルサではあとイエローカード1枚で累積警告だったルイス・スアレスが難を逃れ、出場できるんですが、そこは「En la cancha no hay amigos/エン・ラ・カンチャ・ノー・アイ・アミーゴス(ピッチでは友達はいない)」(ヒメネス)という、ゴディンとのウルグアイ代表CBコンビを信頼するしかないかと。うーん、本当に怖いのはラス・パルマス戦でも見事なFKゴールを決めたメッシなんですけどね。こればっかりはどうしようもないため、当日、ツキが味方してくれることを祈るしかありません。

▽そしてアトレティコにも負けてしまったため、とうとう6試合白星なしとなってしまったレガネスは土曜に最下位のマラガをブタルケに迎えるんですが、何せその後はアスレティック、セビージャ、バレンシア、バルサと手ごわい相手との対戦が続きますからね。順位が16位になってしまったのは、勝ち点30で降格圏にまだ勝ち点差10あるため、あまり気にしなくてもいいかと思いますが、ガリターノ監督も「Las diferencias en Primera entre unos equipos y otros es abismal/ラス・ディフェレンシアスエン・プリメーラ・エントレ・ウノス・エキポス・イ・オトロス・エス・アビスマル(1部でのチーム間の差は深淵のように大きい)」と言っていたように、とにかくこの試合が踏ん張り時。とりあえず、弟分ライバルのヘタフェのように勝ち点36ぐらい貯めれば落ち着くはずですが、残留確定にはあと3勝ぐらいは必要でしょうかね。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。

コメント

関連ニュース

thumb

まだ秋は来ない…/原ゆみこのマドリッド

▽「どうせ涼しくなれば、忘れちゃうんだろうな」そんな風に私が呆れていたのは月曜日、スペインが厳しい残暑に見舞われた先週末のリーガ開催時間を巡り、サッカー協会のルビアレス会長とラ・リーガのテバス会長がツイッターを通じて丁々発止の口喧嘩を始めたと聞いた時のことでした。いやあ、スタンドはどちらも日影でしたが、観戦梯子をした土曜は確かに私も午後6時過ぎにコリセウム・アルフォンソ・ペレスにセルカニアス(国鉄近郊路線)のラス・マルガリータス・ウニベルシダッド駅から15分歩いて着いた後など、汗が止まらず。水を飲みすぎたせいもあってか、試合中、とても気持ちが悪かったんですけどね。 ▽実際、午後1時からのエスタディオ・バジェカスではカンカン照りのピッチでプレーしていたラージョのアマト、アラベスのパチェコが試合後、目眩や吐き気に襲われたそうで、ミニダービーの方では何と、フィリペ・ルイスがプレーを続けられず、後半途中に交代を申し出る始末。おまけに翌日曜、もっと暑くて湿気の多い地中海沿岸では観客にも被害が出て、正午からのシュタット・デ・バレンシアのレバンテvsセビージャ戦では14人、午後4時15分からのラ・セラミカでのビジャレアルvsバレンシア戦では4人が熱中症の手当を受けたとなれば、いくらテバス会長が「アラゴングランプリ(バイク)では気温32度の中、11万4000人の観客が日向でレースを楽しんでいた。36度のラス・ロサス(マドリッド近郊)の協会施設グラウンドでも少年サッカーの試合が開かれた」と反論しても、暑さをまったく考慮せずにキックオフ時間を設定した責任は免れないかと。 ▽うーん、それでもアラベスなどはようやくエスタディオ・バジェカスのスタンド閉鎖命令が解け、今季2度目のホームゲームに張り切って駆けつけたラージョファンの熱い応援もなんのその。前半8分にはチモ・ナバロが器用に後ろに流したFKで先制すると、一旦はラウール・デ・トマスのゴールで同点とされたものの、34分にはイバイ・ゴメスがエリア前からのgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)で再びリードしているんですよ。おまけにその時、CBアブドゥライエがカレリにcodazo(コダソ/肘打ち)を見舞っていたことがVAR(ビデオ審判)により発覚し、彼が一発レッドで退場させられたラージョは残り時間を10人で戦うことに。 ▽そのせいもあってか、後半11分にそのカレリに追加点を奪われた後、「Con un jugador menos nos meten el 1-3 y dejamos de competir/コン・ウン・フガドール・メノス・ノス・メテン・エル・ウノ・トレス・イ・デハモス・デ・コンペティール(1人少なくなって1-3にされて、ウチは競うのを止めた」とミチェル監督は選手たちを批判していたましたが、いや、あの暑さでは気力が湧かないのもわかりますって。対照的にその後もイバイ・ゴメス、ブルギが追加点を挙げ、1-5と最後まで手綱を緩めなかったアラベスは見上げた心意気でしたが、何せ彼らはこれでもう勝ち点10と、「Tenemos una cuarta parte del objetivo conseguido/テネモス・ウナ・クアルタ・パルテ・デル・オブヘティボ・コンセギードー(ウチは目標の4分の1を達成した)」(アベラルド監督)訳ですからね。 ▽このペースで行けば、20節には1部残留確定の勝ち点40が溜まるとなれば、この敗戦で19位に落ちてしまったラージョや、それこそ次の時間帯で、いえ、北部のエイバルでプレーしながら、あちらの暑さもかなりのものだったようですけどね。後半6分に決勝ゴールを挙げたキケ・ガルシアが27分には全力疾走した後、息が切れて倒れてしまい、担架退場になったなんて話もあったんですが、そのまま1-0で負け、未だに勝ち点1しかない最下位に留まったレガネスなどにしてみれば、どんなに羨ましい状況かと。 ▽え、そんなシーズン序盤から、降格圏にはまってしまった弟分2チームには今週、平日開催でキックオフが遅くなるため、暑さの影響もあまりなさそうな次節、そしてラッキーにも夜の時間帯に当たった週末の試合での奮起を期待するしかないだろうって?まあ、その通りなんですが、火曜にサン・セバスティアン(スペイン北部のビーチリゾート都市)でのレアル・ソシエダ戦を控えているラージョと比べ、あまりに気の毒なのはレガネス。ええ、水曜午後8時(日本時間翌午前3時)から、ブタルケにバルサを迎えるからで、いえ、相手も日曜にジローナとカンプ・ノウで2-2と引き分け、今季初めて勝ち点を取りこぼしていますけどね。 ▽どうやら、「Estamos en el inicio, todavia queda mucho/エスタモス・エン・エル・イニシオ、トダビア・ケダ・ムーチョ(始まったばかりで、まだリーガは沢山残っている)」というペレグリーニ新監督が初白星を挙げるのは日曜、アウェイで乾貴士選手のいるベティスと顔を合わすまで待たないといけない可能性が高そうですが、さて。何はともあれ、カリージョやロラン、エル・ナスリといった今季、加わったFWたちにゴール運が早く巡ってきてくれるといいのですが。 ▽そしてメトロからアトーチャ駅でセルカニアス乗り換えると、1時間以内で結構、楽に移動ができることがわかったヘタフェの試合がどうだったかというと。いやあ、アトレティコも序盤は兄貴分の貫録を示そうと積極的に攻めていたんですけどね。前半14分、グリーズマンのミドルシュートが外れてしまった直後、レマルが同じような距離からトライしたところ、ボールがゴール枠に弾かれ、GKダビド・ソリアの背中に当たってオウンゴールになるという超ラッキーが起こります。 ▽でもねえ、だからって、「Luego hemos dado un pasito atras porque hemos empezado a perder balones en la salida/ルエゴ・エモス・ダードー・ウン・パシート・アトラス・ポルケエモス・エンペサードー・ア・ペルデル・バロネス・エン・ラ・サリーダ(それからウチはボールを出すところで敵に取られ始めたから、一歩あとに下がった)」(コケ)というのは、因果関係はどちらが先か、私にもわからないんですけどね。リードすると引いてしまう、彼らのいつもの悪癖が出てしまったせいで、ゲームはとてつもなく退屈なものに。 ▽そんな状態で前半が終わったため、「Hablamos al descanso y repetimos los 20 del primer tiempo/アブラモス・アル・デスカンソ・イ・レペティモス・ロス・ベインテ・デル・プリメール・ティエンポ(ハーフタイムに話して、前半20分までのプレーを繰り返した)」と後でシメオネ監督も言っていたんですが、おかげで後半15分、ようやくアトレティコのプレーが繋がったんですよ。それはその日、久々にCBとして先発したリュカが自陣エリア近くで取り戻したボールからで、パスを右サイドに繋いだ彼らはレマルから、グリーズマンのtaconazo(タコナス/ヒールキック)を経て、最後は左サイドのコケが敵の股間を抜くスルーパスをエリア内のレマルへ。するとブルーノがカットしかけたボールを追って、ソリアもかわしたレマスが角度のないところからシュート、これが決まってしまったから、ビックリしたの何のって。 ▽すぐ後には、GKオブラクがアンヘルの一撃をparadon(パラドン/スーパーセーブ)で救ってくれたなんてこともあったんですけどね。ヘタフェは途中出場したアレホがサウールの脚を踏み、レッドカードを受けたため、人数的有利になったアトレティコはようやく、ジエゴ・コスタやグリーズマンにチャンスが回ってくることに。それでもソリアに弾かれて、追加点を挙げられなかったため、0-2という地味なスコアでの勝利になりましたが、ちょっと悲しかったのは試合後の記者会見で、「Fue el mejor Atletico de esta temporada?/フエ・エル・メホール・アトレティコ・デ・エスタ・テンポラーダ(今季、これが一番良かったアトレティコの試合だったか?)」とシメオネ監督が訊かれていたこと。 ▽その答えは「リーガではそうかもしれない。一番だったのはUEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦だけどね」というものでしたが、まあ、「A todo el mundo le gusta jugar bonito, pero nuestra filosofia es la de ganar/ア・トードー・エル・ムンド・レ・グスタ・フガール・ボニート、ペロ・ヌエストロ・フィロソフィア・エス・ラ・デ・ガナール(皆、美しいプレーが好きだけど、ボクらのフィロソフィーは勝つことだからね)」(コケ)というチームですからね。1試合に1つでも2つでも感心できるプレーがあれば、それで良しとしないといけないのかもしれませんが、ただこの日の白星はひとえに両チームの相性のおかげだったかも。 ▽ええ、シメオネ監督下のアトレティコはここ14試合、ヘタフェに負けておらず、引き分けもスコアレスで2度だけと、通算28-0で圧勝しているんですよ。ボルダラス監督も「他のチームの前ならできるミスも彼らにはできない。Solo tuvieron dos ocasiones hasta el segundo gol/ソロ・トゥビエロン・ドス・オカソネス・アスタ・エル・セグンド・ゴル(2点目を入れるまで、チャンスも2回しかなかった)」と言っていましたが、何をしても上手くいかない相手はいるものですって。それでも勝ち点10あるヘタフェは10位と安全圏にいますからね。木曜午後8時(日本時間翌午前3時)からのアラベス戦、来週月曜のセルタ戦と続くアウェイ2連戦では、この土曜はベンチに留まった柴崎岳選手の出場も含めて、きっといいところを見せてくれますって。 ▽え、相性の良さに助けられたのはお隣さんも同じじゃなかったかって?そうですね、続く時間帯だったため、サンティアゴ・ベルナベウには行けなかった私でしたが、オンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の中継を聞きながら、駅に向かっていた途中、前半41分にモドリッチのパスから、アセンシオのシュートがGKディエゴ・ロペスを破ったとの報が。でもねえ、最初は主審がオフサイドを取って、得点を認めなかったものの、VAR判定が入り、2分後に実況アナが「Goool! Gol del Madrid/ゴル・デル・マドリッド(マドリーのゴール)」と叫び直さないといけないって、もしやVAR導入で苦労しているのは選手たちだけじゃない? ▽自宅近くのバル(スペインの喫茶店兼バー)に私が入った時もスコアは1-0のままで、しかも後半にはレオ・バプチスタンやセルヒオ・ガルシアを入れ、反撃をかけてきたエスパニョールにマドリーは手を焼いていたようですが、何せベルナベウではここ23年間、白星のない相手ですからね。GKクルオワの頭を越えたボルハ・イグレシアスのvaselina(バセリーナ/ループシュート)がバーに当たって入らなかったのも得点すら、彼らは2013-14シーズン以来していないことを考えると、むしろ次回は試合前にお払いにでも行った方がいい? ▽ベイル、クロース、マルセロ、カルバハル(ケガ)がローテーションで出なかったマドリーもセルヒオ・ラモスがその日は積極的に参加して、強烈ヘッドを弾かれたりしていたんですが、結局、最後は1-0で逃げ切ることに。うーん、「lo mas importante son los tres puntos y el 1-0 vale igual que un 3-0/ロ・マス・インポルタンテ・ソン・ロス・トレス・プントス・イ・エル・ウノ・セロ・バレ・イグアル・ケ・ウン・トレス・セロ(大事なのは勝ち点3、1-0で勝っても3-0と同じ価値がある)」(アセンシオ)というのはもっともですが、先日のCLローマ戦であれだけ完璧な強さを見せられてしまうとねえ。マドリーファンとしては少々、物足りない試合だったのは否定できなかったかと。 ▽そんなマドリーは次節、水曜午後10時(日本時間翌午前5時)から、サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦に挑むんですが、ここはちょっと用心が必要。というのも相手は日曜、猛暑の中でレバンテに2-6、先週木曜にもヨーロッパリーグのスタンール・リエージュ戦で5-1の勝利とgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)づいているから。中でも2試合で5得点を挙げているベン・イェデルからは目が離せませんが、何せ月曜のFIFA表彰式でマドリーのDFはマルセロ、バラン、セルヒオ・ラモスの3人がベストイレブンに選ばれていましたからね。クルトワもベストGKに輝いたとなれば、もちろん守備は鉄壁かと思いますが、まあそれは見てのお楽しみ。そうそう、ベストイレブンにも入ったモドリッチは先日のUEFA年間最優秀選手賞同様、クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)、サラ(リバプール)を抑えてFIFAベストアワードを獲得しています。 ▽一方、火曜午後10時からワンダ・メトロポリターノに昔からのファンには懐かしい元GKのレオ・フランコ監督が率いるウエスカを迎えるアトレティコは月曜夜から、前日合宿に入っているんですが、いいニュースは開幕節でヒザを痛めたビトロがようやく招集リストに戻って来たこと。ただ、ファンフランが疲労なのか、ローテーションなのか、外れたため、右SBがまたトマス、もしくはカンテラーノ(アトレティコBの選手)のカルロス・イサークになるのかは不明です。 ▽そう、これが終わると次は土曜のマドリーダービーですからね。今季は2分け1敗と早くも躓いて、上位2チームと勝ち点差5をつけられている彼らにしてみれば、距離を縮めるまたとないチャンスとなるため、ここまで出づっぱりのサウールが温存される可能性もあるとか。どちらにしろ、ウエスカ戦に勝たないことには所詮、捕らぬ狸の皮算用ですが、月曜にロンドンでのFIFA表彰式に誰も行っていない彼らとしては、ここは改めて気合を入れるいい機会。来年は1人でも参列できるよう、今からプレーを磨いていってほしいものです。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.09.25 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CLはいいスタートが切れた…【原ゆみこのマドリッド】

▽「あっちもいなくて大丈夫だったのね」そんな風に私が頷いていたのは水曜日、同時刻に試合をしていたバレンシアが、前半28分にクリスティアーノ・ロナウドが退場となったユベントスに0-2で負けたのをサンティアゴ・ベルナベウのミックスゾーンで知った時のことでした。いやあ、後で問題のシーンを見たところ、元レアル・マドリーのエースは地面に座ったムリージョの頭を上からギュッと掴んだ程度、別にレッドカードを出すまでのことではなかったという意見が専門家の間でも多かったんですけどね。丁度、CLグループリーグ1節でマドリーに完敗したばかりのローマのディ・フランチェスコ監督も「自分がマドリーファンだったら、ロナウド不在をあまり心配しない」と言っていたように、10人で戦ったユベントスもメスタージャで白星を掴むのにまったく支障はなかった? ▽まあ、4年ぶりにCLに復帰したバレンシアはリーガでも未勝利とまだエンジンがかかっておらず、そこへユベントスのような老舗を迎えるのはさすがに荷が重かったんでしょうかね。失点はどちらもPKからで、ロナウドがいなくてもピャニッチに決められて、自分たちは後半ロスタイムにもらったPKをパレホが失敗するといった具合でツキがなかったと言えなくもなかったかと。翻って、対照的なのはバルサで火曜に同じCLグループリーグ1節でPSVと当たった際、メッシのハットトリックで4点のうちの3点をゲット。 ▽4-0の大勝も彼なしにはありえなかったとなれば、その唯一無二さがわかるというものですが…いえ、まずはそんなバロンドール5回受賞経験者たちと、「Ya como en la misma mesa de Messi y Cristiano/ジャー・コモ・エン・ラ・ミスマ・メサ・デ・メッシ・イ・クリスティアーノ(もうボクはメッシやクリスティアーノと同じテーブルについている)」とCLがスタートする直前、AS(スポーツ紙)のインタビューで宣言。それをセルヒオ・ラモスに「La ignorancia es muy atrevida/ラ・イグノランシア・エス・ムイ・アトレビーダ(無知とは非常に厚かましいもの)。あの子の言うことを聞くと、トッティやブッフォン、ラウール、カシージャス、イニエスタら、全てを獲得しながら、バロンドールをもらえなかった選手たちを思い出すよ。シメオネ監督やコケ、ゴディンみたいに物事がわきまえている人々に忠告してもらった方がいい」と思いっきり叩かれていたグリーズマンのいる、アトレティコのグループリーグ1節がどうだったか、お話していくことにすると。 ▽そう、お隣さんに先行して火曜にモナコと対戦した彼らだったんですが、恐れていた通り、いつものバル(スペインの喫茶店兼バー)はケーブルTVのチャンネルを探し当てられず。毎年、放送局が変わるのも悪いんですが、昨季の初戦のように全試合の名場面を回るマルチ番組に合わされても困ると思ったため、早々に移動したものの、ようやく水色にネプトゥーノ像(アトレティコが優勝祝賀をする広場にある)などの地模様が入った第3ユニでプレーしている彼らが映っているバルを探し当てた時にはすでに、前半も10分が経過していることに。 ▽でも大丈夫、そこまでアトレティコが押しているのはオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の実況で確認していたため、あまり心配はしていなかったんですが、18分には早くも試練がやってきます。ええ、おそらくファルカオがアトレティコにいた頃はまだBチームにいたため、”El Tigre/エル・ティグレ(虎、ファルカオの愛称)”の怖さがよくわかっていなかったんでしょうね。サウールが自陣エリア前で彼にボールを奪われると、ゴール前の混戦からグランザーがモナコの先制点を入れてしまったから、さあ大変! ▽ただ、今季の彼らはこういう間抜けな失点も多いんですが、どうやら最近は根性もついてきたよう。31分には自陣のファンフランを起点にコケがセンターで、更にグリーズマンとそれぞれワンタッチで繋ぐと、それをジエゴ・コスタがエリア内からGKベナリオの脇を抜くシュートで同点に。滅多にお目にかかれないハイテクニックなプレーに私も呆気に取られていたんですが、前半ロスタイムにもコケのCKにファルカオより高く跳んだヒメネスが頭を合わせて2点目を取ってくれたから、助かったの何のって。え、後でリュカにツイッターで「ゴールが入った訳は?」と訊かれ、「los calzoncillos../ロス・カルソンシージョス(パンツ)」と、ヒメネスは彼にもらったW杯王者、フランス代表の下着をつけていたおかげにしていなかったかって(https://twitter.com/JoseMaGimenez13/status/1042184846330736651)? ▽いや、もちろんそんなの冗談でしょうけど、「La unica posibilidad que tenemos los centrales de marcar son las pelotas quietas/ラ・ウニカ・ポシビリダッド・ケ・テネモス・ロス・セントラレス・デ・マルカル・ソン・ラス・ペロータス・キエタス(CBが得点できる可能性はセットプレーだけだからね)。リーガ優勝したシーズンのように、ウチはセットプレーがPKみたいになるようにしないといけない」(ヒメネス)というのは確かですからね。そう、いくらコスタとグリーズマンが沢山、ゴールを入れてくれたとしてもメッシやロナウドのように年間40、50得点なんて、人間離れした数字には届かないんですから、それが適切な努力の方向かと。 ▽おかげで1-2とスコアを逆転したアトレティコは後半、コレアをレマルに代えただけで交代枠も1つしか使わず、そのままリードを保って、昨季のヨーロッパリーグ準決勝アーセナル戦1stレグで退場したシメオネ監督のベンチ入り禁止処分、最後の試合に勝利。うーん、ここ数年のモナコは、ファルカオも「El Atleti tiene gran experiencia en este tipo de competiciones/エル・アトレティ・ティエネ・グラン・エクスペリエンシア・エン・エステ・ティポ・デ・コンペティシオネス(アトレティコはこういった大会での経験が豊富だ)」と認めていたように、それこそレマルなどを含め、才能ある選手が出て行ってしまい、若手の成長を待っている最中ですからね。 ▽その辺の差が勝敗を決したとも言えますが、これでCLに関しては10月3日のクラブ・ブルージュ戦まで枕を高くして眠れることに。もちろん昨季はグループ最弱のカラバフに2分けと躓いて、3位敗退した彼らですから、決して油断はできないんですが、そうそう、実はこの試合、会場のスタッド・ルイ2世のピッチの芝が剥がれまくり。そのことを訊かれたコスタが、「Venimos del Wanda que tambien esta horrible/ビニモス・デル・ワンダ・ケ・タンビエン・エスタ・オリブレ(ボクらは恐ろしい状態のワンダから来たんだ)」とコメントして、夏の間、コンサート会場として使われた後、張替えをしたワンダ・メトロポリターノの芝がボロボロだったことが初めて発覚するんですから、まったくもう。 ▽ええ、彼らはバルサじゃないので、普段、ピッチの良し悪しについて、あまり文句を言ったりせず、プレーもプレーなだけに周りも問題視しないっていうのもどうかと思いますけどね。先週末のエイバル戦で私もスタンドから見ていて、「ちょっと土、見えているかも」ぐらいには思ってはいましたが、幸い今週末のリーガは土曜午後6時30分(日本時間翌午前1時医30分)から、コリセウム・アルフォンソ・ペレスで弟分のヘタフェとのミニダービー。来週火曜のウエスカ戦までにマシになっていてくれればいいんですが、ただ、土曜午後6時からはマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場にあるミニスタジアムの改装が済むまで、ホームとして借りているラージョ・マハダンオンダのリーガ2部戦が開催されるんですよ。それでまた荒れてしまわないか、懸念は残るものの、前回の試合では長男、エンツォを応援するため、スタンドで目撃されていたジダン元マドリー監督はこのエクストレマドゥラ戦にも来るのでしょうか。 ▽そして翌日はサンティアゴ・ベルナベウに向かった私でしたが、この日のマドリーは前半から何度もシュートを放つ活況。もっとも精度が今イチだったため、得点はロスタイム、「Me la había hecho a mí y hoy Ramos me la ha dejado/メ・ラ・アビア・エチョ・ア・ミー・イ・オイ・ラモス・メ・ラ・ア・デハードー(自分がファールを受けたし、今日はラモスが自分に撃たせてくれた)」というイスコが敵エリア近くからのFKを直接、ネットに突き刺すまで入らなかったんですが、やっぱりここ3連覇しているお得意の大会ですねえ。リーガ前節ではアスレティックと引き分けてしまったことなど、忘れさせてくれるように軽快なプレーを披露してくれるんですから、嬉しいじゃないですか。 ▽そんな中、圧巻だったのは後半13分、カウンターからモドリッチが放ったスルーパスにベイルが激走。今季はジダン監督から、英語の話せるロペテギ監督に代わって、より理解を深めることができると言っていた彼がそのままシュートを決め、2点目をゲットしたとなれば、もう大船に乗った気になっていい? ここ2試合リーガで先発していたGKクルトワがベンチに戻り、先発したケイロル・ナバスも幾つか、paradon(パラドン/スーパーセーブ)を見せてくれましたし、最後は古巣に復帰後初出場を果たしたマリアーノが後半ロスタイムにエリア前から、弧を描くgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を挙げて3-0と、いえ、この試合通じてのシュート数が30回で、うち枠内が11回となると、ちょっとスコア的に物足りない気もしないではありませんけどね。 ▽この夏はスポーツディレクターのモンチ氏の肝入りで新しい選手が12人も入り、過渡期にあるローマも昨季の準々決勝でバルサをまさかの逆転敗退に追いやった時より、グループリーグでアトレティコのホームで2-0と負けた時に近かったような気がしますが、まあここはC・ロナウドがおらずともまったく、破壊力が変わらないマドリーの強さを褒めるしかないかと。ええ、ゴールは決まらなかったものの、「El Mundial me provocó mucho desgaste físico y mental, pero me siento cada día major/エル・ムンディアル・メ・プロボコ・ムーチョ・デスガステ・フィシコ・イ・メンタル、ペロ・メ・シエントー・カーダ・ディア・メホール(W杯で自分はフィジカル的にもメンタル的にも凄い消耗をしたけど、日々、良くなってきている)」というモドリッチも試合終了の笛が鳴ると同時にピッチに戻り、この日が最後のサンティアゴ・ベルナベウでのプレーになるかもしれないローマのキャプテン、デ・ロッシとユニ交換できて満足しているようでしたしね。 ▽イスコと途中交代となったアセンシオも妙技を見せるなど、もうこの試合だけを見ると、今季のマドリーには死角がないように思えますが、さて。どちらにしろ、彼らのグループの次戦は10月2日のCSKAモスクワ戦、そしてビクトリア・プルゼニ(チェコ)との2連戦と突破にそれ程、障害はないようなので、あまり心配することもないような。むしろ土曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からのエスパニョール戦の方が気になりますが、奇しくも現在、あちらの正GKを務めるのはディエゴ・ロペス。そう、アンチェロッティ監督時代の2013-14シーズン、カシージャス(現ポルト)がCLとコパ・デル・レイを担当する一方で、リーガを担当するという珍しいローテーションを経験した選手なんですが、果たしてロペテギ監督はナバスとクルトワの分担をどうするのか、ここは大いに興味が持たれるところです。 ▽そしてこの週末の弟分チームたちの情報も伝えておくと、前述した通り、柴崎岳選手のヘタフェはホームのアトレティコ戦で、うーん、基本的にあまり相性は良くないんですけどね。前節ではセビージャをアウェイで0-2と破っている上、ミッドウィークに試合がない分、体力があるのが強みになるかと。アトレティコの方は水曜からカリニッチとビトロが全体練習に加わり、超少数精鋭状態が少し、解消するかもしれません。 ▽一方、先週末にはとうとう、最下位になってしまったレガネスは土曜にアウェイのエイバル戦。来週水曜にはブタルケにバルサを迎えるだけに何とか、その前に勝ち点を増やしておいてもらいたいところですが、やはり課題は決定力になりますでしょうか。もう1つの弟分、ラージョは各国代表戦週間前から、エスタディオ・バジェカスのスタンドが改修工事で閉鎖。3節のアスレティック戦が延期になり、この土曜のアラベス戦も開催が危ぶまれていたんですが…ようやく木曜になって予定通り、午後1時からキックオフすることが決定。いやあ、先週のウエスカ戦で勝ち点3を手に入れ、レガネスと交代で18位に上がった彼らですが、やっぱり降格圏にいるのは落ち着きませんからね。現在5位にあるヘタフェを見習って、ホームゲームを待ちわびていたファンの前で上昇気流に乗れたらいいですね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.09.21 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

急に心配になってきた…【原ゆみこのマドリッド】

▽「昨季と同じ手は使えないわよね」そんな風に私が頭を悩ましていたのは月曜日、CLグループリーグ1節に備え、アトレティコがモナコに着いた映像をお昼のニュースで見た時のことでした。いやあ、スタッド・ルイ2世スタジアムで記者会見に現れたコケも「昨季のウチは最弱の相手との2試合で悪い結果を出して、グループ敗退した」と言っていたんですが、実際、一番痛かったのは初戦で、攻めても攻めても点が取れず、ローマとスコアレスドローに終わってしまったこと。もちろんホームでの2節、チェルシー戦で逆転負けを喰らったのも褒められたものではないんですが、おかげでアゼルバイジャンのカラバフとの連続引き分けが止めとなり、最後は3位でヨーロッパリーグへ回ることに。 ▽その結果、強敵があまりいない大会で快進撃を続け、リヨンの決勝で久々のタイトルを獲得できたのは有り難かったんですが、今季のCL決勝は来年6月1日にワンダ・メトロポリターノで開催。となれば、奇しくもアゼルバイジャンの首都バクーで行われる、5月29日のEL決勝で連覇したとしてもファンはあまり喜べないでしょうし、それこそCL決勝と日付が近すぎて、スタジアムでのパブリックビューイングどころか、祝勝行事すらできないかもしれない? ▽それもこれもこの夏はUEFAスーパーカップでお隣さんを堂々たる2-4で破り、クラブ史上最強メンバーを揃えたチームになったと期待されながら、リーガが始まるやいなや、まさしく、1年前と同じゴール日照りに陥ってしまったせいですが、今年もまた、スペインでのCL放送局が変更。近所のバル(スペインの喫茶店兼バー)がちゃんと初戦からチャンネルを探し出せるかなんて、些末なことばかり気になってしまうのは、私が本質から目を背けたいからなんでしょうかね。 ▽まあ、CLについてはまた後では話すことにして、各国代表戦が終わって再開した先週末のリーガでマドリッド勢がどうだったかもお伝えしていかないと。金曜にはエスタディオ・バジェカスのスタンド閉鎖で3節を延期していた弟分のラージョが1部昇格により、リニューアルオープンしたアルコラスでウエスカと対戦。前半29分、ストークシティからのレンタルで今季加入したインビュラが圧巻のロングシュートを決め、0-1の勝利で最下位を脱したという朗報があったんですけどね。実は私が確認を待っているのは土曜のアラベス戦がホームで開催できるのかどうかで、一応、市の安全検査に合格したものの、まだわからないってまったく、呑気な話じゃないですか。 ▽一方、来週CLがある兄貴分たちは揃って土曜試合となったものの、いやあ、午後1時のワンダのピッチは日差しが強く、暑かったのはわかりますけどね。それを考えれば、枠内シュートが1本もなかった前節のセルタ戦に比べ、何度もアトレティコがチャンスを作っていたのは進歩でしたが、前半13分にグリーズマンの1対1から始まって、CKからサルールのヘッドもゴディンのシュートもGKドミトロビッチに弾かれてしまっては何にもなりませんって。両チームとも無得点のまま始まった後半もゴール前でコケがグリーズマンのキラーパスをすかすという、目を覆いたくようなロストチャンスがあったため、シメオネ監督は早々にレマルをコレアに交代。更に25分にはこの日、中盤でしっかりエイバルの攻撃を抑えていたロドリを下げ、FWを入れたんですが…。 ▽この起用策がスタンドからpito(ピト/ブーイング)を受けてしまったんですよ。うーん、後でシメオネ監督は、「コケかサウールという選択もあったが、entendi que ellos podian crear mejor transicion en ataque/エンテンディ・ケ・エジョス・ポディアン・クレアル・メホール・トランシシオン・エン・アタケ(彼らの方が攻撃でより良い形を作りだせると思った)」とロドリを下げた理由を説明していましたけどね。そのFWが現在、カリニッチが負傷中のため、カンテラーノ(アトレティコBの選手)の19歳、リーガ初出場のボルハ・ガルセスだったのも元々、少数精鋭のチームであるからして仕方なかったんですが、事態が急転直下したのは41分。ゴディンのミスから、エンリッチに先制点を決められてしまうなんて、絶体絶命とはまさにこのこと? ▽え、本来だったらその日、ウルグアイ代表でアメリカまでの長旅をしてきた32歳のキャプテンは火曜にCLモナコ戦があることも鑑みて、温存されるはずじゃなかったのかって?そうなんですが、先発予定だったリュカが前夜、食あたりを起こしてしまったため、急遽、出場することに。でもねえ、デ・ブライシのクロスをエンリッチのいる方に弾いてしまい、ゴール前から蹴り込まれたのではGKオブラクだって、何もできませんって。残り3分、しかもお隣さんと違い、奇跡のremontada(レモンターダ/逆転劇)体質でない彼らにはもう期待できないと思ったか、この時点で席を立つファンも結構、いたんですが…何と、その奇跡が起こったんですよ! ▽それはロスタイム最後の1分、コレアがエリア内右奥から入れたパスをグリーズマンは空振りしてしまったんですけどね。中央で待ち受けていたボルハが、バロンドール受賞を目指す、W杯優勝フランス人ストライカーの信じられないミスにも動じず、右足を一閃。これがとうとうドミトリビッチを破り、土壇場で同点ゴールとなったから、驚いたの何のって。ここで時間切れになったため、試合は1-1で終わり、殊勲の当人も「Es debut amargo porque me hubiera gustado ganar/エス・デビュー・アマルゴ・ポルケ・メ・ウビエラ・グスタードー・ガナール(勝ちたかったから、苦いデビューだね)」とどこか、不満げでしたが、もしや彼、第2のel Nino(エル・ニーニョ/子供)になれるかも。 ▽ええ、奇しくも昨季、アトレティコを退団したフェルナンド・トーレスのお別れ試合だったのもエイバル戦でしたし、今はサガン鳥栖でプレーする当人もマハダオンダ(マドリッド近郊)での練習や5月のナイジェリア代表との親善試合で一緒だった後輩のお手柄にお祝いのメッセージを送っていますしね(https://twitter.com/Torres/status/1041126769657565184 )。ジエゴ・コスタ不発のせいもあり、リーガ4試合で早くも勝ち点7も落としてしまい、すでに優勝争いのライバル、バルサとレアル・マドリーと距離ができてしまったチームのため、「Es un momento para aguantar y estar fuerte/エス・モメントー・パラ・アグアンタール・イ・エスタル・フエルテス(今は耐えながら、気持ちを強く持つ時)」(シメオネ監督)の助けに少しでもなってくれたらと。 ▽そして月曜にはモナコに旅立ったアトレティコですが、負傷によるお留守番は変わらず、カリニッチ、ビトロ、サビッチ、アリアス。代わりに4人、ボルハも含めたカンテラーノが招集されているんですが、リュカが回復したのは不幸中の幸いだったかと。相手のモナコも週末のリーグ1のトゥールーズ戦を急性胃腸炎で欠場した、アトレティコファンには決して忘れられないゴールゲッター、ファルカオが出られるようなため、火曜午後9時(日本時間翌午前4時)からの一戦は絶対、見逃せませんよね。 ▽え、その土曜にはバルサはレアル・ソシエダに1-2で逆転勝利、開幕4連勝を飾ったものの、マドリーはそれに続けなかったんだろうって?その通りで夜には近所のバルに向かった私でしたが、うーん、ラージョとの3節が延期になったため、ベリッソ監督に3週間も作戦を考える時間ができたのがマズかったですかね。サン・マメスでのマドリーはアスレティックの強烈なプレスとマンマークに苦しんだだけでなく、前半32分にはマルセロの守る左サイドから攻め込まれ、先制されてしまうことに。ゴール前にデ・マルコスが送ったパスをウイリアムスは撃てなかったものの、こぼれ球をムニアインが押し込んで、スペインU21代表で何年もお世話になったロペテギ監督に恩返しされているんですから、困ったもんじゃないですか。 ▽後半は中盤の底としてほとんど機能していなかったクロースをその役割から解放するため、セバージョスに代わってカセミロが入ったマドリーでしたが、ようやく同点ゴールを奪えたのはイスコが出てきてから。ええ、後で当人も「ボクより上手いチームメートがいるのかもしれないし。Lo de que con Lopetegui iba a ser Isco y diez mas lo deciais vosotros/ロ・デ・ケ・コン・ロペテギ・イバ・ア・セル・イスコ・イ・ディエス・マス・ロ・デシアイス・ボソトロス(ロペテギ監督なら、スタメンはイスコと10人云々は君ら(マスコミ)が言っていたことだから)」と、スペイン代表時代から重用してくれた監督だったにも関わらず、前節のレガネス戦同様、彼はモドリッチと交代でピッチに登場。それから3分もしないうちに、ベイルのクロスをヘッドで決めてくれたんですよ。 ▽うーん、こちらもアトレティコと一緒で敵GKのウナイ・シモンが大活躍しましたからね。この夏、ケパがチェルシーに行ってしまったアスレティックはエレリンが負傷、もう1人のGK、ラミスが契約延長を拒み、ずっと招集されない状態が続いているため、エルチェにレンタルに出したばかりだった21歳のシモンを急遽、呼び戻したという事情があるんですが、どうやらこの選手は大当たりだったよう。セルヒオ・ラモスのロングパスに追いついたアセンシオが放ったシュートも弾かれて結局、マドリーはサン・ホセとミケル・リコで守りを固めた相手に最後まで勝ち越し点を奪えません。終盤、ベイルの代わりにルーカス・バスケスを入れ、FWマリアーノを使わなかったことを批判もされたロペテギ監督でしたが、とりあえず、この日は鬼のような気迫でプレスをかけていたアスレティックが頑張ったということにしておきましょうか(最終結果1-1)。 ▽そしてマドリーも水曜にはローマ戦で控えているんですが、注目はここ2試合、リーガ戦で先発したGKクルトワがCLでもリピートするのか。実際、この2週間、コスタリカ代表に行かず、バルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場でずっとトレーニングをしていたケイロル・ナバスにはアスレティック戦でプレーしない理由がまったくなかったんですが、これをCL前の温存と考えるか、正GKはクルトワになったと考えるべきか、迷うところ。相手ローマのアタッカーは昨季、アトレティコがグループリーグで対戦した時とあまり変わらず、ジェコやシャーラウィ、ペロッティらになりますが、開幕からの2つのミニダービーでは入りが悪かったサンティアゴ・ベルナベウが水曜午後9時、CL戦では満員になるのかも気になりますね。 ▽一方、残りの弟分チームは日曜試合となったんですが、正午からビジャレアル戦がキックオフとなったレガネスは、いえ、ブタルケは夏の間に改装され、プレスコンフェレンスルームやミックスゾーンなど、かなりキレいになっていたんですけどね。スタンドを満員にしたファンもいつものように一生懸命、応援していたんですが、どうやら選手が16人も入れ替わった新生レガネスもゴールがなかなか決まらないという悩みを克服できていなかったよう。ええ、前節のマドリー戦では成功したものの、後半3分にカリージョがPKまで外していては、20分に途中出場のバッカにFKから決められたヘッドの1点を返せず、とうとうラージョと入れ替わりで最下位になってしまっても仕方なかったかと(最終結果0-1)。 ▽未だに勝ち点がたったの1だけとあって、4節終了時に早くも「Afrontamos los proximos partidos como finales/アフロンタモス・ロス・プロキシモス・パルティードス・コモ・フィナレス(これから数試合は決勝だと思って戦う)」(ルーベン・ペレス)という状態になってしまったのはどうにも心配なんですが、彼らの次戦は土曜、イプルアでのエイバル戦。ミッドウィーク開催の来週水曜はバルサとのホームゲームだけに、何とか勝利を手に入れておきたいところですが、こればっかりはねえ。なまじっか、前任者のガリターノ監督(レアル・ソシエダ)が2年連続、1度も降格圏に落ちずに1部残留を達成しているため、ペジェグリーノ新監督も大変ですよね。 ▽そして日曜最後に待っていたサプライズはヘタフェで何と、サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦で0-2の勝利を挙げたから、感心したのなんのって。ええ、速攻で開始3分、ホルヘ・モリーナのスルーパスからアンヘルが先制ゴールを挙げると、38分にも敵がエリア内でクリアミスに失敗したボールを拾い、オフサイドにならずに2点目を奪ってくれます。逆にセビージャはVAR(ビデオ審判)でベン・イェデルのゴールが認められず、この辺はツキもあったような気もしましたが、ようやく柴崎岳選手も後半途中、アンヘルに代わって、3試合ぶりにピッチに立てましたしね。とりわけ今週土曜、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのミニダービーに兄貴分のアトレティコより上の5位という高みから挑めるのは選手たちも気分がいいかと。 ▽まあ、そんな感じの週末だったんですが、この先、10月のインターナショナル・マッチウィークのparon(パロン/リーガの停止期間)まで、CLやELがあるチームは18日間で6試合という過密日程に突入。頭数の少ないアトレティコなど、疲労が心配なんですが、逆にトップクラスの選手を大量に抱えているマドリーの方はいつもと違う顔を見られるいい機会になるかも。翻って、ヨーロッパの試合のない弟分たちにとっては地道に勝ち点を積み上げていく時期になりましたが、まだまだリーガは始まったばかり。これからマドリッド第3のチーム争いがどう発展していくのかも気になりますね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.09.18 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

スペインがまた強くなったのは嬉しいけど…【原ゆみこのマドリッド】

▽「瞬間移動でもできなきゃ、両方見張るのはムリよね」そんな風に私が溜息をついていたのは木曜日、サンティアゴ・ベルナベウから今季、バルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場施設内に移ったレアル・マドリーのオフィスを所用で訪ねた後、もう各国代表に行っていた選手もほとんど戻っているはずだし、練習も終わって時間的にそろそろかと、関係者用出入り口に回った時のことでした。いやあ、いつものように選手の車の出待ちをするファンは20人程、もう、そう暑くはないものの、強烈な紫外線の降り注ぐ中、辛抱強く待っていたんですけどね。丁度、取材に来ていたTVのカメラマンに誰か通ったかと訊いたところ、「今日はほとんど、もう1つの出口から帰っているらしい」との答えが。 ▽そう、昨今ではバラハス空港ターミナル4まで行くセルカニアス(国鉄近郊路線)のValdebebas駅から、ほんの徒歩1分でこちらの出入り口に着けるため、車を持たないファンでもアクセスは容易になったと言えるんですけどね。だからって、必ずしもお目当ての選手に出会えるかといえば、そうは問屋が卸さず。ええ、選手用出口が他にもあるせいで、そちらまで広大な敷地に沿って歩いて20分ぐらいとなれば、いえ、マハダオンダ(マドリッド近郊)のアトレティコ練習場も出口は2つあるんですけどね。あまり離れていないため、敷地の角に立って待機、車が出て来るのを見て駆けつけるなんて技が使えたりするんですが、ベルデベバスでは望むべくもないかと。 ▽そうこうするうち、ファンが「バラン!」と呼ぶ声が聞こえたため、振り返ると、1台のアウディが颯爽と高速道路に向かっていましたが、最近はマドリー選手の車もなかなか止まってくれなくてねえ。試合前の合宿も練習場敷地内のホテルとあって、姿を見ることも叶いませんし、そう思うと、選手たちが一般道を歩いてスタジアムにあるロッカールームに戻るヘタフェなど、ファンとの距離が近くていいと思うんですが…難点は彼らを含むレガネス、ラージョら弟分チームは毎年、メンバーが大量に入れ変わるため、私ですら、シーズン序盤は名前と顔が一致しない選手が多いことでしょうか。 ▽まあ、リーガ再開はこの金曜からなので、先にスペインのネーションズリーグ2節がどうだったか、お話していくことにすると。いやあ、これが予想に反して、goleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)になってしまったんですよ。先週、1-2で勝利したイングランド戦から、マルティネス・バレロ(エルチェのホーム)ではスタメンを3人変更、左SBをマルコス・アロンソ(チェルシー)からガヤ(バレンシア)、チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)をセバージョス(レアル・マドリー)、イアゴ・アスパス(セルタ)をアセンシオ(マドリー)にして、W杯準優勝のクロアチアに挑んだルイス・エンリケ監督でしたが、いえ、前半20分に右SBのベルサイコ(インテル)が負傷。ログ(ナポリ)に代わり、アトレティコ時代にもよくケガしていたし、やっぱり放出したのは正解だったのかと思わせるまでは相手も危ないシュートを放ったりして、試合は拮抗していたんですけどね。 ▽口火を切ったのはご当地出身のサウール(アトレティコ)で20分、セルヒオ・ラモス(マドリー)のロングパスをカルバハル(同)がエリア内に上げたボールに頭を合わせ、イングランド戦に続いての連続ゴールを決めているとなれば、その夜、ラジオ番組に出演して「Lo necesitamos en esa linea con nosotros/ロ・ネセシタモス・エン・エサ・リネア・コン・ノソトロス(ウチもああいう形で彼を必要としている)」と言っていたシメオネ監督じゃありませんが、アトレティコの試合で決めるゴールも取っておいてほしいと私が思ってしまったのは仕方なかった? ▽いえ、その夜は現役時代、エルチェでプレーした父親を始め、昨季からエルチェの選手となった長兄ジョナタンら家族や親族、大勢の友人が観戦。自身も腕にダマ・デ・エルチェ(エルチェで発見された紀元前4世紀の貴婦人像)、太ももにアトレティコとエルチェの紋章を半分ずつタトゥーしている程、故郷を誇りに思っている当人にとっては、「Ha sido incluso una liberacion el gol, estaba nervioso/ア・シードー・インクルソ・ウナ・リベラシオン・エル・ゴル、エスタバ・ネルビオーソ(ゴールを挙げて解放されたよ。神経質になっていたからね)」と、おかげで肩の力が抜けて良かったようですけどね。 ▽それだけでなく、この先制ゴールに大いに発奮した選手が約1名。それはアセンシオで何せ、昨年の夏、2人はU21ユーロで準優勝したスペインでハットトリックを挙げていますからね。その時はサウールが5得点で大会ゴールデンシューに輝いたんですが、32分、エリア外で敵がパスミスしたボールを拾い、そこからgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)にしてしまうって、いや、もうこれは才能のほとばしりとしか言いようがないかと。続いて彼は3分後にもシュートを撃ち、今度は枠に当たってから、GKカリニッチ(ヘント)の背中でオウンゴールに。うーん、前半だけでもう3点、これって本当にW杯でラウンド16敗退したスペインですか? ▽いえ、実は微妙に違うんですけどね。後半も開始早々の3分にアセンシオのスルーパスをロドリゴ(バレンシア)が決めて4点目、12分にはアセンシオのCKをセルヒオ・ラモス(マドリー)がヘッドで5点目、そして25分にはアセンシオからボールをもらったイスコ(マドリー)が6点目とスコアを倍にしたスペインだったんですが、もうお気づきになりました?この試合、ナチョも出ていて、スタメンにマドリー勢が6人もいたんですよ。これは2002年10月の北アイルランド戦以来のことだそうで、その時のメンツはカシージャス、エルゲラ、サルガド、ラウール・ブラボ、グティ、ラウール…何だか、懐かしいですねえ。 ▽ただ、後でそのことを訊かれたルイス・エンリケ監督は、「知らなかったし、興味もない。皆、スペイン代表の選手だ。La base es el Real Madrid y me parece bien/ラ・バセ・エス・エル・レアル・マドリッド・イ・メ・パレセ・ビエン(ベースはレアル・マドリーで、いいと思う)」と言っていましたが、攻撃面でダントツに目立っていたのはアセンシオで間違いないとしても、守備で大貢献していたのがセバージョス。ええ、「Ha tapado a Modric... lo que hace habitualmente en el Real Madrid/ア・タパードー・ア・モドリッチ…ロ・ケ・アセ・アビトゥアルメンテ・エン・エル・レアル・マドリッド(モドリッチを抑え込んだ…いつもレアル・マドリーでやっていることだ)」とルイス・エンリケ監督も狙いが当たって嬉しそうでしたが、W杯MVPに昨年のU21ユーロMVPで対抗するとは勇気ある選択じゃありませんか。 ▽え、翻ってブスケツが後半14分にロドリ(アトレティコ)に代わった後、ピッチにはバルサ勢が1人もいなくなってしまったけど、ラキティッチはそれ程、重要視されていなかったのかって?うーん、そんなこともないんでしょうが、イニエスタ(ヴィッセル神戸)やピケが代表引退、ジョルディ・アルバが今回落選したため、元々、バルサからはブスケツ以外、セルジ・ロベルトしか呼ばれていませんでしたからね。クロアチアもマンジュキッチ(ユベントス)やGKスバシッチ(モナコ)、チョルルカ(ロコモティブ・モスクワ)ら、ベテランが引退した影響もあったようですが、この6-0の勝利でスペインはネーションズリーグ2連勝に。 ▽国際メジャートーナメントでここ3大会、早期敗退しているとはいえ、予選レベルでは負け知らずの彼らですし、今年の3月にはワンダ・メトロポリターノでの親善試合でアルゼンチンに6-1と大勝しているため、この2試合だけで強いスペインが戻って来たと言い切る訳にはいかないんですが、若い世代の活躍で希望が湧いてきたのは確かだったかと。ええ、この後、まだ10月にベニト・ビジャマリン(ベティスのホーム)でのイングランド戦、11月にアウェイのクロアチア戦が残っていますが、少なくともグループ最下位となってリーグBに降格という赤っ恥だけは免れそうなのは有り難いことですよね。 ▽そしていよいよ、金曜からリーガ4節が始まるんですが、トップバッターとなるのはラージョ。未だに改修中のエスタディオ・バジェカスの使用許可は出ていないものの、今回はアウェイ戦。一緒に今季から1部に上がり、工事期間を見越して3節までホーム戦をしていなかったウエスカとアルコラスで顔を合わすことに。前節のアスレティック戦が延期となり、2試合でまだ勝ち点1も溜めていないラージョだけにここは3週間、練習だけに専念。新戦力もチームに馴染んだ利点を生かして、昇格後初白星を掴んでもらいたいところですが、バルサには8-2で大敗したとはいえ、レオ・フランコ監督率いるウエスカは開幕2試合で勝ち点4としぶとそうですからね。いいプレーを見せて、ホームで応援できないせいでフラストレーションを溜めているラージョ・ファンを笑顔にしてあげられるといいのですが。 ▽一方、来週からCLグループリーグが始まるため、土曜試合となったマドリッドの兄貴分たちはというと。どちらも13人程、各国代表に出向いていたんですが、貧乏クジを引いてしまったのはアトレティコ。ええ、午後1時から、開場1周年を迎えるワンダ・メトロポリターノでのエイバル戦は出場停止のため、まだマシだったんですが、サビッチがモンテネグロ代表で脚に打撲を受けて帰還。コレアもアメリカまで行きながら、ヒザが痛んでアルゼンチンの試合にまったく出られないわ、マハダオンダで練習していたカリニッチまで足首を捻挫するわともう惨々なんですよ。 ▽先週中はコケとジエゴ・コスタの指導に専念していたシメオネ監督もようやく、水曜からはトップチームのメンバーが揃い、リーガ戦の準備を始めることができたんですけどね。いいニュースと言えば、腕の負傷でスロベニア代表招集を免除されていたオブラクがようやく、グラウンドに姿を見せたことぐらいだったかと。ええ、FIFPro(国際プロサッカー選手会)の最優秀イレブンの候補に不可思議にも入っていなかった彼ですが、シメオネ監督も「Courtois no seria titular en el Atletico. Oblak es major/クルトワ・ノー・セリア・ティトゥラル・エン・エル・アトレティコ。オブラク・エス・メホール(クルトワはアトレティコではレギュラーにならないだろう。オブラクの方が優秀だ)」と言っていたように、このリーガ3試合で2得点しかしていない彼らにとって、失点ゼロは譲れないところですからね。 ▽エイバルも乾貴士選手がベティスに行ってしまったこともあり、ペドロ・レオン、オレジャナ、ビガスら、負傷者も多く、決して調子がいい訳ではありませんが、現在、アトレティコは開幕3連勝のお隣さん、バルサと勝ち点差がすでに5。リーガ優勝は狙えるのかと訊かれ、「Claro que si, si fallan Madrid y Barca/クラーロ・ケ・シー、シー・ファジャン・マドリッド・イ・バルサ(もちろんだ。マドリーとバルサが躓けばね)」とシメオネ監督が言っていた状況を作り出すためにも、早々に詰めておきたいんですが、どうなることやら。 ▽一方、どの選手も元気で帰って来たマドリーは土曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)から、サン・マメスでスレテッィク戦なんですが、こちらはロペテギ監督が何とも贅沢な悩みを抱えているよう。まずGKからして、双方ともFIFProベストイレブン候補となったクルトワとケイロル・ナバスがいますし、DFの4人、カルバハル、バラン、ラモス、マルセロから、中盤のカセミロ、モドリッチ、クロース、イスコ、前線のベンゼマと同賞の候補がズラリ。リストに入らなかったとはいえ、ベイルやアセンシオもいて、このうち誰かを常に控えにしないといけないって、まったく羨ましいにも程があるってもんじゃないですか。 ▽おまけにスペイン代表戦でアピールしたセバージョス、古巣復帰で早くゴールを入れたくてウズウズしているマリアーノもいるとなれば、しばらくマドリーの快進撃は止まらない?相手のアスレティックは37歳のエース、アドゥリスが負傷から復帰。ベリッソ監督がロンドンまで遠征し、パルコ(貴賓席)で見守っていたウェンブリーでのイングランド戦終盤に出場し、エルチェでの前日練習はケガの痛みが再発して参加できなかったイニゴ・マルティネスもほぼOKのようですが、果たしてここ2試合、4得点が続いているマドリーの破壊力を止めることができますかね。 ▽そして弟分の残り2チーム、昨季から引きずるケガのリハビリ中だったキャプテンのシマノフスキが再手術というショックなニュースが入ってきたレガネスは日曜正午にビジャレアルをブタルケに迎え、ここ2試合、柴崎岳選手の出場がなかったヘタフェは午後8時45分からサンチェス・ピスファンでセビージャ戦というのがマドリッド勢の今節の予定。どちらも上位狙いのチームが相手なだけに苦労しそうではありますが…週明けにはいい結果を報告できることを祈っています。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.09.14 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

まだ手放しでは喜べない…【原ゆみこのマドリッド】

▽「これってもう、戻って来るってことよね」そんな風に私がホッとしていたのは月曜日、スタッド・ド・フランスでW杯トロフィーを囲んでの盛大な祝勝イベントが開催。楽しそうに踊っているグリーズマンやリュカの姿をお昼のニュースで見た時のことでした。いやあ、ムバッペとジルーのゴールでフランスがオランダに2-1で勝利したネイションズリーグの一戦は日曜夜に生中継があったため、何となく見てはいたんですけどね。さすがに試合後のお祝いまでは映してくれず、レマルを除く、2人のアトレティコ勢やヴァラン(レアル・マドリー)のプレーを楽しむに留まったんですが、要はこれで彼らの代表でのお勤めは終了。 ▽パリなんて飛行機で2時間弱なんですから、マドリッドの兄貴分チームが月曜午後7時から、それぞれマハダオンダ(マドリッド近郊)、バルデベバス(バラハス空港の近く)で行う週明けセッションに参加するのにまったく問題はないかと。それだけでなく、シメオネ監督のところには土曜のエイバル戦に向けて、早くもレギュラーが3人が復帰するのに比べ、同日アスレティック戦に挑むレアル・マドリーはまだ1人とほくそ笑んでいたところ、いえいえ、世の中、そうそう都合良くはできていませんって。 ▽ええ、しっかりスポーツ紙のインターナショナルページを見てみれば、木曜のネイションズリーグ初戦で自身もゴールを挙げ、アイルランドに4-1と快勝したベイルのウェールズも日曜日、代表選手のストが解けたデンマークに2-0と負けて日程が終わっており、1戦目をフランスと引き分けたクロースのドイツも親善試合でラージョのアドビンクラに先制点を奪われながら、ペルーに2-1の逆転勝ち。両人共、すでにお役御免になったため、結局、お隣さんも3人が早帰りできることに。 ▽となると、火曜のスペインvsクロアチア戦の後、水曜合流予定組がセルヒオ・ラモス、カルバハル、ナチョ、イスコ、アセンシオ、セバージョス、そしてモドリッチと大量にいるマドリーより、ベルサイコもこの夏、インテルに移籍。サウール、ロドリの2人だけというのが、アトレティコの強みになるかと思いますが、うーん、大西洋の向こうでプレーしてくる南米組もいますからね。マドリーはマルセロとケイロル・ナバスが招集免除されたため、カゼミロ(ブラジル)だけなのに対し、ゴディン、ヒメネス(ウルグアイ)こそ月曜には戻っていたものの、コレア(アルゼンチン)、フィリペ・ルイス(ブラジル)にはまだ試合があり、おまけに早帰りが決まったアリアス(コロンビア)なんて、ベネズエラ戦で担架退場、肋骨を骨折しての帰還だとか。 ▽こんな按配では先週の練習中に足首を捻挫したカリニッチと相まって、ますますアトレティコが少数精鋭になってしまいそうなのが怖いんですが、こればっかりはねえ。せめての慰めは、奥さんの第2子出産を理由にスペイン代表招集を辞退したジエゴ・コスタのところにようやく日曜、次女が誕生。当人もエイバル戦でお祝いのゴールを挙げたいと意気込んでいることぐらいでしょうが、開幕3連勝でスタートを切ったお隣さん、そしてそれに肩を並べるバルサともすでに勝ち点3差がついているアトレティコだけに何とも、心配の種が尽きないのは困りものですよね。 ▽え、それより土曜にルイス・エンリケ監督のスペイン代表デビューとなったイングランド戦がどうなったかの方が気になるって? そうですね、先週月曜にラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設でのセッションは初日以外、全て非公開。ウェンブリーでの前日練習でもあまり情報がなかったため、先発予想もままならなかったんですが、蓋を開けてのサプライズはジエゴ・コスタの辞退により、直前のアトレティコ戦でセルタの2点目のゴールを挙げたのが決め手になったんでしょうかね。追加招集されたイアゴ・アスパスがスタメンに入っていたことですが、ロペテギ代表監督時代や今季のマドリーとは違い、イスコが[4-3-3]の最前列でずっと左サイドに引っ付いていたのはちょっと意外。 ▽おまけに開始11分にはチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)のボールロストから、イングランドに速攻カウンターを喰らい、キックオフ前にW杯ゴールデンシューのトロフィーを披露していたハリー・ケイン(トッテナム)、ショー(マンチェスター・ユナイテッド)と繋がれると、最後はナチョがラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)に先を越されてしまったから、さあ大変! 楽々、チームメートのGKデ・ヘアを破っているって、もしやロシアでのW杯で惨々だった彼をケパ(チェルシー)に代えなかったのは、ルイス・エンリケ監督のミスだったかもと思ってしまったのは私だけではなかった? ▽でも大丈夫。その日のスペインには逆境に立ち向かう根性があったんですよ! それからわずか2分、カルバハルが右側からエリア内のロドリゴ(バレンシア)にパスを送ると、中盤から上がって来たサウールがその折り返しをシュート。同点にしてくれたとなれば、あのW杯での4試合、1度もピッチに立たしてあげなかったイエロ暫定監督の見識が疑われても仕方なかったかと。うーん、確かに彼はアトレティコの選手だけあって、この夏、代表を引退したイニエスタ(ヴィッセル神戸)やシルバ(マンチェスター・シティ)のようにパスはそれ程、上手くないんですけどね。 ▽それには目をつむって、ルイス・エンリケ監督も「Tiene calidad, fisico descomunal y mentalidad brutal. Bueno tacticamente, tiene gol/ティエネ・カリッド、フィシコ・デスコムナル・イ・メンタリダッド・ブルタル。ブエノ・タクティカメンテ、ティエネ・ゴル(質が高くて、ズバ抜けたフィジカル、凄いメンタル力がある。戦術的にも良くて、ゴールも入れられる)」と言っていたように、ただパスを回しているだけでなく、ダイナミックなサッカーをやりたい指揮官には丁度いい選手だったかも。その点に関してはモラタ(チェルシー)でなく、マークを外して動き回るのが得意なアスパスとロドリゴを前線に入れたのも効いていましたが、スペインの追加点は意外にも32分、セットプレーから生まれることに。 ▽ええ、これはブラジル人の父親同士がサッカー選手で仲良かったせいで幼少から、いとこのような付き合いがあったチアゴとロドリゴのおかげで、いえ、サウールも前者の放ったFKにニアポストで合わせようと飛び込んで、敵の目を引き付ける役目を担ったんですけどね。届かなかったボールをロドリゴがゴールに押し込み、逆転してくれたから、これで一安心。後半は開始早々、カルバハルとの接触プレーでショーが担架退場となり、ゲームが7、8分中断するアクシデントがあったんですが、おかげでせっかく前半のいい攻撃のリズムが削がれたんでしょうか。 ▽アスパスをアセンシオに、チアゴをセルジ・ロベルトにというルイス・エンリケ監督の交代策もあまり当たっていたとは思えませんが、「En la segunda parte nos falto buscar la porteria y poco a poco nos metimos atrás/エン・ラ・セグンダ・パルテ・ノス・ガルトー・ブスカル・ラ・ポルテリア・イ・ポコ・ア・ポコ・メティモス・アトラス(後半のウチはゴールを探すことができなくて、少しずつ後ろに引いてしまった)」(ロドリゴ)チームを救ってくれたのはデ・ヘア。ええ、同僚ラッシュフォードの至近距離シュートを2度もparadon(パラドン/スーパーセーブ)で弾き、「Por numeros y rendimiento es un numero 1 mundial/ポル・ヌメロ・イ・レンディミエントー・エス・ウン・ヌメロ・ウノ・ムンディアル(記録とパフォーマンスでは世界一)」というルイス・エンリケ監督の期待に応えたんですが、まあ、ウェンブリーのパルコ(貴賓席)ではマドリー時代にアシスタントを務めていたカランカ監督(現ノッティンガム・フォレスト)と並んで、上司のモウリーニョ監督も見ていましたからね。 ▽当人も気合が入って良かったのかもしれませんが、残り3分、左SBのマルコス・アロンソ(チェルシー)をこの夏の負傷から回復後、初めてプレーする本職CBのイニゴ・マルティネス(アスレティック)にという一番不思議な交代の後、第4審判の掲示したロスタイムは何と9分。いえ、途中からセンターにも出て行って、ボールを持つようになったイスコのおかげで時間稼ぎはある程度、できたんですけどね。最後の最後にハイボールをキャッチしたデ・ヘアがウェルベック(アーセナル)にぶつかられて落球。それをゴールに蹴り込まれてしまったんですが、イングランドのサウスゲート監督などは文句を言っていたものの、審判がファールを取ってくれたのは有り難かったですね(最終結果1-2)。 ▽そんな調子で無事、ネイションズリーグ初戦を勝利で飾れたスペインはその夜のうちにロンドンからアリカンテ(スペイン南東部のビーチリゾート)に移動。日曜から、クロアチア戦の準備に入っているんですが、やっぱり一番気になるのは試合の行われるエルチェ(アリカンテから30分程内陸に入った町)出身のサウールがこの試合でも先発するのかどうかということでしょうか。いえ、当人は「Me han pedido muchas entradas, intentare conseguirlas/メ・アン・ペディードー・ムーチャス・エントラーダス、インテンタレ・コンセギールラス(沢山、チケットを頼まれたんだ。手に入れるように努力しないとね)」と、家族や友人たちの前でプレーするのを楽しみにしているんですけどね。あまり張り切りすぎて、リーガ戦に疲れが残るのも如何なものかと。 ▽どちらにしろ、月曜にリコ・ペレス(エルチェのホーム)で前日記者会見をしたルイス・エンリケ監督は、「No voy a dar pistas/ノー・ボイ・ア・ダール・ピスタス(手掛かりを与えるつもりはない)」とスタメンに関して、ポーカーフェイスを貫いていたため、私もはっきりしたことはわからないんですが、DF5人制を敷いていたイングランドと違って、クロアチアはもっとポゼッションを争ってきそうですからね。モドリッチとラキティッチ(バルサ)を中心に攻めてくるのは間違いないため、同じクラブで良く知っているセバージョスやアセンシオ、セルジ・ロベルトらを入れてみるというのもいいかもしれない? ▽そんなスペインのネイションズリーグ第2節は火曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からキックオフ。ちなみにクロアチアの直近の試合は親善で、木曜にクリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)不在のポルトガルと1-1の引き分けているんですが、W杯で準優勝したチームから、FWマンジュキッチ(ユベントス)、GKスバシッチ(モナコ)という攻撃と守備、両方の要が引退しています。うーん、モドリッチもこの日曜にはアリカンテのホテルで33歳のバースデーを祝ってもらっていましたしね(https://twitter.com/lukamodric10/status/1038894605557792770)。どこの代表も世代交代の時期に入っているようですが、とりあえずこのネイションズリーグでは試運転、来年3月から始まる2020年ユーロの予選で方向が見えてくるっていう感じでしょうかね。 <hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.09.11 11:30 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース