C・パレスが元セレソンGKカバリエリの獲得を発表! 「この機会に非常に満足している」2018.03.03 01:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クリスタル・パレスは2日、元ブラジル代表GKジエゴ・カバリエリ(35)と今シーズン終了までの契約を結んだことを発表した。背番号は「16」を着用することが決定している。

▽カバリエリは、所属していた母国フルミネンセとの契約が昨年末に終了。以来フリーエージェントとなっており、ロンドン南部でのトライアルを経て、C・パレスとの契約に至った。

▽カバリエリは、クラブ公式サイトを通して以下のようにコメントしている。

「ここに居られることがとても嬉しい。今ではあの男たち(クリスタル・パレスの選手たち)と一緒にトレーニングしているんだ」

「ドレッシングルームの雰囲気は本当に良いし、本当に快く僕を受け入れてくれたよ。だから沢山の会話ができているし、一人一人のことが知れそうだ。(今回得た)この機会に非常に満足しているよ」

▽カバリエリは、2002年にパルメイラスでトップチームデビュー。2008年から2010年にはリバプールに所属し、2010年には当時リバプールで指揮を執っていた現C・パレスのロイ・ホジソン監督の指導を受けた。

▽しかし、リバプールでは当時の正GKホセ・マヌエル・レイナ(現ナポリ)からポジションを奪えず、公式戦の出場は1試合のみ。2011年にフルミネンセに復帰して再起を図ると、2012年にはセレソンでデビューを飾ることができるほどの評価を受けていた。

コメント

関連ニュース

thumb

2006年W杯優勝メンバーのグロッソ、2部降格ヴェローナの監督に就任

▽ヴェローナは21日、ファビオ・グロッソ氏(40)の監督就任を発表した。 ▽現役時代にパレルモやインテル、リヨン、ユベントスなど複数クラブを渡り歩いたグロッソ氏は、2012年に現役を引退。2013年から指導者キャリアをスタートさせ、昨夏からバーリの監督を務めた。 ▽ヴェローナは昨シーズンのセリエAを19位でフィニッシュ。来シーズンから2部降格が決まっており、2006年のワールドカップ優勝メンバーであるグロッソ氏の下で再出発を図ることになる。 2018.06.22 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがエバートンからアルゼンチン代表DFフネス・モリを獲得

▽ビジャレアルは、エバートンからアルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽リーベルプレートの下部組織出身のフネス・モリは、2011年にプロキャリアをスタート。リーベルプレートでは、在籍4シーズンで108試合に出場して10ゴールをマーク。2015の夏に加入したエバートンでは、加入初年度からレギュラーに定着すると、これまで在籍3年間で公式戦67試合に出場し、5ゴールを記録。 ▽しかし今シーズンは、シーズン前に昨年3月に負傷した半月板の再手術を行い、序盤から長期離脱。今年2月に戦列復帰したが、公式戦6試合の出場にとどまった。 ▽また、2015年から3月に初選出されたアルゼンチン代表では、これまで19試合に出場し1ゴールをマーク。現在開催されているロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表の候補メンバーに含まれていたが、最終メンバーには選出されていなかった。 2018.06.22 04:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督の来夏での退任を発表! 2019-20シーズンからはライプツィヒの指揮官に就任!!

▽ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2018-19シーズンを最後に退任することを発表した。昨夏に2021年まで契約を延長していた同監督だが、契約には来夏で解消可能となる例外条項が含まれていた。 ▽2016年2月に健康上の理由により退任したフーブ・ステーフェンス前監督の後任としてトップチームの監督に就任したナーゲルスマン監督。当時2部降格目前となっていたチームを立て直すと、7勝2分5敗の成績を残しブンデスリーガ残留に成功した。 ▽翌シーズンは、開幕から勝ち切れない試合が続いたものの、前半戦を無敗で終えると、後半戦でもわずか4敗に終わり、4位でシーズンをフィニッシュ。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にチームを導いた。 ▽今季初挑戦となったCLでは、予選プレーオフでリバプールに敗れたがリーグ戦ではクラブ史上最高位となる3位でシーズンを終え、2年連続のCL出場権獲得に成功した。 ▽来季での契約解消に踏み切ったナーゲルスマン監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自らの気持ちを明確にするためにも早期の決定が必要だった」 「CL初参戦という歴史的シーズンで、私の個人的なことや去就への推測で選手たちやサポーター、クラブの関係者全員に不安を与えることは望んでいなかった」 「今回の決断でこれからがはっきりとしたし、あとは我々としてはプロフェッショナルとして、待ち構える難しいタスクに向けて集中して臨んでいくだけだ。最後の瞬間まで目標達成のために私が全力を尽くすということは、みんなが理解してくれているものと思っているよ」 ▽なお、ライプツィヒは同日に来シーズンからナーゲルスマン監督がチームを率いることを公式サイトで発表。 ▽今季限りでチームを率いていたラルフ・ハッセンヒュッテル監督が退任したライプツィヒ。今回の発表位によれば、来季はスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニックSDが監督を兼任し、2019-20シーズンからナーゲルスマン監督が監督に就任するという。 2018.06.22 01:55 Fri
twitterfacebook
thumb

GKの退団が相次ぐブライトン、サンダーランドからGKスティールを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは21日、サンダーランドからイングランド人GKジェイソン・スティール(27)を獲得した。契約期間は2021年までの3年間となる。 ▽ミドルズブラユース出身のスティールは、2007年にトップチームに昇格。昇格後は出場機会に恵まれなかったが、2010-11シーズンからレギュラーを獲得すると在籍7シーズンで公式戦142試合に出場。2014年の夏に移籍したブラックバーンでは、2年目からレギュラーに定着すると2年半で公式戦120試合に出場した。 ▽その後、2017年の夏からは10年ぶりの2部降格となったサンダーランドに移籍。昨シーズンは、GKロビン・ロイターの控えGKとして公式戦19試合に出場していた。 ▽なお、ブライトンは昨夏に加入したオーストラリア代表GKマシュー・ライアンが守護神を務めているが、今シーズンに控えGKを務めていた元オランダ代表GKティム・クルルとフィンランド代表GKニキ・マーンパーが今夏での退団を表明。スティールは第2GKとして期待されている。 2018.06.22 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、今季リザーブチームで8ゴール3アシストのドレーガーをパーターボルンへレンタル

▽フライブルクは21日、チュニジア人FWモハメド・ドレーガー(21)をブンデスリーガ2部に所属するパーターボルンにレンタルしたことを発表した。パーターボルンとの契約期間は2年間となる。 ▽2009年にフライブルクの下部組織に入団したドレーガーは、2015年にリザーブチームであるフライブルクⅡに昇格。その後も着実に実力をつけると、今年1月にはプロ契約を締結。 ▽今季もリザーブチームを中心にリーグ戦26試合の出場で8ゴール3アシストを記録。今年1月に行われたブンデスリーガ第18節のフランクフルトでは、ブンデスリーガデビューも飾っていた。 2018.06.22 00:05 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース