セビージャで活躍した元カメルーン代表MFエムビアが河北華夏を退団!2018.03.02 15:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元カメルーン代表MFステファン・エムビア(31)が1日、中国スーパーリーグの河北華夏との契約を双方合意の下で解消した。同選手が自身の公式『ツイッター』で明かした。

▽スタッド・レンヌやマルセイユ、QPR、セビージャと渡り歩いたエムビアは、セビージャで2度のヨーロッパリーグ制覇を達成するなど結果を残し、2015年7月にトルコのトラブゾンシュポルへと移籍。そして、2016年1月末には河北華夏に完全移籍で加入していた。同クラブでは在籍2シーズンで公式戦41試合に出場し10ゴールを挙げていた。

▽なお、フランス『レキップ』によると、カメルーン代表として2010年南アフリカ、2014年ブラジルと2度のワールドカップ出場を果たしたエムビアの新天地は現時点で不明のようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

南野の元同僚FWジョナタン・ソリアーノが北京国安を退団! 36試合31発

▽中国スーパーリーグの北京国安に所属するスペイン人FWジョナタン・ソリアーノ(33)が今季限りでのクラブ退団を発表した。同選手が自身の公式『インスタグラム』で明かした。 ▽ソリアーノは1日、自身の公式『インスタグラム』に国内カップを掲げる自身の写真と共に、「やあ、北京国安のファンのみんな。この素晴らしい2年間の間に受けたすべてのサポートに感謝しているよ。このチームのためにプレーできたことを誇りに思うよ。同時にトロフィーと共にこのクラブとお別れできることを嬉しく思う。今後のクラブの成功を祈っているよ!」と、今季限りでの退団を発表した。 ▽エスパニョールの下部組織出身のソリアーノは、2002年にトップチームに昇格。その後はアルメリアやアルバセテなどでプレー。2009年にはバルセロナのBチームに移籍した。 ▽2012年にバルセロナBからレッドブル・ザルツブルクへと移籍。オーストリア・ブンデスリーガでは、144試合に出場し120得点を記録。その後、2017年2月に加入した北京国安では在籍2シーズンで公式戦36試合に出場し31ゴールを記録。今季は国内カップ優勝に貢献していた。 2018.12.02 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

“爆買い”禁止に…中国スーパーリーグがサラリー上限を設定へ

▽かつては“爆買い”が大きな話題を呼び、欧州でプレーする代表クラブの選手を引き抜いていた中国スーパーリーグ。しかし、来シーズンからはその“爆買い”が制限されることになるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽多額の移籍金、そしてサラリーを支払ってスター選手を獲得した一方で、給料の未払いなど金銭的な問題を多く抱えている中国スーパーリーグ。中国サッカー協会(CFA)は、そんなトップクラブの無駄遣いを制限するために、様々な制度を設けてきた。 ▽その中で、CFAはクラブの選手の給与の制限を設け、ボーナスや移籍金などを統一した基準内で行うというもの。中国スーパーリーグのクラブは、これらの制度を守ることが求められることとなる。 ▽選手たちは、2019シーズンまでにこれらの労働契約書にサインする必要があり、クラブにはシーズン開幕時に定められた金額が渡される。また、現金と同等の賞などは禁止されるとのことだ。 ▽現在の中国スーパーリーグには、かつてチェルシーでもプレーした元ブラジル代表MFオスカル(上海上港)や元ブラジル代表FWフッキ、ミランなどでプレーした元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(天津権健)、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(山東魯能)などがプレーしている。 ▽なお、これらの動きは、中国代表の強化に繋げる意図があるという。2017シーズンの開幕前には、先発に23歳以下の選手を1人起用することが義務化されていた。“爆買い”ができなくなる中国スーパーリーグはどの様な変化をたどるだろうか。 2018.11.21 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ACLで鹿島に敗れた天津権健のパウロ・ソウザ監督が契約解除

▽中国スーパーリーグの天津権健は4日、パウロ・ソウザ監督(48)と双方合意の下で契約を解除したことを発表した。 ▽パウロ・ソウザ監督は、2017年11月にファビオ・カンナバーロ監督の後任として指揮官に就任。現役時代にポルトガル代表としても活躍し、引退後はQPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼルなどを指揮。2015年6月から2シーズンにわたってフィオレンティーナの監督を務めていたが、2016-17シーズン限りで退任していた。 ▽今シーズンはAFCチャンピオンズリーグで勝ち進むと、準々決勝では鹿島アントラーズと対戦。しかし、鹿島との第1戦はアウェイで2-0と敗戦。ホームでの第2戦も0-3で敗れ、ベスト8で敗退していた。 ▽また、中国スーパーリーグでも結果が出ず、現在は24試合を終えて降格圏ト5ポイント差の13位に位置。直近の2試合は河北華夏、重慶力帆に連敗していた。 2018.10.04 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

かつてプレミアでプレーしたアニチェベが中国クラブをFIFAに訴える

▽かつてエバートンやWBAで活躍した元ナイジェリア代表FWビクター・アニチェベが、自身が所属する中国甲級リーグ(2部)の北京控股(ぺきんこうし)を国際サッカー連盟(FIFA)に訴えたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽アニチェベは、エバートンの下部組織で育ち、2006年7月にトップチームへ昇格。若くしてその能力の高さに期待が集まり、レギュラーとしてもプレー。2013年9月にWBAへ移籍すると、その後はサンダーランドを経て、2017年7月に北京控股へと入団していた。 ▽アニチェベが訴えたのは八百長疑惑だ。アニチェベは、地元ライバルチームとの試合など2試合で、監督から「トライするな」と言われたとのこと。この指示に対して疑問を呈したが、「これが中国だ。僕たちは言われたようにするんだ」とチームメイトから言われたと主張している。 ▽2017年10月生から、アニチェベはこの件でクラブと争っており、マンチェスターを拠点とするスポーツ弁護士を通じて、クラブのGMに近づいたとのこと。しかし、この訴えについては無視されているようだ。 ▽アニチェベはプレーすることを拒否。そして、クラブから無視され続けているという苦情をFIFAへと訴えたようだ。 2018.10.01 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

クライフ氏の息子が中国へ…ジョルディ・クライフ氏が重慶力帆の新指揮官に就任

▽中国スーパーリーグの重慶力帆は8日、新監督にジョルディ・クライフ氏(44)を招へいしたことを発表した。 ▽重慶力帆は、7月22日にパウロ・ベント監督(49)を解任。今シーズンは中国スーパーリーグ4勝2分け7敗の14位と低迷していた。 ▽クライフ氏は、オランダの伝説的なプレーヤーであるヨハン・クライフ氏の息子。現役時代はバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、セルタ、アラベス、エスパニョールなどでプレーしていた。 ▽引退後は、アシスタントコーチやスポーツディレクターを務め、マッカビ・テル・アビブで初の監督業を務めていた。 2018.08.09 13:05 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース