鹿島、順天堂大MF名古新太郎の加入内定を早期発表! 2017年ユニバーシアード優勝メンバー2018.03.01 15:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽鹿島アントラーズは1日、順天堂大学に所属するMF名古新太郎(21)の2019シーズンからの加入が内定したことを発表した。▽名古は静岡学園高校から順天堂大学に進学。2016年から全日本大学選抜に選出されており、2017年にはユニバーシアード日本代表に選ばれて同大会の優勝に貢献している。

▽なお、鹿島は同選手の特徴を「高い技術と戦術眼が持ち味。ゲームメイク能力に優れ、機を見て自ら得点も狙う」と紹介している。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1クラブ通信簿】念願のアジアタイトル獲得も…2年連続国内タイトル無冠《鹿島アントラーズ》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第16弾は3位の鹿島アントラーズを総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181219_antlers_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽あと一歩のところでリーグ制覇を逃した昨シーズンから4冠を目指した鹿島アントラーズ。センターバックにDF犬飼智也(清水エスパルス)、サイドバック、サイドハーフ、ウイングのどこでもできる器用なDF安西幸輝(東京ヴェルディ)に加え、長らくドイツでプレーしたDF内田篤人(ウニオン・ベルリン)が復帰。課題であったサイドバックの人員不足も解消し、新シーズンに臨んだ。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージは2勝3分け1敗、鬼門だったラウンド16を突破するなど好調を見せるも、リーグ戦では奮わず。ロシア・ワールドカップ(W杯)による中断前の15試合で6敗(5勝3分け)で11位に沈み、開幕前に掲げた4冠など程遠いところに位置していた。 ▽弱点を補強して整えたはずだった守備陣も15試合で16失点(得失点-4)と満足する結果とは言えず、不安を覚える出来であった。 ▽さらにW杯後、チームの要であったDF植田直通(→セルクル・ブルージュ)、FW金崎夢生(→サガン鳥栖)が立て続けに流出。一方で、鳥栖から韓国代表DFチョン・スンヒョンを獲得して植田の穴を埋めるも、エースの抜けた穴は埋めきれずにいた。 ▽そんな中、神様・ジーコ氏がテクニカルディレクターとして復帰。そして、ブラジルから連れて来たFWセルジーニョがすぐさまフィットし結果を出す。さらにエースとしての自覚を強めた鈴木優磨の躍進もあり、一時は15位まで下げた順位を最終的に3位にまで引き上げることができた。 ▽ACLの勝ち上がり、リーグ戦、YBCルヴァンカップ、天皇杯と四足の草鞋を履く鹿島が今シーズンの過密日程を乗り越えられたのは、若手の成長も特筆すべきポイントだ。 ▽エースにまで成長した鈴木はもちろんのこと、中盤のバランサーとしてMFレオ・シルバ、MF永木亮太、MF小笠原満男に加えてDF西大伍まで、様々に変わった相棒とのバランスを上手く取りチームの軸となったMF三竿健斗、19歳の若さで常勝軍団・鹿島の主力として定着したFW安部裕葵など、彼らの活躍は目覚ましいものがあった。 <span style="font-weight:700;">◆MVP</span> FW鈴木優磨(22) 明治安田生命J1リーグ32試合出場(先発25試合)/11得点10アシスト<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181219_antlers_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽今年の鹿島を3位まで押し上げたのは、この人と言っていいだろう。トップ昇格から4年目の今シーズン。これまで途中出場が多かった鈴木だが、25試合で先発起用された。金崎、土居聖真、セルジーニョと相棒が変わる中、順応性と成長を見せた。 ▽特にW杯中断明け、金崎が鳥栖へ移籍した事でエースの自覚が生まれたのか、後半戦だけで7得点。さらに自らの得点だけではなく、前線からの守備、ポストプレー、そしてサイドで起点となりアシストも量産。クラブ初となる日本人選手での得点・アシストともに二桁に乗せた。 ▽ACLではゴールこそ2得点に終わったものの、チームの勝利に貢献したことで大会MVPを受賞。入れ替えの激しかった今シーズンの鹿島において、大きな支えになった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度 《A》</span>※最低E〜最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181219_antlers_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽J2で頭角を見せていた安西をはじめ、犬飼、8年ぶりに帰還した内田とディフェンスラインを補強。ACLとリーグ戦の兼ね合いでターンオーバーを繰り返すも、ベストな組み合わせが見つけられないままW杯の中断期間に入った。 ▽W杯後に植田が移籍、さらに昌子源も負傷で長期離脱となったものの、鳥栖から補強したチョンスンヒョン、シーズン前に加入した犬飼、そしてユースから昇格した3年目の町田が奮闘。最終ラインを支えたレギュラーの抜けた穴をしっかりと埋めることができた。 ▽さらには、今シーズンは一歩奮わなかったFWペドロ・ジュニオール(→武漢卓爾職業足球倶楽部)、ケガで長期離脱を余儀なくされたMFレアンドロの代わりとして、ジーコTDの秘蔵っ子・セルジーニョを獲得。献身的な守備から攻撃の起点を作り、攻撃陣を活性化。リーグ戦では3得点に終わったが、ACLでは決勝トーナメントで5試合連続ゴールと火を吹いた。 ▽そして、なんと言ってもジーコTDの復帰が最大の補強になったのではないだろうか。“ジーコイズム”を継承する選手が少なくなったこのタイミングでチームに復帰。彼のTD就任が、チームに程よい緊張感が生み、ACL制覇、リーグ3位という好成績を残す要因となったと言っても過言ではないだろう。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 《B》</span>※最低E〜最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181219_antlers_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽2位のサンフレッチェ広島と勝ち点差3の勝ち点56の3位に終わったが、首位・川崎フロンターレには「13」も勝ち点差を付けられての終幕。昨シーズンの勝ち点72と比較しても、かなり物足りないシーズンとなった。 ▽加えて、最終節は勝てば2位の可能性も残す中、残留争い中のサガン鳥栖とホームで0-0のゴールレスドロー。煮え切らない形でのシーズン終了は、サポーターにとってもフラストレーションの溜まるラストとなったに違いない。 ▽とはいえ、シーズン終盤はリーグ戦、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯と4つの大会を抱える事となったが、上手くターンオーバーし過密日程を切り抜けられたことはプラス材料と言えるだろう。その裏には、鈴木、三竿(健)、安部など若手の台頭はもちろん、曽ヶ端準、小笠原の2人のベテラン選手のひたむきな姿勢と経験値が生かされたとも言える。 ▽シーズン中盤は迷走気味とも言われた大岩剛監督だったが、選手たちの疲労やプレイスタイルの相性などを見極め、全ての大会でトップレベルの結果を残すことができたことは評価できるのではないだろうか。 ▽しかし、常にトップを目標に定める鹿島においては、ベスト4は喜ばしいものではなく、“優勝”以外は意味を持たない。国内タイトルを2年連続で逸している鹿島にとって、タイトルを奪還する為に必要なものは何なのか。ACL初制覇の経験をいかにチームに落とし込んでいくかが、来シーズンの成功のカギとなるだろう。 2018.12.19 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン紙、CWC2016鹿島戦でのラモス退場疑惑を回想

▽スペイン紙『アス』が、クラブ・ワールドカップ(CWC)2016決勝でのDFセルヒオ・ラモスの“退場疑惑”を回想している。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2016年からの3大会連続でCWCに出場しているレアル・マドリー。19日には準決勝で鹿島アントラーズと対戦する。 ▽マドリーと鹿島は、2016年のCWC決勝でも激突。その試合では、FWカリム・ベンゼマのゴールでマドリーが先制したが、当時鹿島に所属していたMF柴崎岳(現ヘタフェ)の鮮烈な2ゴールで一時は形成が逆転する。しかし、結局はPKからマドリーが同点に追い付いて延長戦に突入。守備の綻びを見せ始めた鹿島は更に2点を追加され、2-4の敗北を喫した。 ▽しかし当時、その試合の中で「マドリーに有利な判定があったのではないか」という疑惑が生まれており、物議を醸した。そのシーンは、2-2で迎えた後半終了間際に生まれる。カウンターから鹿島FW金崎夢生(現サガン鳥栖)が抜け出して駆け抜けようとした際、セルヒオ・ラモスが手を使うようにしてブロックした。 ▽すると、主審は一度胸ポケットのカードに手をかけたが、イエローカードは提示されず。「セルヒオ・ラモスが既に1枚カードを貰っていたことを思い出し、手を引いたのではないか」と疑われた。実際、当時鹿島を率いていた石井正忠氏も試合後に「レフェリーに勇気がなかった」と苦言を呈している。 ▽『アス』は、該当のシーンを動画で回想。その記事のタイトルには、「レフェリーがラモスへのレッドを瓶へ詰めた様に見えた場面」と題されている。 ▽こういった経緯から、因縁の対決ともとれるマドリーvs鹿島。19日に行われる2018年大会の準決勝では、どのような激闘を見せてくれるのだろうか。 2018.12.19 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「サッカー界に衝撃を与えた」鹿島対レアル戦前にFIFA公式が2016年決勝を回顧

19日に行われるFIFAクラブワールドカップ(CWC)準決勝を前に『FIFA.com』は、2016年大会決勝カードのレアル・マドリー対鹿島アントラーズの再戦についての特集を組んだ。<br><br>アジア王者としてCWCに参戦している鹿島。準々決勝では北米カリブ海王者のグアダラハラに3-2と逆転勝利して、欧州王者のレアルが待つベスト4にコマを進めた。この一戦を前に、『FIFA.com』は横浜で行われた2016年大会の決勝戦を振り返った。<br><br>最終的にはクリスティアーノ・ロナウドが延長戦に2ゴールを奪う活躍を見せ、4-2で勝利したレアルが2度目のCWCタイトルを獲得したものの「2年前、両チームは横浜で激突し、ガク・シバサキのゴールで欧州の巨人からリードを奪った日本のチームは、フットボール界に衝撃を与えた」と当時の激戦について綴った。<br><br>また、2018年大会を戦う鹿島についても言及。前回対戦でも出場した選手がカギを握ると予想している。<br><br>「2016年ファイナルの記憶は、鹿島の多くのメンバーにとって依然としてとても新鮮なものだ。2年前の試合に出場した6人の選手が15日に勝利したチーバス戦でプレーした。彼らはアジアの王者としてトーナメントに戻って来て、この6人があの決勝の教訓をチームに植え付けることになるだろう」<br><br>さらに、サポーターの存在も鹿島にとって大きなアドバンテージになり得ると話している。<br><br>「2016年のホストチームであった鹿島は、熱狂的なホームサポーターからの力を受け取り、予想を覆しての大躍進を遂げた。今回も日本の関東地方から熱狂的なファンたちが駆けつけ、2度目の決勝進出を後押しすることになるだろう」<br><br><br />2016年決勝ではアシスタントコーチとしてベンチに座り、一戦を見守った大岩剛監督はリベンジに意気込んでいる。<br><br>「日本での前回の試合、我々は非常に大きなインパクトを残した。レアル・マドリーが相手でも我々は勝利を目指していた。試合には負けて、とてもがっかりしたが、今我々はあの時の失望を払拭するステージに辿り着いた。我々がこの機会を勝ち取ったことにとても満足している。この試合は多くの注目を集めることになるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.19 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴァラン「CWCは重要な大会」 レアル・マドリーは準決で鹿島と激突

▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランがクラブ・ワールドカップ(CWC)3連覇に闘志を燃やした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽レアル・マドリーは15日にホームで行われたリーガエスパニューラ第16節でラージョと対戦(1-0でレアル・マドリーが勝利)。内容こそ物足りなさを残したが、シーズン2度目のリーグ3連勝を飾り、その勢いのまま各大陸王者の集うCWCに参戦する。 ▽ヴァランはラージョ戦後、「前半に試合を決めるチャンスがあったけど、決め切れなかった。でも、チームとしてうまく戦い、重要な3ポイントを手にできたよ」とコメント。クラブW杯に向けても次のように語り、優勝に意欲を示した。 「僕らは情熱と高揚した気持ちを抱き、CWCに挑む。僕らにとって、あの大会は重要だ。ベストを尽くすよ」 ▽なお、ヨーロッパ王者としてCWCに臨むレアル・マドリーは準決勝から登場。そのベスト4では、アジア王者の鹿島アントラーズと激突する。 2018.12.16 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

安部の投入で流れ変えた鹿島、北中米王者に逆転勝利でレアル・マドリーと再戦へ!《CWC》

▽鹿島アントラーズは15日、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2018の2回戦でグアダラハラ(メキシコ)と対戦し、3-2で鹿島が勝利した。 ▽クラブ史上初のアジア王者に輝いた鹿島は、負傷で鈴木と三竿を欠く中、安部をベンチスタートとし、外国籍選手5人をスタメンで起用した。 ▽北中米カリブ海王者のグアダラハラに対し、いつも通りのフラットな[4-4-2]を採用した鹿島は2トップに土居とセルジーニョ、中盤右に遠藤、左にレアンドロ、中盤センターにレオ・シルバと永木を据えた。 ▽立ち上がりからポゼッションを許した鹿島は開始3分に失点する。自陣左サイドで昌子がブリスエラに交わされ、クロスボールを内田が被ったところをサルディバルにヘッドで押し込まれた。 ▽失点後も押し込まれた鹿島は13分にレアンドロがミドルシュートを放つも、GKの正面を突いてしまう。 ▽その後も攻め手なくペースを掴めない鹿島は、40分にロングスローの流れからサルディバルに決定的なシュートを許すも、GKクォン・ステンがセーブし、追加点は許さない。追加タイムにもバー直撃のミドルシュートを浴びるなど、劣勢のまま前半を終えてしまった。 ▽後半からレアンドロに代えて安部を投入した鹿島は、開始4分に追いつく。セルジーニョのパスを受けた土居がボックス左に侵入してクロスを入れると、ゴール前に走り込んでいた永木が押し込んだ。 ▽安部の投入で流れを引き寄せる鹿島が前半とは打って変わって互角の攻防を繰り広げると、68分にPKを獲得する。土居がボックス内でマリンに倒されたとしてPKとなり、このPKをセルジーニョが確実に決めて逆転に成功した。 ▽終盤、土居に代えて安西を投入し逃げ切りを図る鹿島は、84分に勝負を決定付ける。安西のパスを受けたボックス手前左の安部が右足を振り抜き、ゴール右上に流し込んだ。 ▽試合終了間際の追加タイム2分、山本がボックス内で相手選手を蹴ったプレーがVARによってPKとなり、1点差に詰め寄られた鹿島だったが、逃げ切り勝利。レアル・マドリーの待つ準決勝へ進出した。 2018.12.16 00:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース