アヤックスやエバートンで活躍した元南アフリカ代表MFピーナールが現役引退2018.03.01 13:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスやエバートンで活躍し、南アフリカ代表としてもプレーしたMFスティーブン・ピーナール(35)が現役引退を発表した。自身のツイッター(@therealstevenpi)で発表した。

▽ピーナールは母国にあるアヤックスの育成機関であるアヤックス・ケープタウン出身。2001年にアヤックスへと加入すると、中盤の攻撃的なポジションで主力としてプレー。2006年7月にドルトムントへと完全移籍すると、2007年7月にエバートンへレンタル移籍。2008年7月に完全移籍した。

▽2011年1月にはトッテナムへと完全移籍。その後はエバートンへのレンタル移籍を繰り返し、2012年7月に復帰した。2016年8月にサンダーランドへと移籍すると、2017年7月からは母国のビッドヴェスト・ウィッツでプレー。今年1月に退団していた。

▽プレミアリーグでは通算214試合に出場し22ゴール40アシストを記録。エールディビジでは94試合に出場し15ゴール20アシストを記録。チャンピオンズリーグでも27試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

▽また、2002年3月から南アフリカ代表としてもプレー。2002年の日韓ワールドカップでは、メンバー入りを果たすも出場機会はなかったが、自国開催となった2010年の南アフリカ・ワールドカップでは3試合に出場していた。代表通算62試合出場3ゴールだった。

▽ピーナールは、自身のツイッターでビデオメッセージを投稿。感謝の気持を述べ、将来については近いうちに発表すると語った。

「今日、僕はサッカーからの引退を発表する。僕は母親や家族、プレーした全てのクラブ、そしてサポーターに感謝したい」

「僕はキャリアを通して感じた愛に感謝する。ソーシャルメディアをフォローして下さい。すぐに発表があります」

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督の来夏での退任を発表! 2019-20シーズンからはライプツィヒの指揮官に就任!!

▽ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2018-19シーズンを最後に退任することを発表した。昨夏に2021年まで契約を延長していた同監督だが、契約には来夏で解消可能となる例外条項が含まれていた。 ▽2016年2月に健康上の理由により退任したフーブ・ステーフェンス前監督の後任としてトップチームの監督に就任したナーゲルスマン監督。当時2部降格目前となっていたチームを立て直すと、7勝2分5敗の成績を残しブンデスリーガ残留に成功した。 ▽翌シーズンは、開幕から勝ち切れない試合が続いたものの、前半戦を無敗で終えると、後半戦でもわずか4敗に終わり、4位でシーズンをフィニッシュ。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にチームを導いた。 ▽今季初挑戦となったCLでは、予選プレーオフでリバプールに敗れたがリーグ戦ではクラブ史上最高位となる3位でシーズンを終え、2年連続のCL出場権獲得に成功した。 ▽来季での契約解消に踏み切ったナーゲルスマン監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自らの気持ちを明確にするためにも早期の決定が必要だった」 「CL初参戦という歴史的シーズンで、私の個人的なことや去就への推測で選手たちやサポーター、クラブの関係者全員に不安を与えることは望んでいなかった」 「今回の決断でこれからがはっきりとしたし、あとは我々としてはプロフェッショナルとして、待ち構える難しいタスクに向けて集中して臨んでいくだけだ。最後の瞬間まで目標達成のために私が全力を尽くすということは、みんなが理解してくれているものと思っているよ」 ▽なお、ライプツィヒは同日に来シーズンからナーゲルスマン監督がチームを率いることを公式サイトで発表。 ▽今季限りでチームを率いていたラルフ・ハッセンヒュッテル監督が退任したライプツィヒ。今回の発表位によれば、来季はスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニックSDが監督を兼任し、2019-20シーズンからナーゲルスマン監督が監督に就任するという。 2018.06.22 01:55 Fri
twitterfacebook
thumb

GKの退団が相次ぐブライトン、サンダーランドからGKスティールを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは21日、サンダーランドからイングランド人GKジェイソン・スティール(27)を獲得した。契約期間は2021年までの3年間となる。 ▽ミドルズブラユース出身のスティールは、2007年にトップチームに昇格。昇格後は出場機会に恵まれなかったが、2010-11シーズンからレギュラーを獲得すると在籍7シーズンで公式戦142試合に出場。2014年の夏に移籍したブラックバーンでは、2年目からレギュラーに定着すると2年半で公式戦120試合に出場した。 ▽その後、2017年の夏からは10年ぶりの2部降格となったサンダーランドに移籍。昨シーズンは、GKロビン・ロイターの控えGKとして公式戦19試合に出場していた。 ▽なお、ブライトンは昨夏に加入したオーストラリア代表GKマシュー・ライアンが守護神を務めているが、今シーズンに控えGKを務めていた元オランダ代表GKティム・クルルとフィンランド代表GKニキ・マーンパーが今夏での退団を表明。スティールは第2GKとして期待されている。 2018.06.22 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、今季リザーブチームで8ゴール3アシストのドレーガーをパーターボルンへレンタル

▽フライブルクは21日、チュニジア人FWモハメド・ドレーガー(21)をブンデスリーガ2部に所属するパーターボルンにレンタルしたことを発表した。パーターボルンとの契約期間は2年間となる。 ▽2009年にフライブルクの下部組織に入団したドレーガーは、2015年にリザーブチームであるフライブルクⅡに昇格。その後も着実に実力をつけると、今年1月にはプロ契約を締結。 ▽今季もリザーブチームを中心にリーグ戦26試合の出場で8ゴール3アシストを記録。今年1月に行われたブンデスリーガ第18節のフランクフルトでは、ブンデスリーガデビューも飾っていた。 2018.06.22 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがブラジル代表MFフレッジの獲得を正式発表、契約は5年

▽マンチェスター・ユナイテッドは21日、シャフタールのブラジル代表MFフレッジ(25)を獲得したことを正式に発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、イギリス『BBC』によれば移籍金は4700万ポンド(約68億5000万円)とのことだ。 ▽パスセンスに優れた左利きのセントラルMFであるフレッジは、2013年夏にインテルナシオナルからシャフタールへ移籍。シャフタールでは在籍5年で公式戦155試合に出場して15ゴール15アシストを記録し、3度のリーグ優勝、3度の国内カップ優勝に貢献していた。また、ブラジル代表としては7試合に出場しており、ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表メンバーにも選出されている。 ▽ユナイテッドへの移籍が決まったフレッジは公式サイトで次のように語った。 「ユナイテッドは世界で一番大きなクラブだから、その一員になれて嬉しいよ。そして、多くのタイトルを獲得してきたモウリーニョと仕事をするチャンスを逃したくなかった」 ▽また、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はフレッジの獲得について以下のように語っている。 「フレッジは他のMF陣を補完する働きを担ってくれるだろう。創造性を持つ彼は、我々のチームに新たな次元をもたらしてくれるはずだ」 2018.06.21 23:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース