上海申花の韓国代表DFキム・ギヒがMLSのシアトル・サウンダーズに加入2018.02.28 23:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズは27日、上海申花の韓国代表DFキム・ギヒ(28)の獲得を発表した。P-1ビザの取得と、国際移籍証明書の到着をもって登録される。

▽キム・ギヒは、大邱FCでキャリアをスタート。カタールのアル・スィーリーヤへ期限付き移籍すると、2013年から全北現代モータースでプレー。2016年から上海申花でプレーしていた。

▽上海申花では、中国スーパーリーグで45試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今シーズンはAFCチャンピオンズリーグで鹿島アントラーズと同グループだが、キム・ギヒは出場していなかった。

▽シアトル・サウンダーズは、リーグ機構から補強資金が分配される制度(Targeted Allocation Money)を利用してキム・ギヒを獲得したとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アトランタが今季MLS王者に! リーグMVPのFWホセフ・マルティネスが初優勝に導く《MLSカップ》

▽現地時間8日に2018シーズンのメジャーリーグ・サッカー(MLS)の年間王者を決定するMLSカップが行われ、西カンファレンス王者のポートランド・ティンバースを2-0で下した東カンファレンス王者のアトランタ・ユナイテッドが大会初優勝を飾った。 ▽アトランタは過去にバルセロナとアルゼンチン代表を率いたタタ・マルティーノ監督がチームを率い、今季リーグ得点王とMLS年間MVPを受賞したベネズエラ代表FWホセフ・マルティネス、今冬のプレミア行きが伝えられるパラグアイ代表MFミゲル・アルミロンらを擁する。 ▽対するポートランドは2015年のMLS王者であり、今季21ゴールを記録した元アルゼンチン代表FWディエゴ・ヴァレリらを擁する。 ▽7万3000人以上の大観衆を集めた注目のファイナルは拮抗した形で推移していく。その中で一瞬の隙を突いたアトランタは味方の高い位置でのインターセプトに反応したエースのホセフ・マルティネスが冷静にボックス内で相手GKをかわして貴重な先制点を奪った。 ▽アトランタの1点リードで折り返した試合は後半立ち上がりに再びアトランタがゴールをこじ開ける。54分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのアルミロンが精度の高いクロスボールを入れると、中央のホセフ・マルティネスが頭でファーへフリック。これをファーに詰めていたエスコバルがワンタッチで流し込んだ。 ▽その後、リスクを冒して前に出たポートランドの反撃をアメリカ代表GKブラッド・グザンを中心に凌ぎ切ったアトランタがクラブ史上初のMLSカップ制覇を成し遂げた。 ▽なお、MLSカップのMVPには1ゴール1アシストのホセフ・マルティネスが選出。シーズンMVPとMLSカップのMVPの同時受賞は2014年のロサンゼルス・ギャラクシーFWロビー・キーン以来、通算5人目の快挙だ。 2018.12.09 13:49 Sun
twitterfacebook
thumb

今季MLSの最優秀選手はベネズエラ代表FWホセフ・マルティネスに! リーグ31発で得点王とのダブル受賞

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)は5日、アトランタ・ユナイテッドに所属するベネズエラ代表FWホセフ・マルティネス(25)が2018シーズンのMLS最優秀選手賞を受賞したことを発表した。 ▽昨季、トリノからアトランタに期限付き移籍で加入したマルティネスは加入初年度に20試合出場19ゴールを記録し、いきなりMLSベストイレブンに選出。そして、完全移籍に切り替わった今季は序盤戦からゴールを重ねると、リーグ戦34試合で31ゴールという圧巻のスタッツを残した。さらに、今夏に行われたMLSオールスターゲームでもMVPを受賞していた。 ▽すでに発表されていた2018シーズンのMLSベストイレブンにも選出され、今季リーグ戦の得点王にも輝いていたマルティネスは、大方の予想通りMLS最優秀選手賞も受賞することになった。 ▽そのマルティネスはMVP受賞後、喜びのコメントを残している。 「以前から言っているようにクラブが望んでくれれば、僕はずっとアトランタにとどまりたいと思っている。ここで幸せだし、まるで自分の家のように感じているんだ」 「会長を始め、ディレクター、警備員や食堂で働く人、(クラブ広報の)ジャスティン・ヴェルドイスまでクラブのために働くすべての人たちに感謝したい」 「先ほどのスピーチでは、この2年間自分だけでなく家族や友人に対して、ピッチ内外で惜しみないサポートをしてくれたファンやサポーターに対する感謝をうまく言葉で表すことができなかった」 「みんなのサポートは本当に素晴らしかったし、僕たちがチームとして得たすべての勝利は驚くべきサポートを見せてくれたファンたちの貢献によるところが本当に大きいんだ」 ▽なお、今季の東カンファレンスを制してプレーオフも勝ち抜いたアトランタは、8日に行われるMLSカップで西カンファレンスを勝ち抜いたポートランド・ティンバースと年間王者を懸けて激突する。 2018.12.06 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「ビジャがイニエスタのパートナーに」西メディアが神戸入りを報道

▽スペイン『デポルテス・クアトロ』が、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(36)のヴィッセル神戸行きが近づいていることをを報じた。 ▽かつてバレンシアやバルセロナ、アトレティコ・マドリーで活躍した万能型ストライカーのビジャは、2015年にメルボルン・シティへの短期レンタルを経て、メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティに加入した。キャリア晩年を迎えながらもその攻撃能力は衰えず、2016年にはMLSの最優秀選手賞も獲得。今シーズンはプレーオフを含めリーグ戦26試合に出場し15ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽そのビジャは、28日にニューヨーク・シティの公式サイトで今シーズン限りでの退団が発表された。すると、MLSに精通するアメリカ人ライターのパブロ・マウアー氏は自身の公式ツイッター『@MLSist』でビジャの新天地が日本になる可能性があると主張。一部メディアはNYシティと同じ『シティ・フットボール・グループ』傘下の横浜F・マリノスや今夏にスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが加入したヴィッセル神戸の名が上げられていた。 ▽そんな中、『デポルテス・クアトロ』は「ビジャが日本でプレー。神戸でイニエスタのパートナーとなる」と報道。スペインやアメリカ以外の国でも移籍先について大きな注目を集めているビジャだが、リーガエスパニョーラやチャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得してきたストライカーの神戸加入は、実現するのだろうか。 2018.12.01 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

シュバインシュタイガーがシカゴ・ファイアーと契約延長!「来シーズンシカゴでまた会おう」

▽メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーは28日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(34)と1年間契約延長したことを発表した。 ▽2017年3月にマンチェスター・ユナイテッドからシカゴ・ファイアーに移籍したシュバインシュタイガーは、デビュー戦となったモントリオール・インパクト戦でいきなり初ゴールを挙げるなどすぐにチームにフィット。初年度からリーグ戦24試合に出場し3ゴール2アシストを記録した。また、すでに終了している2018シーズンは昨季を上回るリーグ戦31試合で4ゴール5アシストを挙げ、チームの中心選手として活躍した。 ▽シュバインシュタイガーは公式サイトで「トロフィーを掲げよう。僕はこのチームがチャンピオンになれると信じている」とコメント。さらに以下のように続けている。 「このアメリカの旅は僕や家族にとってすごく特別なことなんだ。シカゴ・ファイアーの一員であることを本当に嬉しく思うし、この街が僕たちを両手を広げて受け入れてくれたことに感謝している」 「僕たち家族からファイアーのファンのみんなへ。あなたたちの幸せと安全を願っている。来シーズン、シカゴでまた会おう」 2018.11.29 05:26 Thu
twitterfacebook
thumb

ダビド・ビジャがNYシティ退団! 新天地としてJリーグ濃厚との報道!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCは28日、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(36)の今季限りでの退団を発表した。 ▽なお、MLSに精通するアメリカ人ライターのパブロ・マウアー氏は自身の公式ツイッター『@MLSist』でビジャの新天地が日本になる可能性があると主張している。 ▽現時点で具体的なクラブ名は挙がっていないものの、一部メディアはNYシティと同じ『シティ・フットボール・グループ』傘下の横浜F・マリノスの名前を挙げている。 ▽故郷のスポルティング・ヒホンでキャリアをスタートしたビジャは、サラゴサ、バレンシアを経て2010年にバルセロナに加入。優れたアジリティと足元の技術、抜群のシュート、オフ・ザ・ボールの精度を武器に万能型ストライカーとしてリーガエスパニョーラやチャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献。さらに2013年に加入したアトレティコ・マドリーでは古巣バルセロナを破り、リーガ制覇に貢献した。 ▽その後、2015年からMLSに新規参入するNYシティへの加入を決断したビジャは系列クラブのAリーグ所属メルボルン・シティFCでの短期間のレンタル移籍を経て2015シーズンからMLSに初参戦。在籍期間にリーグ戦124試合に出場し80ゴールを記録。2016年にはMLSの最優秀選手賞も獲得していた。今季はプレーオフを含めリーグ戦26試合に出場し15ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽また、スペイン代表では通算98試合に出場し、歴代最多となる59ゴールを記録。ユーロ2008と2010年南アフリカ・ワールドカップではいずれも得点王に輝き、優勝の立役者の1人となった。 ▽スペインサッカー史上最高のストライカーの1人と評されるビジャが、MFアンドレス・イニエスタ、FWフェルナンド・トーレスに続きJリーグに参戦することになるのか…。 2018.11.29 04:26 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース