レーティング:アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ《EFLカップ》2018.02.26 03:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日にEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアムで行われ、3-0で勝利したシティがタイトルを獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オスピナ 5.0
失点場面に責任はないが、チャンバースと同様に自身のフィードが相手に渡る場面が多かった

DF
21チャンバース 5.5
守備面では持ちこたえたが繋ぎの部分で不安定さがありビルドアップの足を引っ張った

(→ ウェルベック 5.0)
良い形でボールが入らなかったため起点となれず

20 ムスタフィ 4.5
笛が吹かれるまでプレーを止めてはいけない

6 コシエルニー 6.0
守備陣として2失点もディフェンダーとしては安定していた

MF
24 ベジェリン 5.5
攻撃では積極性を見せる場面もあったが、裏を取られて危ない場面も作られた

29 ジャカ 5.0
中盤で的を絞り切れず良さは見せられなかった

10 ウィルシャー 6.0
相手のギャップでボールを触って積極的な仕掛けも見せた

18 モンレアル -
劣勢の中で早々に負傷交代

(→ コラシナツ 5.5)
やや試合に入り切れておらずファウルで止める場面が目立った

FW
11 エジル 5.5
前半はボールに触る機会も多かったが後半は消えた

14 オーバメヤン 5.5
前半はチャンスがありながら決め切れず。後半はチームの重心が低くなったことでボールを触る機会自体が減った

8 ラムジー 5.5
オーバメヤンの近くでゲームを作ろうとするが時間の経過と共に停滞

(→ イウォビ 5.0)
チーム全体が下を向く中、もはや何もできなかった

監督
ヴェンゲル 5.5
良い入りを見せた前半立ち上がりにゴールを奪いたかった

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブラーボ 5.5
危険なシュートはなかった

DF
3 ダニーロ 5.5
可もなく不可もなく。自サイドからの攻撃には粘り強く対応

30 オタメンディ 6.0
守備をオーガナイズして最後の場面で踏ん張った

4 コンパニ 6.5
オーバメヤンとのスピード勝負にも勝つなど集中してプレー。貴重な追加点をマーク。

2 ウォーカー 5.5
前を追い越す動きで攻撃に幅を作り出した

MF
19 ザネ 6.0
デ・ブライネと巧くポジションを入れ替えながらボールを持てば推進力を見せた

(→ ガブリエウ・ジェズス -)

8 ギュンドアン 5.5
追加点の場面ではボックス外から積極的にシュートを放ったことでゴールに繋がった

25 フェルナンジーニョ 5.5
飛び出してくるウィルシャーに手を焼く。後半立ち上がりに無念の負傷交代

(→ ベルナルド・シウバ 5.5)
緊急投入も積極的な仕掛けから縦への推進力をもたらした

21 シルバ 6.0
ピッチを幅広く動いて攻撃にアクセントを付ける

17 デ・ブライネ 6.0
シルバ、ザネと巧く連携して攻撃をオーガナイズ

FW
10 アグエロ 6.5
相手の隙を上手くついて先制点をマーク

(→ フォーデン -)

監督
グアルディオラ 6.0
安定した試合運びでシティで初タイトル獲得

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
コンパニ (マンチェスター・シティ)
▽守備ではオーバメヤンに何もさせず集中したパフォーマンスを見せ、攻撃では流れを一気に引き寄せる2点目を奪った。

アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ
【マンチェスター・シティ】
アグエロ(前18)
コンパニ(後13)
シルバ(後20)
コメント
関連ニュース
thumb

レスター会長死去で延期となっていたサウサンプトン戦は今月27日に開催

▽レスター・シティは2日、延期となっていたEFLカップ(カラバオ・カップ)4回戦のサウサンプトン戦の代替開催日が11月27日に決定したことを発表した。 ▽10月27日のプレミアリーグ第10節のウェストハム戦後、キング・パワー・スタジアムからヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長所有のヘリコプターが離陸。しかし、スタジアムから少し離れた駐車場にヘリコプターが墜落し、28日にスリヴァッダナプラバ会長を含めた搭乗者5名の死亡が確認された。 ▽この事故により、レスターは10月30日に開催予定だったEFLカップ(カラバオ・カップ)4回戦のサウサンプトン戦は延期となっていたが、11月27日の28時45分にキング・パワー・スタジアムでキックオフを迎えることが決定した。 ▽レスターは3日にプレミアリーグ第11節カーディフとのアウェイ戦を迎える。同試合ではヴィチャイ氏への敬意を示すため、キックオフ前の黙祷実施と喪章を着用してプレーすることが伝えられている。また、レスターの選手たちと首脳陣は同試合後、ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長の葬儀に参列するため、タイ・バンコクへと向かう。 2018.11.03 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

今年で2度目…ハマーズサポ2名が生涯出禁に

▽ウェストハムは1日、トッテナム戦でピッチに侵入したサポーター2名をスタジアムへの生涯出入り禁止処分にすることを発表した。 ▽ウェストハムは先月31日、EFLカップ4回戦でトッテナムと対戦(1-3)。ホームのロンドン・スタジアムでの試合中に2人のサポーターがピッチに侵入していた。1人目は75分トッテナムの3点目が決まる前に、もう1人は試合終了の笛が鳴る直前のことだった。 ▽伝えられるところによると、この2名はすでに逮捕され、ウェストハムはスタジアムへの出入りを生涯禁止処分にしたという。クラブは声明で「ピッチに侵入することは容認できない犯罪である。クラブのゼロ・トレランス・ポリシーにのっとり、2名の個人を直ちに、ロンドン・スタジアムへの立ち入りを生涯禁止にする」と発表している。 ▽ウェストハムは今年3月にも、同スタジアムで行われたバーンリーとの試合でサポーターの侵入を許し、イングランドサッカー協会(FA)からの対応を待っているところ。現在はどのようにピッチに侵入したのか調査を進めているとのことだ。 2018.11.02 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

新星FWディアスのトップ初ゴールを含む2発でシティが4回戦を突破!《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)4回戦のマンチェスター・シティvsフルアムが1日にエティハド・スタジアムで行われ、2-0でシティが勝利した。 ▽3回戦でオックスフォードを3-0と完勝したシティは、直近のプレミアリーグでトッテナムに辛勝。この一戦ではトッテナム戦の先発からストーンズ以外の10人を変更。ガブリエウ・ジェズスやザネ、デ・ブライネ、コンパニらが先発に名を連ねた。 ▽一方、3回戦でミルウォールを3-1で撃破したフルアムは、だが、直近のリーグ戦ではボーンマスに0-3と完敗しリーグ戦4連敗と苦境が続く。公式戦4戦ぶりの勝利を目指すフルアムはGKセルヒオ・リコやフォス=メンサー、シュールレ、ビエット、ミトロビッチらを先発で起用した。 ▽試合は地力で勝るシティが立ち上がりから攻勢を強めていくと、8分に決定機。ジンチェンコのパスでボックス左から侵入したザネが縦に切り込みクロス。しかし、ニアに走り込んだデ・ブライネにはわずかに合わず。 ▽主導権を握るシティは19分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたデルフがダイレクトクロスを供給。ファーサイドのコンパニがトラップミスを犯すが、こぼれ球に反応したディアスがシュート。ミトロビッチにディフレクトしたボールは角度が変わりゴール右に突き刺さった。 ▽その後もハーフコートゲームを展開するシティは、34分にデ・ブライネ、フォーデンと繋ぎ、ボックス左のザネがフリーでシュートを放ったが、大きくふかしてしまい好機を逸した。 ▽後半に入っても主導権を握るシティは51分、左サイドで獲得したFKを素早くリスタートするとデ・ブライネのパスをボックス左深くで受けたザネがクロス。これをゴール前のガブリエウ・ジェズスが頭で合わせたが、シュートは枠を外した。 ▽シティは65分、左サイドでボールを受けたザネがフォーデンとのパス交換でカットインを仕掛けると、ボックス手前からラストパスを供給。これに抜け出したガブリエウ・ジェズスのシュートは右ポストに弾かれたが、こぼれ球に反応したディアスが左足でゴールに叩き込み、追加点を奪った。 ▽ディアスの貴重な追加点で勝利を大きく近づけたシティは77分にディアスを下げてマフレズ、86分に足の違和感を訴えたデ・ブライネを下げてクラウディオ・ゴメスを投入し試合をクローズにかかる。 ▽結局、最後まで危なげない試合運びを見せたシティが2-0で完勝。なお、4回戦を突破したシティは準々決勝で、27日に行われるFW岡崎慎司を擁するレスター・シティとDF吉田麻也を擁するサウサンプトンの勝者と対戦する。 2018.11.02 06:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーコーチが選手を名指しで批判!「これは不平だ」

▽今季からマウリツィオ・サッリ監督の下でチェルシーのコーチを務めているジャンフランコ・ゾラ氏が、ダービー・カウンティ戦でのある2人のパフォーマンスに疑問を呈している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽チェルシーは10月31日に、EFLカップ4回戦でチャンピオンシップのダービーと対戦。ダービーは現在、チェルシーのレジェンド、フランク・ランパードが監督を務めているということもあり大きな盛り上がりを見せた。試合は3-2でチェルシーが勝利。2部のチームに最後まで苦しめられたものの、今季無敗のチームが何とか駒を進めた。 ▽しかし、ゾラコーチはある2選手のパフォーマンスに不満があった様子。その2選手とは、この日先発出場したDFギャリー・ケイヒルとDFアンドレアス・クリステンセンの2人のセンターバックだった。 「ギャリーとクリステンセンはボールを持った時、もっと良くできたと思う。特に前半はね」 「不平を言うことになるが、我々はこれについて対処しなければならない」 「それによって少し苦しんだが、なんとかダービーを倒すことが出来た」 「チームは高いクオリティを持って戦ったが少しシャープさを欠いた。最後の15分は試合を支配しきれなかったね」 ▽ゾラコーチがこう言うのも無理はないのかもしれない。相手のオウンゴールによってリードしていた迎えた9分のこと、ケイヒルは味方への軽率なパスを相手に奪われてしまい、さらにはその相手を追う足がもつれて転倒。そのままゴールを決められてしまった。クリステンセンはケイヒルほどのミスはなかったものの、何度も相手を見失ってしまうような場面が見られ、試合に集中しきれていなかった印象だ。 ▽チェルシーでは現在、DFダビド・ルイスとDFアントニオ・リュディガーがセンターバックで不動の地位を築いている。ダービー戦の様なパフォーマンスでは、この2人からポジションを奪うのは難しい仕事かもしれない。 2018.11.01 16:06 Thu
twitterfacebook
thumb

EFLカップ準々決勝組み合わせが決定! ノースロンドンダービーが実現

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)準々決勝の組み合わせ抽選会が10月31日に行われた。 ▽今回の準々決勝で最注目のカードとなったのが、アーセナルとトッテナムのノースロンドン・ダービー。ホーム扱いとなるアーセナルは10月31日に行われた4回戦でリーグ1(イングランド3部)のブラックプールを相手に退場者を出しながら2-1で辛勝。一方、トッテナムはウェストハムとのダービーをソン・フンミンの2ゴールなどで3-1と勝利し、準々決勝へと駒を進めた。 ▽レジェンドのフランク・ランパード監督率いるダービー・カウンティ(2部)との接戦を制したチェルシーは、同じく2部のノリッジを破ったボーンマスとのプレミア勢対決に臨む。 ▽また、11月1日にフルアムとの4回戦を控える昨季王者のマンチェスター・シティは、仮に勝利した場合、FW岡崎慎司を擁するレスター・シティとDF吉田麻也を擁するサウサンプトンの勝者と対戦する予定だ。 ▽さらにクリスタル・パレス相手にジャイアントキリングを決めた2部のミドルズブラは、3部ながら快進撃を見せるバートン・アルビオンとの下部カテゴリー対決に臨むことになった。なお、詳しい日時は決定していないもののEFLカップ準々決勝は12月に開催される予定だ 。 ◆EFLカップ準々決勝 アーセナル vs トッテナム レスター・シティorサウサンプトン vs マンチェスター・シティorフルアム ミドルズブラ(2部) vs バートン・アルビオン(3部) チェルシー vs ボーンマス 2018.11.01 07:37 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース