シティがアーセナルを寄せ付けず3発快勝!! グアルディオラ政権下で初タイトル獲得!!《EFLカップ》2018.02.26 03:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日にウェンブリー・スタジアムでEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティが行われ、3-0でマンチェスター・シティがタイトルを獲得した。

▽準決勝でチェルシーを相手に2戦合計2-1で勝利したアーセナルと、ブリストルに2戦合計5-3で勝利したシティがカップ戦のタイトルを懸けた一戦に臨む。アーセナルはこの試合で[3-4-3]を採用。オスピナがゴールを守り、バックラインは右からチャンバース、ムスタフィ、コシエルニーの3バック。中盤4枚は右からベジェリン、ジャカ、ラムジー、モンレアルと並び、3トップはエジル、オーバメヤン、ラムジーが入った。

▽対するシティは[4-1-4-1]を採用。ブラーボがゴールを守りバックラインは右からダニーロ、オタメンディ、コンパニ、ウォーカー。中盤はアンカーにフェルナンジーニョが入り、2列目はザネ、ギュンドアン、シルバ、デ・ブライネ。最前線にアグエロが入った。

▽試合はシティがボールを持って攻め込む中、アーセナルはサイドの位置の選手がそれぞれ1列ずつ下がり[5-4]の2ラインを敷いて受ける。すると8分に最初のチャンスをアーセナルが作り出す。左サイドでボールを受けたウィルシャーが独力でボールを運び、ボールを受けたボックス右のラムジーが入れた折り返しにオーバメヤンが合わせる。しかしGKブラーボの正面にシュートが飛んでしまった。

▽その後もチャンスはアーセナルが多く作っていくが、18分に先制したのはシティ。自陣からのロングボールで、アグエロがムスタフィに対して先に身体を当ててバランスを崩させて前を向く。最後はGKの位置を冷静に見定めてループシュートを決めた。

▽追いかける展開となったアーセナルにアクシデントが発生しる。26分にモンレアルが負傷し、コラシナツを投入。貴重な交代カードを守備で切らざるを得なくなった。その後もアーセナルが相手陣内までボールを運ぶ回数こそ多いもののシュートまでは持って行けず。シティもカウンターで攻め込むが決定機はなく前半は終了した。

▽交代なしで迎えた後半、立ち上がりからシティが攻め込んでいくが51分にフェルナンジーニョが左足のハムストリングを負傷。プレー続行が不可能となりベルナルド・シウバと交代でピッチを去った。しかし57分、右CKのチャンスでシティは、デ・ブライネが入れたボールをボックス外のギュンドアンがシュート。コース上のコンパニが触って、ボールはネットを揺らし、シティがリードを広げた。

▽さらにシティは65分、ボックス左にこぼれたボールにいち早く反応したシルバが3点目を奪う。するとアーセナルは失点直後にチャンバースを下げてウェルベックを投入、73分にはラムジーに代えてイウォビを送り出すなど前線の枚数を増やしてしてゴールを目指す。しかし3点差と大きく突き放された影響か、精彩を欠いたプレーが目立ちチャンスが作れない。

▽試合終盤はシティが重心を下げたことでアーセナルが相手陣内まで攻め込むがやはりチャンスは作れずにゴールは遠い。そのまま試合終了のホイッスルが吹かれ勝利したシティがグアルディオラ政権下で初のタイトルを獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

初タイトル獲得に歓喜のペップ…トロフィーリフトの際にピッチに残っていた理由は?

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、EFLカップ優勝に歓喜している。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽シティは27日、EFLカップ決勝でアーセナルと対戦した。ウェンブリー・スタジアムで行われた一戦は、アグエロ、コンパニ、シルバのゴールで3-0と快勝。シティがグアルディオラ政権下で初のタイトルを獲得した。 ▽試合後、グアルディオラ監督は記者会見に出席し、タイトル獲得への喜びの声をあげた。また、貴賓席でのトロフィーリフトの際にピッチに残っていた理由について明かしている。 「サポーターが喜んでくれているから、トロフィーを獲得できたことは重要なことだ。ファン、選手、カルドゥーン・アル・ムバラク会長のことを思うと嬉しいよ」 「プレミアリーグに集中する必要があるね。優勝するために、試合に勝利する必要がある。そして、欧州CLでも準々決勝に進みたい」 「この優勝は、僕のものではないよ。マンチェスター・シティのものだ」 「(トロフィーリフトの際にピッチに残っていた理由は)ピッチから見ているほうが良いと思ったんだ。すべてが良く見渡せる」 2018.02.27 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ《EFLカップ》

▽25日にEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアムで行われ、3-0で勝利したシティがタイトルを獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オスピナ 5.0 失点場面に責任はないが、チャンバースと同様に自身のフィードが相手に渡る場面が多かった DF 21チャンバース 5.5 守備面では持ちこたえたが繋ぎの部分で不安定さがありビルドアップの足を引っ張った (→ ウェルベック 5.0) 良い形でボールが入らなかったため起点となれず 20 ムスタフィ 4.5 笛が吹かれるまでプレーを止めてはいけない 6 コシエルニー 6.0 守備陣として2失点もディフェンダーとしては安定していた MF 24 ベジェリン 5.5 攻撃では積極性を見せる場面もあったが、裏を取られて危ない場面も作られた 29 ジャカ 5.0 中盤で的を絞り切れず良さは見せられなかった 10 ウィルシャー 6.0 相手のギャップでボールを触って積極的な仕掛けも見せた 18 モンレアル - 劣勢の中で早々に負傷交代 (→ コラシナツ 5.5) やや試合に入り切れておらずファウルで止める場面が目立った FW 11 エジル 5.5 前半はボールに触る機会も多かったが後半は消えた 14 オーバメヤン 5.5 前半はチャンスがありながら決め切れず。後半はチームの重心が低くなったことでボールを触る機会自体が減った 8 ラムジー 5.5 オーバメヤンの近くでゲームを作ろうとするが時間の経過と共に停滞 (→ イウォビ 5.0) チーム全体が下を向く中、もはや何もできなかった 監督 ヴェンゲル 5.5 良い入りを見せた前半立ち上がりにゴールを奪いたかった ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 5.5 危険なシュートはなかった DF 3 ダニーロ 5.5 可もなく不可もなく。自サイドからの攻撃には粘り強く対応 30 オタメンディ 6.0 守備をオーガナイズして最後の場面で踏ん張った 4 コンパニ 6.5 オーバメヤンとのスピード勝負にも勝つなど集中してプレー。貴重な追加点をマーク。 2 ウォーカー 5.5 前を追い越す動きで攻撃に幅を作り出した MF 19 ザネ 6.0 デ・ブライネと巧くポジションを入れ替えながらボールを持てば推進力を見せた (→ ガブリエウ・ジェズス -) 8 ギュンドアン 5.5 追加点の場面ではボックス外から積極的にシュートを放ったことでゴールに繋がった 25 フェルナンジーニョ 5.5 飛び出してくるウィルシャーに手を焼く。後半立ち上がりに無念の負傷交代 (→ ベルナルド・シウバ 5.5) 緊急投入も積極的な仕掛けから縦への推進力をもたらした 21 シルバ 6.0 ピッチを幅広く動いて攻撃にアクセントを付ける 17 デ・ブライネ 6.0 シルバ、ザネと巧く連携して攻撃をオーガナイズ FW 10 アグエロ 6.5 相手の隙を上手くついて先制点をマーク (→ フォーデン -) 監督 グアルディオラ 6.0 安定した試合運びでシティで初タイトル獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コンパニ (マンチェスター・シティ) ▽守備ではオーバメヤンに何もさせず集中したパフォーマンスを見せ、攻撃では流れを一気に引き寄せる2点目を奪った。 アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前18) コンパニ(後13) シルバ(後20) 2018.02.26 03:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ホームで逆転劇を演じたアーセナルがチェルシーを下し、マン・Cの待つ決勝へ進出!《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝2ndレグのアーセナルvsチェルシーが24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、2-1でアーセナルが勝利した。この結果、合計スコア2-1としたアーセナルが決勝に進出することが決定した。 ▽2週間前にチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで行われた1stレグは0-0のゴールレスドローに終わった。今回ホームのアーセナルはその後連勝を飾り、直近の試合ではクリスタル・パレスに4-1と快勝。その試合からの変更点はGKチェフをオスピナに代えた点のみ。勢いのあるメンバーを組んだ。 ▽一方のチェルシーも直近のブライトン戦では快勝を収めた。それまでの得点力不足から一転して4発大勝を飾ったアウェイチームは、その試合からの変更点はこちらも1点のみ。バチュアイに代わってペドロがスタメンに起用された。 ▽今季5度目のビッグロンドン・ダービーはチェルシーが先手を奪う。7分、ボックス手前でパスを収めたペドロがディフェンスの裏へ走るアザールにスルーパス。このパスを受けたアザールがGKとの一対一を制し、ゴールネットを揺らした。 ▽出鼻をくじかれてしまったアーセナルも12分に反撃。左CKをモンレアルが頭で合わせると、これがマルコス・アロンソとリュディガーに当たって、思わぬ形で相手のオウンゴールを誘い同点とした。 ▽不運な失点を喫したチェルシーは30分にウィリアンがゴールの右を掠めるシュートでGKオスピナを強襲。しかし、それから10分も経たないうちにそのウィリアンが足の痛みを訴えて負傷交代。代わりに今冬加入のバークリーが起用され、チェルシーデビューを果たした。 ▽代わって入ったバークリーに40分、すぐに見せ場が訪れる。右サイドでモーゼスとのパス交換からボックス右に侵攻すると、マイナスのボールを供給。しかしこのクロスは味方に合わずチャンスとはならなかった。逆にアーセナルにビッグチャンスが訪れる。前半アディショナルタイムの48分、ムスタフィのパスをオフサイドラインギリギリで受けたエジルがそのまま反転してシュートを放つ。だが、相手に当たってコースが僅かに変化したシュートはボール1つ分枠の左に外れてしまった。 ▽1-1のまま迎えた60分。後半に入って押し気味に試合を進めるアーセナルが追加点を奪う。左サイドのイウォビの右への展開から、ボックス右のラカゼットへ繋がるとラカゼットはクロスを選択。するとこのボールが相手の足に当たり、運よくジャカの下へ。ジャカはこれを押し込んで逆転となる2点目を沈めた。 ▽チェルシーはその後、ペドロを下げてバチュアイ、モーゼスを下げてザッパコスタを投入し、攻撃の活性化を図った。82分には、そのザッパコスタのクロスに逆サイドのマルコス・アロンソがダイレクトボレーで合わせたが、相手にブロックされてタッチラインを割った。 ▽終盤にかけてボールを持つ時間帯が続いたチェルシーだったが、GKカバジェロの攻め上がりも虚しくタイムアップ。2戦合計スコアを2-1としたアーセナルが、マンチェスター・シティの待つ決勝へと駒を進めた。 2018.01.25 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが2大会ぶりの決勝進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3でマンチェスター・シティが決勝進出を決めた。 ▽9日に行われた1stレグをアグエロの土壇場弾で逆転勝利したシティは、直近に行われたリーグ戦のニューカッスル戦から先発を2選手変更。GKエデルソンとスターリングに代えてGKブラーボとベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽立ち上がりから地力で勝るシティが攻勢に試合を進めるが、自陣ボックス内で集中した守りを見せるブリストル守備陣を突破できない。それでも攻勢を続けるシティは、前半終了間際にスコアを動かす。 ▽43分、相手ボックス内でボールを奪ったベルナルド・シウバが、体を張った粘りでボールを繋ぐと、最後はボックス中央のザネが右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ブリストルはマグヌソンとウェルシュ下げてベイカーとジェジューを投入する2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはシティだった。50分、デ・ブライネからのサイドチェンジを右サイドで受けたアグエロが、ボックス右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられたブリストルだが、64分に反撃。ストーンズのクリアミスをボックス中央のボビー・リードがダイレクトで左に展開すると、これを受けたパーターソンのクロスをパックがヘディングでゴール左に流し込んだ。 ▽試合終盤、シティはアグエロ、ウォーカーを下げてギュンドアンとダニーロを投入し、試合を締めにかかったが、後半アディショナルタイムの94分に左クロスからファーサイドのボビー・リードに頭で折り返されると、最後は途中出場のケントに押し込まれ、痛恨の失点。 ▽土壇場でブリストルに同点に追いつかれたシティだが直後の96分、シルバの縦パスでボックス左に侵入したザネがダイレクトで折り返しを供給すると、これを中央に駆け上がったデ・ブライネ流し込み、勝ち越しに成功。 ▽直後に試合終了のホイッスル。デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが、2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 2018.01.24 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

両者ゴールが遠く、ビッグ・ロンドン・ダービー1stレグはゴールレスドロー《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝1stレグ、チェルシーvsアーセナルが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽今年初の試合となったプレミアリーグ第22節で相まみえ、2-2で引き分けた両者。その後のFAカップ3回戦では、チェルシーはノッリジ相手に得点が奪えず再試合に、アーセナルはノッティンガム・フォレストにまさかの敗北を喫した。 ▽前回の対戦からちょうど1週間後の激突となったこの一戦に向けて、ホームのチェルシーはノリッジ戦からドリンクウォーター以外の10人を変更。GKクルトワ、A・クリステンセン、カンテ、アザール、モラタなどベストメンバーで挑んだ。対するアーセナルは、ノッティンガム・フォレスト戦から7選手を代え、ムスタフィやウィルシャー、ベジェリン、ラカゼットらが先発に名を連ねた。 ▽互いに一歩も引かない展開を見せる中、やや優勢に試合を運ぶアーセナルがより長くボールを持つようになる。そんな中22分に、ウィルシャーのパスに反応したラカゼットがボックス右からシュートを放つが大きく枠を越えてしまう。 ▽一方のチェルシーも、モーゼスがカットインから左足でGKオスピナを強襲。37分のFKの場面では、ボックス手前左の位置から、セスクが不意をついて横のカンテにパス。カンテはボックスの外からシュートを狙うが枠を捉えることが出来なかった。 ▽前半の終盤には、イウォビの枠を捉えたシュートでアーセナルがゴールに迫るも、GKクルトワがファインセーブでチェルシーゴールに蓋をする。直後にナイルズがエリア内で倒されるも笛は鳴らず。45分の、アスピリクエタのクロスに合わせたセスクのヘディングシュートも、GKの正面に飛んでしまい、両者ともゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、序盤に押し込んだチェルシーは47分のCKの流れからA・クリステンセンがヘディングで迫るがシュートは枠の外へ。52分には、前半と同じような位置でFKを得ると、今度はマルコス・アロンソが直接狙う。しかし、シュートは壁に当たり枠の外へ。 ▽後半のチェルシーペースはまだ続く。56分にはモラタがボックスの外から枠内シュートを放つがGKオスピナがかき出す。続くモラタのシュートはポストに弾かれた。66分のCKでは、こぼれ球をモーゼスが押し込みにかかるが、ムスタフィが足を延ばしてゴールを死守。 ▽このあたりからアーセナルはサンチェス、チェルシーはウィリアンを投入し両チームとも攻撃の活性化を図ったが、その後もチェルシーがイニシアチブを握る。後半半ばにかけてはウィリアン、マルコス・アロンソがボックスの外から積極的に狙いに行く姿勢を見せた。 ▽以降もチェルシーが試合を支配したが、最後までゴールが遠く結果はゴールレスドロー。0-0のまま、今月24日にエミレーツ・スタジアムで行われる2ndレグを迎えることになった。 2018.01.11 07:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース