シティがアーセナルを寄せ付けず3発快勝!! グアルディオラ政権下で初タイトル獲得!!《EFLカップ》2018.02.26 03:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日にウェンブリー・スタジアムでEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティが行われ、3-0でマンチェスター・シティがタイトルを獲得した。

▽準決勝でチェルシーを相手に2戦合計2-1で勝利したアーセナルと、ブリストルに2戦合計5-3で勝利したシティがカップ戦のタイトルを懸けた一戦に臨む。アーセナルはこの試合で[3-4-3]を採用。オスピナがゴールを守り、バックラインは右からチャンバース、ムスタフィ、コシエルニーの3バック。中盤4枚は右からベジェリン、ジャカ、ラムジー、モンレアルと並び、3トップはエジル、オーバメヤン、ラムジーが入った。

▽対するシティは[4-1-4-1]を採用。ブラーボがゴールを守りバックラインは右からダニーロ、オタメンディ、コンパニ、ウォーカー。中盤はアンカーにフェルナンジーニョが入り、2列目はザネ、ギュンドアン、シルバ、デ・ブライネ。最前線にアグエロが入った。

▽試合はシティがボールを持って攻め込む中、アーセナルはサイドの位置の選手がそれぞれ1列ずつ下がり[5-4]の2ラインを敷いて受ける。すると8分に最初のチャンスをアーセナルが作り出す。左サイドでボールを受けたウィルシャーが独力でボールを運び、ボールを受けたボックス右のラムジーが入れた折り返しにオーバメヤンが合わせる。しかしGKブラーボの正面にシュートが飛んでしまった。

▽その後もチャンスはアーセナルが多く作っていくが、18分に先制したのはシティ。自陣からのロングボールで、アグエロがムスタフィに対して先に身体を当ててバランスを崩させて前を向く。最後はGKの位置を冷静に見定めてループシュートを決めた。

▽追いかける展開となったアーセナルにアクシデントが発生しる。26分にモンレアルが負傷し、コラシナツを投入。貴重な交代カードを守備で切らざるを得なくなった。その後もアーセナルが相手陣内までボールを運ぶ回数こそ多いもののシュートまでは持って行けず。シティもカウンターで攻め込むが決定機はなく前半は終了した。

▽交代なしで迎えた後半、立ち上がりからシティが攻め込んでいくが51分にフェルナンジーニョが左足のハムストリングを負傷。プレー続行が不可能となりベルナルド・シウバと交代でピッチを去った。しかし57分、右CKのチャンスでシティは、デ・ブライネが入れたボールをボックス外のギュンドアンがシュート。コース上のコンパニが触って、ボールはネットを揺らし、シティがリードを広げた。

▽さらにシティは65分、ボックス左にこぼれたボールにいち早く反応したシルバが3点目を奪う。するとアーセナルは失点直後にチャンバースを下げてウェルベックを投入、73分にはラムジーに代えてイウォビを送り出すなど前線の枚数を増やしてしてゴールを目指す。しかし3点差と大きく突き放された影響か、精彩を欠いたプレーが目立ちチャンスが作れない。

▽試合終盤はシティが重心を下げたことでアーセナルが相手陣内まで攻め込むがやはりチャンスは作れずにゴールは遠い。そのまま試合終了のホイッスルが吹かれ勝利したシティがグアルディオラ政権下で初のタイトルを獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

レスターがPK戦でウルブスとのプレミア対決制す! 今季2度目先発の岡崎は消化不良の途中交代《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のウォルバーハンプトンvsレスター・シティが25日に行われ、0-0で90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-1で制したレスターの4回戦進出が決定した。なお、レスターFW岡崎慎司は61分までプレーした。 ▽前回ラウンドでフリートウッド・タウンを破って3回戦へと駒を進めたレスター。直近のハダースフィールド戦でリーグ戦の連敗をストップしたチームは、4回戦進出を懸けてウルブスとのプレミア勢対決に臨んだ。ハダースフィールド戦からは先発8人を変更し、リーグ戦で先発出場がない岡崎がフリートウッド戦以来のスタメンを飾った。 ▽ほぼ控えや若手で臨んだホームチームに対してヴァーディら一部主力を送り込んだアウェイのレスターが押し気味に試合を進める。立ち上がりの5分にはイボーラが抑えの利いたミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 ▽その後も岡崎やヴァーディの果敢なチェイシングで主導権を握るアウェイチームは岡崎のミドルシュートなどでフィニッシュに持ち込む。前半終了間際には岡崎の落としからオルブライトンが強烈なミドルシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれて前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も引き続き拮抗した展開に。56分には裏へ抜け出したカバレイロがボックス内でDFを振り切って右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。後半に入って少し流れが悪いレスターは61分、岡崎とヴァーディを下げてグレイとイヘアナチョの若手コンビにスイッチ。66分にはゲザルの左クロスからゴール右のオルブライトンに絶好機も、ここは相手GKラディの好守に阻まれた。 ▽後半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続くが、互いに最後の場面での精度を欠き集中した守備陣を共に崩せず、そして試合はゴールレスのまま90分の戦いを終えた。運命のPK戦では共に4人目まで2人ずつ失敗した中、先攻レスターのイボーラが成功したのに対し、後攻ウルブスはアダマ・トラオレが痛恨の失敗。そして、レスターの5人目のイヘアナチョが勝負を決めるPKをきっちり決め切った。ウルブスとのプレミア勢対決を制したレスターが4回戦進出を決めた。 2018.09.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード率いるダービーが敵地でユナイテッド撃破! GKロメロ退場のユナイテッドは土壇場で追いつくもジャイキリ許す…《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティとオールド・トラフォードで対戦し、2-2で90分間の戦いを終えた。しかし、その後行われたPK戦を7-8で終え、3回戦での敗退となった。 ▽直近のリーグ戦ではホームでウォルバーハンプトン相手に引き分けたユナイテッド。同じホームでバウンスバックが求められる今季EFLカップ初戦では、モウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子、フランク・ランパード新監督が率いるダービーと対戦した。モウリーニョ監督は教え子との一戦に向けてリンガード、ルカクを除く9人を変更。負傷明けのフィル・ジョーンズやエレーラに加え、新戦力のジオゴ・ダロト、マルシャルらが起用された。 ▽試合は開始直後にいきなり動く。3分、左サイドで縦に仕掛けたマルシャルがボックス付近で横パスを送ると、ルカクがスルーしたボールをリンガードがワンタッチでゴール右に走り込むマタに繋ぐと、最後はスペイン人MFが得意の左足のダイレクトシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽ユナイテッドらしからぬ複数人がイメージを共有する見事な崩しで先手を奪ったが、直後にはダービーの決定機。6分、左サイドのマウントから守備ラインを切り裂く斜めのスルーパスが出ると、これをゴール右でフリーのベネットがシュートするが、ここはGKロメロがビッグセーブで阻む。 ▽冷や汗をかいたユナイテッドだったが、ここから気持ちを引き締め直すと9分にマタ、12分にルカクと続けて2点目に迫る。その後はダービーの攻勢に遭い、やや中盤で落ち着かない展開が続くも果敢な仕掛けを見せたマルシャルの左サイドを起点に幾度もチャンスを創出。だが、ルカクが再三の決定機を逃すなど、前半のうちにリードを広げることはできなかった。 ▽迎えた後半、立ち上がりからダービーの攻勢に晒されたユナイテッドはGKロメロのこの試合2度目のビッグセーブでピンチを凌ぐも流れを掴めない。すると59分、ボックス手前で与えたFKをリバプールからレンタル加入中のハリー・ウィルソンに左足の見事なブレ球シュートで決められ、同点に追いつかれてしまう。 ▽この失点を受けてモウリーニョ監督は63分、リンガード、エレーラを下げてフェライニ、フレッジを同時投入する。しかし、直後の67分には裏へ抜け出したウィルソンのシュートをボックス外で手を使って阻んだGKロメロにレッドカードが掲示され、数的不利を背負うことに。この退場でマタを下げてユナイテッドデビューのベテランGKリー・グラントをピッチに送り込んだ。 ▽ここから試合は一進一退の攻防を見せるが、数的優位と勢いで勝るダービーが徐々に流れを掴んでいく。すると85分、波状攻撃からマウントが左足のミドルシュートを際どいコースに飛ばす。これはGKグラントがビッグセーブで阻むが、こぼれ球に反応した途中出場のマリオットが頭で押し込み、ついにダービーが試合を引っくり返す。 ▽格下相手にホームでの負けは許されないユナイテッドはフェライニとルカクのフィジカルを生かしたパワープレーで反撃を開始するが、完全に守りに入った相手守備を崩し切れない。それでも、諦めないホームチームは試合終了間際の95分、右サイドのジオゴ・ダロトが入れたクロスをフェライニが頭で合わせ、土壇場で劇的な同点ゴールを奪った。 ▽そして、2-2でタイムアップを迎えた一戦の勝敗の行方はPK戦に委ねられることに。ダービーの先攻でスタートしたPK戦は互いにキッカーが際どいコースに決め続け、共に7人連続で成功。しかし、8人目で先攻ダービーのキッカー、キーオが冷静に決めたのに対して、後攻ユナイテッドはフィル・ジョーンズの右を狙ったシュートがGKカーソンのセーブに遭い、ここで試合は決着。ランパード率いるダービーが恩師モウリーニョ率いるユナイテッド相手に敵地オールド・トラフォードでジャイアントキリングを達成した。 2018.09.26 06:32 Wed
twitterfacebook
thumb

王者シティがフォーデンの全ゴールに絡む活躍で連覇に向けて快勝発進《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード・ユナイテッドと敵地で対戦し、3-0で快勝した。 ▽直近のリーグ戦でカーディフ相手に5-0の快勝を収めてチャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を払拭したシティ。前回王者として臨んだ今季のEFLカップ初戦は3部所属のオックスフォードと対戦。グアルディオラ監督はこの一戦に向けてストーンズを除く10人を変更。トップデビューの19歳GKムリッチやディアス、フォーデンと3人の10代若手とコンパニ、オタメンディ、シルバとベテランを組み合わせたメンバー構成となった。 ▽ストーンズをアンカーに配し、マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、ディアスを3トップに並べた[4-3-3]の布陣でスタートしたシティは立ち上がりから相手を押し込む。開始10分にはフォーデンがファーストシュートを放つが、その後は引いてブロックを形成する相手の守備に苦戦。 ▽18分にはジンチェンコとディアスの連係から背後を狙うジェズスにパスが通り、そのままゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定。さらに25分にはボックス内のシルバ、31分にはマフレズのFKからコンパニに決定機もシュートミスや相手DFの好クリアに阻まれる。 ▽それでも、攻勢を続けるシティは若き力で相手ゴールをこじ開ける。36分、中盤の右サイドでボールを受けたフォーデンがボックス左へ走り込むディアスに絶妙なサイドチェンジ。ディアスが胸トラップから右足に持ち替えてシュートを放つと、相手DFに当たってファーにこぼれたボールをドフリーのジェズスが難なく頭で流し込んだ。そして、前半に相手の攻撃をシュート0に抑え込んだシティが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半もジェズスのヘディングシュートでいきなりゴールに迫るシティ。だが、55分には直前の接触プレーで痛めたディアスがプレー続行不可能となり、スターリングが緊急投入される。 ▽その後、シルバに代えてギュンドアンを投入しよりゲームコントロールを優先したシティだったが、ジェズスやフォーデンが追加点に迫っていく。すると78分、自陣を持ち上がったフォーデンが最終ライン裏を狙うマフレズに絶妙なフィードを通すと、マフレズが冷静に2試合連続ゴールを決め切って試合を決定付けた。 ▽殊勲のマフレズを下げてこれがトップチームデビューとなる17歳のスペイン人MFアドリアン・ベルナベを投入したシティは、試合終了間際にもスターリングのお膳立てからボックス左のフォーデンが見事な左足のシュートをファーポストに流し込み3点目を奪取。フォーデンが全ゴールに絡むなど若手躍動のシティが格下相手に3-0の快勝を収め、大会連覇に向けて最高のスタートを切った。 2018.09.26 06:13 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、EFLカップのリバプール戦で3選手が欠場へ…

▽チェルシーは26日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリバプールと対戦する。この試合を前にアシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏が最新のチームニュースを伝えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽前節、ウェストハムとのダービーをゴールレスで終え、開幕からの公式戦連勝がストップしたチェルシー。仕切り直しを図る今回のEFLカップ初戦では今週末にプレミアリーグでも対戦するリバプールとの連戦となる。 ▽25日にリバプール戦に向けた公式会見に出席したゾラ氏は3選手の欠場の可能性を伝えている。 「ルベン(・ロフタス=チーク)は注射による治療を受けており、依然としてリハビリ中だ。明日の試合に出場する可能性は限りなく低い。(ウェストハム戦で負傷交代した)リュディガーに関しても同様だ。ペドロに関してもよく回復しているが、明日の試合でプレーするのは難しい」 ▽また、元イタリア代表FWは前日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に参加したMFエデン・アザール、MFエンゴロ・カンテの起用の可否、さらに若手や控え選手の起用の有無に関しても語っている。 「我々は決定を下すためにもう1つのトレーニングセッションを持っているが、エデンはチームの一部に含まれるはずだ」 「我々には多くのプレーヤーたちがいる。プレシーズンでは思うように選手起用ができなかったこともあり、こういったゲームはここまでプレー機会の少ないクリステンセンやケイヒルといったプレーヤーに出場時間を与える良い機会になると思う」 「カラム(ハドソン=オドイ)はプレシーズンで本当に素晴らしかった。彼とイーサン・アンパドゥは最も感銘を与えたプレーヤーの1人だった。そして、彼らは明日の試合に向けてチーム内での競争に参加している」 ▽最後にゾラ氏はカップ戦といえども今回の一戦がクラブにとって重要なものであることを強調した。 「それは重要な試合だ。我々はチェルシー・フットボールクラブであり、すべての試合を勝ちに行く。我々は真剣にこのタイトルを獲りに行っている」 「プレミアリーグではないが、自分たちが何者であるかを示すためできる限りのプレーをするつもりだ。」 2018.09.26 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

多くの偶然で“生まれ故郷”でホームゲームに臨むデレ・アリ、「特別な経験になる」

▽トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリは26日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)3回戦、ワトフォード戦で特別な感情を抱えてプレーすることになる。 ▽今季から新本拠地トッテナム・ホットスパー・スタジアムでプレーする予定だったトッテナムだが、度重なる工期の遅れによって未だに新本拠地でプレーすることができず、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)は昨季に続いてウェンブリー・スタジアムを間借りしている状況だ。 ▽しかし、26日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)3回戦ではそのウェンブリーで別のイベントが入っており、使用不可に。この状況を受けてクラブは代替会場探しに奔走した結果、ロンドンの北西約80キロに位置するミルトン・キーンズのスタジアム:mkを借用することになった。 ▽このスタジアム変更を最も歓迎したのが、同地で生まれ育ちMKドンズでプロデビューを飾ったデレ・アリだ。同選手は2007年にMKドンズのアカデミーに加入し、2012-13シーズンに16歳でプロデビュー。そして、2015年夏にトッテナムに移籍するまで同スタジアムでプレーしてきた。 ▽そして、多くの偶然で“生まれ故郷”でホームゲームを戦うことになったデレ・アリはトッテナムの公式サイトで「夢のような出来事」と今回の思わぬアクシデントを喜んでいる。 「今回の噂(会場変更の可能性)を聞いた時にもしかしてここで(スタジアム:mk)でプレーできる可能性があるかもしれないと考えていたんだ。そして、できる限りそれが実現するように働きかけていたんだ」 「今回のことにとても興奮しているし、故郷に戻れることは特別な経験になると思うよ」 「今回の経験は仲間たちにも良い経験になると思う。僕がスパーズに来た時からみんなにこのスタジアムの素晴らしさを語ってきたから、みんなも喜ぶと思うよ。僕が生まれ育った本当に素晴らしいスタジアムと場所なんだ」 ▽また、デレ・アリはMKドンズ時代の思い出についても語っている。 「当時僕はサンデーリーグでプレーしていたんだけど、その時にドンズのスカウトから声をかけられてアカデミーに入ったんだ。確か10歳の時だったと思う」 「まずドンズのトップチームでプレーすることが目標だったけど、それが叶ったときは少し不思議な気分だったよ。僕はまだミルトン・キーンズで育った子供だったけど、トップチームの一員だったからね」 「あそこで自分の夢を叶えることができたけど、僕はクラブに対して十分な感謝を伝えることができていなかった。あそこは若いプレーヤーが成長するのに最高の場所だと思うし、彼らは本当によく助けてくれたんだ」 「クラブを去るときは本当に悲しかったけど、それは自分にとって必要な決断だったんだ。僕はトッテナムに行き、プレミアリーグでプレーする必要があったんだ。僕はそれ以来、過去を振り返っていないよ」 ▽最後にデレ・アリは今後に向けた意気込みを語っている。 「今まで話してきたように、ここまで最高の旅をしているよ。これ以上、良い場所でプレーすることはできなかったと思っているんだ。同時に感謝すべき多くの人たちがいるんだ。時間は本当に早く過ぎるね。自分が今、22歳だというのは信じられないよ。まだ17歳のときのような感覚だよ。何かを当然のように受け入れることはできないし、もっと成長し続ける必要があると理解している」 2018.09.26 00:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース