ニュージーランド代表、スイス人指揮官シュミット氏を新監督に招へい2018.02.24 21:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニュージーランドサッカー協会(NZF)は23日、スイス人指揮官のフリッツ・シュミット氏(58)の新監督就任を発表した。契約期間は2022年までの4年となる。

▽先日に2014年から代表監督を務めたアンソニー・ハドソン前監督が退任し、空位になっていたニュージーランド代表の新指揮官に任命されたのは、バーゼルやオーストリア代表でアシスタントコーチを務めた経験を持つシュミット氏となった。

▽また、シュミット氏は直近までマレーシアサッカー協会でテクニカル・ディレクターを務めていた。

▽なお、2022年のカタール・ワールドカップ出場を目指す新生オール・ホワイツの初陣は、来月にスペインで行われるカナダ代表戦となる。
コメント
関連ニュース
thumb

最後の1枠はペルーに決定! NZを2発撃破で9大会ぶり5度目の本大会出場《ロシアW杯大陸間プレーオフ》

▽16日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。 ▽南米予選5位のペルーと、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランドの一戦。1982年のスペイン大会以来となる9大会ぶりの出場を目指すペルーは、ドーピング検査に引っかかったキャプテンのゲレーロが出場停止。ロコモティフ・モスクワのファルファンが先発に名を連ね、ベンフィカのカリージョはベンチスタートとなった。対する、2010年の南アフリカ大会以来となる3度目の出場を目指すニュージーランドは、1stレグと同様にウェストハムのリードを先発起用。一方で、バーンリーのクリス・ウッドは、サブに控えた。 ▽ニュージーランドのホームで行われた1stレグをゴールレスドローで終えた両者。試合はホームのペルーがいきなりゴールを脅かす。3分、ボックス右手前でパスを受けたアドビンクラが中央に切れ込み、左足でシュートを放つ。しかし、これがクロスバーに直撃する。 ▽その後も攻勢を続けるペルー。すると28分、味方のパスに反応して左サイドを突破したクエバがボックス右外でタメを作り、ボックス左手前にパスを送る。ファルファンがワントラップから右足を振り抜いて、GKマリノビッチの頭上を射抜いた。 ▽先制に成功したペルーは41分、敵陣中央左でパスを受けたトラウコが左足で強烈なシュート。GKの手前でバウンドするボールがGKマリノビッチのパンチングを誘い、こぼれ球をファルファンが押し込んだが、GKマリノビッチが倒れながらも懸命なディフェンスを見せて追加点を許さない。 ▽後半に入ると、ペルーが追加点を奪取。65分、クエバの右CKがボックス中央に落ちて混戦に。これをC・ラモスが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードを2点差に広げたペルーはその後、ニュージーランドにサイド攻撃からゴールに迫られるが、最後のところでしっかりと寄せてシュートを枠に飛ばさせず、そのまま試合終了。2-0で勝利したペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。 2017.11.16 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

NZ代表に洗礼! 試合前夜にホテルの外で大量の花火が…

▽出場国の最後の1枠を懸けて大陸間プレーオフの2ndレグに臨むペルー代表とニュージーランド代表。出場が決まる一戦を前に、ニュージーランド代表に洗礼が待っていた。『ユーロスポルト』が報じた。 ▽1stレグをゴールレスドローで終えた両者。9大会ぶりの出場を目指すペルーと2大会ぶりの出場を目指すニュージーランドが対決する。 ▽2ndレグはペルーで開催されるが、試合前夜にニュージーランド代表が宿泊するホテルで騒動が。深夜3時30分にホテルの外で花火が打ち上げられ、選手たちの睡眠を妨害したようだ。 ▽共に出場を目指すロシア・ワールドカップ。サポーターの後押し?を受けたペルーは久々の本大会出場なるだろうか。 2017.11.16 11:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ゲレーロ不在のペルーがニュージーランドとゴールレスドロー《ロシアW杯大陸間プレーオフ》

▽11日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ1stレグ、ニュージーランド代表vsペルー代表が行われ、0-0で引き分けに終わった。 ▽オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランドと、南米予選で5位に入ったペルーの一戦。2010年の南アフリカ大会以来となる3度目の出場を目指すニュージーランドは、ウェストハムのウィンストン・リードを先発起用。一方で、バーンリーのクリス・ウッドは、ベンチスタートとなった。 ▽対する、1982年のスペイン大会以来となる9大会ぶりの出場を目指すペルーは、チームのエースかつキャプテンのパオロ・ゲレーロがドーピング検査に引っかかり出場停止。ロコモティフ・モスクワのジェフェルソン・ファルファンやベンフィカのアンドレ・カリージョが先発に名を連ねた。 ▽試合はアウェイのペルーがチャンスを作る。16分、右サイドでパスを受けたカリージョがクロス。ニアサイドのフローレスが頭で合わせたが、ボールはゴール左へと逸れた。 ▽対するニュージーランドは34分、デクラン・ウィンのパスを受けたトーマスが敵陣中央やや左からスルーパス。これに抜け出したバーバルーゼスがボックス左からシュートを放つもゴール右へと外れてしまう。 ▽ゴールレスのまま後半に入るとペルーが攻勢を強める。63分、右CKからボックス中央のコルソがヘディングシュート。しかし、これはGKマリノビッチがパンチングで防いでゴールを許さない。 ▽押し込まれる時間帯が続き、なかなかゴールを脅かすことができないニュージーランド。83分には後方からのロングフィードに反応したウッドが粘り、ボックス手前にこぼれたボールをバーバルーゼスが右足を振り抜いてゴールを狙ったが、わずかにゴール右へと外れた。 ▽ニュージーランドはさらに85分、ゴール前の混戦からボックス内のトーマスがシュートを放つ。しかし、これも決めきることができない。 ▽終盤には両者ともにボックス内への侵攻回数を増やしたものの、最後までゴールは生まれず試合終了。0-0のドローに終わり、両者は16日に2ndレグを迎える。 2017.11.11 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

クリス・ウッドらペルーとの大陸間POに臨むニュージーランド代表メンバーが発表!《ロシアW杯大陸間PO》

▽ニュージーランドサッカー協会(NZF)は5日、ペルー代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフに臨むニュージーランド代表23名を発表した。 ▽今回のメンバーには、ロシア・ワールドカップ(W杯)オセアニア予選で得点王に輝いた主将のFWクリス・ウッド(バーンリー)や日本代表MF小林祐希の同僚MFマルコ・ロハス(ヘーレンフェーン)、DFウィンストン・リード(ウェストハム)らが招集された。 ▽ロシアW杯オセアニア予選を制したニュージーランド代表は、11日にホームで、15日にアウェイでロシアW杯出場をかけてペルー代表と対戦する。今回発表されたニュージーランド代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ニュージーランド代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ステファン・マリノビッチ</span>(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ) <span style="font-weight:700;">マックス・クロコンブ</span>(サルフォード・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">グレン・モス</span>(ニューカッスル・ジェッツ/オーストラリア) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アンドリュー・デュランテ</span>(ウェリントン・フェニックス) <span style="font-weight:700;">デイン・インガム</span>(ブリスベーン・ロアー/オーストラリア) <span style="font-weight:700;">ストーム・ルー</span>(セントラルコースト・マリナーズ/オーストラリア) <span style="font-weight:700;">デクラン・ウィン</span>(ホワイトキャップスFC2/カナダ) <span style="font-weight:700;">キップ・コルヴェイ</span>(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ) <span style="font-weight:700;">マイケル・ボクスオール</span>(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ) <span style="font-weight:700;">セミストクリス・ツィモプーロス</span>(PASヨアニナ/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">トミー・スミス</span>(イプスウィッチ・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ウィンストン・リード</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マイケル・マッグリンチィ</span>(ウェリントン・フェニックス) <span style="font-weight:700;">ビル・トゥイロマ</span>(ポートランド・ティンバーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ライアン・トーマス</span>(ズウォレ/オランダ) <span style="font-weight:700;">マルコ・ロハス</span>(ヘーレンフェーン/オランダ) <span style="font-weight:700;">クレイトン・ルイス</span>(スカンソープ・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリス・ウッド</span>(バーンリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">モンティ・パターソン</span>(ドーチェスター・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ロリー・ファロン</span>(ホワイトキャップスFC2/カナダ) <span style="font-weight:700;">ジェレミー・ブロッキー</span>(スーパースポート・ユナイテッド/南アフリカ) <span style="font-weight:700;">シェイン・スメルツ</span>(ボルネオFC/インド) <span style="font-weight:700;">コスタ・バルバロウセス</span>(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア) 2017.11.05 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本 2-1 ニュージーランド《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は6日、豊田スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171006_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽日本採点 GK 1 川島永嗣 5.0 難しい枠内シュートはなかったが、ワンチャンスを決められる。終盤はファンブルやキックミスなど、やや冷静さを欠いた DF 19 酒井宏樹 6.0 攻守に安定感を見せ、冷静な折り返しで決勝点をアシスト 22 吉田麻也 5.0 前半同じプレミアで活躍するウッド相手によく戦ったが、後半は失点を許すなど、守備全体を締め切れず 20 槙野智章 5.0 ウッドの強さに苦戦し、1失点。ただ、バーバルーゼズのスピードにはきっちり付いていった 5 長友佑都 5.5 後半は惜しいシュートを放つなど、チャンスに絡んだが、失点場面での微妙な対応など MF 16 山口蛍 5.5 相手の重心が低かったこともあり、自陣や相手陣内低い位置で捌けるシーンがあったが、なかなか攻撃にスイッチを入れられず。ただ、PK誘発のシュートに的確な守備の切り替えと見せ場はあった (→6 遠藤航 -) 10 香川真司 5.5 立ち上がりから相手をうまく外してフィニッシュに持ち込むが、スリッピーなピッチに苦戦し、決定機を決めきれず (→17 小林祐希 6.5) 相手のプレッシャーをうまくかい潜り、緩急をつけた正確なパスで攻撃をオーガナイズ。惜しいシュートも放つなど、所属クラブの好調さを代表に持ち込んだ 2 井手口陽介 5.0 豊富な運動量を武器に攻守に多くのプレーに絡むも、やや質を欠いた。攻撃面では引いた相手に対して、飛び出すスペースがなく、崩しのシーンに顔を出せず (→7 倉田秋6.5) 短い出場時間の中で気迫のこもったダイビングヘッドで代表初ゴールを奪った FW 11 久保裕也 5.5 らしい仕掛けからクロスを上げる場面もあったが、なかなかフィニッシュに顔を出せず (→18 浅野拓磨 5.0) 一度鋭い仕掛けを見せたが、アピール不足の一戦に 15 大迫勇也 6.0 PKを冷静に決めて先制点を記録。前線での収まりやサイドに流れて引き出すプレーもまずまずだった (→13 杉本健勇 5.5) 仕掛けからのシュートにヘディングシュートとフィニッシュに顔を出したが、決め切れず 9 武藤嘉紀 5.5 持ち味の推進力を見せたが、引いて中央を固めた相手に対してもう少しアイデアがほしかった (→14 乾貴士 6.5) スペイン仕込みの鋭い仕掛けと冷静な判断で瞬く間に攻撃の起点に。決勝点を見事にお膳立て 監督 ハリルホジッチ 5.5 格下相手に辛勝も小林や倉田など、出場機会が少ない選手のアピールによってテストマッチの意義を見いだした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 小林祐希(日本) ▽決勝点を決めた倉田や、短い時間の中、攻撃面で違いを生んだ乾の活躍も見事だったが、失点直後のバタバタした流れを冷静なプレーで落ち着かせ、攻撃面でも良さを見せた小林をMOMに選出。 日本 2-1 ニュージーランド 【日本】 大迫勇也(後5[PK]) 倉田秋(後42) 【ニュージーランド】 ウッド(後14) 2017.10.06 21:16 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース