ビジャレアル、暴行・監禁で逮捕のDFルベン・セメドとの契約を一時凍結2018.02.24 03:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは23日、暴力事件で逮捕されたポルトガル人DFルベン・セメド(23)との雇用関係を一時凍結することを発表した。

▽スペイン『マルカ』によると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。

▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。これにより、“暴行”ではなく“殺人未遂”として起訴される可能性も。

▽このことを把握したビジャレアルは、推定無罪の理念を尊重するとしつつ、潔白が証明されるまでセメドとの雇用を凍結。その期間中は、給与の支払いも行われない。

▽セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、昨年11月にはクラブで口論になった相手に銃を脅しに使ったとして、逮捕されていた。既に超えてはいけないラインを越えていたが、今回の事件でさらに衆人の下で脚光を浴びるのが困難になっただろう。

▽昨年夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからビジャレアルに加入したセメドは、次代を担う逸材として期待されていたが、今シーズン序盤に負傷。公式戦5試合の出場に留まっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルがエバートンからアルゼンチン代表DFフネス・モリを獲得

▽ビジャレアルは、エバートンからアルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽リーベルプレートの下部組織出身のフネス・モリは、2011年にプロキャリアをスタート。リーベルプレートでは、在籍4シーズンで108試合に出場して10ゴールをマーク。2015の夏に加入したエバートンでは、加入初年度からレギュラーに定着すると、これまで在籍3年間で公式戦67試合に出場し、5ゴールを記録。 ▽しかし今シーズンは、シーズン前に昨年3月に負傷した半月板の再手術を行い、序盤から長期離脱。今年2月に戦列復帰したが、公式戦6試合の出場にとどまった。 ▽また、2015年から3月に初選出されたアルゼンチン代表では、これまで19試合に出場し1ゴールをマーク。現在開催されているロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表の候補メンバーに含まれていたが、最終メンバーには選出されていなかった。 2018.06.22 04:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがエスパニョールFWジェラール・モレノの買い戻しOPを行使、推定移籍金は約26億円

▽ビジャレアルは12日、エスパニョールのスペイン人FWジェラール・モレノ(26)の買い戻しオプションを行使したことを発表した。移籍金はスペイン『マルカ』によると2000万ユーロ(約26億円)で、契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。 ▽ビジャレアルでプロデビューしたジェラール・モレノは、2015年夏に保有権の50%を買い取ったエスパニョールへ完全移籍。エスパニョールで攻撃の主軸を担う同選手は、在籍3シーズンで公式戦118試合に出場し38ゴールを記録。2017-18シーズンはキャリアハイとなるリーガエスパニョーラで15ゴールをマークするなど、印象的なパフォーマンスを見せていた。 2018.06.13 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがカメルーン代表FWエカンビを獲得

▽ビジャレアルは7日、アンジェのカール・トコ・エカンビ(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、移籍金はフランス『レキップ』によれば2000万ユーロ(約25億9000万円)とのことだ。 ▽パリFCでキャリアをスタートさせたストライカーのエカンビは、ソショーから2016年夏にアンジェへ移籍。アンジェでは公式戦72試合に出場して25ゴール11アシストを記録。2017-18シーズンはリーグ・アンで37試合に出場して17ゴールを挙げ、得点力を開花させていた。 2018.06.08 05:53 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル退団のカソルラが古巣ビジャレアルのプレシーズン合流が決定! 「サンティ・カソルラはホームに帰ってくる」

▽ビジャレアルは5日、今季限りでアーセナル退団が決定した元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)がプレシーズンのトレーニングキャンプに参加することを発表した。 ▽2016年10月以降、計10回の手術を受け、戦線離脱が続くカソルラ。今月に入ってようやくチームの練習に合流を果たしたものの、今季中の復帰は叶わなかった。そして、クラブから新たな契約延長オファーが掲示されることなく今季限りでアーセナルを去ることになった。 ▽そして、現在フリーとなっているカソルラに救いの手を差し伸べたのは2011年まで在籍していたビジャレアルだった。 ▽ビジャレアルは5日、「サンティ・カソルラはホームに帰ってくる。彼は昨年11月28日に受けた右足アキレス腱の手術からのリハビリのため、7月9日から行われるビジャレアルのトップチームのプレシーズンキャンプに合流することになる」と声明を発表した。 ▽なお、現時点でカソルラとの契約に関する情報は出ていないが、先日にビジャレアルでアンバサダーを務めるマルコス・セナ氏は、「私は彼の移籍を確定させたいと思っている」と語っており、同選手のコンディション次第ではそのまま契約を結ぶ可能性が高いようだ。 ▽生まれ故郷のオビエドの下部組織を経て17歳のときにビジャレアルに加入したカソルラは、2003年にトップチームデビュー。その後、2006年にレクレアティーボに完全移籍するも、翌年に買い戻しオプションで復帰を果たした同選手は2011年にマラガに引き抜かれるまで合計7シーズンプレー。公式戦241試合に出場し、34ゴール35アシストの記録を残していた。 2018.06.05 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「場違いなコメントだった」...移籍示唆発言のC・ロナウドをデル・ボスケ氏が批判

元スペイン代表指揮官で、レアル・マドリーでも監督を務めたビセンテ・デル・ボスケ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドを批判した。<br><br>R・マドリーは今季のチャンピオンズリーグ決勝でリバプールを破り、3連覇を達成。だがエースのC・ロナウドが試合後、移籍を示唆する発言をして、話題を呼んでいる。<br><br>デル・ボスケ氏はC・ロナウドがあの場で退団を示唆するべきではなかったと考えている。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。<br><br>「クリスティアーノのコメントは場違いだった。だが、レアル・マドリーの優勝が輝きを失うわけではない」<br><br>「この5年間で、4回優勝しているんだ&hellip;&hellip;。(1998年から2002年までに)6年間で3回優勝した、あの頃を思い起こさせる」<br><br>一方、デル・ボスケ氏は母国のロシア・ワールドカップでの躍進を願った。<br><br>「1選手か2選手に関して、意見が分かれるかもしれない。控え目になる必要があるが、スペインは優勝候補だと言える。ヨーロッパの予選で素晴らしい戦いをしたからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.31 12:10 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース