新潟、ユース所属のDF岡本將成&MF五十嵐新を2種登録2018.02.23 18:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は23日、U-18所属のDF岡本將成(17)とMF五十嵐新(17)の2種登録を発表した。

▽ジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する岡本は、身長184㎝、体重79㎏のディフェンダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号35を着用する。

▽同じくジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する五十嵐は、身長180㎝、体重72㎏のミッドフィルダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号37を着用する。

コメント

関連ニュース

thumb

今津J2初弾&道渕プロ初弾&小塚“恩返し弾”2発で甲府が新潟に5発大勝! 《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節延期分、アルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府が20日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、5-1で甲府が勝利した。 ▽暫定14位の新潟(勝ち点24)が暫定13位の甲府(勝ち点24)をホームに迎えた同勝ち点対決。試合が開始すると、最序盤から大きく動く。2分、甲府ボールの右CKの場面でショートコーナーから佐藤がクロスを入れると、ボックス手前左の今津が右足でボレーシュートを放つ。これがゴール左を捉え、今津の記念すべきリーグ戦プロ初ゴールが先制点となった。 ▽さらに33分、新潟がポゼッションを握りつつもチャンスを作り切れずにいると、甲府に決定機が訪れる。左CKから新潟のボックス内に混戦がもたらされると、ボックス左でボールを拾った小塚のシュートが右ポストに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽直後の35分、またしても甲府がゴールに迫る。ボックス左でボールを持ったリンスが新潟DFのタイミングを外して中央にスルーパスを通すと、巧みな動き出しで抜け出した小塚がボックス内中央でフリーの状態に。そのまま右足で確実に沈め、古巣相手に2得点目を決め切った。 ▽そして42分、今度は右CKからニアサイドに飛び込んだリンスがヘディングシュートを決め、甲府が新潟に4-0でリードしたところで前半が終了。新潟は圧倒的ビハインドを背負って残りの45分間を戦うこととなった。 ▽折り返して迎えた後半、勝利を諦めない新潟が追い上げを見せる。48分、右サイドでボールを持った原が質の高いクロスを供給すると、ボックス内のターレスが高い打点のヘディングシュートを叩きつけるようにして放つ。勢いよくワンバウンドしたボールがネットを揺らし、点差を3点に縮めた。 ▽しかし、その後スコアが動かない時間が続くと、またしても流れが甲府に傾く。78分、途中出場の道渕がボックス手前中央で新潟DFを剥がして右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右隅を捉えてチームの5点目とした。道渕にとっては、これがプロ初ゴールとなっている。 ▽結局、スコアが5-1となったところで試合が終了。この結果、新潟はホームで手痛い大敗を喫して連敗ならず。対する甲府は直近のモンテディオ山形戦で喫した1-2での逆転敗北から立て直すことに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節日程・結果 ▽6/20(水) アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽6/2(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 4</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 愛媛FC 大宮アルディージャ 2-2 カマタマーレ讃岐 ジェフユナイテッド千葉 2-2 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 2-2 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 京都サンガF.C.</span> ▽6/3(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-0 ロアッソ熊本 横浜FC 2-2 東京ヴェルディ 2018.06.20 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟DFソン・ジュフンが左距骨下関節靭帯損傷で全治3週間

▽アルビレックス新潟は13日、DFソン・ジュフンの負傷について発表した。 ▽ソン・ジュフンは10日行われた明治安田生命J2リーグ第18節の東京ヴェルディ戦で負傷。診察の結果、左距骨下関節靭帯損傷の診断されたようだ。全治には3週間程度要するという。 ▽身長190cmを誇る大型センターバックのソン・ジュフンは、今季はここまで公式戦16試合に出場している。 2018.06.13 16:07 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟FWブルーノ・メネゲウが天皇杯で負傷…全治6週間の見込み

▽アルビレックス新潟は9日、FWブルーノ・メネゲウの負傷を発表した。 ▽ブルーノ・メネゲウは、6日に行われた天皇杯2回戦の高知ユナイテッドSC戦で負傷。左ハムストリングス肉離れで全治6週間の見込みだ。 ▽かつてセレッソ大阪にも所属した31歳のブルーノ・メネゲウは、今シーズンから新潟でプレー。明治安田生命J2リーグ1試合に出場している。 ▽新潟は10日に行われるJ2第18節で東京ヴェルディをホームに迎え撃つ。 2018.06.09 18:40 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟MFホニの去就問題にFIFAが介入…契約解除を認める

▽去就問題が揺れているアルビレックス新潟MFホニだが、国際サッカー連盟(FIFA)が契約解除を認めたようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽昨シーズン、クルゼイロから加入したホニは、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し7得点を記録していた。しかし、今冬にクルゼイロとボタフォゴとの間の移籍交渉に絡むとされ、新潟のキャンプに不参加。ブラジル復帰が濃厚とみられていたものの、3月30日に新潟が選手登録を行っていた。 ▽『グローボ』によると、互いの主張が食い違っているホニに対し、FIFAが他クラブとの交渉を認めたとのこと。ホニはコリンチャンスと3年契約での交渉をしていたが、今回の決定により移籍交渉を再開できるようだ。 ▽ホニの代理人であるセルヒオ・リベイロ氏は、ホニが度のクラブでもプレーできることを保証されたとのこと。しかし、この決定は暫定的なものであるという。 ▽また、2017年1月にクルゼイロから新潟へ移籍した際は、1年間のレンタル移籍だったとのこと。しかし、新潟は別の契約が3年間有効だと主張しているとのことだ。しかし、代理人はこの別の契約に関しては認めていないと主張している。 ▽代理人は、「ホニは1年間レンタルされ、このレンタル契約の延長は別の契約に依存していた。しかし、それは起こらなかった」と主張。さらに、「クルゼイロがボタフォゴと選手の契約交渉をするほど、ホニはクルゼイロとつながっていた」とし、「FIFAは全ての情報を認識している」と語っている。 ▽昨シーズン終了後から揺れたホニの去就問題。ついに、決着がつきそうだ。 2018.05.10 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

茂木ハットで仙台が横浜FMとの打ち合い制す! …FC東京は新潟に競り負け敗退確定《YBCルヴァンカップ》

▽9日、2018JリーグYBCルヴァンカップ グループAの第5節が開催。2位のベガルタ仙台(勝ち点5)が首位の横浜F・マリノス(勝ち点8)をユアテックスタジアム仙台に迎えた一戦では、4-2で仙台が勝利した。 ▽中盤での奪い合いが続く試合、13分に仙台にチャンスが訪れる。左サイドでボールを持った金久保が、ボックス左に侵攻。しかし、そのまま左足で放ったシュートはブロックに遭った。 ▽仙台が攻勢を保つと、31分にもボックス内のジャーメインがシュートを放つ。シュートは右のポストに当たりGK杉本に処理されたものの、徐々に攻勢を強めていく。 ▽すると35分に仙台が待望の瞬間を迎える。金久保が左サイドでボールを持ち、ボックス内に浮き球のパスを通す。梁勇基が落とすと、走り込んだ茂木が右足でダイレクトシュートを放ち、先制点奪取に成功した。 ▽それでも39分、今度は横浜FMがチャンスをものにする。ボックス左でユン・イルロクにチェックした仙台DFのがクリアミスを犯し、ボールはオリヴィエ・ブマルの下へ。オリヴィエ・ブマルが落ち着いて流し込み、あっという間にスコアはイーブンとした。 ▽しかし、前半終了間際の43分に右サイドの茂木がクロスを供給すると、GK杉本の身体に当たり、ボールはゴール方向へ。これがネットを揺らし、仙台が再びリードを奪ったところで前半が終了することとなった。 ▽後半に入っても、仙台の優勢が続く。7分、ボックス左に侵攻した永戸が、左足を振り抜いて枠を捉える。シュートはGK杉本にキャッチされたが、積極的に横浜FMゴールに襲いかかっていく。 ▽すると、62分にも仙台が横浜FMを突き放す。横浜FM陣内中央付近の遠い位置でFKを獲得すると、キッカーは茂木。思い切りよく放ったシュートの軌道が壁に当たって変わると、GK杉本の頭上を越えてゴールに吸い込まれる。この得点で茂木がハットトリックを達成し、スコアを3-1とした。 ▽流れを変えたい横浜FMは、68分にユン・イルロクに代えて遠藤を投入。すると70分、その遠藤が右サイドからグラウンダーのクロスを入れる。飛び込んだ途中出場のウーゴ・ヴィエイラが合わせ、点差を縮めた。 ▽しかし82分、仙台が横浜FMの追い上げムードを一蹴する。右サイドからのクロスを、ファーサイドのジャーメインが足元で収める。左足でニアに蹴り込み、チームの4点目とした。 ▽結局、4-2で仙台がリードして試合が終了。この結果、仙台は首位に躍り出た状態で最終節を迎えることに。対する横浜FMは、今節中のグループリーグ突破を逃すこととなった。 ▽また、デンカビッグスワンスタジアムで行われた最下位のアルビレックス新潟(勝ち点4)と3位のFC東京(勝ち点4)による同勝ち点対決では、3-2でホームの新潟が勝利した。 ▽10分、新潟に決定機が訪れる。CKの場面で、ボックス内の広瀬がヘディングシュートを放つ。しかし、こればバーに阻まれて得点とはならない。 ▽18分、FC東京が反撃に出る。ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーは久保。しかし、直接狙ったシュートはGK大谷にキャッチされてネットを揺らすことは叶わない。 ▽すると34分、新潟が先に結果を出す。CKの場面でボックス内に混戦が生まれると、反応した矢野が足を伸ばしてボールに触る。最後はボールがFC東京DFに当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽1点リードで迎えた後半にも、新潟が惜しいシーンを生み出す。63分、左サイドでボールを奪った渡邊基が、ボックス手前まで駆け上がりラストパスを供給。反応したブルーノ・メネゲウの強烈なシュートはGK大久保にキャッチされたが、FC東京ゴールを脅かしていった。 ▽それでも75分、FC東京が反撃の狼煙を上げる。ボックス手前右の品田がミドルシュートを放つと、ボールはバーに当たって跳ね返る。詰めていた途中出場の矢島が頭で押し込み、同点弾とした。 ▽さらに81分、途中出場の平岡がボックス手前からラストパスを供給。ボックス右の富樫がフリーの状態でシュートを放ち、あっという間の逆転弾とした。 ▽しかし、FC東京が逆転の歓喜に沸いたのも束の間、直後の84分に新潟が意地をみせる。CKキックの場面で高木がクロスを入れると、大武がヘディングシュート。これが決まり、スコアは再びイーブンに。 ▽そして、試合終了間際の91分、スピーディーな展開の中で途中出場の田中からパスを受けた川口が、落ち着いてシュートを放ち得点を決め切る。結局、新潟が再びリードを得たところで試合が終了することに。 ▽この結果、FC東京は最終節を残してグループリーグ敗退が確定。対する新潟は、自力突破の可能性を手繰り寄せることに成功した。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">仙台 4</span>-2 横浜FM 【仙台】 茂木駿佑(前35) 茂木駿佑(前43) 茂木駿佑(後17) ジャーメイン良(後37) 【横浜FM】 オリヴィエ・ブマル(前39) ウーゴ・ヴィエイラ(後25) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">新潟 3</span>-2 FC東京 【新潟】 矢野貴章(前34) 大武峻(後39) 川口尚紀(後46) 【FC東京】 矢島輝一(後30) 富樫敬真(後36) 2018.05.09 21:20 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース