サウサンプトンが日本代表DF吉田麻也の負傷を発表…全治約5週間の見込み2018.02.23 02:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は約5週間の離脱となるようだ。同クラブを率いるマウリシオ・ペジェグリーノ監督が、22日に行われた公式会見で語った内容をクラブの公式ツイッターが伝えている。▽吉田は、今シーズンのここまでプレミアリーグ18試合に出場。だが、第23節のワトフォード戦を境にプレーチャンスを得られておらず、17日に行われたFAカップ5回戦のWBA戦でベンチメンバーから外れていた。

▽その吉田は、18日に自身のツイッター(@MayaYoshida3)で「膝の怪我でしばし離脱します。やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですが更にパワーアップして帰ってきたいと思います!」と、負傷を報告していた。

▽なお、日本代表は3月中旬以降にルーマニア代表やアルジェリア代表と国際親善試合を行う欧州遠征を予定しているが、吉田の出場は絶望的となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

13試合ぶり勝利に貢献の吉田麻也、残したチーム最多のスタッツとは?英紙の評価もまずまず

サウサンプトンは16日にプレミアリーグ第17節でアーセナルと対戦し、3-2で勝利。英紙は、この試合で先発した吉田麻也を高評価している。<br><br>ラルフ・ハーゼンヒュットル監督就任後、初のホームゲームに臨んだサウサンプトン。2度リードを追いつかれる展開となったが、85分にチャーリー・オースティンが決勝点を挙げて3-2と競り勝った。<br><br>この試合に先発した吉田麻也は、決勝点の起点となるインターセプトやCKでのヘディングなど、見せ場を作った。『Opta』データによると、ポゼッション獲得はチーム最多の「8回」を記録し、インターセプト「3回」、クリア「6回」とチーム2位の回数を記録している。<br><br>30歳の日本代表DFを、英紙はまずまずの評価を下している。『デイリー・ミラー』は、「7」と採点。「(ピエール=エメリク)オーバメヤンをチェックするのに不可欠なペース。数本のパスミスがあった」と、得点ランク首位のアーセナルFWを抑えたことを評価。また、『スカイ・スポーツ』は「6」と採点している。<br><br>アーセナルの無敗記録を「22」で止め、第4節のクリスタル・パレス戦(2-0)以来、プレミアリーグ13試合ぶりに勝利を挙げたサウサンプトン。ハーゼンヒュットル体制で降格圏を脱出したセインツは、残留を達成することができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツがハッセンヒュッテル新体制で初となるリーグ13戦ぶり勝利! アーセナルは公式戦23戦ぶりの敗戦に…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、サウサンプトンvsアーセナルが16日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、ホームのサウサンプトンが3-2で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽公式戦22戦無敗を継続する5位のアーセナルと降格圏の19位に低迷するサウサンプトンによる一戦。前節、ハダースフィールドに辛勝したアーセナルだが、同試合で警告を受けたパパスタソプーロス、ムスタフィのセンターバックの主力2選手が共に累積警告で今節を欠場。これを受けてエメリ監督は3バックに今季プレミア初出場のコシエルニーに加え、本職ではないジャカとリヒトシュタイナーをスクランブル起用した。 ▽対するサウサンプトンはハッセンヒュッテル新監督の初陣となったカーディフ戦を0-1で落としてリーグ戦12試合未勝利と苦境が続く。そのカーディフ戦では先発2人を変更し、吉田が新体制で初先発を飾り、[3-4-2-1]の布陣に変更した。 ▽互いに[3-4-2-1]の布陣で臨んだ一戦はアウェイのアーセナルがボールを保持する展開が続く。開始6分にはグエンドウジのスルーパスに抜け出したオーバメヤンに最初の決定機もここはGKマッカーシーに阻まれる。 ▽一方、球際を強調しつつカウンターを主体に反撃を試みるサウサンプトンはアームストロング、レドモンドの前向きな仕掛けから幾つかチャンスを作ると、20分に先制点を奪う。左サイドの高い位置に張っていたターゲットがセンターバック2枚に対して駆け引きしたイングスにピンポイントクロスを供給すると、DFコシエルニーの背後を取ったイングスがヘディングシュートをニアに叩き込んだ。 ▽課題の前半にまたしても失点したアーセナルだが、自慢の攻撃陣がすぐさまスコアをタイに戻す。28分、左サイドで仕掛けたイウォビから短いパスを受けたモンレアルがマイナスにクロスを入れると、オーバメヤンがDFを引っ張って空けた後方のスペースに飛び込んだムヒタリアンが頭で合わせた。 ▽ここから一気にオープンな展開となった中、互いに2点目に迫る場面を増やしていく。すると、44分にはボックス手前右でボールを持ったレドモンドが浮き球のクロスを入れると、先制点と同様にうまくDFの間に入ったイングスが再びヘディングシュートを流し込み、ホームのサウサンプトンが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、アーセナルは前半終了間際に足を痛めたベジェリンをハーフタイムで下げて切り札のラカゼットをピッチに送り出す。この交代でシステムを[4-4-2]に変更し、2センターバックはコシエルニーとジャカが組む形になった。 ▽そして、立ち上がりからオーバメヤンが決定機に絡むなど前がかりな姿勢を見せたアーセナルは53分、相手陣内の高い位置でロメウからボールを奪ったラカゼットがペナルティアーク付近のムヒタリアンに繋ぐと、アルメニア代表のミドルシュートがゴール前のDFヴェステルゴーアに当たって大きくコースが変わり、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽イングス、ムヒタリアンが2ゴールずつを奪い合った白熱のゲームはその後も拮抗した展開が続く。その流れの中で両チームはレドモンド、リヒトシュタイナーが負傷交代を強いられる。さらにアーセナルはイウォビに代えて負傷明けのエジルを投入して攻勢を強めた。 ▽75分にはサウサンプトンに絶好機。右CKの場面でフリーの吉田が打点の高いヘディングシュートを放つが、これはGKレノのビッグセーブに遭う。このこぼれ球をロングが押し込むもオフサイドの判定となった。 ▽試合終盤にかけてはラカゼット、オーバメヤンを起点にアーセナルが押し込む時間が続くがホームチームも吉田やGKマッカーシーを中心に何とか耐える。すると85分、サウサウンプトンは中盤でのインターセプトから右サイドでフリーのロングにスルーパスが通ると、ボックス付近まで持ち込んだロングがボックス左へ走り込むオースティンへ浮き球のクロス。これをGKレノが被ってしまいオースティンに渡ると、落ち着いて無人のゴールへ頭で流し込んだ。 ▽その後、アーセナルの猛攻を耐え抜いたサウサンプトンがハッセンヒュッテル体制2戦目で待望のリーグ戦13試合ぶりの白星を手にした。一方、敗れたアーセナルは公式戦23試合ぶりの敗戦となった。 2018.12.17 00:37 Mon
twitterfacebook
thumb

「私は“アルプスのクロップ”ではない」サウサンプトン新指揮官がPLで名声を得たいと誓う

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル新監督は、新天地での躍進を誓った。<br><br>3日に成績不振を理由にマーク・ヒューズ前監督を解任したサウサンプトンは、5日にハーゼンヒュットル新監督の招へいを発表。ブンデスリーガのRBライプツィヒで名声を得たオーストリアの知将は、6日に初の会見に臨んだ。<br><br>「最初のターゲットは降格圏からの脱出だ」とサウサンプトンでの躍進を誓ったハーゼンヒュットル新監督は、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督とともにコーチングライセンスを取り、&ldquo;アルプスのクロップ&rdquo;とのニックネームで呼ばれている。<br><br>しかし、このニックネームについて「そんなに好きではない」と話し、クロップ監督について言及した。「非常に積極的なプレーを展開する彼のフットボールのファンだった。彼はこのフットボールでドイツに名を残した。これは私のスタイルに本当に大きな影響を与えた」<br><br>サウサンプトンには多くの問題があると語るもゆくゆくはクロップ監督のように成功したいと考えるハーゼンヒュットル新監督は、プレミアリーグでインパクトを残したいと意気込んだ。<br><br>「大きなチャレンジであるとともに、私のキャリアを考えれば論理的なことだ。目標はここプレミアリーグで私の名前を知らしめることだ。ライプツィヒから離れたとき、次のキャリアについて考えていた。そして、個人とフットボール感の成長を求めて新しい言語で、新しいチームの指揮を執りたいと思った。だからサウサンプトンに来る決断を下したんだ」<br><br>「ここでの挑戦を楽しみにしているし、恐れなどはない。昨年はファンタスティックなチャンピオンズリーグを戦ったが、今はルーツに戻ってきたような気分だ。簡単ではないが、人生において簡単なことを求めてなどいない。常にチャレンジを求めている」<br><br>ハーゼンヒュットル新監督は、8日のカーディフ・シティ戦で初陣を切る。<br><br>提供:goal.com 2018.12.07 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグで8年ぶりの珍事! 第15節で全チームが得点記録

▽12月4日と5日に行われたプレミアリーグ第15節で8年ぶりに全チームが得点を記録する珍事が起きた。『@OptaJoe』が伝えている。 ▽ヨーロッパ主要リーグの中でも打ち合い必至のオープンな展開が多いプレミアリーグだが、ここ数年はトップ6と下位チームの実力差や守備戦術の進歩によって、1節で全チームが得点を記録したのは2010年の11月27日、28日に行われた2010-11シーズンの第15節が最後だった。 ▽しかし、今節では未だ一桁失点を誇るマンチェスター・シティ、リバプールがワトフォード、バーンリーと格下相手に失点。また、1試合平均1得点以下のニューカッスルやクリスタル・パレス、ハダースフィールド、フルアムら下位チームがゴールを記録したことも、今回の珍事を起こす要因に。 ▽とりわけ、いずれも0-3のビハインドを負っていたカーディフ、サウサンプトンが後半アディショナルタイムに敵地で意地のゴールを記録したことが、大きな要因となった。 ◆プレミアリーグ第15節 ▽12/4(火) ボーンマス 2-1 ハダースフィールド ウェストハム 3-1 カーディフ ブライトン 3-1 クリスタル・パレス ワトフォード 1-2 マンチェスター・シティ ▽12/5(水) ウォルバーハンプトン 2-1 チェルシー エバートン 1-1 ニューカッスル フルアム 1-1 レスター・シティ バーンリー 1-3 リバプール マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アーセナル トッテナム 3-1 サウサンプトン 2018.12.06 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムがアーセナル戦を払拭する3発で吉田フル出場のセインツに快勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第15節、トッテナムvsサウサンプトンが5日に行われ、3-1でトッテナムが勝利した。セインツの吉田はフル出場を果たしている。 ▽前節のアーセナルとのノース・ロンドン・ダービーで今季リーグ戦4敗目を喫したトッテナム。チェルシー、インテルと続くビッグマッチ3連戦を勝利で締めくくることは出来なかった。その一戦から3日後のセインツ戦。スタメンにはトリッピアーが復帰し、そのほかウィンクスやソン・フンミン、ケイン、ルーカス・モウラらが先発に顔を揃えた。 ▽一方、サウサンプトンは先日、成績不振からヒューズ監督を解任。後任にライプツィヒで指揮を執ったラルフ・ハッセンヒュッテル氏を招へいした。暫定的にアシスタントコーチのケルビン・デイビス氏この試合では、吉田が公式戦5試合連続で先発出場。その他、好調アームストロングやワード=プラウズ、レドモンド、ガッビアディーニがスタメンに起用された。 ▽ボールを支配するトッテナムが幸先よく先制する。9分、左CKでショートコーナーを受けたエリクセンが左サイド深くからグラウンダーのクロスを送ると、これをマークを外したケインが押し込んでゴール。早くも試合を動かした。 ▽しかし、その後はしばらく膠着状態に。27分には、サウサンプトンがカウンターからチャンスを作ったが、相手に体をぶつけられたガッビアディーニのシュートに可能性はなかった。一方、トッテナムは29分と31分にケインとソン・フンミンが枠を捉えるシュートを放っていったが、GKマッカーシーの好セーブもあり、前半は1点のみのリードに。 ▽後半に入り、そのリードはすぐに広がった。51分、左CKの流れ弾がボックス右のルーカス・モウラの下へ。最初のシュートは相手にブロックされてしまうものの、そのこぼれ球を強引に打ったシュートがネットに突き刺さりリードを2点に広げた。 ▽さらにその4分後には、トリッピアーが高い位置でプレッシャーをかけてパスカットに成功すると、ボールはボックス右のケインの下へ。ケインはすぐにゴール前にクロスを送り、ソン・フンミンがこれを押し込んでフィニッシュ。試合を決定づける3点目を決めた。 ▽こうなるとなりふり構っていられないセインツはその後はどんどんゴールに迫るがネットを揺らすまでには至らない。だが、後半アディショナルタイムに、自陣右サイドにいたデイビスのロングボールに抜け出した途中出場のオースティンがGKとの一対一を制し1点を返す。 ▽しかし焼け石に水。快勝したトッテナムはアーセナル戦からの敗戦直後に白星を取り戻した。 2018.12.06 07:10 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース