「チームを変えた方がいい」デニス・ワイズ氏がユナイテッドのヤングスターに助言2018.02.22 15:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表MFデニス・ワイズ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにある助言を送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。▽現役時代はチェルシーでも活躍したワイズ氏。そのチェルシーが25日に行われるプレミアリーグ第28節のユナイテッド戦を控えていることを受け、同氏はユナイテッドについて言及。その中でも、現在2番手、3番手に甘んじているラッシュフォードにアドバイスを送っている。

▽ユナイテッドのアカデミー育ちであるラッシュフォードは2015-16シーズンのヨーロッパ・リーグのミッティラン戦でトップチーム初出場を果たすと、いきなり2ゴールを挙げ衝撃デビューを飾った。昨シーズンから本格的にトップチームに定着した同選手だが、途中出場が多く、今冬にチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入してからは、出場時間はさらに減っている。

▽そのような状況から、ワイズ氏は「ラッシュフォードはチームを変えた方がいい」と助言。以下のように続けている。

「ある段階で、彼がレギュラーを勝ち取ることが出来なかった場合、状況はより厳しいものになる。(ユナイテッドには)高いクオリティを持った選手がたくさんいる。(ロメル・)ルカクとポジションを奪い合うのは現実的ではない」

「ルカクが良いパフォーマンスを見せている訳ではないが、アレクシス・サンチェスも含めて、彼らは(ジョゼ・)モウリーニョが獲得した選手だ。問題はユナイテッドがラッシュフォードをどのポジションに起用するかだ」

「ラッシュフォードはプレー機会を求めているからどんなポジションだって受け入れる。だが、そのチャンスを生かすことが出来なければ、よりベンチに座っている時間は増えるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

最前線起用のアザールが1G1Aの活躍でチェルシーが辛勝《プレミアリーグ》

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第17節でブライトンとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節マンチェスター・シティ戦を2-0と勝利し、シティにリーグ戦初黒星を喫しさせた4位チェルシー(勝ち点34)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのヴィディ戦(2-2)は消化試合だったため、主力を温存。そのヴィディ戦のスタメンからウィリアン以外の10選手を変更した。 ▽13位ブライトン(勝ち点21)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したチェルシーは3トップに右からペドロ、アザール、ウィリアン、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにカンテとコバチッチを並べた。 ▽チェルシーがボールを持つ立ち上がりとなった中、6分にD・ルイスが直接FKで、15分にマルコス・アロンソがボックス左からシュートを浴びせ、圧力を強めていく。すると17分、チェルシーが先制点を奪いきった。アザールがボックス左で縦に仕掛けてグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドのペドロが押し込んだ。 ▽先制後もチェルシーが敵陣でボールを持つ中、33分にカウンターから加点する。ミスパスをカットしたウィリアンのパスを受けたアザールが独走。俊足を飛ばしてGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけてもチェルシーが押し込み続けると、41分には右CKからリュディガーが決定的なヘディングシュートを浴びせたがわずかに枠の左に外れ、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半もチェルシーが主導権を握る中、63分にボックス手前左から放ったマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートが右ポストを直撃。 ▽しかし66分、1点差に詰め寄られる。右サイドからのクロスボールをファーサイドのベルナルドにヘッドで折り返され、最後はマーチに左足で押し込まれた。 ▽1点差とされたチェルシーは終盤にかけて、アザールらを下げてフレッシュなジルーらを投入していく。86分にはマルコス・アロンソが最終ラインで相手選手に入れ替わられるピンチをファウルで止めてしまったが、イエローカードで助かった。 ▽結局、チェルシーが苦しみながらも逃げ切り。アザールの1ゴール1アシストでリーグ戦連勝としている。 2018.12.17 00:23 Mon
twitterfacebook
thumb

カンテはアンカーではないのか? ポジション問題に知将サッリ「私が正しい」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、フランス代表MFエンゴロ・カンテのポジションについて語った。<br><br>今シーズンからチェルシー指揮官に就任したサッリ監督は、愛弟子である新加入のジョルジーニョをアンカーに据えた[4-3-3]を常用。緻密なポジショニングを徹底したボールを動かすスタイルを採用しているため、システムの中心にはパスセンスに長けたジョルジーニョやセスクを起用している。<br><br>一方のカンテは、レスター・シティ時代や昨シーズンまでは守備的なセントラルMFの一角やアンカーとして起用されてきた。しかし、サッリ監督の下では、より攻撃面への関与が求められるインサイドハーフとしてプレー。プレミアリーグ第13節のトッテナム戦でチェルシーは、バイタルエリアを蹂躙されて1-3で惨敗したため、カンテのポジションについて一部で疑問視されているところだ。<br><br>この件について、サッリ監督は「ジョルジーニョと契約してセスク・ファブレガスのような選手がいるとき、我々は4-3-3でプレーするべきなんだ。私のスタイルで言えば、その4-3-3でアンカーを務めるのは非常にテクニカルな選手だ。ジョルジーニョの判断力は突出している」と語り、自身の攻撃的なフットボールを体現するために、アンカーには足下の技術に優れた選手が必要だと強調。以下のように続け、カンテは引き続きインサイドハーフで起用することを示唆した。<br><br>「ジョルジーニョはワンタッチかツータッチでボールをさばける。ファブレガスも技術的に素晴らしい。カンテは私のスタイルの場合、(より前へ出ていく)プレーをしなければならない」<br><br>「違う意見があることは理解しているよ。でも、私のフットボールのことを考えれば、みんなは『私(サッリ)が正しい』と言わなければならない」<br><br>チェルシーは、16日に行われるプレミアリーグ第17節で、ブライトン・ホーヴ・アルビオンとのアウェー戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.16 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、カラム・ウィルソンの今冬獲得に自信! 移籍金43億円

▽チェルシーが、ボーンマスに所属するイングランド代表FWカラム・ウィルソン(26)の今冬の獲得に自信を示している。イギリス『エクスプレス』の報道を基に、イギリス『メトロ』が報じた。 ▽ここまで、スペイン代表FWアルバロ・モラタが公式戦21試合7ゴール、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが18試合5ゴールと、チェルシーのストライカーは爆発力を示せていない。今冬の移籍市場でマウリツィオ・サッリ監督がそのポジションの補強を画策していることが報じられており、カラム・ウィルソンが候補に挙げられていた。 ▽カラム・ウィルソンは、2014年のボーンマス加入から5年目の今シーズン、ここまでで公式戦17試合9ゴール6アシストを記録。プレミアリーグ第16節終了時点で8位に割って入っているクラブの原動力として、注目を集めている。 ▽今回の報道によると、チェルシーはカラム・ウィルソンの獲得に自信を示しており、移籍金3000万ポンド(約43億円)の提示を計画。移籍金300万ポンド(現在のレートで約4億3000万円)で同選手をコベントリー(イングランド3部相当)から迎え入れていたボーンマスからしても、この提案は満足のいく額だという。 2018.12.15 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位・フルアム、守備改善へ…事実上戦力外通告のケイヒル獲得を希望か

▽フルアムが来年1月の移籍市場で、チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)の獲得を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン5年ぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムは、スラビシャ・ヨカノビッチ監督の下、復帰初年度をスタートしたが、第12節を終えた時点で1勝2分け9敗と最下位に沈む低調なパフォーマンスを続けていたことから解任。11月にクラウディオ・ラニエリ監督を招へいし、再スタートを切った。 ▽ラニエリ体制移行後は、1勝1分け2敗で19位・サウサンプトンと同じ勝ち点9で並び、最下位脱出が見えてきた。そのフルアムは今冬の移籍市場で、低迷の要因でもあった1試合平均約2.5失点の脆弱な守備改善に向けケイヒルの獲得に動く可能性があるようだ。 ▽昨シーズンチェルシーでキャプテンを務めたケイヒルだが、今シーズンはマウリツィオ・サッリ新体制の下、出場機会が激減。プレミアリーグでの出場はここまでわずか1試合にとどまっており、ベンチに入ることすらままならない日が続いている。 ▽そんな中、最近サッリ監督は、ケイヒルをリスペクトしていることを前置きしながら「彼はボックス内では最高だが、私は技術のある選手を欲している」と明言。事実上の戦力外通告を告げた。 ▽現在フルアムが完全移籍かレンタルでの獲得を望んでいるかは不透明の模様。同選手にはアーセナルやミラン、ウェストハム、サウサンプトンらが獲得に興味を示しているとされるが、フルアムは守備強化に向けてどのような動きを見せるのだろうか。 2018.12.15 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー安堵…サッリ、ヴィディ戦で負傷交代のモラタは「深刻ではない」

▽ヴィディ戦で負傷交代したチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、重傷ではないようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽チェルシーは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH最終節でヴィディと対戦。この日先発出場したモラタだったが、40分に右サイドからのクロスをニアサイドで合わせた際に左ヒザを負傷し、前半のうちに途中交代した。なお、試合は2-2の引き分けに終わっている。 ▽試合後、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、モラタの状態について「深刻ではない」と明かしている。 「医者による最初の印象では、そこまで悪くなく、深刻でもないようだ」 「とはいえ明日ケガの具合をチェックする必要がある。それまでは待たなければならない」 2018.12.14 11:25 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース