C大阪、FCソウルから獲得のMFオスマルが完全移籍ではなく期限付き移籍での加入に訂正2018.02.22 13:47 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セレッソ大阪は22日、21日にKリーグ1のFCソウルからの獲得を発表していたスペイン人MFオスマル(29)が完全移籍ではなく、期限付き移籍であると訂正している。なお、移籍期間については明かされていない。▽オスマルは、2007年にラシンでプロキャリアをスタートさせると、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)を経て、2014年からFCソウルでプレー。センターバックを主戦場としながら守備的MFもこなせ、2016年のKリーグクラッシックにおける年間ベストイレブン受賞した。

▽なお、C大阪にはブラジル人MFソウザやブラジル人FWリカルド・サントス、韓国代表FWヤン・ドンヒョン、同GKキム・ジンヒョン、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ、U-23タイ代表MFチャウワット・ヴィラチャードが所属しており、オスマルを選手登録するためには、「Jリーグ提携国」のタイ国籍であるチャウワットを除いた5選手のうち、1名の登録を抹消しなければならない。

▽C大阪は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。グループステージ2節を終えて1勝1分けと負けなしで、グループGの首位に立っている。なおC大阪の次戦は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスをホーム戦に迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪、FW澤上竜二と来季の契約更新

▽セレッソ大阪は16日、FW澤上竜二(25)と2019年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽2016年に大阪体育大学からC大阪に入団した澤上。プロ3年目の今季は右脛骨跳躍型疲労骨折で手術を受けたこともあり長期離脱を強いられた影響で、明治安田生命J1リーグでの出場は2試合のみとなった。同J3リーグのC大阪U-23では3試合に出場し1得点を記録した。 2018.12.16 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪新指揮官にロティーナ 2017年から東京Vを指揮

▽セレッソ大阪は14日、来シーズンの新指揮官として、ミゲル・アンヘル・ロティーナ氏(61)の招へいを発表した。 ▽C大阪は2017年から尹晶煥体制を発足。初年度にクラブ初タイトルとなるJリーグカップと天皇杯の2冠をもたらしたが、今年は明治安田生命J1リーグ7位にとどまり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもグループステージ敗退に終わり、シーズン終了後の退任が決定した。 ▽ロティーナ氏はリーガエスパニョーラの複数クラブを率いた後、2017年から東京ヴェルディの監督に就任。今シーズンは明治安田生命J2リーグ6位からJ1参入プレーオフ決定戦を勝ち上がったが、ジュビロ磐田に敗れ、退任が決まった。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「オラ!ブエノス・ディアス!私は、ミゲル・アンヘル・ロティーナです。全てのセレッソのサポーターの皆さんにメッセージを送らせていただきます。1ヶ月後の来年1月から私たちは、セレッソ大阪で始動します。チームを指揮することに、大きな責任を感じています。何故なら、私たちはセレッソの歴史を知っているからです」 「しかし同時に、良いシーズンにしたいという大きな希望と意欲も持っています。選手、スタッフ、サポーターの皆さん、セレッソに関わる全ての人にとって良いシーズンにしたいです。サポーターの皆さんが、チームの働きに誇りをもてるような1年にしたいです。大阪で会えることが楽しみです」 2018.12.14 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪MF沖野将基が秋田へ完全移籍「ユースから7年間ありがとうございました」

▽セレッソ大阪は7日、MF沖野将基(21)がブラウブリッツ秋田へ完全移籍することを発表した。 ▽C大阪下部組織出身の沖野は、2015年にトップチーム昇格。今シーズンはU-23チームの一員として明治安田生命J3リーグで23試合1ゴールを記録した。 ▽秋田への完全移籍が決定した沖野は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「ユースから7年間、ありがとうございました。セレッソ大阪に携わる全ての人に感謝しています。いつかまた皆様の前でプレーできるように頑張ります」 ◆ブラウブリッツ秋田 「J2昇格に貢献出来るように覚悟と責任を持って頑張ります。よろしくお願いいたします」 2018.12.07 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、元日本代表DF茂庭照幸と16年間一筋で在籍のDF酒本憲幸が契約満了

▽セレッソ大阪は5日、元日本代表DF茂庭照幸(37)、DF酒本憲幸(34)との契約満了に伴い、来シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽神奈川県出身の茂庭は、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)の下部組織で育ち、2000年にトップチームに昇格。その後、FC東京、C大阪を経て、2014年にタイのバンコク・グラスFCに渡ったが2015年からC大阪に復帰していた。日本代表でもプレーし、J1通算300試合に出場した大ベテランだが、今シーズンは度重なる負傷も影響して出場機会を得られないままクラブを去ることとなっている。 ▽和歌山県出身の酒本は、2003年に初芝橋本高校からC大阪に入団。以来、16年間を同じクラブで過ごすこととなった。しかし、今シーズンは公式戦1試合の出場に留まっている。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆DF茂庭照幸 「2010年に大阪に来てから8年が経ちました。1年間は皆さんがよくご存知のプレミアリーグ(笑)に挑戦しましたが、7シーズンもの長い間、常に感謝の気持ちを持って戦ってきました。今年で契約は満了になりますが、これからもセレッソ大阪に感謝の気持ちを持ち続けて、次のステップに突き進んでいきたいと思います。ありがとうございました」 ◆DF酒本憲幸 「この度契約満了によりセレッソから離れることになりました。まず、選手、スタッフ、チーム関係者、スポンサーの皆様、本当に長い間ありがとうございました! 感謝の気持ちでいっぱいです! 今振り返ると色々な事がありました」 「苦しかったり、辛かったり、うれしかったり、楽しかったり、今思い返してみても本当に幸せな時間だったなと感じています! 僕はセレッソを離れますが、いちファンとしてこのチーム、このクラブの成功をずっと願い、応援しています! セレッソ大阪でプレーできたのは僕の誇りです! 16年間ありがとうございました! 」 2018.12.05 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪がDF田中裕介の契約満了を発表…期限付き移籍のMFオスマルも退団

▽セレッソ大阪は4日、DF田中裕介(32)の契約満了とFCソウルから期限付き移籍加入していたスペイン人MFオスマル(30)の退団を発表した。 ▽田中は、横浜F・マリノスや川崎フロンターレ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズでプレーし、2015年7月にC大阪へ加入。J1で23試合、J2で42試合に出場し1得点を記録していた。今シーズンはJ1で5試合の出場にとどまっていた。 ▽オスマルは、FCソウルから2018年に期限付き移籍で加入。J1で17試合に出場し2得点を記録。また、C大阪U-23としてJ3で1試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF田中裕介 「2018シーズンをもってセレッソ大阪を離れる事になりました。2015年の夏。当時J2だったチームに加入してから今日まで自分が思い描いた以上の素晴らしい時間をここで過ごすことができました!J1昇格、ルヴァン杯優勝、天皇杯優勝、ACL出場と自分の目標も達成する事ができました」 「大阪という街も大好きになりましたし、セレッソ大阪でプレー出来たことは僕の財産になりました。ここで出会えた全ての方々に感謝しています!!!今年でセレッソからは離れますが、またいつか皆さんに会えるのを楽しみにしています。3年半本当にありがとうございました!!!」 ◆MFオスマル 「今シーズンは自分の思い描いていた通りの結果が出せませんでしたが、日本のセレッソ大阪でプレイが出来て幸せでしたし、良い経験が出来ました。いつも暖かい声援を下さったサポーターの皆さんには感謝しかありません。ありがとうございました」 2018.12.04 22:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース