川崎F、知念弾で一矢報いるも蔚山現代の2発に沈む…昨季J1王者が公式戦3連敗《ACL2018》2018.02.20 21:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第2節の蔚山現代vs川崎フロンターレが20日に行われ、川崎Fは1-2で敗れた。

▽ゼロックスのセレッソ大阪戦とACL初戦の上海上港戦(0-1)で敗れ、公式戦連敗スタートとなった川崎F。グループステージ突破のためにも勝ち点3が欲しい川崎Fは、前回の上海上港戦から先発メンバーを3人変更した。エウシーニョと中村に代えて守田と阿部を起用。前回大会の退場で初戦を欠場した車屋が登里と代わって左サイドバックに入った。

▽一方、初戦のメルボルン・ビクトリー戦を3-3のドローに終わった韓国FAカップ王者の蔚山現代は、今シーズンにサガン鳥栖から加入した豊田が前線に入った。

▽試合は互いに主導権を握ろうとする中、川崎Fは蔚山現代のサイド攻撃に冷静に対応。川崎Fは15分、敵陣中央やや左からの大島の縦パスを受けた小林がボックス手前やや左から右足を振り抜く。しかし、これはゴール左外へと外れた。

▽川崎Fは直後、蔚山現代のキム・チャンスのアーリークロスを豊田にゴール前左で合わせられたが、わずかにゴール左へと外れて難を逃れる。21分にも一本のパスがゴール前右の豊田に渡ったが、谷口が体を張って防ぐ。

▽押し込まれる時間帯が続いた川崎Fは29分、大島のパスをボックス左手前で受けた家長がカットインから左足シュート。しかし、これが左ポストに嫌われてしまい、先制点とはならない。

▽その後、ボールを保持するもなかなかボックス内に侵攻できない川崎F。すると42分、蔚山現代にボックス左での混戦で粘られる。オルシッチ落としを最後はボックス左手前のチョン・ジェヨンに右足で丁寧に合わせられ、ゴール左隅へと突き刺された。

▽後半、川崎Fは攻勢を強めたいものの、蔚山現代の激しい当たりに苦しめられる。流れを掴み切れないでいると66分、谷口が最終ラインでボールを奪われてシュートまで持ち込まれる。ここはGKチョン・ソンリョンが防いだものの、こぼれ球を拾われて最後はオルシッチの落としをイ・ヨンジェにボックス手前からゴール右上隅へと豪快に決められて追加点を許してしまう。

▽突き放された川崎Fは71分に大久保に代えて知念を投入。しかし、ボックス付近でのパスワークが噛み合わずシュートチャンスを作ることが出来ない。それでも85分、ボックス左手前でパスを受けた登里がゴール前にクロスを入れると、知念が頭で合わせてゴール右へと流し込んだ。しかし、反撃はここまで。川崎Fは1-2で敗れ、公式戦3連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

「君が点を取れるようになったら怖すぎる」中村憲剛、今季初弾の10番にエール

▽川崎フロンターレに所属する元日本代表MF中村憲剛が、清水エスパルス戦で決勝ゴールを記録した日本代表MF大島僚太に期待を込めたエールを送っている。 ▽川崎Fは11日、明治安田生命J1リーグ第21節で清水とIAI日本平スタジアムで対戦。1-1で迎えた64分、大島はMF阿部浩之がボックス内やや右のFW小林悠へパスを入れたのを見ると、ペナルティーアークまで走り込み、落としのパスを呼び込んで最後は右足ダイレクトでゴール右上へと突き刺した。大島の今シーズン初ゴールが決勝点となり、川崎Fが2-1で勝利した。 ▽試合後、中村憲剛はツイッターを更新(@kengo19801031)。笑顔の大島の写真と共に以下のようにエールを送っている。 「逆転勝利!! 応援ありがとうございました!! 次は中3日ですが等々力で勝ちましょう!! #リョータ #やっと今季初ゴール #君が点が取れるようになったら #怖すぎる #なのでもっと取ってね」 ▽川崎Fは次節サガン鳥栖と対戦。今シーズン初ゴールを「遅すぎた」と語った大島は、ここからどんな活躍を見せてくれるだろうか。 2018.08.12 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯の鬱憤をついに! 大島僚太の連勝に導く今季初弾で川崎Fが清水に逆転勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節清水エスパルスvs川崎フロンターレが11日にIAI日本平スタジアムで行われ、2-1で川崎Fが勝利している。 ▽ここまで8勝8分け8敗で10位につける清水(勝ち点27/1試合未消化)と、11勝3分け5敗で3位に位置する川崎F(勝ち点36/1試合未消化)の一戦。前節の鹿島アントラーズ戦を0-1で敗れて、連勝が3でストップした清水はその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。石毛に代えてミッチェル・デュークを起用した。 ▽一方、前節の横浜F・マリノスとの神川ダービーを2-0で制して、首位追走へ再び走り出した川崎Fは、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 ▽中断明け4試合で3勝1敗と好調の両者による試合は、開始直後にアウェイの川崎Fがいきなり清水ゴールに襲い掛かる。1分、大島からの縦パスをハーフウェイライン中央手前で受けると、中村がダイレクトでスルーパス。これに抜け出した小林がボックス内に侵攻し、GKと一対一になるが、ループ気味に打とうとしたシュートは失敗に終わってしまう。 ▽開始早々に危ない場面を迎えた清水はここから攻勢に転じる。5分、ファン・ソッコの縦パスをドウグラスが落とし、ボックス手前から金子が左足で強烈なシュート。ここは枠を捉えることができなかったが、直後の6分に先制点を奪う。北川のパスを受けたミッチェル・デュークが左サイドからクロスを入れると、ボックス内のドウグラスがワントラップで相手DFの逆を突き、左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。 ▽先制点を奪われた川崎Fは、その後巧みなパスワークでボックス付近からチャンスを探る。19分には守田、家長とつなぎ、中村がボックス手前から強烈なミドルシュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れた。 ▽前半半ばが経過しても攻勢を続ける川崎Fは29分、登里が阿部とのパス交換でボックス左に侵攻してクロス。ファーサイドで家長が頭で合わせるも、これはゴールの上を通過した。それでも32分、左サイドの登里から守田、中村とつないで右サイドに展開すると、エウシーニョがゴール前へクロス。これを中央の小林が頭でゴール左へ押し込んだ。 ▽同点に追いつかれた清水は前半終盤にアクシデント。40分、川崎Fの守田と競り合ったドウグラスが顔を抑えてピッチに転倒。立ち上がりはしたが、ふらついたドウグラスはスタッフに支えられてピッチの外へ。そのまま石毛と交代した。 ▽1-1で試合を折り返すと、後半まずチャンスを作ったのは川崎F。49分、ボックス左手前でのパス回しから家長のクロスを受けた小林がシュートを放つも、ゴール右へと外れた。対する清水は50分、石毛のスルーパスに北川が抜け出して、ボックス手前からシュートを放つもこれは枠を捉えることができない。 ▽次の1点を求めて両者の攻防が激しくなる中、川崎Fが逆転に成功する。64分、ボックス左手前でボールを持った阿部が機を見てボックス内へ鋭いパス。これを小林が落とすと、ボックス手前に走り込んでいた大島が右足ダイレクトで合わせてゴール右上へと蹴り込んだ。 ▽10番の今シーズン初ゴールで2-1と逆転に成功した川崎F。しかし、ここから清水のサイド攻撃に苦しめられる時間帯が続く。 ▽なんとか耐える川崎Fは時間の経過とともにボールを保持して試合を締めにかかる。途中出場の鈴木の体を張ったキープなどが光り、2-1で試合をクローズ。小林、大島のゴールで逆転勝利を収めた川崎Fが連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎F、2020年加入内定の東京五輪世代MF三笘薫&FW旗手怜央の特別指定選手承認を発表

▽川崎フロンターレは10日、2020シーズン加入が内定している筑波大学のMF三笘薫(21)と順天堂大学のFW旗手怜央(20)がJリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。三笘は背番号「34」、旗手は「35」を着用する。 ▽神奈川県川崎市出身の三笘は、U-10のカテゴリーから川崎Fの下部組織に所属。筑波大学進学後、5月にはトゥーロン国際大会に臨んだU-21日本代表としてもプレーしていた。 ▽三重県出身の旗手は、静岡学園高校卒業後に順天堂大学に進学。1月には、U-23アジア選手権に参加したU-21日本代表のメンバーにも名を連ねた、ドリブルが特徴のストライカーだ。 ▽特別指定選手として登録されることが決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MF三笘薫 「この度、川崎フロンターレの特別指定選手として登録されることとなり、大変嬉しく思います。フロンターレの勝利に貢献できるよう日々精進していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆FW旗手怜央 「特別指定選手という形で川崎フロンターレの一員になることを大変嬉しく思っています。この貴重な経験を通して、一日でも早くピッチに立ち、フロンターレの勝利に貢献できるように頑張ります。また順天堂大学でも結果を残せるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.08.10 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

台風で中止となったJ1第18節湘南vs川崎の代替日程が決定!

▽Jリーグは6日、台風12号の影響により中止となっていた2018明治安田生命J1リーグ第18節、湘南ベルマーレvs川崎フロンターレの代替日程を発表した。 ▽当初、同試合は7月28日(土)にShonan BMWスタジアム平塚で19:00キックオフの予定だったが、台風12号の影響により試合前の段階で中止となっていた。 ▽そして、今回発表された代替日程では9月26日(水)にShonan BMWスタジアム平塚で19:30キックオフとなることが決まった。 ▽なお、8月22日(水)に開催予定の天皇杯ラウンド16の同カードの試合が延期になった場合、9月26日(水)に天皇杯が開催となる。その場合は、10月3日(水)にShonan BMW スタジアム平塚で19:30キックオフでの開催となる。 ▽チケットの取り扱いについて湘南ベルマーレ公式サイトなどで対応している。 2018.08.06 15:32 Mon
twitterfacebook
thumb

小林、前節不発払しょくの2発! 齋藤学投入の川崎Fが節目の神奈川ダービー制す!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノスが5日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで10勝3分け5敗で3位に位置する川崎F(勝ち点33/1試合未消化)と、5勝5分け8敗(1試合未消化)で13位につける横浜FM(勝ち点20/1試合未消化)の一戦。前節の浦和レッズ戦を0-2で敗れて連勝が「4」でストップした川崎Fは、その一戦から先発メンバーを2人変更した。奈良と長谷川に代えて、登里と阿部を起用した。阿部がワントップに入り、注目の齋藤はベンチスタートとなった。 ▽一方、中断期間明け以降、第16節のベガルタ仙台に8-2で大勝するも、第17節のFC東京戦を2-5、第19節のサンフレッチェ広島戦を1-4で大敗し、不安定な状況が続く横浜FM。この一戦に向けては前節の広島戦から先発メンバーを3人変更した。山中、扇原、ウーゴ・ヴィエイラに代えてイッペイ・シノヅカ、大津、伊藤を起用した。 ▽今回で第30回目を迎えた両者の神奈川ダービー。通算成績12勝5分け12敗と互角の一戦は、特別ユニ「2018リミテッドユニフォーム」を着用する川崎Fが序盤からボールを保持して敵陣へと攻め入る。14分、登里からパスを受けた中村が縦へとスルーパス。ボックス左に抜け出した大島が折り返すと、走り込んだ小林がダイレクトで右足を合わせるも、枠を大きく外してしまう。 ▽その後はポゼッションを高めて攻撃を組み立てようとする川崎Fに対して、横浜FMは両サイドを使って素早く攻撃を展開。そんな中、なかなか中央をこじ開けることができない川崎Fが個人技で打開を図る。28分、ボックス右外でボールを持った家長が、キープからの股抜きでイッペイ・シノヅカを、キックフェイントで遠藤をかわしてボックス内に侵攻。最後は左足を振り抜いてゴールを狙ったが、わずかにゴールの上へと逸れて先制点とはならない。 ▽それでも攻勢を続ける川崎Fは34分、中盤でボールを受けた守田が敵陣中央からボックス左へスルーパス。走り込んだ家長が中央へ折り返し、最後は小林が落ち着いて押し込んで、川崎Fが先制に成功する。 ▽エースのゴールで先制した川崎Fは38分、エウシーニョのパスにボックス右へと抜け出した家長がクロス。ボックス左に走り込んだ阿部が左足を合わせるも、ここはGK飯倉が立ちはだかった。その後も川崎Fがチャンスを作り続けたが、追加点は生まれず。1-0の川崎Fリードで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、横浜FMがロングボールも織り交ぜて積極的に川崎F陣内への侵攻を図り始める。しかし、流れを失いたくない川崎Fは56分、守田のパスを受けた大島が強烈なミドルシュートで横浜FMを脅かす。 ▽すると71分、川崎Fに追加点。敵陣中央やや左でボールを持った中村が一瞬のスキを突いてボックス手前にスルーパス。これを受けた小林がボックス内に侵攻し、GK飯倉との一対一を落ち着いて決めきった。 ▽2-0とリードを広げた川崎Fは85分、阿部に代えて今シーズン横浜FMから加入した齋藤を投入。等々力は大歓声に包まれた。これに呼応するように川崎Fは88分に小林が左足でシュートを放ち、ハットトリックを目指すも、これは右ポストに直撃する。 ▽それでも最後まで川崎Fが2点のリードを守り切り試合終了。前節不発だった小林の2ゴールで川崎Fが勝利。一方の横浜FMはこれで3連敗となった。 2018.08.05 20:56 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース