川崎F、知念弾で一矢報いるも蔚山現代の2発に沈む…昨季J1王者が公式戦3連敗《ACL2018》2018.02.20 21:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第2節の蔚山現代vs川崎フロンターレが20日に行われ、川崎Fは1-2で敗れた。

▽ゼロックスのセレッソ大阪戦とACL初戦の上海上港戦(0-1)で敗れ、公式戦連敗スタートとなった川崎F。グループステージ突破のためにも勝ち点3が欲しい川崎Fは、前回の上海上港戦から先発メンバーを3人変更した。エウシーニョと中村に代えて守田と阿部を起用。前回大会の退場で初戦を欠場した車屋が登里と代わって左サイドバックに入った。

▽一方、初戦のメルボルン・ビクトリー戦を3-3のドローに終わった韓国FAカップ王者の蔚山現代は、今シーズンにサガン鳥栖から加入した豊田が前線に入った。

▽試合は互いに主導権を握ろうとする中、川崎Fは蔚山現代のサイド攻撃に冷静に対応。川崎Fは15分、敵陣中央やや左からの大島の縦パスを受けた小林がボックス手前やや左から右足を振り抜く。しかし、これはゴール左外へと外れた。

▽川崎Fは直後、蔚山現代のキム・チャンスのアーリークロスを豊田にゴール前左で合わせられたが、わずかにゴール左へと外れて難を逃れる。21分にも一本のパスがゴール前右の豊田に渡ったが、谷口が体を張って防ぐ。

▽押し込まれる時間帯が続いた川崎Fは29分、大島のパスをボックス左手前で受けた家長がカットインから左足シュート。しかし、これが左ポストに嫌われてしまい、先制点とはならない。

▽その後、ボールを保持するもなかなかボックス内に侵攻できない川崎F。すると42分、蔚山現代にボックス左での混戦で粘られる。オルシッチ落としを最後はボックス左手前のチョン・ジェヨンに右足で丁寧に合わせられ、ゴール左隅へと突き刺された。

▽後半、川崎Fは攻勢を強めたいものの、蔚山現代の激しい当たりに苦しめられる。流れを掴み切れないでいると66分、谷口が最終ラインでボールを奪われてシュートまで持ち込まれる。ここはGKチョン・ソンリョンが防いだものの、こぼれ球を拾われて最後はオルシッチの落としをイ・ヨンジェにボックス手前からゴール右上隅へと豪快に決められて追加点を許してしまう。

▽突き放された川崎Fは71分に大久保に代えて知念を投入。しかし、ボックス付近でのパスワークが噛み合わずシュートチャンスを作ることが出来ない。それでも85分、ボックス左手前でパスを受けた登里がゴール前にクロスを入れると、知念が頭で合わせてゴール右へと流し込んだ。しかし、反撃はここまで。川崎Fは1-2で敗れ、公式戦3連敗を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

「フェルナンジーニョの完璧な後継者になる可能性」…海外メディアがシティ経由蘭行きの板倉滉に注目

『FOXスポーツ』がU-22日本代表DF板倉滉(21)の才能を高く評価している。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。 仙台でクラブ初の天皇杯決勝進出、U-21日本代表ではAFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される板倉は、15日にマンチェスター・シティへの完全移籍が決定。同日にはフローニンヘンへのレンタル移籍が発表された。 『FOXスポーツ』は、板倉を「センターバックもそつなくこなす守備的ミッドフィルダー」と紹介。現在シティが長きに渡ってブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しに苦戦していることを指摘し、板倉がオランダで成功を収めることができれば、フェルナンジーニョの「完璧な後継者になるかもしれない」とポテンシャルを高く評価している。 フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は最近、板倉を「中盤で起用することを考えている」とコメント。シティ復帰は厳しい道のりだが、東京五輪での成功や日本代表を目指す板倉にとって大きな挑戦になりそうだ。 2019.01.16 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「またいつの日か等々力で」川崎F、DF板倉滉のシティ移籍を正式発表! 今季はフローニンヘンでプレー

川崎フロンターレは15日、DF板倉滉(21)がマンチェスター・シティに完全移籍することを発表した。 また、14日にフローニンヘンが同選手のレンタルでの獲得を発表。イギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決定している。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 シティへの完全移籍が決定した板倉は、川崎Fの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、プレミアリーグのマンチェスター・シティFC(Manchester City Football Club)に完全移籍することになりました」 「今回の移籍に際して、快く送り出していただきました川崎フロンターレの関係者の皆様に感謝いたします。人生の半分以上をフロンターレで過ごし、サッカーはもちろん、人としてもたくさんのことを学ぶことが出来ました!僕に関わってくれた方々、応援してくれた方々には本当に感謝しています!フロンターレでの出会い、経験は僕の宝物です。なかなか等々力で活躍した姿を見せることが出来ず悔しい思いもありますが、さらに成長して、またいつの日か等々力でプレー出来れば幸せです! 本当にフロンターレが大好きです!」 「昨年プレーさせていただいたベガルタ仙台では、プロになり初めてコンスタントに試合に出場することができ、たくさんの熱い声援をいただくなかプロサッカー選手としてもっともっと成長したい!という気持ちがより一層高まりました。仙台での1年間は最高の経験でした、忘れません!」 「初めての海外でのプレーなので、色々あると思います。厳しい環境に身を置いて、がむしゃらに突き進んで行きたいと思っていますので引き続き応援よろしくお願いいたします」 2019.01.15 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表MF板倉滉がマンチェスター・シティに完全移籍! 堂安所属のフローニンヘンに即レンタル

フローニンヘンは14日、マンチェスター・シティからU-22日本代表MF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半となる。 なお、板倉は15日にオランダに到着し、メディカルチェックを受診した後、正式にフローニンヘンの一員となる。 現時点で川崎フロンターレとマンチェスター・シティの両クラブから公式なアナウンスはないが、同選手はシティに完全移籍で加入してもイギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決まったようだ。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられ、川崎は14日に2019シーズンの選手背番号を発表する際に板倉が国外移籍に向けて調整中であることを明かしていた。 なお、フローニンヘンでは日本代表の世代別チームで長らく共演してきた日本代表MF堂安律が在籍しており、新クラブへの適応に不安はないはずだ。 2019.01.15 06:53 Tue
twitterfacebook
thumb

3連覇へ川崎Fが選手背番号を発表! 齋藤学&守田英正が番号変更、板倉滉は海外移籍調整中

川崎フロンターレは14日、2019シーズンの選手背番号を発表した。 2018シーズンは、明治安田生命J1リーグを連覇した川崎F。2019シーズンに向けては、21選手が契約合意。また、3連覇に向けて元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(インテルナシオナル)やMF山村和也(セレッソ大阪)らを補強した。 新加入選手の背番号は、レアンドロ・ダミアンが「9」、DFジョジエウが「4」、DFマギーニョが「26」、MF山村和也が「34」、DF馬渡和彰が「17」、MF原田虹輝が「31」、GK藤嶋栄介が「23」を着用する。 また、MF齋藤学が「37」から「19」に変更。日本代表MF守田英正が「25」から「6」に、GK新井章太が「30」から「21」に、MF田中碧が「32」から「25」に、FW宮代大聖が「33」から「30」へ変更となった。 なお、2018シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍していたDF板倉滉は海外クラブへの移籍を前提に調整をしているとのことだ。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.チョン・ソンリョン 21.新井章太※背番号変更「30」 23.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">藤嶋栄介</span>☆←(レノファ山口FC)※期限付き移籍 24.安藤駿介 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.登里享平 3.奈良竜樹 4.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">ジェジエウ</span>☆←(アトレチコ・ミネイロ/ブラジル)※期限付き移籍 5.谷口彰悟 7.車屋紳太郎 17.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">馬渡和彰</span>☆←(サンフレッチェ広島)※完全移籍 26.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">マギーニョ</span>☆←(ヴィラ・ノヴァ/ブラジル)※完全移籍 29.舞行龍ジェームズ <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.守田英正※背番号変更「25」 8.阿部浩之 10.大島僚太 14.中村憲剛 16.長谷川竜也 19.齋藤学※背番号変更「37」 22.下田北斗 25.田中碧※背番号変更「32」 27.鈴木雄斗 28.脇坂泰斗 30.宮代大聖※背番号変更「33」 31.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">原田虹輝</span>☆←(昌平高校)※新加入 34.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">山村和也</span>☆←(セレッソ大阪)※完全移籍 41.家長昭博 44.カイオ・セザール <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">レアンドロ・ダミアン</span>☆←(インテルナシオナル/ブラジル)※完全移籍 11.小林悠 20.知念慶 2019.01.14 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

赤崎秀平の名古屋加入が決定 川崎Fからレンタル

名古屋グランパスは12日、川崎フロンターレに所属するFW赤崎秀平(27)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、川崎Fとの公式戦に出場できない。 筑波大学出身の赤崎は2013年に特別指定選手として鹿島アントラーズ入りすると、翌年に正式入団。2015年のJリーグカップでチームの優勝に貢献すると共にニューヒーロー賞に輝いた。その後、2017年から期限付き移籍でG大阪に加わり、2018年から川崎Fに活躍の場を移したが、出場機会に恵まれず、明治安田生命J1リーグ1試合の出場にとどまった。 今シーズンから新たに名古屋で勝負する赤崎は両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスでプレーすることになりました赤崎秀平です。伝統があり、風間監督のもと新しいことにチャレンジし続けているこのチームでプレーできることを嬉しく思います。自分自身の成長とチームに貢献する為に移籍してきました。チームの目標を一つでも多く達成するために、そしてたくさんの方々と共に闘い、心から応援してもらえるように、名古屋グランパスの一員として闘っていきたいと思います。宜しくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「名古屋グランパスにレンタル移籍することになりました。短い間でしたが、応援をしていただいた皆様には感謝をしています。ありがとうございました」 2019.01.12 17:05 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース