初のJ1での戦いとなる長崎DF髙杉亮太、「個の違いを痛感した」と課題を明かす2018.02.15 20:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。▽V・ファーレン長崎のDF髙杉亮太がクラブブースで取材に応対。初のJ1での戦いに「良い活躍ができれば、もっともっとJリーグが盛り上がる」とコメント。「何よりも個の違いを痛感した」と課題も口にした。

◆DF髙杉亮太(V・ファーレン長崎)
──キャンプなどを終えてのチーム状態、手応えは
「新たなこと、4バックというのにチャレンジできるぐらいベースの部分が浸透しています。沖縄、鹿児島と良いキャンプを過ごせました」

──今シーズンはクラブ史上初のJ1挑戦となる大事なシーズンですが
「初めてJ1昇格するクラブが、このステージで良い活躍ができれば、もっともっとJリーグが盛り上がると思います。そういった意味でも、僕らは厳しい戦いが続くと思いますが、頑張っていかなければいけないと思います」

──高木琢也監督の下、J2で積み上げて来たものがある中で、J1昇格を掴みました。自信に感じている部分は
「通用するところだったりというのは、キャンプのトレーニングマッチでしっかりと確認できました。そういった部分は伸ばしていきたいです。何よりも個の違いを痛感したので、僕たちはもっと上げていかなければいけないのかなと思っています」

──今シーズンの個人目標は
「ケガをしないということですね。毎年よくケガをしてしまっているので、気をつけたいです。かなりの連戦になりますし、ちょっと離れてしまうと一気にシーズンが終わってしまいそうなので、しっかりとコンディションを整えて臨みたいです」

──ワールドカップもある中で特に前半戦は過密日程になりますが、J2での経験が生きる部分でもあるかなと思います
「そういった点では、長崎向きの日程であるとも考えています。次々と試合が来るわけですけど、目の前の試合をしっかりと見て、やっていきたいと思います」

──開幕戦の相手は昨シーズンJ2でも戦った湘南ベルマーレです
「昨シーズンは1度も勝っていない相手です。ここでしっかりと勝って、次に繋げていきたいですね」

──長崎県民の方も初のJ1ということで大きな期待を寄せていると思います
「昇格が決まってから、そういったことを感じる機会が多かったです。色々な方々の期待もあると思うので、そういった期待に応えられるように、そして長崎の方々が元気になってもらえるように、ピッチで結果を残していきたいです」

──隣県のサガン鳥栖もJ1でライバルとなります
「同じ九州なので、負けたくない部分もあります。ただ、J1の先輩なので、胸を借りるというか。共に上を目指していければと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

広島がJ開幕前に死闘…PK戦でチェンライ破り3季ぶり本戦へ《ACL2019》

サンフレッチェ広島は19日、広島広域公園陸上競技場でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019プレーオフに臨み、PK戦の末にチェンライ・ユナイテッド(タイ)を退け、5度目の本戦出場を決めた。 3シーズンぶりの本戦出場を狙う広島は先発メンバーに東京五輪世代のGK大迫を最後尾に起き、3バックに荒木、吉野、佐々木を起用。中盤4枚にエミル・サロモンソン、川辺、松本泰志、柏を並べ、1トップを務める皆川の背後に柴崎と野津田を配した。 若手主体で一発勝負の試合に挑むホームの広島が攻勢の展開となる。9分、皆川が右足アウトサイドで合わせたシュートが相手のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。このキッカーを皆川が務めたが、ゴール左を突くシュートは相手GKに読まれてしまう。 絶好の先制機を逸した広島は圧倒的に押しこむ中、15分に左ウィングバックの柏がドリブルでチャンスメーク。バイタルエリア中央でフリーの松本がマイナスのパスに右足ダイレクトで合わせてゴールを狙うが、枠に飛ばせず、これもゴールに繋がらない。 攻め続ける広島は30分以降も柴崎や荒木が積極的にシュート。36分にも左サイドの柏が蹴ったクロスにボックス中央の駆け引きで優位に立った皆川が頭で合わせてPK失敗の汚名返上を狙ったが、コースが甘く、相手GKの正面を突いてしまう。 前半を通じて圧倒的に攻め込みながらノーゴールに終わった広島は、迎えた後半も攻勢。ボールの主導権を一方的に握り続ける。59分、左CKから野津田のクロスにニアサイドの皆川がヘディング。だが、これも正確性を欠き、空砲に終わる。 嫌なムードが漂う広島は64分、まず1枚目の交代枠で野津田から東にスイッチ。70分、柴崎の右足ミドルシュートで獲得した右CKから東のクロスに荒木が右足ワンタッチで合わせる。だが、決定的な場面だったが、無情にもクロスバーを嫌われる。 77分にエミル・サロモンソンを下げて松本大弥を投入した広島は、82分に最後の交代枠で皆川を諦めて主砲パトリックをピッチへ。そのパトリックの決定力に勝負をかけた城福監督だったが、90分で決着をつけられず、延長戦にもつれ込む。 100分に延長戦で認められる4枚目の交代枠で荒木を下げて野上を起用した広島は118分、ボックス左に侵攻した東のクロスに柴崎が反応。相手DFに当たったボールをパトリックが押し込むが、オフサイドとの判定が下り、幻のゴールとなる。 結局、試合の行方はPK戦に委ねられ、4-3で制した広島が苦しみながら本戦へ。その本戦でグループFに入り、元日本代表FW本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)や、広州恒大(中国)、大邸FC(韓国)と対戦する。 2019.02.19 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

伊藤初弾の前回覇者鹿島が豪州2位ニューカッスル下し本大会進出! グループEで山東魯能と同居《ACL2019》

鹿島アントラーズは19日、AFCチャンピオンズリーグ2019(ACL)プレーオフのニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)戦に臨み、4-1で勝利。この結果、グループステージへの進出が決まった。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグを3位で終えた前年度アジア覇者鹿島と、昨シーズンのオーストラリア・リーグを2位で終えたニューカッスルによる一発勝負。鹿島は、最後尾にGKクォン・スンテ、最終ラインに安西、チョン・スンヒョン、町田、山本、中盤に土居、レオ・シルバ、永木、安部、最前線にセルジーニョ、伊藤を並べた。 試合開始早々、ボックス手前右でボールを持ったセルジーニョが勢いよくミドルシュートを放つ。これは枠を右に外れたものの、士気の高さを窺わせる入りを見せる。 その後、ややニューカッスルがボールを保持する時間が続くが、16分に再び鹿島にチャンスが訪れる。セルジーニョが右サイドから低い弾道のクロスを上げると、ボックス左浅い位置に飛び込んだ安部が左足のアウトサイドでジャンピングボレー。枠を外れたものの、意表を突く攻撃に相手の守備陣が浮足立ち始める。 そして18分、左CKの場面からボックス手前で前を向いてボールを持ったレオ・シルバが、ゴール前でニューカッスルDFを背負っていたセルジーニョに鋭いスルーパスを打ち込む。すると、セルジーニョがフリックして軌道を変えたボールが枠の右端に飛んでいく。一度はGKモスに阻まれたものの、こぼれ球に反応した伊藤が押し込み移籍後初ゴールとした。 しかし24分、ニューカッスルが好機をものにする。鹿島陣内中央付近のクトルンビスが最前線にボールを送ると、これが鹿島の選手に当たりボックス手前中央にこぼれる。反応したバルガスがシュートを放つと、今度はDFチョン・スンヒョンの身体に当たり、GKクォン・スンテの逆を突いたシュートがゴールに吸い込まれた。 それでも、鹿島は気を取り直して勝ち越しを目指す。32分、右サイドバックの安西がオーバーラップしてクロスを上げると、ボックス左に飛び込んだのは左サイドバックの山本。強烈なヘディングシュートがネットに突き刺さり、前半のうちに再びリードを奪う。 後半に入ると、ビハインドのニューカッスルがロングボールも交えつつ攻め込もうとするが、安部を中心に更なる得点を目指す鹿島がペースを掴ませない。前半からハードワークを続けているセルジーニョを中心にフォアチェックを徹底し、高い位置からショートカウンターを繰り返す。 61分、右サイドの安西がグラウンダーのクロスを供給し、ボックス手前中央のセルジーニョがワントラップしてシュート。しかし、枠を捉えたシュートはGKモスが弾く。良い時間帯が続く鹿島だが簡単には点差を広げさせてくれない。 それでも67分、ボックス内でボールを持ったレオ・シルバが倒されてPKを獲得。キッカーのセルジーニョが落ち着いて沈め、スコアを3-1とする。 72分、最後まで試合をコントロールしたい鹿島は幸先の良い先制点を挙げた伊藤に代えて遠藤を投入。土居を2TOPの一角に上げ、中盤の圧力を高めていく。そして、徐々に試合が落ち着いていく中、“新10番”の安部は80分にお役御免。山口との交代でピッチを退いた。 試合終了間際には、GKクォン・スンテのフィードに左サイドの山口が抜け出し、低い弾道のクロスを供給。ファーで合わせたセルジーニョが難なく沈め、スコアは4-1。その後、ニューカッスルの肉薄を許さずに試合が終了した。 この結果、勝利した鹿島はグループステージへの進出が決定。同日行われていたプレーオフのハノイ(ベトナム)戦を4-1で制した山東魯能(ベトナム)と共に、慶南FC(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が待つグループEで戦うこととなった。 2019.02.19 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

『超ワールドサッカー』 x 『DAZN』 #コトシハJガハンパナイ Twitterキャンペーン

『超ワールドサッカー』と、スポーツ・チャンネル『DAZN』がJリーグ開幕を前にTwitterキャンペーンをスタートした。 今回のキャンペーンは、『DAZN』がJリーグ開幕に合わせてSNSで展開している「#コトシハJガハンパナイ」を使用し、超ワールドサッカーでは「今年のJリーグでハンパナイ ベテラン」のお題で、皆さんからご意見を募集! 超ワールドサッカーのTwitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)にて投稿されるキャンペーンの該当ツイートを引用リツイートし、「ハンパナイベテラン」について、ご意見を募集します。 ツイートしていただいた方の中から抽選で1名様に、お好きなJリーグクラブの1stユニフォームをプレゼント!あなたたが思う、「ハンパナイベテラン」を投稿して下さい。 <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">\超ワールドサッカー× <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%8FJ%E3%82%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#コトシハJガハンパナイ</a> Twitterキャンペーン/<br><br>「今年の <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> でハンパナイ ベテラン」を答えた1名様に希望クラブの1stユニが当たる<br><br>応募方法<br>1⃣<a href="https://twitter.com/ultrasoccer?ref_src=twsrc%5Etfw">@ultrasoccer</a> をフォロー<br>2⃣当ツイートを引用RTし「ハンパナイベテラン」を回答<br><br>詳細→<a href="https://t.co/lFoKMKmWyv">https://t.co/lFoKMKmWyv</a> <a href="https://t.co/bHY1RdEzYK">pic.twitter.com/bHY1RdEzYK</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1097441733674029057?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年2月18日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> ■キャンペーン参加条件 ①超ワールドサッカー Twitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)をフォロー ②超ワールドサッカーアカウントが投稿した該当ツイートを引用RTして、「ハンパナイベテラン」について投稿 ■キャンペーン期間 2/18(月)18:00 〜 2/22(金)23:59 2019.02.19 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ゼロックス杯とちばぎんカップのレフェリングについて/六川亨の日本サッカー見聞録

先週の週末は、16日のゼロックススーパーカップの川崎F対浦和戦、翌17日はちばぎんカップの柏対千葉戦を取材した。ゼロックス杯はチームの完成度の違いと新戦力のレアンドロ・ダミアンの決勝点で1-0の僅差ながら川崎Fが完勝。浦和は負傷中の武藤雄樹と青木拓矢の不在をオリベイラ監督は敗因の1つとしてあげていた。それはそれで頷けたものだ。 この試合では、前半27分、浦和のマウリシオが自陣ペナルティーエリア外で、ヘッドでクリアしようとしたところ、川崎Fのレアンドロ・ダミアンが遅れて競りに行き、頭同士が激突すると、家本レフェリーはすぐに笛を吹いて試合を止めた。 このジャッジを見て思い出したのが、2月12日に行われたレフェリングカンファレンスでのトピックだった。今シーズンのレフェリングのスタンダードを説明するカンファレンスで、主な趣旨はハンドとオフサイドについてだった。 1月にUAEで開催されたアジアカップでは、VAR判定によりペナルティーエリア内で手に当たったケースはほぼPKというジャッジが下された。しかし2019年のJリーグでは、至近距離からの避けようのないシュートが手に当たった場合のハンドはPKではないと判断すること。しかし手を上げて空中戦を競りに行ったり、シュートブロックに行ったりした場合はハンドと認定する基準を示した。 その判断基準として「ハンドは選手にハンドする意図があるかどうか」が示された。手を上げること自体、ハンドする意図があるとの判断だ。そしてオフサイドは、「選手の意図ではなく、オフサイドポジションにいる選手が結果的に相手GKやDFなどにゴールと直結する影響を及ぼしたかどうか」で判断するという。 そしてカンファレンスにオブザーバーとして参加したレフェリーは、昨シーズンのジャッジした試合から印象に残る試合を解説した。先に名前を出した家本レフェリーは昨シーズンの第29節、神戸対長崎戦(1-1)で、神戸のティーラトンに「著しく不正なプレー」でレッドカードを出した。 家本氏いわく、「ルーズボールの競り合い、負けているチーム、途中出場の選手はテンションが高く、特に外国人はその傾向が強いため、ラフプレーが予測されます」と解説した。 その後、飯田レフェリーは4月21日の第9節・G大阪対C大阪の試合を紹介した。この試合は、G大阪のGK東口順昭とDF三浦弦太が前半16分に浮き球をクリアしようとして味方同士で激突。その際に三浦の頭部が東口の右頬付近に入り、三浦は倒れ込んだまま。しかし試合はC大阪がこぼれ球を拾って攻め続けたため、東口は起き上がってゴール前に戻り、柿谷曜一朗のヘッドを防いでから再びピッチに倒れ込んだ。 東口は交代を余儀なくされ、診断の結果、頬骨の骨折が判明。幸いにもロシアW杯には間に合ったが、一歩間違えば選手生命を絶たれかねない大事故につながった可能性もある。 そのジャッジに関して飯田レフェリーは、「東口と三浦の激突はわかっていましたが、ボール保持者がドリブルしたので、プレーを止めるにも止められなかった」と正直に話した。 こうした背景があったからこそ、ゼロックス杯の家本レフェリーはマウリシオとレアンドロ・ダミアンが激突した際に、アドバンテージは取らず、すぐに笛を吹いて試合を止めたのではないだろうか。これは賢明な判断として今シーズンのスタンダードにして欲しい。 その点、残念だったのがちばぎんカップでの上村主審だ。2-2で迎えた後半44分、後方からのハイクロスに柏の長身FWオルンガがDFと競りつつボールを見ながら落下点に入ろうとしたところ、ペナルティーエリアから飛び出してきた千葉GK佐藤優也がトップスピードのまま激突。オルンガは倒れたままで、駆け寄ったチームメイトはすぐさまベンチに向かい両手で×印を示した。 千葉はファン・エスナイデル監督のもと、高い守備ラインを採用しているため、GK佐藤も果敢にペナルティーエリアから飛び出してピンチを未然に防いでいた。しかし。このシーンでは明らかに遅れてタックルに行っているし、そもそもPSMでこれほど危険なプレーをする必要があるのかどうかも疑問に思った。 本来なら一発レッドで退場もののプレーなのに、GK佐藤への処分は警告。その後、PK戦で6人目のシュートをストップしたため試合のMVPにも選ばれている。こうしたプレーを許していては、いつまたGK佐藤が危険なプレーをするとも限らない。これは佐藤にとっても、対戦相手にとっても“不幸な出来事”につながるだろう。 試合をコントロールするのはレフェリーだし、彼らの存在なしで試合は成立しない。その意味でも、上村レフェリーは1級審判だが、選手生命を守るためのジャッジの情報共有が急務だと感じたちばぎんカップだった。 ※公開時に「本来なら一発レッドで退場もののプレーなのに、GK佐藤は警告すら受けておらず」と記載しておりましたが、内容に誤りがございました。心より深くお詫び申し上げます。 <hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.02.19 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季FC東京退団のMFリッピ・ヴェローゾ、ウクライナへ

FC東京は19日、昨シーズン限りで退団したMFリッピ・ヴェローゾ(21)がウクライナのFCリヴィウへ完全移籍したことを発表した。 リッピ・ヴェローゾは2017年7月にパルメイラスからFC東京に加入。昨シーズンはYBCルヴァンカップに4試合出場し、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグで24試合4得点を記録したが、同シーズン終了後に契約満了となった。 2019.02.19 09:05 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース